真珠とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > > 真珠の意味・解説 

しん じゅ [0] 【真珠】

貝類の殻の中にできる光沢のある玉。炭酸カルシウム主成分。貝の体内侵入した砂粒などの異物を、外套膜がいとうまく)から分泌された真珠質が包んでできる。美し銀色で、古くから装飾品として愛好される。アコヤガイを使って人工的作る養殖法が有名。パール

しんじゅ 【真珠】

貝類の殻の中にできる光沢のある玉。ヨーロッパでは真珠を女性に結びついた月のシンボルとみる地方があり、その呪力対す信仰先史時代からみられる。お守や薬用するところもある。死者口中にこれを入れる地方もあり、天国での生活のためだとする。中国でも薬用とするが、仏典では七宝一つとする。貝は口をあけて天から降る露を吸いこんで真珠を受胎するとか、天候影響良質悪質が決まるなどと考えていた民族もいたようだ。

真珠

作者坂口安吾

収載図書昭和文学全集 12
出版社小学館
刊行年月1987.10

収載図書白痴青鬼の褌を洗う女
出版社講談社
刊行年月1989.7
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書坂口安吾全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1990.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書近代短編 10
出版社笠間書院
刊行年月1997.4

収載図書青春屈折 上巻 新装
出版社學藝書林
刊行年月2005.2
シリーズ名全集 現代文学発見


真珠

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書決定版 三島由紀夫全集 20 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.7

収載図書三島由紀夫
出版社筑摩書房
刊行年月2008.2
シリーズ名ちくま日本文学


真珠

作者カーレン・ブリクセン

収載図書冬物語
出版社筑摩書房
刊行年月1995.1


真珠

作者芹沢光治良

収載図書短篇集 死者との対話
出版社新潮社
刊行年月1997.4
シリーズ名芹沢光治良文学館


真珠

作者葉月

収載図書銀の砂粒はじまり
出版社新風舎
刊行年月2006.8
シリーズ名新風舎文庫


真珠

読み方
真珠しんじゅ

真珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/30 21:53 UTC 版)

真珠(しんじゅ)あるいはパール(Pearl)とはから採れる宝石の一種である。6月誕生石である。石言葉は「健康・富・長寿・清潔・素直」など。


  1. ^ コンビニのつまみ「貝ひも」に真珠!また混入?珍しいホタテパール100万円
  2. ^ 真珠が宿す力/和珠の光沢 未来につなぐ『日本経済新聞』朝刊2017年10月22日(NIKKEI The STYLE)
  3. ^ 但しシェフの村上信夫はこれに「真珠が酢に溶けるものなのか。誰か試してくれませんか」と否定的。『おそうざいフランス料理』より。
  4. ^ 真珠が宿す力/神秘の「しらたま」地鎮に薬に『日本経済新聞』朝刊2017年10月22日(NIKKEI The STYLE)
  5. ^ a b “視点・論点 「知られざる真珠王国 日本」”. NHK. (2014年1月7日). http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/177417.html 2014年1月11日閲覧。 
  6. ^ “About”. https://miyabigrace.com/about/ 2017年12月27日閲覧。 


「真珠」の続きの解説一覧



真珠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真珠」の関連用語

真珠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



真珠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真珠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS