核とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 建設 > の意味・解説 

さ‐ね【実/核】

読み方:さね

《「真(さ)根(ね)」の意》

果実中心にある堅い部分種。

板と板をつなぎ合わせるとき、一方の板の側面作る細長い突起

陰核

障子や壁の下地となる骨組み壁下地

根本のもの。実体

学問候ふべき器量などのあるを後世者(ごせぢゃ)の―と申しあひて候ふなり」〈一言芳談


ざ‐ね【実/核】

読み方:ざね

接尾《「さね」の音変化名詞に付く

根本のもの、そのものとなる意を表す。

先に生(あ)れし三柱の女子(をみなご)は、物―汝(いまし)が物に因りて成れり」〈記・上〉

その中の主となるものであること、特に重んじるものであることの意を表す。

上にありける左中弁藤原の良近(まさちか)といふをなむ、まらうど―にて」〈伊勢一〇一〉


かく【核】

読み方:かく

常用漢字] [音]カク(漢) [訓]さね

果実のたね。「核果

物事中心。「核心地核中核細胞核

病気による細胞固まり。「結核痔核(じかく)」

原子核核兵器のこと。「核実験核爆発核武装核分裂熱核


かく【核】

読み方:かく

果実中心にある種子保護している堅い部分。さね。

細胞核

原子核」の略。「―融合

凝結核(ぎょうけつかく)

核兵器のこと。「―廃絶

地球中心部深さ2900キロから中心までの部分ニッケルなどからなり液体状外核高密度固体である内核とに分かれる地核コア

環式化合物の環の部分ベンゼン核など。

真珠養殖で、母貝に入れ小片

物事中心核心中核。「グループの―として活躍

10神経核


一般世帯110-4)は、世帯員 1呼ばれる若干名人々から構成される世帯員の中の1人世帯主 2である。国際的にみて、世帯の中で世帯主が誰であるべきかについて一致して承認された定義はない。いくつかの国では、それは世帯の中の主要な稼得者 3であるとしている。ほとんどのセンサス質問票では、世帯員世帯主に対する続柄 4尋ねている。これによって二つ以上生物学的家族または核家族(113-1)の成員から成る合成世帯 5、あるいは複合世帯 5の中のグループ区別できる合成世帯あるいは複合世帯はいくつかの核 6からなる。すなわち第一次核 7第二次核 8である。これらの核は一般に家族(112-1)と呼ばれる世帯規模 11とは、世帯含まれる世帯員の数を指す。


作者花村万月

収載図書守宮薄緑
出版社新潮社
刊行年月1999.3
シリーズ名新潮エンターテインメント倶楽部SS


作者花村萬月

収載図書守宮薄緑
出版社新潮社
刊行年月2001.9
シリーズ名新潮文庫


作者橋本周二

収載図書キクロプスの瞳―幻想寸劇
出版社文芸社
刊行年月2004.9


読み方:さね

  1. 核。陰核俗語。「ひなさき」「まめ」参照。「さへずり章」に「婦人の陰舌を俗に左禰といへり、こは〓の核仁をさねといへばそれに似たるをもて称へたるなるべし、和名ひなさきといふも之も亦舌に似たるの義なるべし、されば俗に桃の実をばさねといへば正しく左年といふはおかしと聞ゆるも亦おかし」とあり。又「玄同放言」に「左年則関東方言方書所云孔是也」。とあり。吉舌、紅舌、「いらぬこと女房石にてさねをぶち」「女唐人さねでも切れと加藤下知」。
  2. 孔のこと。一にひなさき」ともいふ。
  3. 女子陰核のこと、「ひなさき」ともいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 04:10 UTC 版)

(かく、さね)は、軸・中心となるもの。中核、核心。




「核」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 10:34 UTC 版)

元素構成比」の記事における「核」の解説

核に含まれる元素構成比を示す構成元素存在比 89.6% ニッケル 5.4% 酸素 4.7% コバルト 0.2% 出典:A.Zindler & S.Hart 著『Ann. Rev. Earth Planet. Sci, 1986

※この「核」の解説は、「元素構成比」の解説の一部です。
「核」を含む「元素構成比」の記事については、「元素構成比」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 08:24 UTC 版)

ピオベルジン」の記事における「核」の解説

核の生合成経路はっきりしていないpvcCとpvcDの欠損ピオベルジン生合成停止させたことから、もともとpvcABCDオペロンによって生合成行われていると考えられていた。しかし、pvcABCDが関与しているのは別の物質(paerucumarin)の生合成であり、ピオベルジン生合成には関与していないとする研究結果もある。さらに、いくつかの蛍光性シュードモナス属菌株ピオベルジン産生能を持つのにかかわらずこのオペロンホモログ欠いている。 現在、他に考えられている生合成経路は、pvdLがグルタミン酸2,4,5-トリヒドロキシフェニルアラニン、およびL-2,4-ジアミノ酪酸組み合わせるというものである

※この「核」の解説は、「ピオベルジン」の解説の一部です。
「核」を含む「ピオベルジン」の記事については、「ピオベルジン」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 15:52 UTC 版)

リチウム」の記事における「核」の解説

6Liはトリチウム製造するための原料や、核融合における中性子吸収材として用いられる天然リチウムはおよそ7.5 %の6Liを含んでおり、核兵器利用するため同位体分離英語版)によって大量に生産されていた。7Liも原子炉の冷却材として関心集めている。 重水素リチウム初期の水素爆弾における最適な原子核融合燃料として利用された。水素爆弾初めに実験され当時はその反応機構完全に理解されていなかったが、6Liおよび7Liが中性子衝突によってトリチウム生成する反応ブラボー実験において核暴走生み出した要因となったトリチウム比較容易に重水素核融合反応起こし、その詳細秘匿されたままであるが、6Liを用いた重水素リチウム最新の核兵器おいてもいまだに核融合材料としての役割果たしているようである。 7Liを高濃度濃縮させたフッ化リチウムフッ化ベリリウム混合させたフリーベ溶融塩原子炉における溶融塩として用いられるフッ化リチウムリチウム化合物の中で安定であり、フリーベは低融点な塩である。加えて、7Liおよびベリリウムフッ素熱中性子捕獲断面積十分に低いため、原子炉中の核分裂反応阻害しない数少ない核種一つである 重水素およびトリチウム燃料とする磁場閉じ込め方式核融合炉において、リチウムトリチウム生み出すのに用いられる自然にトリチウム発生することは非常に稀であるため、反応場であるプラズマリチウム入ったブランケット覆いプラズマでの重水素トリチウム反応から生じ中性子リチウム反応させて核分裂させることで、より多くのトリチウム生成させる必要があるLi 6 + n ⟶ He 4 + T 3 {\displaystyle {\ce {^{6}Li{}+{\mathit {n}}->{}^{4}He{}+{}^{3}T}}} リチウムはまたアルファ粒子源としても利用される。7Liが加速陽子衝突することで8Beとなり、8Beはすぐに核分裂して2つアルファ粒子となる。この反応1932年ジョン・コッククロフトおよびアーネスト・ウォルトンによって行われた初の完全な人工原子核反応であり、この業績当時splitting the atom」と呼ばれた

※この「核」の解説は、「リチウム」の解説の一部です。
「核」を含む「リチウム」の記事については、「リチウム」の概要を参照ください。


核(コア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:23 UTC 版)

神獄塔 メアリスケルター」の記事における「核(コア)」の解説

蕾のような物体。核はそのエリア生命線であり、破壊することでナイトメア不死性を奪い、そのエリア成長を妨げることができる。ナイトメアとは別に守護者呼ばれる強力なメルヒェンが核を守護している。

※この「核(コア)」の解説は、「神獄塔 メアリスケルター」の解説の一部です。
「核(コア)」を含む「神獄塔 メアリスケルター」の記事については、「神獄塔 メアリスケルター」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/11 11:54 UTC 版)

NGC 5033」の記事における「核」の解説

NGC 5033は、活動銀河核一種であるセイファート核を含む。他の多くの活動銀河核と同様に、この銀河核超大質量ブラックホールを含むと考えられている。可視光波長でも言える明る放射一部は、ブラックホール周りの熱いガスによって生成されている。 NGC 5033中心Integral field spectrograph観測によって、セイファート核は、銀河回転中心に存在していないことが示された。これは、この銀河融合過程にある証拠として解釈された。回転中心からのセイファート核の移動は、銀河中心におけるガス回転不安定にし、それによってガスセイファート核に落ち込んでいる可能性がある。そのガスは、セイファート核の中心巨大な重力によって圧縮され温度上昇し、核を明るく輝かせる

※この「核」の解説は、「NGC 5033」の解説の一部です。
「核」を含む「NGC 5033」の記事については、「NGC 5033」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/22 07:31 UTC 版)

NGC 5005」の記事における「核」の解説

NGC 5005は、低電離中心核輝線領域(LINER)の核を持つ。LINER核は、弱イオン化ガスを含む。LINERからの放出エネルギー源については盛んに議論されており、超大質量ブラックホールを含む活動銀河核星形成エネルギー源になっているとする主張がある

※この「核」の解説は、「NGC 5005」の解説の一部です。
「核」を含む「NGC 5005」の記事については、「NGC 5005」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/15 16:57 UTC 版)

NGC 1672」の記事における「核」の解説

NGC1672の核の分類ははっきり分かっていない。ほとんどの銀河は、そのスペクトル型により、以下の3つの異なタイプのうちどれか分類されるHII核は、銀河系星形成領域とよく似たスペクトル持ち、核の中で星形成が行われていると見られているセイファート核は、中心に大質量ブラックホールを持つ活動銀河である。 ライナー核は、弱くイオン化されたガスのためスペクトル線消失見られる星形成領域ブラックホールがあると考えられている。 NGC1672は、このどれとも完全に一致せず、中間的な状態だと考えられている。実際に、核に星形成領域を含む活動銀河である。紫外線観測によると、星形成領域放射の源になっている

※この「核」の解説は、「NGC 1672」の解説の一部です。
「核」を含む「NGC 1672」の記事については、「NGC 1672」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 05:43 UTC 版)

ハエカビ目」の記事における「核」の解説

1980年代ころの研究から、この類分類において、細胞核性質重視されるようになったハエカビ科では、核は大きめ (5-12μm) で、間期にも染色体はっきりしており、また明瞭な核小体がない。また、体細胞分裂の間も核膜消えず閉じたまであるCompletoriaceaeでは核は大きくて染色体がはっきり見え、ほぼハエカビ科のものに似ている。バシジオボルス科では、核は大きいが、明瞭な核小体をもち、染色体見えない点で他の科のものとは異なる。また核膜は分時に消失するAncylistaceaeMeristacraceaeNeozygitaceaeの核は小さく (3-5μm)、はっきりした核小体があり、染色体間期には見えないNeozygitaceaeではさらに体細胞分裂時に核膜消えずその内部に大きな紡錘体生じるの確認されている。

※この「核」の解説は、「ハエカビ目」の解説の一部です。
「核」を含む「ハエカビ目」の記事については、「ハエカビ目」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 07:14 UTC 版)

デュアルユース」の記事における「核」の解説

デュアルユース原子力技術とは、民生用原子力技術軍事利用の可能性を指す。核燃料サイクルいくつかの段階核物質核兵器への転用が可能という意味で、原子力発電プログラム設置関連する多くの技術物質は、デュアルユース能力を持つ。このような場合原子力発電プログラム原子爆弾への道となるか、秘密裏爆弾計画公開された付属物なり得るイランの核活動をめぐる危機その一例である。 多くの国連アメリカ機関は、原子炉増設核拡散英語版リスク必然的に増大させる警告するアメリカ世界安全保障上の基本的目標は、原子力発電拡大に伴う核拡散リスク最小化することである。この開発が「管理不十分であったり、リスク抑制の努力うまくいなかったりすると、原子力未来危険なものになる」。原子力発電計画が安全・厳重に開発管理されるためには、各国適切な原子力運用管理促す国内の「優れた統治特性を持つことが重要であるこれらの特徴には、汚職の程度の低さパキスタンのA.Q.カーン密輸ネットワーク発生したように、役人私利私欲のために材料技術売らないようにするため)、政治的安定性の高さ(世界銀行の定義では、「政治的動機による暴力テロを含む違憲または暴力的な手段政府不安定化または転覆する可能性が高いとされる。)、政府有効性スコアの高さ(世界銀行は「行政事務の質と政治的圧力からの独立性度合い、および政策策定実施の質」を総合的に評価する定義している)、規制能力の高さなどを含む。

※この「核」の解説は、「デュアルユース」の解説の一部です。
「核」を含む「デュアルユース」の記事については、「デュアルユース」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 14:37 UTC 版)

地球の構造」の記事における「核」の解説

詳細は「外核」および「内核を参照 地球中心部となる内核固体だと考えられており、これは地球密度算出することで導かれた。地球平均密度は5.515g/cm3であるが、地表面平均密度が約3.0g/cm3なので、地球の核にはもっと高密度物質存在する結論づけざるをえないのである1770年代実施されシェハリオンの実験によってこの結果もたらされ以後知られるようになった。チャールズ・ハットン(英語版)は1778年報告書で、地球平均密度地表面岩石ものなら約9/5でなければならず、地球の内部金属でなければならない結論づけた。そして彼は、この金属部分地球直径の約65%を占めると推定したハットン地球平均密度推定値は4.5g/cm3と約20%低かったものの、ねじり天秤用いた1798年キャヴェンディッシュの実験では5.45g/cm3と、現在の値との誤差1%以内だった。 地震波観測にて核は、半径約1220kmの「固体」である内核と、その外側にプラス約2200km(中心からの半径は約3400kmまで)にわたる液体」の外核、という2つ部分分けられることが示された密度は、外核で9900-12200kg/m3であり、内核で12600-13000kg/m3である。 内核インゲ・レーマンによって1936年発見され、主に若干ニッケル構成されていると一般的には考えられている。この層はS波横波地震波)の伝播可能なため、固体でなければならない実験での証拠が核の結晶モデル決定づけるものとなった他の研究実験では、高圧下での不一致示されている。ダイヤモンドアンビルセルで核圧力環境にした(静的研究では、レーザー衝撃での(動的研究よりも約2000K低い溶融温度生み出された。レーザーでの研究ではプラズマ生成されその結果として内核固体なのか固体密度を持つプラズマなのかは、内核状態の制約高圧かつ高温設定)しだいであることが示された。ここは活発に研究されている領域である。 約46年前とされる地球形成初期段階では、溶融引き起こす惑星構造分化(planetary differentiation およびiron catastropheを参照)と呼ばれる過程高密度物質中心に向かって沈み込み密度の低い物質地殻へと移動させられるこのようにして核は、大部分80%)で、残りニッケル軽元素1つ以上含んだもので構成されていると考えられている。一方、鉛やウランのような他の高密度元素あまりにも存在稀であり、また軽元素結合する傾向あるためしたがっ地殻残っている珪長質鉱物を参照)。内核単一の結晶の形かもしれない主張する者もいる。ダイヤモンドアンビルセル実験条件下で、鉄=ニッケル合金サンプルを核のような圧力環境にして、約4000Kに加熱した。そのサンプルX線観察したところ、地球内核南北走っている巨大な結晶でできているという理論強く支持するのだった液体外核内核取り囲みニッケルとさらに軽い元素微量混ざったもので構成されている、と考えられている。ダイナモ理論は、コリオリ効果組み合わされた外核対流が、地球磁場引き起こすことを示唆している固体内核永久磁場保持するには高温すぎる(キュリー温度を参照)が、恐らく液体外核によって生成され磁場安定化させるよう作用する地球外核平均した磁場強度は、地表磁場よりも50倍強い25ガウス2.5ミリテスラ)と推定されている。 2005年8月地球物理学者チームは『Science』誌で、地球内核地表面回転に比べ年に約0.3-0.5度速く回転しているとの推定発表した最近の憶測仮説では、核の最も内側部分が金、プラチナ、および他の親鉄元素(siderophile element)に富んだものであるとの示唆されている

※この「核」の解説は、「地球の構造」の解説の一部です。
「核」を含む「地球の構造」の記事については、「地球の構造」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 14:23 UTC 版)

グランザイムB」の記事における「核」の解説

グランザイムB核内にも多くの基質存在するグランザイムはPARP(英語版)やDNAPKを切断しDNA修復レトロウイルスによるDNAへの組み込み阻害するグランザイムBはヌクレオフォスミン(英語版)、I型トポイソメラーゼ英語版)、ヌクレオリン(英語版)も切断しウイルスの複製を防ぐ。また、HSV-1が遺伝子トランス活性化英語版)のために利用する必須タンパク質ICP4を切断し、またNUMA英語版)を切断して有糸分裂を防ぐ。 グランザイムBアデノウイルスDBPDNA Binding Protein)を50 kDa断片へと切断するまた、グランザイムBによって活性化されるカスパーゼを介して60 kDa断片への切断間接的に行われる

※この「核」の解説は、「グランザイムB」の解説の一部です。
「核」を含む「グランザイムB」の記事については、「グランザイムB」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:06 UTC 版)

彗星」の記事における「核」の解説

詳細は「核 (彗星)を参照 彗星本体は核と呼ばれる。核は純粋なではなく岩石質および有機質の塵を含んでいる。このことから彗星の核はよく「汚れた雪玉」に例えられる。核の標準的な直径1 - 10キロ程度で、小さく暗いものでは数十メートル非常に大きいものでは稀に50キロほどに達する。質量は、大きさによってかなり異なってくるが、直径1キロ程度の彗星数十トン単位10キロ程度の彗星で数兆トン単位であると考えられる。これは、地球の山1つ分ほどに相当する自らの重力球形なるには質量足りないため、彗星の核は不規則な形をしている。 氷の構成成分分子数で見ると、たとえばハレー彗星の場合、80%近く(H2O)で、以下量の多い順に一酸化炭素(CO)、二酸化炭素(CO2)、アンモニア(NH3)、メタン(CH4)と続き微量成分としてメタノール(CH3OH)、シアン化水素(HCN)、ホルムアルデヒド(CH2O)、エタノール(C2H5OH)、エタン(C2H6)などが含まれる。さらに鎖の長い炭化水素アミノ酸などのより複雑な分子含まれる可能性もある。双眼鏡望遠鏡見たときに青緑色に見えるのは、これらの微量成分太陽光解離してできるC2炭素2つつながったもの)やCNなどのラジカル輝線スペクトル強いためである2009年には、NASA探査機スターダストによるミッション回収され彗星の塵から、アミノ酸グリシン発見されたことが確認された塵の成分ケイ酸塩有機物を始めとする炭素質である。ケイ酸塩結晶質非晶質両方を含む。通常ケイ酸塩結晶化するには数百度の高温必要であり彗星は、低温でできる氷と高温でできるケイ酸塩結晶混じり合っている点で珍しい。 彗星の核は、太陽系存在する物体の中でもっとも黒い天体である。探査機ジオット1986年ハレー彗星の核に接近し、核の光のアルベド反射能)が4%しかないことを発見した。また探査機ディープ・スペース1号2001年ボレリー彗星接近して観測行い、核の表面アルベドが2.4%から3%程度しかないことを発見した。これは、月やアスファルトの光のアルベドが7%なのと比較するとかなり小さい値である。複雑な有機化合物このような暗い表面構成していると考えられている。太陽によって表面熱せられると揮発性化合物が、特に黒っぽい傾向のある長鎖化合物残して蒸発して飛び去ってしまい、石炭原油のように黒くなる彗星表面が非常に黒いため、熱を吸収して外層ガス流出する

※この「核」の解説は、「彗星」の解説の一部です。
「核」を含む「彗星」の記事については、「彗星」の概要を参照ください。


核(必要連続キル数25)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 09:15 UTC 版)

BulletForce」の記事における「核(必要連続キル25)」の解説

自分含めゲーム内すべてのプレーヤーキルする。

※この「核(必要連続キル数25)」の解説は、「BulletForce」の解説の一部です。
「核(必要連続キル数25)」を含む「BulletForce」の記事については、「BulletForce」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 01:48 UTC 版)

ガニメデ (衛星)」の記事における「核」の解説

ガニメデ中心部には液体ニッケル豊富な核が存在する考えると、ガリレオ探査機によって検出されガニメデ固有磁場存在自然に説明することができる。高い電気伝導率を持つ液体鉄の対流は、磁場生み出す最も合理的なモデルである。核の密度は 5.5〜6 g/cm3、ケイ酸塩岩石マントルは 3.4〜3,6 g/cm3 である。この核の半径最大で 500 km である。ガニメデの核の温度はおそらく 15001700 K であり、圧力最大で 10 GPaである。

※この「核」の解説は、「ガニメデ (衛星)」の解説の一部です。
「核」を含む「ガニメデ (衛星)」の記事については、「ガニメデ (衛星)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 00:24 UTC 版)

地球」の記事における「核」の解説

詳細は「核 (天体)#地球を参照 中心核コアとも言う外核内核分かれ液相外核半径は3480km、固相内核半径は1220kmである。外核ニッケル主成分であると推定されているが、水素炭素などの軽元素10%以上含んでいるとしなければ地震波速度密度説明できない内核は、地球内部冷却に伴い外核ニッケル析出沈降してできたとされており、現在でも成長続いている考えられている。ただし、内核環境である320気圧では金属はその性質固相を取るためともされる。地球中心部圧力は約400気圧温度物質組成エネルギー輸送過程依存するため正確にわからないが、約5000K - 8000Kと推定されている。 対流地球自転などに起因する外核金属流体動きによって電流生じ、この電流により磁場生じると考えられている。これが地球磁場である。このように地球力学的な運動結びついた磁場発生維持機構を、ダイナモ機構という。

※この「核」の解説は、「地球」の解説の一部です。
「核」を含む「地球」の記事については、「地球」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:18 UTC 版)

Arcaea」の記事における「核」の解説

パートナー覚醒させることに使用できるWorld Mode通過報酬入手できる

※この「核」の解説は、「Arcaea」の解説の一部です。
「核」を含む「Arcaea」の記事については、「Arcaea」の概要を参照ください。


核(かく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 14:56 UTC 版)

マップス」の記事における「核(かく)」の解説

地球人認識では、最終兵器宇宙での認識は、虫歯につめるようなもの。たとえ相手口から核爆弾を吐くような奴でも、気を付ければ何とかなるらしい。

※この「核(かく)」の解説は、「マップス」の解説の一部です。
「核(かく)」を含む「マップス」の記事については、「マップス」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 00:04 UTC 版)

渦鞭毛藻」の記事における「核」の解説

渦鞭毛藻細胞核は常に染色体凝集する特殊な核で、dinokaryon (渦鞭毛藻核)と呼ばれる。核はヒストンH1含まずそれゆえ一般的な真核生物見られるヌクレオソーム構造はない。また、中のDNA自体もヒドロキシメチルウラシル (hydroxymethyluracil) を大量に含有するなど、他の真核生物とは一線を画す特徴多く備える。古くは、このような特殊な核を持つ渦鞭毛藻に対して原核生物から真核生物への過渡期であるという意味込めて中間生物 (Mesokaryota) なる呼称用いられ事もあるが、現在では撤回されている。渦鞭毛藻原始的なものではなく高度に特殊化した真核生物一群なのである

※この「核」の解説は、「渦鞭毛藻」の解説の一部です。
「核」を含む「渦鞭毛藻」の記事については、「渦鞭毛藻」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「核」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 02:17 UTC 版)

名詞

(かく)

  1. ものごと中心となるもの。
  2. 物理学原子核
  3. 化学相転移開始点なるもの結晶化の場合は結晶核という。
  4. 化学環式有機化合物骨格部分ベンゼン環ベンゼン核)など。
  5. 生物学真核細胞細胞核
  6. 生物学内果皮硬化し種子本体保護するようになったもの。「さね」とも。
  7. 地球科学天体中心核
  8. 真珠養殖で、母貝に入れ
  9. 核兵器の略。
  10. (線型代数学) ベクトル空間 VW線型写像 f: VWゼロベクトル 0 について、{vV | f(v) = 0} で定義される V部分空間身近な例としては、右辺全てとする連立一次方程式 Ax = 0 を満たす全ての解。
  11. (代数学) GG′準同型写像 f: GG′単位元 e について、{aG | f(a) = e} で定義される G正規部分群
  12. 日本語学アクセント核

類義語

用法

翻訳

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「核」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



核と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「核」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



核のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2023, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの核 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの元素構成比 (改訂履歴)、ピオベルジン (改訂履歴)、リチウム (改訂履歴)、神獄塔 メアリスケルター (改訂履歴)、NGC 5033 (改訂履歴)、NGC 5005 (改訂履歴)、NGC 1672 (改訂履歴)、ハエカビ目 (改訂履歴)、デュアルユース (改訂履歴)、地球の構造 (改訂履歴)、グランザイムB (改訂履歴)、彗星 (改訂履歴)、BulletForce (改訂履歴)、ガニメデ (衛星) (改訂履歴)、地球 (改訂履歴)、Arcaea (改訂履歴)、マップス (改訂履歴)、渦鞭毛藻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS