酸化カルシウムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > 酸化カルシウムの意味・解説 

さん かカルシウム -くわ- [6] 【酸化カルシウム】

石灰石など炭酸カルシウム熱分解により生成する塩基性酸化物で、白色固体または粉末化学式 CaO を注ぐと激しく反応して多量の熱を発生し、水酸化カルシウム消石灰)を生ずる。漆喰しつくい)やモルタル、またカルシウムカーバイド原料となる。生(せい石灰。煆製(かせい石灰
「酸化カルシウム」に似た言葉


酸化カルシウム(高炉スラグ粗骨材中の)

読み方さんかかるしうむ
【英】:calcium oxide

結晶質高炉徐冷スラグ骨材中の酸化カルシウム(CaO含有量多くなると、鉱物的に崩壊(β-2CaO・SiO2のγ-2CaO・SiO2への転移による崩壊)することが考えられる実際高炉スラグ粗骨材ではほとんど問題ないが、安全を重視してJIS A 5011-1(コンクリート高炉スラグ骨材 第1部高炉スラグ骨材)では45%以下と規定している。

CaO(酸化カルシウム)


Lime

分子式CaO
その他の名称:Calcium oxide、酸化カルシウム、Quic lime、Lime、生石灰
体系名:カルシウムオキシド


物質
酸化カルシウム
化学式
CaO
原子量
56.1
融点(℃)
2572
沸点(℃)
2850
密度(g/cm3
3.37

無色個体吸湿性を持つ。

酸化カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/04 14:49 UTC 版)

酸化カルシウム(さんかカルシウム、Calcium oxide、quick lime)は化学式 CaO で表される化合物。慣用名として、 生石灰(せいせっかい[5][6])とも呼ばれる。生石灰は「しょうせっかい」とも読めるため、消石灰と区別するため「きせっかい[7]」と呼称される場合がある。腐蝕性英語版のあるアルカリで、室温では結晶である。石灰という語はカルシウムを含む無機化合物の総称であり、石灰岩のようにケイ素マグネシウムアルミニウムなどよりカルシウムの炭酸塩酸化物水酸化物が多く含まれている岩石も指す。対照的に、生石灰は純粋な化合物のみを指す。




  1. ^ a b Haynes, William M., ed (2011). 化学と物理のCRCハンドブック英語版 (92nd ed.). CRCプレス英語版. p. 4.55. ISBN 1439855110. 
  2. ^ Calciumoxid. GESTIS database
  3. ^ Committee on Water Treatment Chemicals, Food and Nutrition Board, Assembly of Life Sciences, National Research Council (1982). Water Chemicals Codex. p. 20. ISBN 0-309-07368-5. http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=159&page=20. 
  4. ^ a b Zumdahl, Steven S. (2009). Chemical Principles 6th Ed.. Houghton Mifflin Company. p. A21. ISBN 0-618-94690-X. 
  5. ^ 岩波書店「広辞苑」第六版、2008年、p1546
  6. ^ 三省堂「新明解国語辞典」第三版、1981年、p626
  7. ^ 日本石灰協会・日本石灰工業組合[1]
  8. ^ Merck Index of chemicals and Drugs , 9th edition monograph 1650
  9. ^ Collie, Robert L. "Solar heating system" アメリカ合衆国特許第3,955,554号 issued May 11, 1976
  10. ^ Gray, Theodore (2007年9月). “Limelight in the Limelight”. Popular Science: 84. http://www.popsci.com/node/9652. 
  11. ^ Neolithic man: The first lumberjack?. Phys.org (August 9, 2012). Retrieved on 2013-01-22.
  12. ^ Karkanas, Panagiotis; Stratouli, Georgia (2011年). “Neolithic Lime Plastered Floors in Drakaina Cave, Kephalonia Island, Western Greece: Evidence of the Significance of the Site”. The Annual of the British School at Athens 103: 27. doi:10.1017/S006824540000006X. 
  13. ^ Connelly, Ashley Nicole (May 2012) {{{1}}} (PDF) . Baylor University Thesis, Texas
  14. ^ Kozu, Masato; et al (2008年). “Calcium oxide as a solid base catalyst for transesterification of soybean oil and its application to biodiesel production”. Fuel (Elsevier) 87 (12). doi:10.1016/j.fuel.2007.10.019. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0016236107004589 2014年3月19日閲覧。. 
  15. ^ Zhu, Huaping; et al (2006年). “Preparation of Biodiesel Catalyzed by Solid Super Base of Calcium Oxide and Its Refining Process”. Chinese Journal of Catalysis (Elsevier) 27 (5): 391-396. doi:10.1016/S1872-2067(06)60024-7. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1872206706600247 2014年3月19日閲覧。. 
  16. ^ デイヴィッド・ヒューム (1756). History of England. I. http://www.gutenberg.org/files/19212/19212-h/19212-h.htm#2H_4_0002. 
  17. ^ Croddy, Eric (2002). Chemical and biological warfare: a comprehensive survey for the concerned citizen. Springer. p. 128. ISBN 0-387-95076-1. http://books.google.com/?id=MQMGhInCvlgC&pg=PA128. 
  18. ^ Miller, M. Michael (2007). “Lime”. Minerals Yearbook. アメリカ地質調査所. p. 43.13. http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/lime/myb1-2007-lime.pdf. 
  19. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  20. ^ CaO MSDS. hazard.com


「酸化カルシウム」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酸化カルシウム」の関連用語

1
生石灰 国語辞典
100% |||||

2
石灰 国語辞典
100% |||||

酸化カルシウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



酸化カルシウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2019 住友大阪セメント All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酸化カルシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS