核とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 建設 > の意味・解説 

かく【核】

果実中心にある種子を保護している堅い部分。さね。

細胞核

原子核」の略。「核融合

凝結核(ぎょうけつかく)

核兵器のこと。「核廃絶

地球中心部。深さ2900キロから中心までの部分ニッケルなどからなり液体状外核高密度の固体である内核とに分かれる地核コア

環式化合物の環の部分ベンゼン核など。

真珠養殖で、母貝に入れる小片

物事中心核心中核。「グループの核として活躍

10神経核


かく【核】

常用漢字] [音]カク(漢) [訓]さね

果実のたね。「核果

物事中心。「核心地核中核細胞核

病気による細胞固まり。「結核痔核(じかく)」

原子核核兵器のこと。「核実験核爆発核武装核分裂熱核


ざ‐ね【実/核】

接尾《「さね」の音変化名詞に付く。

根本のもの、そのものとなる意を表す。

先に生(あ)れし三女子(をみなご)は、物―汝(いまし)が物に因りて成れり」〈記・上〉

その中の主となるものであること、特に重んじるのであることの意を表す。

「上にありける左中弁藤原の良近(まさちか)といふをなむ、まらうど―にて」〈伊勢・一〇一〉


さ‐ね【実/核】

《「真(さ)根(ね)」の意》

果実中心にある堅い部分種。

板と板をつなぎ合わせるとき、一方の板の側面作る細長い突起

陰核

障子や壁の下地となる骨組み壁下地

根本のもの。実体

学問候ふべき器量などのあるを後世者(ごせぢゃ)の―と申しあひて候ふなり」〈一言芳談


一般世帯(110-4)は、世帯員 1呼ばれる若干名人々から構成される。世帯員の中の1人世帯主 2である。国際的にみて、世帯の中で世帯主が誰であるべきかについて一致して承認された定義はない。いくつかの国では、それは世帯の中の主要な稼得者 3であるとしている。ほとんどのセンサス質問票では、世帯員世帯主対す続柄 4尋ねている。これによって、二つ上の生物学的家族または核家族(113-1)の成員から成る合成世帯 5、あるいは複合世帯 5の中のグループ区別できる。合成世帯あるいは複合世帯はいくつかの核 6からなる。すなわち第一次核 7第二次核 8である。これらの核は一般に家族(112-1)と呼ばれる世帯規模 11とは、世帯含まれる世帯員の数を指す。


同義/類義語:細胞核
英訳・(英)同義/類義語:nucleus, nuclei

細胞構成する要素で、核膜で囲まれて球形をしており、内部染色体核小体を含む。

【英】: Nucleus
細胞の中の遺伝物質DNAを含む構造体のこと。

ほとんどの場合細胞中心部にあり、通常5〜10μm球状体である。

核は二重の膜(核膜)に囲まれ、核膜孔よばれる多数の穴がある。核内外物質出入りは、この核膜孔通じて行う。核の中には通常染色質や仁(核小体)、核液が含まれ、その生物遺伝情報大きく関与している。
細胞の中の遺伝物質DNAを含む構造体のこと。

ほとんどの場合細胞中心部にあり、通常5〜10μm球状体である。

核は二重の膜(核膜)に囲まれ、核膜孔よばれる多数の穴がある。核内外物質出入りは、この核膜孔通じて行う。核の中には通常染色質や仁(核小体)、核液が含まれ、その生物遺伝情報大きく関与している。
核
拡大表示

細胞

DNA

遺伝


Nucleus

【概要】 卵の“しろみ”の中に浮かぶ“黄味”のように、細胞質中に浮かんでいる細胞小器官のこと。核膜で囲まれており、核の中には遺伝子DNA遺伝子保存する蛋白群がある。核膜には小さな穴があって、外の細胞質信号の役をするさまざまな物質出入りする。

《参照》 遺伝子


作者花村万月

収載図書守宮薄緑
出版社新潮社
刊行年月1999.3
シリーズ名新潮エンターテインメント倶楽部SS


作者花村萬月

収載図書守宮薄緑
出版社新潮社
刊行年月2001.9
シリーズ名新潮文庫


作者橋本周二

収載図書キクロプスの瞳―幻想寸劇
出版社文芸社
刊行年月2004.9


読み方:さね

  1. 核。陰核俗語。「ひなさき」「まめ」参照。「さへずり章」に「婦人の陰舌を俗に左禰といへり、こは〓の核仁をさねといへばそれに似たるをもて称へたるなるべし、和名ひなさきといふも之も亦舌に似たるの義なるべし、されば俗に桃の実をばさねといへば正しく左年といふはおかしと聞ゆるも亦おかし」とあり。又「玄同放言」に「左年則関東方言方書所云孔是也」。とあり。吉舌、紅舌、「いらぬこと女房石にてさねをぶち」「女唐人さねでも切れと加藤下知」。
  2. 挺孔のこと。一にひなさき」ともいふ。
  3. 女子陰核のこと、「ひなさき」ともいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 14:13 UTC 版)

(かく、さね)は、軸・中心となるもの。中核、核心。




「核」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/11/02 21:18 UTC 版)

名詞

  1. ものごと中心となるもの。
    1. 数学カーネル
    2. 物理学原子核
    3. 化学相転移開始点となるもの。結晶化場合結晶核という。
    4. 化学環式有機化合物骨格部分ベンゼン環ベンゼン核)など。
    5. 生物学真核細胞細胞核
    6. 生物学内果皮硬化し、種子本体保護するようになったもの。「さね」とも。
    7. 地球科学天体中心核
    8. 真珠養殖で、母貝に入れる
  2. 核兵器の略。

熟語

翻訳


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



核と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「核」の関連用語

核のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



核のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの核 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS