遺伝子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 遺伝子 > 遺伝子の意味・解説 

いでん‐し〔ヰデン‐〕【遺伝子】

遺伝形質規定する因子本体はふつうDNAデオキシリボ核酸)で、染色体上のある長さをもつ特定の区画をいう。遺伝因子ゲンジーン

DNA2」に同じ。「名人呼ばれた先代の—を受け継ぐ


遺伝子

英訳・(英)同義/類義語:gene

親から子に伝わり遺伝形質発現させる本体物質的にDNA一つ生物形成する遺伝子のセットゲノムという。

遺伝子

【英】: Gene
親からの形質(顔、皮膚目の色など)の受け継ぎ決めるものが遺伝子である。

遺伝子はDNAデオキシリボ核酸)という物質でできている。生物の持つDNA配列上には、体を構成するタンパク質作るための設計図のような情報いくつか並んでおり、この設計図にあたる部分が遺伝子である。

その並び方は、1つの遺伝子で1種類のタンパク質というふうに、1本DNA中に種類の違うタンパク質遺伝情報いくつも格納されている。そして、細胞内ではこの遺伝子の情報からタンパク質作られている。
親からの形質(顔、皮膚目の色など)の受け継ぎ決めるものが遺伝子である。

遺伝子はDNAデオキシリボ核酸)という物質でできている。生物の持つDNA配列上には、体を構成するタンパク質作るための設計図のような情報いくつか並んでおり、この設計図にあたる部分が遺伝子である。

その並び方は、1つの遺伝子で1種類のタンパク質というふうに、1本DNA中に種類の違うタンパク質遺伝情報いくつも格納されている。そして、細胞内ではこの遺伝子の情報からタンパク質作られている。
遺伝子
拡大表示

デオキシリボ核酸

タンパク質

細胞


遺伝子

Gene

【概要】 細胞工場例えると、本社コンピュータ室、染色体ハードディスク、遺伝子は特定のプログラムデータにあたる。つまり遺伝子は一つ一つ蛋白質構造決め設計図である。物質としてはDNARNA2種類がある。ウイルス細胞質持たず、遺伝子を生きた細胞中に持ち込む。まるでフロッピイディスクのような存在である。 

【詳しく】 人間の遺伝子は、23対ある染色体の特定の位置存在している。これを染色体地図という。遺伝子は信号始まり部分から終わり部分があり、その中間に実際に蛋白質コードしているエクソン部分間の無信号域のイントロン部分がある。遺伝子DNA転写されRNAができ、さらにイントロン部分切り出されて、メッセンジャーRNA(mRNA)になる。mRNA核膜の穴から細胞質出て蛋白合成に向かう

《参照》 DNARNA


遺伝子

【仮名】いでんし
原文gene

親から子に継承される遺伝機能的よび物理的単位。遺伝子はdna構成し大部分の遺伝子は特異的な蛋白生成するための情報をもっている。

遺伝子


遺伝子

作者多和田葉子

収載図書きつね月
出版社新書館
刊行年月1998.2


遺伝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:41 UTC 版)

遺伝子いでんしは、ほとんどの生物においてDNA担体とし、その塩基配列にコードされる遺伝情報である。ただし、RNAウイルスではRNA配列にコードされている。


  1. ^ 森下真一、橋本 真一 「日本オリジナルの遺伝子解析法と次世代シーケンサの出会いは新しい知見をもたらす」Nature 日本版 Advertising Supplement 2007
  2. ^ 『フォトサイエンス生物図録』視覚でとらえる142頁~143頁
  3. ^ 『フォトサイエンス生物図録』視覚でとらえる144頁~145頁


「遺伝子」の続きの解説一覧

遺伝子

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 13:15 UTC 版)

名詞

いでんし

  1. 遺伝される形質情報単位。ほとんどの生物ではDNAによってコードされる。一部ウイルスではRNAによる。
  2. 比喩的下の世代へと引き継がれる性質精神

発音(?)

い↗で↘んし

類義語

熟語

翻訳


「遺伝子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



遺伝子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

遺伝子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遺伝子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2022 Food Safety Commission. All Right Reserved.
大腸.com大腸.com
Copyright (C) 大腸.com. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遺伝子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遺伝子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS