生成とは? わかりやすく解説

せい‐せい【生成】

読み方:せいせい

[名](スル)

ものができることまた、ものを新たにつくり出すこと。「薬品を―する」

哲学で、事物がある状態から他の状態になること。また、その過程転化


般若の面

(生成 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/12 03:43 UTC 版)

般若の面(はんにゃのめん。般若面般若とも)は、能面の一種である。女性の嫉妬恨みを表現した怨霊の面で、『葵上』、『道成寺』、『黒塚(安達原)』などのの演目で用いられる[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j 小林ほか 2012, p. 741.
  2. ^ a b c d e 倉林 2013, p. 6.
  3. ^ 横道 1987, p. 209.
  4. ^ 横道 1987, p. 211.
  5. ^ 横道 1987, pp. 205–206.
  6. ^ a b c d e f 横道 1987, p. 204.
  7. ^ 小林ほか 2012, pp. 400, 691.
  8. ^ 神戸女子大学古典芸能研究センター 2016, pp. 11–12.
  9. ^ 神戸女子大学古典芸能研究センター 2016, pp. 210–211.
  10. ^ 神戸女子大学古典芸能研究センター 2016, p. 12.
  11. ^ 西野ほか 1987, p. 387.
  12. ^ 野上 2009, pp. 706, 722.
  13. ^ 野上 2009, pp. 706–707, 712, 722.
  14. ^ 野上 2009, pp. 722–724.
  15. ^ 野上 2009, p. 722.
  16. ^ 野上 2009, pp. 722–723.
  17. ^ 野上 2009, pp. 723–724.
  18. ^ 成田 1987, p. 17.
  19. ^ 金剛 1983, pp. 86–87.
  20. ^ 観世 1999, pp. 82–83.
  21. ^ a b c d 小林ほか 2012, p. 300.
  22. ^ a b 西野ほか 1987, p. 13.
  23. ^ a b 小林ほか 2012, p. 2.
  24. ^ a b 西野ほか 1987, pp. 107–108.
  25. ^ a b c 三浦ほか 2012, p. 67.
  26. ^ 西野ほか 1987, p. 108.
  27. ^ 三浦ほか 2004, p. 155.
  28. ^ 観世ほか 2004, pp. 5–6.
  29. ^ 小林ほか 2012, p. 618.
  30. ^ 戸井田ほか 2008, p. 93.
  31. ^ 小林ほか 2012, p. 307.
  32. ^ 小林ほか 2012, p. 882.
  33. ^ 三浦ほか 2004, p. 211.
  34. ^ 小林ほか 2012, p. 200.
  35. ^ 小林ほか 2012, pp. 200, 741.
  36. ^ 小林ほか 2012, p. 49.
  37. ^ 三浦ほか 2012, p. 66.
  38. ^ 観世ほか 2004, p. 9.
  39. ^ 三浦ほか 2004, p. 105.
  40. ^ 中村 1962, p. 20.
  41. ^ 三浦ほか 2004, pp. 107, 155.
  42. ^ a b c 野上 1940, p. 115.
  43. ^ a b 小林ほか 2012, p. 651.
  44. ^ 倉林 2013, pp. 6–7, 39.
  45. ^ a b 小林ほか 2012, pp. 439, 478.
  46. ^ 野上 2009, p. 713.
  47. ^ 野上 2009, pp. 713–714.
  48. ^ 野上 2009, p. 714.
  49. ^ 小野 2011, pp. 258, 336–337.
  50. ^ 作品情報:アートマン”. 武蔵野美術大学 美術館・図書館 イメージライブラリー所蔵 映像作品データベース. 武蔵野美術大学. 2022年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。
  51. ^ 粟生こずえ (2017年2月6日). “【インタビュー】織田涼『能面女子の花子さん』 能面をつけた女子高生ののほほん学園コメディが大ヒット! 実際に能面をかぶってみると……”. このマンガがすごい!Web. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月10日閲覧。
  52. ^ 『ドラゴンクエスト そして伝説へ…公式ガイドブック』エニックス、1988年、90頁。ISBN 4900527033 
  53. ^ ファミコン通信編集部 1998, p. 77.
  54. ^ 本日は真島吾朗の誕生日。嶋野の狂犬グッズオンリーのオンラインくじ…笑いどころやないかい!”. 電撃オンライン (2022年5月14日). 2022年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。
  55. ^ 素顔が気になる! 「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-」,般若面を被った新キャラクター“叢”の情報とサンプルボイスが公開に”. 4Gamer.net (2012年11月9日). 2016年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。
  56. ^ 『東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 2018 Spring!』KADOKAWA、2018年3月30日、9頁。ISBN 9784048937498 
  57. ^ 内藤ハサミ (2022年3月25日). “「Ghostwire: Tokyo」プレイレポート。ジャパニーズオカルトの世界に没頭,超常の力を駆使して祓いまくるアクションADV”. 4Gamer.net. 2022年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。



生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/09 03:21 UTC 版)

間質液」の記事における「生成」の解説

心臓によって静水圧起こされ毛細血管から水分押し出される大きな溶質毛細血管壁をあまり通過できないため、浸透圧の差ができる。水分浸透圧の低い側から高い側へと化学平衡達するまで移動するこれにより水分血管内へと戻る。血液毛細血管内を常に流れているため、化学平衡達すことはな水分移動起こり続ける。 毛細血管部位によって2つの力のバランス違いがある毛細血管動脈側では静水圧浸透圧より大きいため、全流束としては水分溶質間質液側へ流れ向きとなる。毛細血管静脈側では血管内圧が低くなるため膠質浸透圧の圧が強くなり、全流束物質毛細血管側へ戻る向きとなる。この違い血流の向きと、間質液へと流れ込む水分の全流束起こす溶質の不均衡とによるものである。

※この「生成」の解説は、「間質液」の解説の一部です。
「生成」を含む「間質液」の記事については、「間質液」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 20:47 UTC 版)

共通中間言語」の記事における「生成」の解説

CILアセンブリおよび命令は、コンパイラと、実行環境と共に送られるIL アセンブラー (ILASM) と呼ばれるユーティリティどちらか生成されるアセンブルされたILIL 逆アセンブラー (ILDASM) を使用して再びコードへと逆アセンブルすることもできる高水準言語例えC#Visual Basic)へと逆コンパイルする.NET Reflectorのような他のツールもある。これによりILリバースエンジニアリングのとても容易なターゲットとなる。この特徴Javaバイトコード共通であるしかしながらコード難読化するツールもあり、そうすることによりコード容易に読めなくなるが実行はできるようになる

※この「生成」の解説は、「共通中間言語」の解説の一部です。
「生成」を含む「共通中間言語」の記事については、「共通中間言語」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 09:31 UTC 版)

五酸化炭素」の記事における「生成」の解説

五酸化炭素は、凍った二酸化炭素に5kVの電子照射することにより生成される。この反応機構は、四酸化炭素酸素原子反応するものである。この反応により、17.0 kJmol-1が放出されるオゾン二酸化炭素からの生成は165.6kJmol-1分エネルギー的に不利であり、三酸化炭素酸素分子との反応は31.6kJmol-1を必要とする

※この「生成」の解説は、「五酸化炭素」の解説の一部です。
「生成」を含む「五酸化炭素」の記事については、「五酸化炭素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 03:39 UTC 版)

リン酸鉄(III)」の記事における「生成」の解説

塩化鉄(III)リン酸を封管中180、2〜3時程度加熱する二水和物析出するFeCl 3 ⋅ 6 H 2 O   + H 3 PO 4 ⟶ FePO 4 ⋅ 2 H 2 O   + 3 HCl   + 4 H 2 O {\displaystyle {\ce {FeCl3\cdot 6H2O\ +H3PO4->FePO4\cdot 2H2O\ +3HCl\ +4H2O}}}

※この「生成」の解説は、「リン酸鉄(III)」の解説の一部です。
「生成」を含む「リン酸鉄(III)」の記事については、「リン酸鉄(III)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 11:10 UTC 版)

線形合同法」の記事における「生成」の解説

上の式で、 X 0 {\displaystyle X_{0}} が、乱数の種であり、これに数を代入すると、 X 1 {\displaystyle X_{1}} が得られる。さらに X 2 {\displaystyle X_{2}} を生成する場合には、 X 1 {\displaystyle X_{1}} を使う。以後同様に行う。 例えば、定数それぞれA=3B=5M=13乱数の種 X 0 {\displaystyle X_{0}} =8とすると、(上のにおいてはXn+1左辺置いたが、今回便宜上右辺に置く) ( 3 × 8 + 5 )   mod   13 = 3 {\displaystyle \left(3\times 8+5\right)\ {\bmod {\ }}13=3} 次に乱数生成する際は前回生成され乱数今回は3)を使って、 ( 3 × 3 + 5 )   mod   13 = 1 {\displaystyle \left(3\times 3+5\right)\ {\bmod {\ }}13=1} 以下、同じように、 ( 3 × 1 + 5 )   mod   13 = 8 {\displaystyle \left(3\times 1+5\right)\ {\bmod {\ }}13=8} となる。

※この「生成」の解説は、「線形合同法」の解説の一部です。
「生成」を含む「線形合同法」の記事については、「線形合同法」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 14:07 UTC 版)

三酸化硫黄」の記事における「生成」の解説

三酸化硫黄研究室では硫酸水素ナトリウム熱分解により2段で合成できる。 脱水: 2 NaHSO 4 ⟶ Na 2 S 2 O 7   + H 2 O {\displaystyle {\ce {2NaHSO4 -> Na2S2O7\ + H2O}}} @ 315°C 熱分解: Na 2 S 2 O 7Na 2 SO 4   + SO 3 {\displaystyle {\ce {Na2S2O7 -> Na2SO4\ + SO3}}} @ 460°C 他の金属の硫酸水素塩用いて反応進行するこの場合反応条件中間体安定性依存する工業的に三酸化硫黄接触法により製造されている。まず硫黄もしくは黄鉄鉱燃焼により二酸化硫黄亜硫酸ガス)を合成し電気集塵により精製するその後二酸化硫黄酸素及び五酸化バナジウム存在下で400600加熱し酸化する得られる。 S   + O 2SO 2 {\displaystyle {\ce {S\ + O2 -> SO2}}} 2 SO 2   + O 2 ⟶ 2 SO 3 {\displaystyle {\ce {2SO2\ + O2 -> 2SO3}}} また、硝酸法(鉛室法)の過程二酸化硫黄二酸化窒素反応してもできる。 SO 2   + NO 2SO 3   + NO {\displaystyle {\ce {SO2\ + NO2 -> SO3\ + NO}}} 接触法及び鉛室法については記事硫酸#工業的製法詳しいので、そちらも参照のこと。

※この「生成」の解説は、「三酸化硫黄」の解説の一部です。
「生成」を含む「三酸化硫黄」の記事については、「三酸化硫黄」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:38 UTC 版)

4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオール」の記事における「生成」の解説

天然にカシス含まれ特有の重いフルーティ香り寄与する煎茶にも、4-メルカプト-4-メチル-2-ペンタノンとともにごく微量含まれる。両物質とも嗅覚閾値が低いことから煎茶香り成分として重要な役割を持つ。

※この「生成」の解説は、「4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオール」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオール」の記事については、「4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:21 UTC 版)

五フッ化塩素」の記事における「生成」の解説

当初は三フッ化塩素フッ素とを高温高圧下で反応させた。また、フッ化塩素カリウム(KClF4)や四フッ化塩素ルビジウム(RbClF4), 四フッ化塩素セシウム(CsClF4)などとフッ素との反応により五フッ化塩素フッ化カリウム・フッ化ルビジウム・フッ化セシウム生成する1981年には、フッ化ニッケル(II)五フッ化塩素生成のための優れた触媒であることが発見された。 ClF 3 + F 2ClF 5 {\displaystyle {\ce {{ClF3}+ F2 -> ClF5}}} ClF + 2 F 2 ⟶ ClF 5 {\displaystyle {\ce {{ClF}+ 2F2 -> ClF5}}} Cl 2 + 5 F 2 ⟶ 2 ClF 5 {\displaystyle {\ce {{Cl2}+ 5F2 -> 2ClF5}}} CsClF 4 + F 2CsF + ClF 5 {\displaystyle {\ce {{CsClF4}+ F2 -> {CsF}+ ClF5}}}

※この「生成」の解説は、「五フッ化塩素」の解説の一部です。
「生成」を含む「五フッ化塩素」の記事については、「五フッ化塩素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:07 UTC 版)

臭素酸銀(I)」の記事における「生成」の解説

硝酸銀(I)など水溶性銀化合物水溶液に、臭素酸カリウム水溶液加えると沈殿するAg + ( aq )   + BrO 3 − ( aq ) ⟶ AgBrO 3 {\displaystyle {\ce {Ag^+(aq)\ + BrO3^-(aq) -> AgBrO3}}} 熱水溶解して冷却することにより再結晶する。

※この「生成」の解説は、「臭素酸銀(I)」の解説の一部です。
「生成」を含む「臭素酸銀(I)」の記事については、「臭素酸銀(I)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:45 UTC 版)

3-メチル-2-ブテン-1-チオール」の記事における「生成」の解説

ホップ苦味成分であるイソα酸側鎖が520nm以下の波長紫外線を受け開裂しアミノ酸から発生したSHラジカル結合することにより生成する淹れたてのコーヒーからも生じるが、短時間で消失するため、コーヒー淹れたて感賦与剤としては2-フルフリルメチルスルフィドなどの代替品使用される日本酒にも含まれる考えられている。嗅覚閾値は0.0002ppb(1ppbは十億分の一)と強い臭気を持つ。日本の消防法では危険物第4類第2石油類区分される

※この「生成」の解説は、「3-メチル-2-ブテン-1-チオール」の解説の一部です。
「生成」を含む「3-メチル-2-ブテン-1-チオール」の記事については、「3-メチル-2-ブテン-1-チオール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 09:21 UTC 版)

ジフェニルアセチレン」の記事における「生成」の解説

ジフェニルアセチレン誘導体は、スチルベン誘導体カリウム tert-ブトキシド処理することにより得られる

※この「生成」の解説は、「ジフェニルアセチレン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ジフェニルアセチレン」の記事については、「ジフェニルアセチレン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 09:04 UTC 版)

バニリルアルコール」の記事における「生成」の解説

バニリルアルコールオキシダーゼにより、バニリン可逆的還元生じる。 シュードモナス属変異株により、オイゲノール酸化分解してバニリルアルコールおよびバニリンコニフェリルアルコールコニフェリルアルデヒドフェルラ酸生成する研究行われている。

※この「生成」の解説は、「バニリルアルコール」の解説の一部です。
「生成」を含む「バニリルアルコール」の記事については、「バニリルアルコール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 09:05 UTC 版)

テルロピリリウム」の記事における「生成」の解説

テルロピリリウム正電荷を持つカチオンあるため過塩素酸塩テトラフルオロホウ酸塩ヘキサフルオロリン酸塩等の非求アニオン結合し固体形成する

※この「生成」の解説は、「テルロピリリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「テルロピリリウム」の記事については、「テルロピリリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:32 UTC 版)

バナジン酸ビスマス」の記事における「生成」の解説

従来はBi3O3(酸化ビスマス(III))とNH4VO3(メタバナジン酸アンモニウム)の混合物を、常圧下において7009005時焼成することにより作られてきたが、尿素存在下で、NH4VO3とBi(NO3)3(硝酸ビスマス(III))を90前後反応させることにより得る方法開発された。

※この「生成」の解説は、「バナジン酸ビスマス」の解説の一部です。
「生成」を含む「バナジン酸ビスマス」の記事については、「バナジン酸ビスマス」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 04:23 UTC 版)

ヨウ素131」の記事における「生成」の解説

ヨウ素131ほとんどは自然テルル目標中性子照射をした原子炉から生成される。最も軽いテルルの同位体からより重い安定同位体他の安定ヨウ素キセノンになるため、自然テルル照射はほぼ完全に数時間以上の半減期を持つ放射性同位体のみのヨウ素131生成する。しかし、自然発生した最も重い天然テルル核種テルル130天然テルル34 %)は中性子吸着させてテルル131になり、それは25分間半減期を通してベータ崩壊によりヨウ素131となる。 テルル化合物イオン交換カラム酸化物として拘束されている状態で照射することができ、ヨウ素131放出したアルカリ溶液溶出する通例として、粉末状のテルル元素照射した後、はるかに低い蒸気圧を持っているヨウ素乾燥蒸留によりヨウ素131分離させる成分は、標準的な方法弱アルカリ性溶液溶解しヨウ素131次亜ヨウ素酸エステル(すぐにヨウ化物還元される)を生成するヨウ素131は、ウラン235核分裂する際に 2.878 % の確率核分裂生成物として生成される自然界存在するウラン235極めてわずかの確率(2.0x10−9)で自発核分裂起こしヨウ素131生成するが、それとて8日半減期急速に減少するので、自発核分裂由来ヨウ素131検出限界下回る量しか存在しえない。核燃料中であれ、放射能汚染現場であれ、自然界であれ、いかなる所にであれ存在し検出されヨウ素131は、その時点か長くとも数ヶ月以内時点で原子炉核実験などで人工的に生成されものであるとみなせる。 なお、半減期が15.7×106年比較長いヨウ素129は、自発核分裂由来のものが自然界検出されることがある

※この「生成」の解説は、「ヨウ素131」の解説の一部です。
「生成」を含む「ヨウ素131」の記事については、「ヨウ素131」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 22:38 UTC 版)

炭素」の記事における「生成」の解説

炭素原子生成にヘリウム原子核であるアルファ粒子の3重衝突が必要となる。これには約1億度の熱が必要となるが、ビッグバンでは宇宙はじめに大きく膨張してすぐに急速に冷え炭素生成されなかったと考えられている。しかし、その後形成され恒星内でトリプルアルファ反応によるヘリウム燃焼過程エネルギー放出しながら炭素生成される。こうして作られた炭素は、主系列星内部で水素ヘリウムになるCNOサイクル媒介し星のエネルギー放射一役買っている

※この「生成」の解説は、「炭素」の解説の一部です。
「生成」を含む「炭素」の記事については、「炭素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 21:26 UTC 版)

暗証番号」の記事における「生成」の解説

Natural PIN PAN暗号化して作成するPINPIN生成鍵 (PGK) とトリプルDESを使う。生成され暗号文十進数表しPINとする。Natural PINカードごとにあり、変更されないし、ユーザー変更することもできないOffset PIN Natural PINオフセット値を加えたもので、任意のPIN生成できる例えば、Natural PIN1111 で、ユーザー指定したPINが 5555 だった場合、その差(オフセット)である 4444 を格納しておく。PIN入力したとき、オフセットを引くと Natural PIN得られ、それが合っている検証できる。

※この「生成」の解説は、「暗証番号」の解説の一部です。
「生成」を含む「暗証番号」の記事については、「暗証番号」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 16:50 UTC 版)

硫酸カドミウム」の記事における「生成」の解説

単体カドミウム酸化カドミウムもしくは水酸化カドミウム希硫酸との反応によって生成するCdO + H 2 SO 4CdSO 4 + H 2 O {\displaystyle {\ce {{CdO}+ H2SO4 -> {CdSO4}+ H2O}}}

※この「生成」の解説は、「硫酸カドミウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「硫酸カドミウム」の記事については、「硫酸カドミウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 07:19 UTC 版)

ヘキサヒドロ-1,3,5-トリアジン」の記事における「生成」の解説

置換の (CH2NH)3は、ヘキサメチレンテトラミン作るためのホルムアルデヒドアンモニア縮合反応中間体として検出される。N-置換誘導体はより安定である。N,N′,N′′-三置換ヘキサヒドロ-1,3,5-トリアジンは、ホルムアルデヒド第一級アミン縮合反応により生成する。 3 CH2O + 3 MeNH2 → (CH2NMe)3 + 3 H2O C-置換誘導体は、アルデヒドアンモニア反応により得られる。 3 RCHO + 3 NH3 → (RCHNH)3 + 3 H2O これらの化合物は、特徴的な結晶水を持つ。ヘミアミナールは、これらの縮合反応中間体である。 N,N′,N′′-トリアシルトリアジンは、環の3つの窒素原子アシル基結合したトリアジンである。これらのトリアシルトリアジンは、ヘキサメチレンテトラミン酸塩化物反応またはアミドホルムアルデヒド縮合により生じる。 トリアジンとは異なり、ヘキサヒドロ誘導体配座柔軟性を持つ。

※この「生成」の解説は、「ヘキサヒドロ-1,3,5-トリアジン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ヘキサヒドロ-1,3,5-トリアジン」の記事については、「ヘキサヒドロ-1,3,5-トリアジン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:28 UTC 版)

セレン化水素」の記事における「生成」の解説

セレン化アルミニウムなどのセレンと金属の化合物水または希塩酸反応させると、水の場合酸化アルミニウム希塩酸の場塩化アルミニウムとともに生成するAl 2 Se 3 + 3 H 2 O ⟶ 3 H 2 Se + Al 2 O 3 {\displaystyle {\ce {Al2Se3 + 3 H2O -> 3 H2Se + Al2O3}}} Al 2 Se 3 + 6 HCl3 H 2 Se + 2 AlCl 3 {\displaystyle {\ce {Al2Se3 + 6 HCl -> 3 H2Se + 2 AlCl3}}} また、セレン蒸気水素直接反応させることでも生成できるSe + H 2H 2 Se {\displaystyle {\ce {Se + H2 -> H2Se}}}

※この「生成」の解説は、「セレン化水素」の解説の一部です。
「生成」を含む「セレン化水素」の記事については、「セレン化水素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 07:00 UTC 版)

ジブロモ酢酸」の記事における「生成」の解説

海水冷却使用する火力発電所原子力発電所化学プラント海水原料として利用している海水淡水化プラントなどでは、取水口熱交換器等への貝類付着を防ぐため塩素処理が行われる。海水淡水に比べ臭化物イオン濃度高く塩素理によりジブロモ酢酸生じと考えられるフミン酸を含む人工海水次亜塩素酸ナトリウム処理する実験では、ガスクロマトグラフ質量分析計によりDBAAをはじめとする有機臭素化合物確認された1992年神奈川県福島県採取した海水からはそれぞれ4.5 μg/L、1.2 μg/L、神奈川県内海水利用したプールからは18.3 μg/LのDBAAが検出された。本物質は不揮発性あるためプールでは濃縮起きた推定される

※この「生成」の解説は、「ジブロモ酢酸」の解説の一部です。
「生成」を含む「ジブロモ酢酸」の記事については、「ジブロモ酢酸」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 15:01 UTC 版)

スペクトログラム」の記事における「生成」の解説

スペクトログラム作成する方法は主に2種類存在する1つバンドパスフィルタ群を使う方法、もう1つ短時間フーリエ変換STFT)で計算する方法である。 フィルタ使った手法は主にアナログ連続信号使われる信号周波数範囲音声信号の場合、20Hz から 20kHz)を等間隔に分ける。ただし、線型等間隔場合例え0-100、100-200、200-300、…)と対数的に等間隔の場合例えば 10-100、100-1000、1000-10000、…)がある。信号が各フィルタ入力されると、その周波数帯域以外の周波数成分除去される(ただし、実際のフィルタ窓関数としては不完全なので、周囲の周波数帯域成分若干残る)。各フィルタ出力時間と共に記録する。その記録水平にしたもの周波数帯域順番に積み重ねるように置くと、横軸時間とし縦軸周波数としたスペクトログラム完成するデジタル信号では、STFT使ってスペクトログラム作成する時間領域標本化されたデータチャンク分けられチャンク一般にオーバーラップさせる)、チャンク毎にフーリエ変換を施す。各チャンク変換結果スペクトログラムある時間の全周波数成分グラフスペクトル)となるので、これを垂直において時系列並べるとスペクトログラム完成する

※この「生成」の解説は、「スペクトログラム」の解説の一部です。
「生成」を含む「スペクトログラム」の記事については、「スペクトログラム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 17:03 UTC 版)

「血」の記事における「生成」の解説

源は飲食物であり、脾胃からもたらされる後天の精から造られ素材は、津液営気であり、肺による呼吸作用深く関係している。

※この「生成」の解説は、「血」の解説の一部です。
「生成」を含む「血」の記事については、「血」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 20:14 UTC 版)

4-エチルフェノール」の記事における「生成」の解説

天然にワインビール腐敗酵母のブレタノマイセス属(英語版)により生成される嗅覚閾値140 μg/Lで、ブドウ畑薬品バンドエイドネズミ様とも表現されるワイン香り基となるベルギービール一種のランビックでは本物質が特徴香の一つとされるが、一般的なビールや、赤ワインでは好まし評価とはならない本物質は醤油香気構成する物質一つでもある。 4-EPの濃度はブレタノマイセスの濃度活性にほぼ比例するため、酵母存在指標することができる。 ブレタノマイセスの菌株には、4-EPを産生する能力大きな違いがある。 4-EPは、アメリカビーバーヨーロッパビーバー香嚢から得られる海狸香成分でもある

※この「生成」の解説は、「4-エチルフェノール」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-エチルフェノール」の記事については、「4-エチルフェノール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/30 15:26 UTC 版)

二塩化ゲルマニウム」の記事における「生成」の解説

固体GeCl2は、四塩化ゲルマニウムGeCl4を650ゲルマニウム金属に通すことによって生成される。 GeCl 4   + Ge ⟶ 2 GeCl 2 {\displaystyle {\ce {GeCl4\ + Ge -> 2GeCl2}}} また、クロロゲルマン70分解することでも得られる。 2 GeH 3 ClGeCl 2   + GeH 4   + H 2 {\displaystyle {\ce {2 GeH3Cl -> GeCl2\ + GeH4\ + H2}}}

※この「生成」の解説は、「二塩化ゲルマニウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「二塩化ゲルマニウム」の記事については、「二塩化ゲルマニウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 21:33 UTC 版)

土壌」の記事における「生成」の解説

土壌学者のハンス・ジェニーは、1941年土壌性質土壌供給する地表地形気候動植物相反映される提唱し、以下の5つ要素を土壌生成司る5大要素とした。 母材(岩) 気候 有機体 地形 時間

※この「生成」の解説は、「土壌」の解説の一部です。
「生成」を含む「土壌」の記事については、「土壌」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 15:32 UTC 版)

かに座55番星e」の記事における「生成」の解説

かに座55番星eは、初めから岩石惑星として生成したではなく初めはなどの揮発性物質富んだガス惑星として誕生しその後恒星近づいた事から、恒星コロナ質量放出影響を受けてガス成分失った推定されている。そして現在では、高圧固まっていた氷から、温度上昇超臨界流体として高温高圧生じ珪酸塩出来た覆っていると考えられている。 かつては木星質量惑星の重力によって内側に押され可能性指摘されたが、現在では否定されている。

※この「生成」の解説は、「かに座55番星e」の解説の一部です。
「生成」を含む「かに座55番星e」の記事については、「かに座55番星e」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 07:42 UTC 版)

ヘキサシアニド鉄(III)酸鉄(III)」の記事における「生成」の解説

ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム鉄(III)イオン反応後の溶液蒸発得られる褐色固体である。 Fe 3 + + [ Fe ( CN ) 6 ] 3 − ⟶ Fe [ Fe ( CN ) 6 ] {\displaystyle {\ce {Fe^3+ + [Fe(CN)6]^3- -> Fe[Fe(CN)6]}}}

※この「生成」の解説は、「ヘキサシアニド鉄(III)酸鉄(III)」の解説の一部です。
「生成」を含む「ヘキサシアニド鉄(III)酸鉄(III)」の記事については、「ヘキサシアニド鉄(III)酸鉄(III)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 09:02 UTC 版)

六フッ化モリブデン」の記事における「生成」の解説

六フッ化モリブデンは、金属モリブデン十分な量フッ素との直接反応によって下のように生成されるMo + 3 F 2 ⟶ MoF 6 {\displaystyle {\ce {Mo + 3 F2 -> MoF6}}} 典型的な不純物はMoO2F2とMoOF4であり、六フッ化物加水分解時の傾向反映したものである

※この「生成」の解説は、「六フッ化モリブデン」の解説の一部です。
「生成」を含む「六フッ化モリブデン」の記事については、「六フッ化モリブデン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 23:42 UTC 版)

AGEs」の記事における「生成」の解説

詳細は「メイラード反応を参照 AGEs体外体内双方生じる。特に、蛋白質糖化反応蛋白質炭水化物が非酵素的に結合する。この過程シッフ塩基アマドリ転位発生してアマドリ化合物」(アマドリ転位生成物前期生成物)を経由する外因性AGEs食品加熱調理等)で生ずる。調理する前と比べると10100倍に増加する

※この「生成」の解説は、「AGEs」の解説の一部です。
「生成」を含む「AGEs」の記事については、「AGEs」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 22:24 UTC 版)

アンギオスタチン」の記事における「生成」の解説

アンギオスタチンは、例えば、細胞外ホスホグリセレートキナーゼによるジスルフィド結合還元を含む、プラスミノーゲン自己タンパク質分解によって生成される。さらに、アンギオスタチン金属プロテアーゼエラスターゼ前立腺特異抗原、13kDaのセリンプロテアーゼまたは24kDaのエンドペプチダーゼによるプラスミノーゲン切断でも生じる。

※この「生成」の解説は、「アンギオスタチン」の解説の一部です。
「生成」を含む「アンギオスタチン」の記事については、「アンギオスタチン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 13:20 UTC 版)

フッ化カドミウム」の記事における「生成」の解説

気体フッ素またはフッ化水素と、単体カドミウムまたは塩化カドミウム硫酸カドミウムとの反応生成されるまた、40%のフッ化水素酸溶液炭酸カドミウム溶解し150真空中乾燥させることにより得られるもう一つの方法として、塩化カドミウムフッ化アンモニウム混合し結晶化する方法がある。

※この「生成」の解説は、「フッ化カドミウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「フッ化カドミウム」の記事については、「フッ化カドミウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 16:32 UTC 版)

硝酸カドミウム」の記事における「生成」の解説

単体カドミウム酸化カドミウム水酸化カドミウムまたは炭酸カドミウム硝酸溶解し結晶化させて得られるCdO   + 2 HNO 3Cd ( NO 3 ) 2   + H 2 O {\displaystyle {\ce {CdO\ + 2HNO3 -> Cd(NO3)2\ + H2O}}}

※この「生成」の解説は、「硝酸カドミウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「硝酸カドミウム」の記事については、「硝酸カドミウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 16:32 UTC 版)

フルオランテン」の記事における「生成」の解説

有機物不完全燃焼により発生する主な発生源化石燃料燃焼調理廃棄物の焼却自動車排気ガスタバコの煙などである。ほかに、化石燃料中にも含まれる

※この「生成」の解説は、「フルオランテン」の解説の一部です。
「生成」を含む「フルオランテン」の記事については、「フルオランテン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 20:14 UTC 版)

4-ビニルフェノール」の記事における「生成」の解説

腐敗酵母のブレタノマイセス属(英語版)により生成される嗅覚閾値達すると薬箱スパイスや煙様と表現される香りもたらすワインでは、4-ビニルフェノールアントシアニジンなどと反応して新し化合物生成する白ワインではビニルフェノール系が優勢であるが(4-ビニルフェノール70–1,150 μg/l、4-ビニルグアヤコール10490 μg/l)赤ワインではエチルフェノール系が対応する

※この「生成」の解説は、「4-ビニルフェノール」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-ビニルフェノール」の記事については、「4-ビニルフェノール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 13:20 UTC 版)

酸化カドミウム」の記事における「生成」の解説

金属カドミウム燃焼、または水酸化カドミウム硝酸カドミウムおよび炭酸カドミウム熱分解により得られる。純品を得るには精製した硝酸カドミウム550加熱分解するのがよい。 2 Cd + O 2 ⟶ 2 CdO {\displaystyle {\ce {2Cd + O2 -> 2CdO}}} Cd ( OH ) 2CdO + H 2 O {\displaystyle {\ce {Cd(OH)2 -> CdO + H2O}}} 4 Cd ( NO 3 ) 2 ⟶ 4 CdO + 4 NO 2 + O 2 {\displaystyle {\ce {4Cd(NO3)2 -> 4CdO + 4NO2 + O2}}} CdCO 3 ⟶ CdO + CO 2 {\displaystyle {\ce {CdCO3 -> CdO + CO2}}}

※この「生成」の解説は、「酸化カドミウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「酸化カドミウム」の記事については、「酸化カドミウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 23:23 UTC 版)

反陽子ヘリウム」の記事における「生成」の解説

反陽子通常のヘリウム気体単純に混合することで生成する反陽子は、自発的にヘリウム原子中の2つ電子のうちの1つ除去し元の電子位置ヘリウム原子核周り回り始める。ヘリウム気体中に導入した反陽子の約3%でこの反応生じる。大きな主量子数と約38軌道角運動量を持つ反陽子軌道は、ヘリウム原子核表面からかなり遠くにある。そのため、反陽子は、最終的にその表面落下して対消滅する前に数十マイクロ秒もの間、ヘリウム原子核周りを回る。

※この「生成」の解説は、「反陽子ヘリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「反陽子ヘリウム」の記事については、「反陽子ヘリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 04:41 UTC 版)

塩化アルミニウム」の記事における「生成」の解説

金属アルミニウム塩素、または塩化水素との反応無水塩化アルミニウム生成されるCO 2 + C ⟶ 2 CO {\displaystyle {\ce {CO2 + C -> 2 CO}}} 2 Al + 6 HCl ⟶ 2 AlCl 3 + 3 H 2 {\displaystyle {\ce {{2Al}+ 6HCl -> {2AlCl3}+ 3H2}}} 塩化アルミニウム水和物無水塩化アルミニウム塩酸溶かし生成する

※この「生成」の解説は、「塩化アルミニウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「塩化アルミニウム」の記事については、「塩化アルミニウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 09:04 UTC 版)

プルトニウム238」の記事における「生成」の解説

238Puの生成には、多くは237Npが使われている。軽水炉3年間使用された使用済み核燃料には、1kgあたり約7gの237Npが含まれている。この237Npを選択抽出し、237Npに中性子線当てることによって238Npに変化させ、ベータ崩壊によって238Puを生じさせるのであるまた、アメリシウム原料とする場合もある。   93 237 N p   +   0 1 n   ⟶     93 238 N p   → 2.117   d a y s β −     94 238 P u {\displaystyle \mathrm {^{237}_{\ 93}Np\ +\ _{0}^{1}n\ \longrightarrow \ _{\ 93}^{238}Np\ {\xrightarrow[{2.117\ days}]{\beta ^{-}}}\ _{\ 94}^{238}Pu} } アメリカ合衆国では後述するとおり238Puを宇宙探査機用によく用いているが、1988年からは安全上の問題生産行っていなかった。しかし、ロシアからの供給2010年ストップしたことからエネルギー省2013年3月18日に238Puの生産再開する発表した

※この「生成」の解説は、「プルトニウム238」の解説の一部です。
「生成」を含む「プルトニウム238」の記事については、「プルトニウム238」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 03:07 UTC 版)

六フッ化オスミウム」の記事における「生成」の解説

六フッ化オスミウム300 にて気体となった十分な量フッ素原子と金オスミウムの間で直反応起きることで以下のように生成されるOs + 3 F 2 ⟶ OsF 6 {\displaystyle {\ce {Os + 3 F2 -> OsF6}}}

※この「生成」の解説は、「六フッ化オスミウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「六フッ化オスミウム」の記事については、「六フッ化オスミウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 08:38 UTC 版)

信号灯 (ライフゲーム)」の記事における「生成」の解説

Tテトロミノや、Iペントミノ、Lテトロミノから生成することが多いが、ほかにも生成経路たくさんある。 □■□ ■■■ ■■■→ ■■■→ □□□ □■□ ■■■ ■□■→ □□□□□□ □□■■■□□ □□□□ □■■□ ■■■ □□■□□ □□■□□ □■■■□ □□■■■□□ □□□□□□□ ■■■■→ □■■■→ □■□■□ □■■■□ ■□□□■ □■□■□■□ ■□□□□□■ □□□■ □■□■ ■□□□■→ ■■□■■→ ■□□□■→ ■■■□■■■→ ■□□□□□■ □■□■□ □■■■□ ■□□□■ □■□■□■□ ■□□□□□■ □□□□□ □■■■□ □□□□ □□■□□ □■■■□ □□■■■□□ □□□□□□□ ■■■■■→ □■■■□→ □□□□□□ □□■■■□□ □□□□□ □■■■□ 上から順にTテトロミノ、L(Q)ペントミノ、I(O)ペントミノである。

※この「生成」の解説は、「信号灯 (ライフゲーム)」の解説の一部です。
「生成」を含む「信号灯 (ライフゲーム)」の記事については、「信号灯 (ライフゲーム)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 14:06 UTC 版)

4-ピリドン」の記事における「生成」の解説

4-ピリドン及びその誘導体は、プロトン性溶媒中で4-ピロンアミンから生成する

※この「生成」の解説は、「4-ピリドン」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-ピリドン」の記事については、「4-ピリドン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 07:08 UTC 版)

tert-ブチルアミン」の記事における「生成」の解説

2,2-ジメチルエチレンイミンまたはtert-ブチルフタルイミドの水素化により製造される天然に存在することはきわめて稀である

※この「生成」の解説は、「tert-ブチルアミン」の解説の一部です。
「生成」を含む「tert-ブチルアミン」の記事については、「tert-ブチルアミン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 04:40 UTC 版)

8,9-デヒドロテアスピロン」の記事における「生成」の解説

藤森嶺により、バーレー種葉タバコから1981年初め発見された。370Kgの葉タバコから5mgの本物質が単離されている。チャ香気成分として既知の物質であるテアスピロン構造類似していることから藤森により8,9-デヒドロテアスピロン命名された。その構造から、カロテノイド化合物分解により生じた考えられている。 1990年にはWinterhalterによりワイン1992年にTakeokaによりネクタリン1993年にSurburgによりモクセイソウ1996年Nafによりオレンジ1997年にD'Areyによりハチミツからも検出され、さらに2000年には塩野香料研究によりモモ重要な香気成分一つであることも明らかになった。

※この「生成」の解説は、「8,9-デヒドロテアスピロン」の解説の一部です。
「生成」を含む「8,9-デヒドロテアスピロン」の記事については、「8,9-デヒドロテアスピロン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 07:08 UTC 版)

4-エチルグアイアコール」の記事における「生成」の解説

ワイン醸造において、ブドウ果汁含まれる無臭フェルラ酸出発点とし、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)中の脱炭酸酵素4-ヒドロキシケイ皮酸デカルボキシラーゼにより4-ビニルグアイアコール(4-VG)が生成される。4-VGは白ワインオフフレーバーとなる。赤ワインでは4-VGが酸化還元酵素ビニルフェノールレダクターゼにより4-エチルグアイアコール変換されるフェルラ酸代わりにp-クマル酸出発点とする場合には、同様の経路で4-ビニルフェノール(4-VP)を経て4-エチルフェノール(4-EP)となる。嗅覚閾値赤ワイン中で0.110mg/l、水中では0.025mg/lである。4-EPと4-EGの赤ワイン中の典型的な存在比率は10:1で、この比率で混合した場合閾値は0.369mg/lとなる。 醤油おいてもCandida versatilisにより生成され香ばしい燻煙香をもたらすが、濃度高すぎる薬品臭を生じ風味損なわれる

※この「生成」の解説は、「4-エチルグアイアコール」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-エチルグアイアコール」の記事については、「4-エチルグアイアコール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 00:00 UTC 版)

カルボヒドラジド」の記事における「生成」の解説

工業的には、尿素ヒドラジン処理することで作られるOC(NH2)2 + 2 N2H4OC(N2H3)2 + 2 NH3 また、炭酸エステル等の他のC1前駆体ヒドラジン処理することでも得られるホスゲンから作ることもできるが、副産物としてヒドラジニウム塩([N2H5]Cl)も生成し、脱ホルミル化起こる。カルバジン酸前駆体になりうる。 N2NH3CO2H + N2H4OC(N2H3)2 + H2O

※この「生成」の解説は、「カルボヒドラジド」の解説の一部です。
「生成」を含む「カルボヒドラジド」の記事については、「カルボヒドラジド」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 07:06 UTC 版)

4-ビニルグアイアコール」の記事における「生成」の解説

ワイン醸造において、ブドウ果汁含まれる無臭フェルラ酸出発点とし、出芽酵母Saccharomyces cerevisiae中の脱炭酸酵素4-ヒドロキシケイ皮酸デカルボキシラーゼにより4-ビニルグアイアコール生成される白ワインでの反応ここまでであるが、赤ワインでは4-VGがさらに酸化還元酵素ビニルフェノールレダクターゼにより4-エチルグアイアコール変換されるフェルラ酸代わりにp-クマル酸出発点とする場合には、同様の経路で4-ビニルフェノール(4-VP)を経て4-エチルフェノール(4-EP)となる。 ワイン酵母ビール酵母には4-VGの生成活性を持つが、焼酎酵母清酒酵母にはこの活性持たないことが酒類総合研究所向井伸彦らにより報告されている。焼酎ビール製造においては加熱工程フェルラ酸脱炭酸し、4-VGが生じる。清酒では、麹やもろみから採取されバチルス・チューリンゲンシスおよびブドウ球菌Staphylococcus gallinarumにフェルラ酸から4-VG、p-クマル酸から4-VPへの変換能を持つ発見された。泡盛古酒香の1つであるバニリンは、フェルラ酸脱炭酸反応によって生じた4-VGの酸化によって生成されることが知られている焼酎および泡盛醸造におけるフェルラ酸脱炭酸反応は,蒸留時の加熱1つ要因であるが、泡盛実用菌株においては黒麹菌の持つフェノール酸脱炭酸酵素主要因であることが示されている。

※この「生成」の解説は、「4-ビニルグアイアコール」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-ビニルグアイアコール」の記事については、「4-ビニルグアイアコール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 05:21 UTC 版)

褐鉛鉱」の記事における「生成」の解説

褐鉛鉱は、鉛を含む堆積物から酸化帯で二次鉱物として生じる。バナジウムは、母岩ケイ酸塩鉱物から浸出する共生する鉱物には、ミメット鉱英語版)、緑鉛鉱デクロワゾー石モットラム鉱(英語版)、白鉛鉱英語版)、モリブデン鉛鉱英語版)、硫酸鉛鉱方解石重晶石様々な酸化鉄鉱物がある。 褐鉛鉱鉱床は、オーストラリアスペインスコットランドウラル山脈南アフリカナミビアモロッコアルゼンチンメキシコ、またアメリカ合衆国アリゾナ州コロラド州ニューメキシコ州サウスダコタ州等、世界中で見つかっている。 褐鉛鉱鉱床は、世界中400以上の鉱山見つかっている。モロッコのミデル、ナミビアツメブアルゼンチンコルドバニューメキシコ州シエラ郡、アリゾナ州ヒラ郡等である。

※この「生成」の解説は、「褐鉛鉱」の解説の一部です。
「生成」を含む「褐鉛鉱」の記事については、「褐鉛鉱」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 01:20 UTC 版)

指数分布」の記事における「生成」の解説

逆関数法用いて指数分布に従う確率変数生成することができる。一様乱数 U ( 0 , 1 ) {\displaystyle U(0,1)} で、 x ∼ E x p ( λ ) {\displaystyle x\sim \mathrm {Exp} (\lambda )} は以下の式で得られる: x = − 1 λ ln ⁡ U {\displaystyle x=-{\frac {1}{\lambda }}\ln U}

※この「生成」の解説は、「指数分布」の解説の一部です。
「生成」を含む「指数分布」の記事については、「指数分布」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 06:46 UTC 版)

セシウム134」の記事における「生成」の解説

少量ウラン235などの核分裂により直接生成するが、235Uの熱中性子による核分裂収率4.4×10-6%とかなり低い。質量数134核分裂生成物には134Sb(収率0.72%、半減期0.8秒)、134Te(収率6.2%、半減期42分)、134mI(収率0.36%、半減期3.7分)、134I(収率0.50%、半減期52.6分)などがあるが、これらがβ崩壊して生成するキセノン134安定あるため他の核種β崩壊生成するわけではない。主に、安定同位体セシウム133中性子捕獲により生成する(133Csの中性子吸収断面積29バーン)。また安定同位体である133Csの235Uの熱中性子による直接の核分裂収率も7.9×10-7%と低いが、これは133Sb(収率2.3%、半減期2.5分)、133mTe(収率3.0%、半減期55.4分)、133Te(収率1.2%、半減期12.4分)などのβ崩壊生成する。 Cs-133とCs-134合わせた核分裂収率は6.7896%である。両者割合中性子放出度合いにより変わる。また、セシウム134吸収断面積140バーン中性子捕獲し、より半減期長いセシウム135になる。

※この「生成」の解説は、「セシウム134」の解説の一部です。
「生成」を含む「セシウム134」の記事については、「セシウム134」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/06 14:56 UTC 版)

炭酸鉄(II)」の記事における「生成」の解説

硫酸鉄(II)など鉄(II)塩水溶液酸素遮断して炭酸ナトリウムあるいは炭酸水素ナトリウム水溶液加えると灰白色沈殿生成する一方で鉄(III)塩水溶液炭酸塩水溶液加えても、加水分解により水和酸化鉄(III)水酸化鉄(III)とも表現される)の沈殿生じるのみで炭酸鉄(III)沈殿得られないFe 2 +   + CO 3 2 − ⟶ FeCO 3 ( s ) {\displaystyle {\ce {Fe^{2+}\ + CO3^{2-}-> FeCO3(s)}}} 鉄(II)濃厚水溶液酸素遮断して炭酸カリウム水溶液過剰に加えると、錯体である無色のジカルボナト鉄(II)カリウム K2[Fe(CO3)2] を生成する。このジカルボナト鉄(II)カリウム水溶液中で分解して炭酸鉄(II)沈殿するFe 2 +   + 2 CO 3 2 − ⟶   [ Fe ( CO 3 ) 2 ] 2 − {\displaystyle {\ce {Fe^{2+}\ + 2 CO3^{2-}->\ [Fe(CO3)2]^{2-}}}} [ Fe ( CO 3 ) 2 ] 2 −   ⇄   FeCO 3 ( s )   + CO 3 2 − {\displaystyle {\ce {[Fe(CO3)2]^{2-}\ \rightleftarrows \ FeCO3(s)\ +CO3^{2-}}}}

※この「生成」の解説は、「炭酸鉄(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「炭酸鉄(II)」の記事については、「炭酸鉄(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 09:21 UTC 版)

一フッ化臭素」の記事における「生成」の解説

臭素フッ素を、10反応させることにより得られる

※この「生成」の解説は、「一フッ化臭素」の解説の一部です。
「生成」を含む「一フッ化臭素」の記事については、「一フッ化臭素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 07:12 UTC 版)

ヨウ素123」の記事における「生成」の解説

ヨウ素123は、サイクロトロン内でカプセル封入したキセノン陽子照射して製造されるキセノン124陽子吸収し、すぐに中性子陽子失ってキセノン123になるか、あるいは2個の中性子失ってセシウム123になり、それが崩壊してキセノン123になる。いずれの経路で生成されキセノン123崩壊してヨウ素123となり、低温下で照射カプセル内壁捕捉された後、水酸化ナトリウム溶出されるこの時ヨウ素125溶出と同様ハロゲン不均化反応起こす。 124Xe (p,pn) 123Xe → 123I 124Xe (p,2n) 123Cs → 123Xe → 123I ヨウ素123通常、123I-ヨウ化ナトリウムとして0.1Mの水酸化ナトリウム溶液供給され同位体純度は99.8%である。 医療用の123Iは、オークリッジ国立研究所においては80%の同位体濃縮テルル123サイクロトロン陽子衝突させて製造されている。 123Te (p,n) 123I

※この「生成」の解説は、「ヨウ素123」の解説の一部です。
「生成」を含む「ヨウ素123」の記事については、「ヨウ素123」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 02:09 UTC 版)

酸化ナトリウム」の記事における「生成」の解説

ナトリウム適量酸素混ぜて反応させる生成する。 4 Na   + O 2 ⟶ 2 Na 2 O {\displaystyle {\ce {4Na\ + O2 -> 2Na2O}}} ナトリウム過剰の空気中加熱する酸化ナトリウム過酸化ナトリウム(約20%)を生成する。 6 Na   + 2 O 2 ⟶ 2 Na 2 O   + Na 2 O 2 {\displaystyle {\ce {6Na\ + 2O_2 -> 2Na2O\ + Na2O2}}} ナトリウム300水酸化ナトリウム反応させ、未反応ナトリウム蒸留により除くと比較純度のよいものが得られる。 2 Na   + 2 NaOH ⟶ 2 Na 2 O   + H 2 {\displaystyle {\ce {2Na\ + 2NaOH -> 2Na2O\ + H2}}} 液体ナトリウム硝酸ナトリウム反応し酸化ナトリウム窒素生成する10 Na   + 2 NaNO 3 ⟶ 6 Na 2 O   + N 2 {\displaystyle {\ce {10Na\ + 2NaNO3 -> 6Na2O\ + N2}}}

※この「生成」の解説は、「酸化ナトリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「酸化ナトリウム」の記事については、「酸化ナトリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 00:15 UTC 版)

酸化銅(II)」の記事における「生成」の解説

酸化銅(II) は、塩基性炭酸銅加熱得られるCuCO 3Cu ( OH ) 2 ⟶ 2 CuO + CO 2 + H 2 O {\displaystyle {\ce {CuCO3{\cdot }Cu(OH)2->2{CuO}+{CO2}+H2O}}} 水酸化銅(II)硝酸銅(II)もしくは単体などの加熱でも得られるCu ( OH ) 2CuO + H 2 O {\displaystyle {\ce {Cu(OH)2 -> CuO + H2O}}} 2 Cu + O 2 ⟶ 2 CuO {\displaystyle {\ce {2Cu + O2 -> 2CuO}}}

※この「生成」の解説は、「酸化銅(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「酸化銅(II)」の記事については、「酸化銅(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 05:06 UTC 版)

セレノフェン」の記事における「生成」の解説

Ida Foaは、1909年セレノフェン生成に成功した主張したが、最初に確認されたのは、1927年MazzaとSolazzoによるものである。彼らはアセチレンセレン一緒に300加熱したセレンは炎を上げて燃え最大15%のセレノフェンが、セレノナフテンとともに生成した別の生成法としては、フランセレン化水素アルミニウムとともに400加熱する置換セレノフェンは、β-クロロアルデヒドをセレン化ナトリウムその後エチルブロモ酢酸反応させる、Fiesselmanの方法で生成できる

※この「生成」の解説は、「セレノフェン」の解説の一部です。
「生成」を含む「セレノフェン」の記事については、「セレノフェン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/23 11:44 UTC 版)

4-メチルイミダゾール」の記事における「生成」の解説

高温高圧下で工業的に生産されるカラメル色素製造時にメイラード反応により副生成物として生じる。アメリカ合衆国消費者団体公益科学センター (CSPI) の調べでは、コーラ355ml中の含有量は、最も基準厳しいアメリカカリフォルニア州で4μg日本では72μg、最も数値の高いブラジル販売されいたもの267μgであったキリンビバレッジでは、2014年4月リニューアルより、キリンメッツコーラの4-MI含有量カリフォルニア州規制以下に低減する発表した。ほかに黒ビールから1.38~28.03μg/mL、コーヒーから0.39~2.05μg/mL、醤油から0.11~3.4ppmの検出例がある。人為的な製造としては、19世紀中期にジカルボニル化合物アンモニアからの合成成功している。

※この「生成」の解説は、「4-メチルイミダゾール」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-メチルイミダゾール」の記事については、「4-メチルイミダゾール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 09:57 UTC 版)

正則グラフ」の記事における「生成」の解説

正則グラフ生成するソフトウェアとして GenReg がある。

※この「生成」の解説は、「正則グラフ」の解説の一部です。
「生成」を含む「正則グラフ」の記事については、「正則グラフ」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 02:37 UTC 版)

硫化アルミニウム」の記事における「生成」の解説

アルミニウム硫黄との加熱により生成する。 2Al+3S→Al2S3 この反応では約1100高温となり、鋼を溶かすほどである。冷却され硫化アルミニウムは非常に硬い空気中では、容易に加水分解をうけて、水酸化アルミニウム沈殿させる

※この「生成」の解説は、「硫化アルミニウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「硫化アルミニウム」の記事については、「硫化アルミニウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 04:54 UTC 版)

ボート (ライフゲーム)」の記事における「生成」の解説

⬜️⬜️⬜️⬜️⬜️ ⬜️⬛️⬜️⬜️⬜️ ⬜️⬛️⬜️⬛️⬜️ ⬜️⬜️⬛️⬛️⬜️ ⬜️⬜️⬜️⬜️⬜️ 上の図から1世代で生成する

※この「生成」の解説は、「ボート (ライフゲーム)」の解説の一部です。
「生成」を含む「ボート (ライフゲーム)」の記事については、「ボート (ライフゲーム)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 03:34 UTC 版)

空母 (ライフゲーム)」の記事における「生成」の解説

ヘキソミノからの生成 □□□□□□ □□■□□□ □■■■■□ □□□■□□ □□□□□□ 上の図の形から1世代で空母ができる。

※この「生成」の解説は、「空母 (ライフゲーム)」の解説の一部です。
「生成」を含む「空母 (ライフゲーム)」の記事については、「空母 (ライフゲーム)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 22:49 UTC 版)

船 (ライフゲーム)」の記事における「生成」の解説

□□□□□□□□□ □□■■□□□□□ □■□□■□□□□ □■□□■□□□□ □□■■□□□□□ □□□□□■■■□ □□□□□□□□ □□□□□□□□ □□□□□□□□□ 池とグライダー衝突で船ができる。池はグライダー2機の衝突できるので、船はグライダー3機からできる。

※この「生成」の解説は、「船 (ライフゲーム)」の解説の一部です。
「生成」を含む「船 (ライフゲーム)」の記事については、「船 (ライフゲーム)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 04:21 UTC 版)

宇宙船 (ライフゲーム)」の記事における「生成」の解説

中量級宇宙船は、グライダー (glider) 3機の衝突によって生成できる。以下の図は一般的な生成の方法である。 ここで初期状態の"■"はグライダー、"■" (薄灰色) は14単位時間後に中量級宇宙船現れる所である。宇宙船とは関係ない生きたセル一つ現れるが、宇宙船影響及ぼさないグライダー銃3つ使用し定期的に宇宙船製造することが可能である。この配置を、「宇宙船工場と呼ぶ

※この「生成」の解説は、「宇宙船 (ライフゲーム)」の解説の一部です。
「生成」を含む「宇宙船 (ライフゲーム)」の記事については、「宇宙船 (ライフゲーム)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/08 02:50 UTC 版)

カルバミン酸アンモニウム」の記事における「生成」の解説

アンモニア二酸化炭素とを乾燥状態で直反応させる得られるアンモニアの冷エタノールエチルアルコール溶液乾燥二酸化炭素通ずるか、液体アンモニア固形炭酸加えることによっても生成する。 2 NH 3   + CO 2CH 6 N 2 O 2 {\displaystyle {\ce {2NH3\ + CO2 -> CH6N2O2}}}

※この「生成」の解説は、「カルバミン酸アンモニウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「カルバミン酸アンモニウム」の記事については、「カルバミン酸アンモニウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 09:49 UTC 版)

フッ化水素ナトリウム」の記事における「生成」の解説

フッ化水素に、水酸化ナトリウム反応させるフッ化ナトリウムができる NaOH   + 2 HFNaF   + H 2 O {\displaystyle {\ce {NaOH\ + 2HF -> NaF\ + H2O}}} フッ化ナトリウムもう一度フッ化水素反応させると、本物質ができる NaF   + HF ⟶ NaHF 2 {\displaystyle {\ce {NaF\ + HF -> NaHF2}}} 表 話 編 歴 ナトリウム化合物 二元化合物Na3As NaAt NaBr Na2C2 NaCl NaF NaH Na2He NaI NaI3 NaN3 Na3N NaO2 NaO3 Na2O2 Na2O Na2Po Na3P Na2S Na2Se Na2Te 三元化合物Na3AlF6 NaAlH4 NaAuCl4 Na3BF4 NaBH4 Na2B4O7 NaCH3 Na2C2O4 NaCN Na2CN2 NaHF2 NaHS NaHSe NaNH2 NaOH NaPF6 Na2PtCl4 Na2PtCl6 Na2SiF6 四元・五元化合物CH3COONa C6H5ONa C6H5COONa HCOONa NaBH3CN Na[B(OH)4] Na3[Fe(CN)6] Na4[Fe(CN)6] NaOCH3 NaOCH2CH3 NaOCN NaSCN Na2[Zn(OH)4] 一覧 カテゴリ この項目は、化学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:化学Portal:化学)。

※この「生成」の解説は、「フッ化水素ナトリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「フッ化水素ナトリウム」の記事については、「フッ化水素ナトリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:47 UTC 版)

1,4-ジオキシン」の記事における「生成」の解説

1,4-ジオキシンは、フラン無水マレイン酸からディールス・アルダー反応呼ばれる環化付加反応によって生成する生成され付加物炭素-炭素二重結合持ちエポキシド変換するエポキシドは逆ディールス・アルダー反応経て1,4-ジオキシン生成し同時に無水マレイン酸再生する

※この「生成」の解説は、「1,4-ジオキシン」の解説の一部です。
「生成」を含む「1,4-ジオキシン」の記事については、「1,4-ジオキシン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 14:04 UTC 版)

水素陰イオン」の記事における「生成」の解説

水素陰イオンは、太陽それより冷た恒星大気可視光近赤外波長での不透明度原因の大部分占めており、その重要性は、1930年代初め指摘されたイオンは、赤外から可視光スペクトル相当する0.75-4.0 eV領域光子吸収するこれらの陰イオン電子大部分はアルカリ金属アルカリ土類金属を含む第一イオン化ポテンシャルが低い金属のイオン化由来するイオンか電子放出される過程は、結果的にイオンではなく中性原子自由電子が残るため、光イオン化というよりは正確に光脱離反応と呼ぶべきものである地球電離層粒子加速器おいても生成する。 その存在は、1929年ハンス・ベーテにより、初め理論的に証明された(Bethe 1929)。珍しく束縛された励起状態持たないことから最終的に実在証明されたのは、1977年になってからだった(Hill 1977)。粒子加速器用いて実験的な研究が行われる(Bryant 1977)。 化学的には、酸化状態-1を持つ水素ヒドリドイオン (水素化物イオンHydride ion) と呼ぶヒドリドという用語は、おそらく最も一般的には水素が-1の酸化状態を取る水素他の元素との化合物を指す。そのような化合物大部分は水素とその隣の元素は、共有結合結びつく一例は、ホウ化水素アニオンBH4−)である。

※この「生成」の解説は、「水素陰イオン」の解説の一部です。
「生成」を含む「水素陰イオン」の記事については、「水素陰イオン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/27 03:40 UTC 版)

ジフェニル水銀」の記事における「生成」の解説

塩化水銀(II)と、エタノール溶いたメチルトリフェニルスズを2:1のモル比で反応させることにより得られるまた、スズナトリウム存在下で、酢酸フェニル水銀ベンゼンとを反応させることにより製造できるハロゲン化水銀臭化フェニルマグネシウムブロモベンゼンナトリウムアマルガムとの反応によって得られる

※この「生成」の解説は、「ジフェニル水銀」の解説の一部です。
「生成」を含む「ジフェニル水銀」の記事については、「ジフェニル水銀」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 22:23 UTC 版)

晶癖」の記事における「生成」の解説

結晶生長速度結晶面表面エネルギー影響を受け、表面エネルギー大きな結晶面ほど生長速度速くなるこのような結晶面表面エネルギー違い周囲の環境大きく左右され、また不純物付着によっても影響を受ける例えば、頁岩の層の間のような上下から圧力を受ける条件下結晶生長すると、上下方向への結晶生長抑制されて2次元方向広がった板状晶癖を持つ結晶形成されるまた、ナフタレンシクロヘキサンから再結晶させると針状結晶形成しメタノールから再結晶させると板状結晶形成するなど、結晶化条件によって異な晶癖結晶形成される不純物影響による例としては、塩化ナトリウム水中から結晶化させると立方体結晶形成するが、不純物として尿素添加することで八面体結晶形成されるこのような晶癖制御するために添加される不純物は媒晶剤と呼ばれる

※この「生成」の解説は、「晶癖」の解説の一部です。
「生成」を含む「晶癖」の記事については、「晶癖」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 01:17 UTC 版)

ヘキシルシンナムアルデヒド」の記事における「生成」の解説

天然にカモミール精油含まれ炊いた米飯からも発見されている。 工業的にベンズアルデヒドオクタナールを、1級アミン有機酸触媒としてアルドール縮合することにより製造される

※この「生成」の解説は、「ヘキシルシンナムアルデヒド」の解説の一部です。
「生成」を含む「ヘキシルシンナムアルデヒド」の記事については、「ヘキシルシンナムアルデヒド」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 01:21 UTC 版)

過レニウム酸バリウム」の記事における「生成」の解説

水酸化バリウム過レニウム酸水溶液に加えると生成する。 2 HReO 4   + Ba ( OH ) 2Ba ( ReO 4 ) 2   + 2 H 2 O {\displaystyle {\ce {2HReO4\ +Ba(OH)2\rightarrow Ba(ReO4)2\ +2H2O}}}

※この「生成」の解説は、「過レニウム酸バリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「過レニウム酸バリウム」の記事については、「過レニウム酸バリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 02:44 UTC 版)

二酸化窒素」の記事における「生成」の解説

種々の物質燃焼過程硝酸等の物質製造過程などでの副生成物として意図せず発生する。この燃焼では窒素酸化物大部分一酸化窒素として発生するが、大気中で光反応などにより酸化され生成する。その他、生物活動由来する自然発生があり、地球規模考えるとこれが発生源大部分となっている。都市地域固定発生源移動発生源などによる高密度発生知られており、これが大気汚染原因のひとつとなっている。 大気汚染原因物質である一酸化窒素空気酸化により、二酸化窒素生成する空気中アンモニア白金触媒と共に850 加熱すると、空気酸化により二酸化窒素生成する。 4 NH 3 + 7 O 2 ⟶ 4 NO 2 + 6 H 2 O {\displaystyle {\ce {4NH3 + 7O2 -> 4NO2 + 6H2O}}} 濃硝酸や銀などの金属反応させることによっても生成する。 2 HNO 3 + AgAgNO 3 + NO 2 + H 2 O {\displaystyle {\ce {2HNO3 + Ag -> AgNO3 + NO2 + H2O}}} 濃硝酸反応させることによって生成するCu + 4 HNO 3Cu ( NO 3 ) 2 + 2 H 2 O + 2 NO 2 {\displaystyle {\ce {Cu + 4HNO3 -> Cu(NO3)2 + 2H2O + 2NO2}}}

※この「生成」の解説は、「二酸化窒素」の解説の一部です。
「生成」を含む「二酸化窒素」の記事については、「二酸化窒素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 15:46 UTC 版)

硫酸塩」の記事における「生成」の解説

硫酸比較的弱い酸化力を持つため不動態形成し反応しないこともあるが、多くの場合金属の酸化物水酸化物炭酸塩硫酸溶解し硫酸塩となる。 揮発性の酸を成分に持つ塩化物硝酸塩過剰の硫酸加熱すると,それぞれ HClNO2発生して分解し硫酸塩変化する

※この「生成」の解説は、「硫酸塩」の解説の一部です。
「生成」を含む「硫酸塩」の記事については、「硫酸塩」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 03:35 UTC 版)

シアン酸カリウム」の記事における「生成」の解説

尿素炭酸カリウム400加熱して得られる。 2 OC ( NH 2 ) 2 + K 2 CO 3 ⟶ 2 KOCN + ( NH 4 ) 2 CO 3 {\displaystyle {\ce {{2OC(NH2)2}+ K2CO3 -> {2KOCN}+ (NH4)2CO3}}} 溶液には、ビウレットシアヌル酸アロファン酸カリウムなどの不純物生じる。未反応尿素は、400では不安定になるシアン酸ナトリウムに比べ水溶性は低い。

※この「生成」の解説は、「シアン酸カリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「シアン酸カリウム」の記事については、「シアン酸カリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 08:49 UTC 版)

ダウブリール石」の記事における「生成」の解説

ダウブリール石は、隕鉄カマサイト及びテーナイト)の包有物として見られる共生鉱物には、閃マンガン鉱頑火輝石グラファイト斜長石シュライバーサイトがある。 ある文献によると、ダウブリール石34地域記載されているとされる有名な例としては、アラン・ヒルズ84001隕石ホバ隕石キャニオン・ディアブロ隕石がある。 またこの鉱物は、アポロ15号ミッションによって月の雨の海から回収されハドリー・リル隕石からも発見されている。

※この「生成」の解説は、「ダウブリール石」の解説の一部です。
「生成」を含む「ダウブリール石」の記事については、「ダウブリール石」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 07:27 UTC 版)

2,4,6-トリブロモフェノール」の記事における「生成」の解説

天然では、海洋堆積物中に海洋動物相の代謝物として見つかっているが、工業的に生産されている。2001年生産量は、日本2500トン/年、世界全体で9500トン/年と推定されている。臭素フェノール制御して反応させる

※この「生成」の解説は、「2,4,6-トリブロモフェノール」の解説の一部です。
「生成」を含む「2,4,6-トリブロモフェノール」の記事については、「2,4,6-トリブロモフェノール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 14:49 UTC 版)

ブラウニアンノイズ」の記事における「生成」の解説

ブラウニアンノイズホワイトノイズ積分によっても得られる。つまり、デジタルホワイトノイズサンプル独立かつランダムに選ぶことによって生成できるに対しブラウニアンノイズサンプル値にランダムな値を加えることによって、次の値を得ることができるのである。

※この「生成」の解説は、「ブラウニアンノイズ」の解説の一部です。
「生成」を含む「ブラウニアンノイズ」の記事については、「ブラウニアンノイズ」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 21:07 UTC 版)

線型結合」の記事における「生成」の解説

詳細は「線型包を参照 体 K 上のベクトル空間 V と、その有限部分集合 S = {v1, v2, ..., vr} に対し、V の部分集合で S を含む最小の部分線型空間なるものspan(S) あるいは と表すことにすると、それは S の元からなる一次結合全体一致するspan( S ) = ⟨ S ⟩ := { k 1 v 1 + k 2 v 2 + ⋯ + k r v rk i ∈ K , v j ∈ S } {\displaystyle \operatorname {span} (S)=\langle S\rangle :=\{k_{1}v_{1}+k_{2}v_{2}+\cdots +k_{r}v_{r}\mid k_{i}\in K,\,v_{j}\in S\}} これをベクトル v1, v2, ..., vr によって張られる部分空間あるいは S が K 上で生成する部分空間といい、S をこの部分空間生成系という。係数明示して SpanK(S) とか K のように記すこともある。また、S が無限個のベクトルからなる V の部分集合であるとき、S の生成する部分空間とは span( S ) := { k 1 v 1 + k 2 v 2 + ⋯ + k r v rk i ∈ K , v j ∈ S , ∃ r ∈ N } , {\displaystyle \operatorname {span} (S):=\{k_{1}v_{1}+k_{2}v_{2}+\cdots +k_{r}v_{r}\mid k_{i}\in K,\,v_{j}\in S,\,\exists r\in \mathbb {N} \},} すなわち、S の有限個のベクトル線型結合として表されるベクトル全体の成す V の部分集合となる。 V = span(S) となる部分集合 S のうち極小なものを V の基底という。基底濃度は常に一定であり、基底濃度としてベクトル空間の次元定義される。たとえば、S = {v1, v2, ..., vr} が線型独立なベクトルからなるならば、S はそれによって張られるベクトル空間 span(S)基底をなし、span(S)次元は r となる。

※この「生成」の解説は、「線型結合」の解説の一部です。
「生成」を含む「線型結合」の記事については、「線型結合」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/23 00:46 UTC 版)

四フッ化ケイ素」の記事における「生成」の解説

SiF4はリン酸塩肥料副生成物である。また、気体フッ化水素HFケイ酸塩との反応からも得られる実験室ではBaSiF6固体300以上に加熱して揮発性のSiF4とBaF2とに分解することで得られる必要なBaSiF6はヘキサフルオロケイ酸H2SiF6の水溶液塩化バリウムとから得られる相当する量のGeF4を用いて同様にして得られる(ただし熱処理には700要する)。

※この「生成」の解説は、「四フッ化ケイ素」の解説の一部です。
「生成」を含む「四フッ化ケイ素」の記事については、「四フッ化ケイ素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 08:49 UTC 版)

過マンガン酸ナトリウム」の記事における「生成」の解説

二酸化マンガン水酸化ナトリウム酸化剤である硝酸ナトリウムと共に融解して粗製マンガン酸ナトリウムを得る。 MnO 2   + 2 NaOH   + NaNO 3Na 2 MnO 4   + NaNO 2   + H 2 O {\displaystyle {\ce {MnO2\ + 2 NaOH\ + NaNO3 -> Na2MnO4\ + NaNO2\ + H2O}}} このマンガン酸ナトリウム中性および酸性水溶液中で不均化して過マンガン酸ナトリウム変化し二酸化マンガン沈殿する。 3 Na 2 MnO 4   + 2 H 2 O ⟶ 2 NaMnO 4   + MnO 2   + 4 NaOH {\displaystyle {\ce {3 Na2MnO4\ + 2 H2O -> 2 NaMnO4\ + MnO2\ + 4 NaOH}}} またはマンガン酸ナトリウム水溶液塩素酸化して過マンガン酸ナトリウム得られる。 2 Na 2 MnO 4   + Cl 2 ⟶ 2 NaMnO 4   + 2 NaCl {\displaystyle {\ce {2 Na2MnO4\ + Cl2 -> 2 NaMnO4\ + 2 NaCl}}} 過マンガン酸銀および塩化ナトリウム水溶液複分解でも水溶液得られる。 2 AgMnO 4   + NaCl ⟶ NaMnO 4   + AgCl ( s ) {\displaystyle {\ce {2 AgMnO4\ + NaCl -> NaMnO4\ + AgCl(s)}}}

※この「生成」の解説は、「過マンガン酸ナトリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「過マンガン酸ナトリウム」の記事については、「過マンガン酸ナトリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:33 UTC 版)

4-メチル-3-ヘキセン酸」の記事における「生成」の解説

日本の洗剤メーカーである花王は、日本農芸化学会2010年度大会において洗濯物生乾き匂い本物質を起因とすることを発表次いで生乾き臭を有する衣類から抽出した微生物分離培養する実験により、真正細菌一種のモラクセラ・オスロエンシスMoraxella osloensis)が本物質を生成する微生物であると同定した。2016年には、花王は汗をかいた後の衣類匂い着用汗臭)の原因物質が、本物をはじめイソ酪酸イソ吉草酸2-メチル酪酸、4-メチルペンタン酸、4-メチル-3-ペンテン酸4-メチルヘキサン酸などの、マイクロコッカス属により生成される短~中鎖脂肪酸であることを解明した嗅覚閾値は0.01ppmで、異性体5-メチル-2-ヘキセン酸(1ppm)、5-メチル-4-ヘキセン酸(0.5ppm)に比べ低濃度匂い感じ取ることができる。

※この「生成」の解説は、「4-メチル-3-ヘキセン酸」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-メチル-3-ヘキセン酸」の記事については、「4-メチル-3-ヘキセン酸」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 10:06 UTC 版)

窒素酸化物」の記事における「生成」の解説

自然界において窒素酸化物は、あるいは土壌中の微生物によって生成される。たとえば微生物が多い土壌豊富な化学肥料与えると土壌微生物分解して窒素酸化物放出する例が知られている物質燃焼するときにも一酸化窒素二酸化窒素などが発生するこの場合高温高圧燃焼することで本来反応しにくい空気中窒素酸素反応して窒素酸化物になる場合サーマルNOx)と、燃料由来窒素化合物から窒素酸化物となる場合フューエルNOx)がある。たとえば、排気ガス天然ガスボイラー(家庭用調理ガス器具を含む)などから排出される窒素酸化物前者主であり石炭燃焼した場合窒素酸化物はそのほとんどが石炭中の窒素化合物由来することが知られている四酸化二窒素二酸化窒素平衡状態にあり、環境中など低圧低濃度では二酸化窒素側に偏っている。 (各窒素酸化物生成法当該記事詳しい) 大気から陸上沈着する窒素量は、1890年から1990年100年間で5倍に増加し21世紀初頭時点では 125 Tg-N y-1(テラグラム窒素毎年)とされており、放出量の80 %が肥料起源20 %燃焼起源である。

※この「生成」の解説は、「窒素酸化物」の解説の一部です。
「生成」を含む「窒素酸化物」の記事については、「窒素酸化物」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 14:21 UTC 版)

3-メトキシチラミン」の記事における「生成」の解説

天然には、オプンティア含まれサボテン科広く持っているまた、タバコ属クラウンゴールでも見られるヒトでは、ドーパミン代謝物質として生じ微量アミンである。

※この「生成」の解説は、「3-メトキシチラミン」の解説の一部です。
「生成」を含む「3-メトキシチラミン」の記事については、「3-メトキシチラミン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 01:12 UTC 版)

ミイラ」の記事における「生成」の解説

死後身体の腐敗進行するよりも早く急激な乾燥水分人体組織重量50%以下になる)が起きると、細菌活動弱まる脱水症状などの条件から死体水分含有量少な場合にはミイラ化しやすい自然発生ミイラ砂漠の砂の中からみつかることが多いが、これは急速な乾燥もたらす自然条件のほかに、そこにできる死体脱水症状起こして餓死するなどで死亡したものであるため、死亡時の水分量がもとより少ないという条件整っているからと考えられる自然条件においては成人一人ミイラ化するのに必要な期間は3か月と言われている。こういった自然のミイラ全身完全なミイラとなっている例は少なく身体の一部分のみがミイラ化して残っている場合が多い。 自然環境において全身ミイラ少な理由一つとして死体の中で最初に腐敗進行するのが内臓であることが挙げられる自然状態においては内臓体外に出ることがないため、人体完全なミイラ化起きにくい。ただし内臓液化して体外流出したり、野生動物喰われたりしたあとに急速に乾燥するミイラ形成されることがあるそのため、人為的にミイラ作る場合には、脳を含めた内臓摘出し外部で火気などを用いて乾燥させ、あるいは薬品によって防腐処理施したその内臓は体内に戻すか、副葬品壷の中などに納めるなどの手段が取られた。 エジプトではミイラ処置の手法は時代によって異なる点もあるが、分業制専門職人がいた。遺体腐敗臭が酷い為、ミイラ処置する場所は町外れ置かれた。また身分階級によって工程数や値段には違いがあり、身分が高い王族ファラオ念入りに処置されたが、庶民などは安価で簡素な処置済まされ事もあった。ミイラ処置一例以下の通り遺体洗浄鼻の穴から細長い棒を差し込み、脳をかき出す胃腸肺・肝臓などの臓器取り出す腹部没薬等を詰める。 全身ナトロン覆い一定期間40日から70日)放置し乾燥させる化粧整髪装飾品などを着け外見整え防腐処理を行う。 護符などを挟み込みながら、樹脂浸したリネン包帯巻きつける納めて遺族に渡す。

※この「生成」の解説は、「ミイラ」の解説の一部です。
「生成」を含む「ミイラ」の記事については、「ミイラ」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 07:57 UTC 版)

バイナリ空間分割」の記事における「生成」の解説

バイナリ空間分割は、条件を満たすまでシーン再帰的2つ分割していく。具体的な分割手法最終的な目的によって異なる例えば、当たり判定に使う場合オブジェクト容易に当たり判定できる程度にまで分割されるレンダリングにおいては各部分が凸多角形になれば画家のアルゴリズムを使うのに十分である分割面と交差する線や面は2つ分割されるため、最終的なオブジェクト数は必然的に増大するまた、最終的な木構造それなりに平衡化されているのが望ましい。したがって、よいBSP木正しくかつ効率的に生成するためのアルゴリズムは、実装おいても最も難し部分である。3次元空間では平面使ってオブジェクト表面分割する2次元空間では直線使ってオブジェクトセグメント線分)を分割する下図は、複雑な多角形一連の凸多角形分割するプロセス表している。各ステップ多角形をより線分少な多角形分割していき、G と F は凸多角形になっているので、それ以上の分割不要となっている。この場合分割線多角形既存頂点を通るように選ばれており、線分交差していない。分割線線分交差する場合3次元の場合、面と交差する場合)、その線分(面)は分割線(面)で2つ分けられそれぞれ別々の独立したオブジェクト一部となるBSP木有効性はその生成方法依存するので、よいアルゴリズム必須である多くのアルゴリズムは、うまい分割見つけるまで様々な可能性テストし場合によってはバックトラッキングして分割やり直すこともある。そのため、バイナリ空間分割には一般に時間がかかるBSP木写真画像を表すのにも使われた。BSP木写真画像に適用すると、数百ノード数百万ピクセル画像表せるため、効率的な表現方法として導入された。コンピュータビジョン信号処理アルゴリズム使ってBSP木構築する高速アルゴリズム開発された。それらのアルゴリズム高度なエントロピー符号信号近似手法組み合わせた画像圧縮法も開発された。

※この「生成」の解説は、「バイナリ空間分割」の解説の一部です。
「生成」を含む「バイナリ空間分割」の記事については、「バイナリ空間分割」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 06:03 UTC 版)

ボルツマン脳」の記事における「生成」の解説

十分な時間与えられると、可能な構造はすべてランダムな揺らぎによって形成されうる。ボルツマン様式思考実験は、おそらく自意識のある観察者ある人間ののような構造焦点当てている。ボルツマン脳(または惑星、または宇宙)を構成するものに対する任意の基準考えると、基準最低限満たすような小さな構造は、大きな構造よりも広範的かつ指数関数的に出現する可能性高くなる大雑把に例えるならば、「スクラブル」のコマ入った箱を振った際に英単語出現する可能性が、英語の文または段落全体形成される可能性よりも高いということである。ボルツマン脳形成必要な平均的時間スケールは、宇宙現在の年齢よりもはるかに長い現代物理学ではボルツマン脳は、量子ゆらぎ、または一般に核形成を伴う熱ゆらぎによって形成される

※この「生成」の解説は、「ボルツマン脳」の解説の一部です。
「生成」を含む「ボルツマン脳」の記事については、「ボルツマン脳」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 02:19 UTC 版)

コバルト60」の記事における「生成」の解説

コバルト59安定核種の59Co)の原子核が1個の中性子捕獲することにより、コバルト60原子核となる。 ガンマ線源として利用されるコバルト60は、コバルト59原子炉中性子照射することにより人工的に生産される主な生産国カナダである。

※この「生成」の解説は、「コバルト60」の解説の一部です。
「生成」を含む「コバルト60」の記事については、「コバルト60」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 09:31 UTC 版)

オゾン」の記事における「生成」の解説

一般に空気中での紫外線照射、または酸素中で無声放電など高いエネルギーを持つ電子酸素分子衝突によって発生するオゾンの発生は主に以下の化学式表せる。 3 O 2 ⟶ 2 O 3 {\displaystyle {\ce {3O2 -> 2O3}}} またオゾン不安定な分子あるため放置しておくと以下の化学式酸素変化する。 2 O 3 ⟶ 3 O 2 {\displaystyle {\ce {2O3 -> 3O2}}} この反応温度圧力上昇するほど速くなるいくつかの電気機器人間が臭いを感じ程度オゾン発生させる。特にブラウン管テレビコピー機など高電圧用い装置起こる。ブラシによって整流する電気モーター機器内で繰り返される火花によってオゾン発生させるエレベーターポンプなどに使われる大型モータ小さモータよりもオゾン発生量が多い。なお、これは整流子電動機特有の現象で、整流子のない誘導電動機同期電動機ではオゾン発生しないこの他に、例えアーク溶接実施時のように、波長の短い紫外線UVC)を空気中発生させた場合も、空気中含まれる酸素分子反応起こしてオゾン発生する

※この「生成」の解説は、「オゾン」の解説の一部です。
「生成」を含む「オゾン」の記事については、「オゾン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:51 UTC 版)

エストラジオール」の記事における「生成」の解説

エストロンとの可逆反応により、またはテストステロンから不可逆生成する上に示しているのはテストステロンからエストラジオールへの変換図である。 顆粒細胞莢膜細胞胎盤副腎皮質精巣間質細胞などが産生する

※この「生成」の解説は、「エストラジオール」の解説の一部です。
「生成」を含む「エストラジオール」の記事については、「エストラジオール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 13:39 UTC 版)

ジアゾメタン」の記事における「生成」の解説

爆発性がある為、エーテルないしはジオキサン溶液として用時調整して使用する通常アシル化またはスルホン化された N-メチル-N-ニトロソアミンを濃アルカリ水溶液中と反応させて発生する一般に毒性比較的低い N-メチル-N-ニトロソ-4-トルエンスルホン酸アミド (Diazald) が利用される場合が多い。 濃アルカリ水溶液の上にエーテルないしはジオキサン層を張って二層ビーカー用意し氷冷下攪拌しながらN-メチル-N-ニトロソアミン誘導体少量ずつ加えエーテル層に発生するジアゾメタン捕集するジアゾメタンエーテル溶液防爆冷蔵庫一週間程度保存可能である器具摩擦により爆発する恐れがあるので必要が無ければ保存しない。 ジアゾメタン用い実験器具すり合わせジョイント用いてならない攪拌子はテフロンコーティングされた磁気攪拌子用いる。ピペットなど先がとがったものを用いると爆発の原因なるので、炎で焼きなましてから使用する蒸留による精製専用器具使えば可能であるが、利用する反応都合上必要な場合以外は蒸留避けるべきである。

※この「生成」の解説は、「ジアゾメタン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ジアゾメタン」の記事については、「ジアゾメタン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 01:47 UTC 版)

プシコース」の記事における「生成」の解説

D-タガトース3-エピメラーゼDTE)によりD-フルクトースから大量に合成され様々な希少糖生産出発物質となっている。また、食品加工工程中でサトウキビ搾汁及びスクロース並びにフルクトースから加熱反応生成される経路存在している。 水溶液中で異性化起こし環状構造との混合物となる(変旋光)。平衡状態達したときに最も存在比が高いのは α-フラノース体である。 D-Psicose構造式ハース投影式 α-D-Psicofuranose β-D-Psicofuranose α-D-Psicopyranose β-D-Psicopyranose

※この「生成」の解説は、「プシコース」の解説の一部です。
「生成」を含む「プシコース」の記事については、「プシコース」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 01:45 UTC 版)

マンノース」の記事における「生成」の解説

マンノースマンニトール酸化によって得られるまた、ロブリー・ド・ブリュイン=ファン・エッケンシュタイン転位によってグルコースから得られる。 D-マンノース尿路感染症のための自然治療薬として販売されており、尿路においてバクテリア接着阻害することによって効果を発揮すると主張されている。

※この「生成」の解説は、「マンノース」の解説の一部です。
「生成」を含む「マンノース」の記事については、「マンノース」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 23:42 UTC 版)

ウォータースパウト」の記事における「生成」の解説

ウォータースパウト長さスケール2 km下のいわゆるマイクロスケールの気象現象である。英語でトルネード呼ばれる竜巻に比べると、かなり弱く、生成メカニズム異な場合が多い。ウォータースパウトは、水蒸気多く含んだ大気の中で成長する水面付近シアによる渦が発達中の積雲に伴う上昇流繋がることで、上方向かって引き延ばされることにより生成する、と理論づけられている。ランドスパウトとして知られる弱い竜巻と同様の生成メカニズムをもつ。 一度多数発生する場合もある。ミシガン湖事例では同時に9個のウォータースパウト発生したことが報告されている。

※この「生成」の解説は、「ウォータースパウト」の解説の一部です。
「生成」を含む「ウォータースパウト」の記事については、「ウォータースパウト」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:00 UTC 版)

トルコ石」の記事における「生成」の解説

トルコ石二次鉱物一種あるため先に存在する鉱物風化し酸化される過程で、酸性水溶液浸透する作用によって生成する例えば、は、黄銅鉱のような一次硫化銅もしくは孔雀石または藍銅鉱のような二次炭酸塩から来ているアルミニウム長石由来する。またリン燐灰石由来するトルコ石亜鉛置換するファウスト石英語版)、二価置換するとアヘイル石(英語版)となる。 トルコ石がしばしば高度に変成された火山岩中の穴および裂け目埋めるか覆うような形で褐鉄鉱他の酸化鉄とともに乾燥地帯見つけられることから気候要因は、重要な役割を果たすようであるアメリカ南西部では、トルコ石は、ほとんど常に斑岩貫入受けたカリウム長石の中もしくは周辺にあり、硫化銅鉱床風化生成物伴っている。明礬石(カリウム・アルミニウム硫酸塩)が顕著な二次鉱物である場合もある。基本的にトルコ石鉱物化は20メートル未満比較的浅い深度限られるが、二次溶液より大きな浸透起こしている場合20メートルより深い裂け目に沿って起こる。 トルコ石の持つ特徴は、二次鉱物か、溶解物による富化により生成する起源矛盾無く説明できるが、一部には深成起源としている文献もある。深成起源仮説は、水溶液熱水作用によりかなりの深さ発生するとする説である。最初にこれらの溶液は、先に存在した鉱物相互作用必須元素ろ過しながら高温表層向かって上方へ上昇する溶解液冷えとともに周囲の岩にある穴や裂け目に沿ってトルコ石沈殿するというものである。この深成プロセスオリジナルの硫化銅沈殿物に対して適用可能であるが、深成プロセスによってトルコ石発生多くの特徴説明することは困難である。すなわち、トルコ石粒子中に90190の高い温度均質化する二相液体包有物があるという報告されているためであるトルコ石は常にほとんど隠微晶質で、重く、また決まった外形持たない結晶微視的な規模でさえ、非常にまれである通常は、石理裂け目埋める形、団塊状、または葡萄の房状である。 この他鍾乳石状のものも報告されている。さらに、トルコ石仮晶として長石燐灰石他の鉱物あるいは化石などと入れ替わることがある。骨トルコ石は、化石の骨あるいは象牙であるが、これまでは、鉄のリン酸塩である藍鉄鉱のような鉱物と、トルコ石同様のリン酸塩鉱物とが置き換わってできたと考えられてきた。さらに、珪孔雀石のような他の二次鉱物伴った相互成長も、広く見られる

※この「生成」の解説は、「トルコ石」の解説の一部です。
「生成」を含む「トルコ石」の記事については、「トルコ石」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 03:52 UTC 版)

ランダム」の記事における「生成」の解説

詳細は「乱数生成英語版)」を参照 システム内で(明らかにランダムな挙動原因となる下の3つのメカニズム存在することが、一般に認められている環境によるランダム性ブラウン運動ハードウェア乱数生成器など) 初期状態によるランダム性。この側面カオス理論によって研究され初期状態わずかな変化に対して非常に敏感なシステムパチンコサイコロなど)で観察されるシステムによって内因的に生成されるランダム性。これは疑似乱数とも呼ばれ疑似乱数ジェネレータ使用される算術またはセルオートマトン基づいた擬似乱数生成アルゴリズム数多くある。システム動作は、乱数シード英語版)の状態と使用されているアルゴリズムを知ることで判断できるこれらの方法は、環境から「真のランダム性取得するよりも迅速である計算機による乱数発生器出現する以前、(統計上重要な)十分な乱数大量に生成するには、多くの作業必要だった結果は時々収集され乱数表として配布された。

※この「生成」の解説は、「ランダム」の解説の一部です。
「生成」を含む「ランダム」の記事については、「ランダム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/22 15:15 UTC 版)

イーター (ライフゲーム)」の記事における「生成」の解説

イーター自然発生する確率ブロック1000分の1程度である。これは、軽量級宇宙船マンゴー出現率と近い。 下のの様にグライダー2機を衝突させることにより、意図的に発生させることができる。 □□□□□□□□□ □□□□□■□□□ □□□□□■□■□ □■□□□■■□□ □□■■□□□□□ □■■□□□□□□ □□□□□□□□□

※この「生成」の解説は、「イーター (ライフゲーム)」の解説の一部です。
「生成」を含む「イーター (ライフゲーム)」の記事については、「イーター (ライフゲーム)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 15:21 UTC 版)

1,2-ジオキソラン」の記事における「生成」の解説

いくつかの誘導体は、天然物中、例えば Calophyllum dispar および mamey (Mammeamamericana)(果物一種) の種子生成される。Plakortis属の海綿から Plakinic acid A (3,5-peroxy 3Z,5Z,7,11-tetramethyl 13-phenyl-8E,12E-tridecadienoic acid) および同様の化合物分離された。ナルドシノンは、Adenosma caeruleum (植物名)から分離され1,2-ジオキソラン要素を持ったセスキテルペン誘導体である。

※この「生成」の解説は、「1,2-ジオキソラン」の解説の一部です。
「生成」を含む「1,2-ジオキソラン」の記事については、「1,2-ジオキソラン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 08:55 UTC 版)

アルドステロン」の記事における「生成」の解説

副腎皮質の中でコレステロールから合成される。 ほとんどのステロイド合成反応ミトコンドリアの中のシトクロムP450水酸化酵素ファミリーによって促進される補助因子としてアドレノドキシンを必要とする21ヒドロキシラーゼ17αヒドロキシラーゼを除く))アルドステロンコルチコステロンは、その経路最初の部分共有しており、アルドステロンはアルドステロンシンターゼ、コルチコステロン11βヒドロキシラーゼによって合成される

※この「生成」の解説は、「アルドステロン」の解説の一部です。
「生成」を含む「アルドステロン」の記事については、「アルドステロン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 17:11 UTC 版)

塩化水酸化カルシウム」の記事における「生成」の解説

水酸化カルシウムに対して塩酸当量が、少な場合は、本物質が生成されるには溶けにくい[要出典]。 Ca ( OH ) 2 + HCl ⟶ CaCl ( OH ) + H 2 O {\displaystyle {\ce {Ca(OH)2 + HCl -> CaCl(OH) + H2O}}}

※この「生成」の解説は、「塩化水酸化カルシウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「塩化水酸化カルシウム」の記事については、「塩化水酸化カルシウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/30 17:18 UTC 版)

ニトロエタン」の記事における「生成」の解説

硝酸プロパン350450処理する得られる。これは、ニトロエタン1-ニトロプロパン2-ニトロプロパンと並ぶ、主要なニトロアルカン反応である。この反応では、対応する亜硝酸エステルホモリシスを介して、CH3CH2CH2O.などのフリーラジカル発生するこれらのアルコキシ基は、C-C断片化影響受けやすい

※この「生成」の解説は、「ニトロエタン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ニトロエタン」の記事については、「ニトロエタン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/24 08:57 UTC 版)

グライダー銃」の記事における「生成」の解説

上述したグライダー13機による生成をあげる。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□□□□□ ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□□□□□□□□□■■□□□□□□ ■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□ ■■□□□□□□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■□□□ □□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□ □□■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□■□■□□□□□□□□□□□□□□□■□■□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□■□□□□■■□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□■□■□□□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□この内で ■□■□ ■■□□ □□□ □□□□ □■■□ □■□■ □■□□ の部分が池になり、そこにもう一機グライダー飛び込み、船ができる。その後、さらにもう一機グライダー衝突しシャトルができる。 また、□□□□ ■□■□□ ■■□□□ □□□□□ □□■■■ □□■□□ □□□■□ の部分は、ブロックになり、シャトル生成した蜂の巣干渉し蜂の巣破壊するためにある(ないとシャトル干渉し壊れてしまう)。 あと、下のほうにあるグライダーは、右のシャトルつくったが、未だ左のシャトル完成していないために干渉しない蜂の巣破壊するためにある。 このあと67単位時間後にグライダー銃完成し92単位時間後に最初のグライダー完成しその後30単位時間ごとにグライダー発射される

※この「生成」の解説は、「グライダー銃」の解説の一部です。
「生成」を含む「グライダー銃」の記事については、「グライダー銃」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/26 06:39 UTC 版)

ジオキシン」の記事における「生成」の解説

CAS番号小さことから分かるようにジオキシン自体有機化学初期より研究の目標となっており、古い論文には脱離反応で合成したとするものもある。しかしその後に不安定な化合物であることが明らとなっており、古い合成例は別の生成物捕らえたものと考えられている。 Aitken らは 1,4-ジオキシン無水マレイン酸ディールス・アルダー反応縮合した構造相当する化合物から、瞬間的な熱分解 (FVP法) により 1,4-ジオキシン発生させ、さらなる分解生成物であるアクロレイン得たことを報告している。

※この「生成」の解説は、「ジオキシン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ジオキシン」の記事については、「ジオキシン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/29 15:56 UTC 版)

グルコン酸ナトリウム」の記事における「生成」の解説

D-グルコースブドウ糖)を原料とし、水酸化ナトリウムpH調整しながら微生物発酵させることで得られるグルコン酸は、グルコース1位アルデヒドカルボン酸へと酸化されている

※この「生成」の解説は、「グルコン酸ナトリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「グルコン酸ナトリウム」の記事については、「グルコン酸ナトリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 08:10 UTC 版)

チオ硫酸塩」の記事における「生成」の解説

チオ硫酸塩は、亜硫酸塩単体硫黄との反応によって生成される

※この「生成」の解説は、「チオ硫酸塩」の解説の一部です。
「生成」を含む「チオ硫酸塩」の記事については、「チオ硫酸塩」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/20 13:54 UTC 版)

シアン化カドミウム」の記事における「生成」の解説

塩化カドミウムまたは硝酸カドミウムを、シアン化カリウムまたはシアン化ナトリウム水溶液処理し沈殿物乾燥させて得られる

※この「生成」の解説は、「シアン化カドミウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「シアン化カドミウム」の記事については、「シアン化カドミウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/24 05:49 UTC 版)

スルフェン」の記事における「生成」の解説

中間生成物としてスルフェン生成する最初の一般的な方法は、1962年ギルバート・ストークとギュンター・オプティツによって同時に発表された捕獲剤であるエナミン存在下でトリエチルアミン用いてメタンスルホニルクロリドから塩化水素除去する方法である。1,1-二酸化チエタン誘導体形成は、スルフェン介在している証拠である。スルフェンは高い求電子性を持つため、アミンスルフェン複合体作るのを妨害し、その利用には困難が伴うアミン利用回避する簡単な製法は、捕獲存在下でのフッ化セシウムによるトリメチルシリルメタンスルホニルクロリドの脱シリル化である。 (CH3)3SiCH2SO2Cl + CsF → [CH2=SO2] + (CH3)3SiF + CsCl

※この「生成」の解説は、「スルフェン」の解説の一部です。
「生成」を含む「スルフェン」の記事については、「スルフェン」の概要を参照ください。


生成(なまなり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:50 UTC 版)

双星の陰陽師」の記事における「生成(なまなり)」の解説

陰陽師陰の気に侵されケガレ堕ちすることで誕生強さ元になった陰陽師実力左右される雛月寮の候補生がなったものは般若程度だったが、優れた陰陽師呪力持ち主ケガレ堕ちすれば真蛇種や婆裟羅種相当の脅威となる

※この「生成(なまなり)」の解説は、「双星の陰陽師」の解説の一部です。
「生成(なまなり)」を含む「双星の陰陽師」の記事については、「双星の陰陽師」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/08/26 13:07 UTC 版)

イソブチルアミン」の記事における「生成」の解説

アンモニア水素イソプロパノールとの反応生じる。天然には、一部植物藻類により自然発生する

※この「生成」の解説は、「イソブチルアミン」の解説の一部です。
「生成」を含む「イソブチルアミン」の記事については、「イソブチルアミン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/07/15 18:13 UTC 版)

リン酸鉄(II)」の記事における「生成」の解説

硫酸鉄(II)水溶液空気遮断した上でリン酸水素二ナトリウム水溶液酢酸ナトリウム水溶液加え、2〜3日放置する八水和物結晶析出する。 または封管中鉄(II)塩水溶液リン酸水素二ナトリウム水溶液混合物加熱する析出する。 3 Fe2+(aq) + 2 HPO42−(aq) + 8 H2O → Fe3(PO4)2·8H2O + 2 H+

※この「生成」の解説は、「リン酸鉄(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「リン酸鉄(II)」の記事については、「リン酸鉄(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/30 23:48 UTC 版)

ビニルジチイン」の記事における「生成」の解説

ニンニク破砕すると、酵素アリナーゼ働きでアリインからアリシン生成するアリシンはさらに分解し他の有機硫黄化合物となるが、油などの有機溶媒中でビニルジチインアホエン生成する下図のように、アリシン(1)分解して2‐プロペンスルフェン酸(2)とチオアクロレイン(3)になる。2は脱水縮合によりアリシンに戻るが、3はディールス・アルダー二量化し、2-ビニル-4H-1,2-ジチイン(4)と3-ビニル-4H-1,3-ジチイン(5)与える。ニンニク1片は2-4gであるが、ニンニク1gからは2,500-4,500μgアリシン生成する

※この「生成」の解説は、「ビニルジチイン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ビニルジチイン」の記事については、「ビニルジチイン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/21 15:46 UTC 版)

エテノン」の記事における「生成」の解説

エテノンは、実験室では、アセトン蒸気熱分解によって生成できる

※この「生成」の解説は、「エテノン」の解説の一部です。
「生成」を含む「エテノン」の記事については、「エテノン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/09 09:31 UTC 版)

ペンタデカスロン」の記事における「生成」の解説

ペンタデカスロン作るはいくつの方法がある。1つは、10個のピクセルを1列に並べた形である。ほかの方法は、Tテトロミノ信号灯 (traffic light) を作れないくらい近づけたときにできる。 □■□□□□■□ ■■□□□□■■ □■□□□□■□ ちなみに、もう1ピクセル間隔広げると、パルサー (pulsar) ができる。

※この「生成」の解説は、「ペンタデカスロン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ペンタデカスロン」の記事については、「ペンタデカスロン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 01:49 UTC 版)

過マンガン酸」の記事における「生成」の解説

七酸化二マンガンの、水溶液数ヶ月放置する過マンガン酸加水分解するMn 2 O 7 + H 2 O ⟶ 2 HMnO 4 {\displaystyle {\ce {{Mn2O7}+ H2O -> 2HMnO4}}} または、硫酸マンガン(II)酸化鉛(IV)希硫酸混合させれば得られるまた、過マンガン酸塩粉末濃硫酸混合させて生成するというものもあるが、この反応脱水起こしてしまうのであまり用いられない

※この「生成」の解説は、「過マンガン酸」の解説の一部です。
「生成」を含む「過マンガン酸」の記事については、「過マンガン酸」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/09 07:25 UTC 版)

ジプロピルジスルフィド」の記事における「生成」の解説

生のタマネギ主要な匂い成分であり、長ネギにも含まれる。アルキルシステインスルホキシドが、リアーゼより分解され生じる。興奮発汗利尿や、消化液分泌効果があるとされる

※この「生成」の解説は、「ジプロピルジスルフィド」の解説の一部です。
「生成」を含む「ジプロピルジスルフィド」の記事については、「ジプロピルジスルフィド」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 03:15 UTC 版)

ペンタクロロベンゼン」の記事における「生成」の解説

ポリ塩化ビフェニル染料難燃剤抗菌剤などの中間体となる他、農薬溶剤不純物として発生する燃焼過程において、意図せず発生することがある

※この「生成」の解説は、「ペンタクロロベンゼン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ペンタクロロベンゼン」の記事については、「ペンタクロロベンゼン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/29 08:20 UTC 版)

オルトチタン酸テトライソプロピル」の記事における「生成」の解説

TTIPは、塩化チタン(IV)2-プロパノールとを反応させて得られる副生成物として塩化水素発生する。 TiCl4 + 4 (CH3)2CHOH → Ti{OCH(CH3)2}4 + 4 HCl

※この「生成」の解説は、「オルトチタン酸テトライソプロピル」の解説の一部です。
「生成」を含む「オルトチタン酸テトライソプロピル」の記事については、「オルトチタン酸テトライソプロピル」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 06:29 UTC 版)

ジアミノマレオニトリル」の記事における「生成」の解説

シアン化水素と、粘土鉱物一種のモンモリロナイトを含む懸濁液放置したところ、モンモリロナイト触媒として本物をはじめとするシアン化水素重合体生じた。これに酸を加え加水分解すると、グリシンアラニンアスパラギン酸などのアミノ酸と、核酸塩基アデニン生じた。この反応は、地球上における生命の起源初期段階役割果たした推測される

※この「生成」の解説は、「ジアミノマレオニトリル」の解説の一部です。
「生成」を含む「ジアミノマレオニトリル」の記事については、「ジアミノマレオニトリル」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 02:20 UTC 版)

月の水」の記事における「生成」の解説

月の水には2つ起源考えられる水を含む彗星その他の天体が月に衝突した場合と、その場で作られた場合である。後者太陽風陽子が月の鉱物酸化物ケイ酸塩等)に含まれる酸素化学的に結合し少量の生成して結晶格子捕らわれたり水の前駆体となる水酸基形成する場合である。 陽子酸素原子反応によって生じた水酸基表面(S-OH)は、酸素表面(S=O)とさらに反応して水分子になり、酸素表面吸着される化学反応質量バランスは、酸素表面は以下のような反応をすることを示唆している。 2 S-OH —> S=O + S + H2O または 2 S-OH —> S–O–S + H2O ここでSは酸素表面を表す。 1つ水分子生成には、2つ隣接した水酸基1つ酸素原子2つ陽子との連鎖反応必要であるこのため単位面積当たりの陽子密度が小さい水の生産制限要素となる。

※この「生成」の解説は、「月の水」の解説の一部です。
「生成」を含む「月の水」の記事については、「月の水」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 07:33 UTC 版)

4-エチルカテコール」の記事における「生成」の解説

天然に酒類原料由来成分から酵素働きにより生じフェノール臭や薬箱臭と表現される香りの元となる。 揮発性有機化合物一種のエチルベンゼン代謝生成物であり、NADH添加により酸化DNA損傷増加する考えられている。

※この「生成」の解説は、「4-エチルカテコール」の解説の一部です。
「生成」を含む「4-エチルカテコール」の記事については、「4-エチルカテコール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/07 06:50 UTC 版)

ベンジルメルカプタン」の記事における「生成」の解説

塩化ベンジルチオ尿素反応させて得たイソチオウロニウム塩をアルカリ加水分解することによって調製できる。 ツゲの木から発見され特定のワインではスモーキー香り寄与するコーヒー含まれていることも確認されている。 食品加熱により生じ低濃度では好まし香りとなるが、量が増える加熱臭と呼ばれるオフフレーバーとなる。

※この「生成」の解説は、「ベンジルメルカプタン」の解説の一部です。
「生成」を含む「ベンジルメルカプタン」の記事については、「ベンジルメルカプタン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/13 22:01 UTC 版)

3-メチルチオプロピルアミン」の記事における「生成」の解説

1968年協和醗酵工業研究で、放線菌ストレプトマイセス属が持つメチオニンデカルボキシラーゼによるメチオニン脱炭酸反応から生じることが明らかになった。

※この「生成」の解説は、「3-メチルチオプロピルアミン」の解説の一部です。
「生成」を含む「3-メチルチオプロピルアミン」の記事については、「3-メチルチオプロピルアミン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/12 04:11 UTC 版)

石筍」の記事における「生成」の解説

詳細は「カルスト地形を参照洞窟生成物を参照 最も一般的な石筍二次生成物として通常石灰洞内にできる。地下洞窟内のある一定のpH条件下で、鉱物含んだ地下水から沈殿する炭酸カルシウムなどの晶出によって生成されるCa(HCO3)(aq)2 → CaCO(s)3 + H2O(l) + CO(aq)2 炭酸カルシウムは主に石灰岩形で存在し二酸化炭素を含む溶解して地下洞窟内で炭酸水素カルシウム水溶液となる。 石筍形態用語であって岩石種として結晶質石灰岩である。天井面からの鍾乳石長く成長し床面石筍連結すると石形成する石筍には普通に触れべきではない皮脂は、石筍表面に付着し流れ鉱水表面張力変え石筍成長影響及ぼしうるからである人間接触による油分汚れ染みをつけ、恒久的な色合い変えるおそれもある。

※この「生成」の解説は、「石筍」の解説の一部です。
「生成」を含む「石筍」の記事については、「石筍」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/29 03:28 UTC 版)

ヘキサナール」の記事における「生成」の解説

脂肪酸酸化により生じる。ダイズを例にとると、リノール酸リポキシゲナーゼによってリノール酸13-ヒドロペルオキシド変換され、ヒドロペルオキシドリアーゼによってn-ヘキサナールとなる。さらにn-ヘキサナールアルデヒドデヒドロゲナーゼにより、カプロン酸へと変換するリンゴジュースオレンジジュースオリーブオイルなどでも生じことがある食品では不快臭となるため発生抑えることが望ましくリポキシゲナーゼ吸着除去した煮沸して失活させるなどの対策とられる工業的に1-ペンテンヒドロホルミル化してヘキサナールを得、さらに水素化して可塑剤原料1-ヘキサノール製造することがある

※この「生成」の解説は、「ヘキサナール」の解説の一部です。
「生成」を含む「ヘキサナール」の記事については、「ヘキサナール」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/04 03:47 UTC 版)

一臭化ヨウ素」の記事における「生成」の解説

ヨウ素臭素を、不活性気体中で長時間加熱し直接反応させることにより得られるI 2 + B r 2 ⟶ 2   I B r {\displaystyle \mathrm {I_{2}+Br_{2}\longrightarrow 2\ IBr} }

※この「生成」の解説は、「一臭化ヨウ素」の解説の一部です。
「生成」を含む「一臭化ヨウ素」の記事については、「一臭化ヨウ素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/23 13:19 UTC 版)

トシルアジド」の記事における「生成」の解説

トシルアジドは、アセトン水溶液中で塩化パラトルエンスルホニル塩化トシル)とアジ化ナトリウム反応によって生成する

※この「生成」の解説は、「トシルアジド」の解説の一部です。
「生成」を含む「トシルアジド」の記事については、「トシルアジド」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/04 08:16 UTC 版)

シアン化コバルト(II)」の記事における「生成」の解説

シアン化カリウムコバルト塩溶液を加えることにより、赤褐色のシアン化コバルト(II)三水和物得られるCoCl 2 ( H 2 O ) 6 + 2 KCNCo ( CN ) 2 + 2 KCl + 6 H 2 O {\displaystyle {\ce {{CoCl2(H2O)6}+2KCN->{Co(CN)2}+{2KCl}+6H2O}}} シアン化コバルト(II)水和物過剰のシアン化カリウム存在下で溶解すると、赤色の六シアン化コバルトカリウム (K4Co(CN)6) が生じる。さらに酸化する黄色の六シアン化コバルトカリウム (K3Co(CN)6) が得られる

※この「生成」の解説は、「シアン化コバルト(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「シアン化コバルト(II)」の記事については、「シアン化コバルト(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/07 05:07 UTC 版)

臭素酸カルシウム」の記事における「生成」の解説

水溶液中で水酸化カルシウム臭素加え加熱すると、不均化反応により生成し溶液濃縮する一水和物析出する。 6 Ca ( OH ) 2   + 6 Br 2Ca ( BrO 3 ) 2   + 5 CaBr 2   + 6 H 2 O {\displaystyle {\ce {6Ca(OH)2\ +6Br2->Ca(BrO3)2\ +5CaBr2\ +6H2O}}}

※この「生成」の解説は、「臭素酸カルシウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「臭素酸カルシウム」の記事については、「臭素酸カルシウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/11 03:46 UTC 版)

シアン酸ナトリウム」の記事における「生成」の解説

またはニッケル触媒としてシアン化ナトリウム酸素との反応により生成する。また水溶液中で次亜塩素酸ナトリウムにより酸化されて生成し、この反応シアン化物分解理に用いられる。 2 NaCN   + O 2 ⟶ 2 NaOCN {\displaystyle {\ce {2NaCN\ +O2->2NaOCN}}} 2 CO ( NH 2 ) 2   + Na 2 CO 3 ⟶ 2 NaOCN   + 2 NH 3   + CO 2   + H 2 O {\displaystyle {\ce {2CO(NH2)2\ +Na2CO3->2NaOCN\ +2NH3\ +CO2\ +H2O}}}

※この「生成」の解説は、「シアン酸ナトリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「シアン酸ナトリウム」の記事については、「シアン酸ナトリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 08:57 UTC 版)

グリセルアルデヒド-3-リン酸」の記事における「生成」の解説

G3PD体次の3つの経路で可逆的に生成するフルクトース-1,6-ビスリン酸基質としてアルドラーゼ作用により生成 β-D-フルクトース-1,6-ビスリン酸 ↽ − − ⇀ {\displaystyle {\ce {<=>}}} D-グリセルアルデヒド-3-リン酸 + ジヒドロキシアセトンリン酸 ジヒドロキシアセトンリン酸基質としてトリオースリン酸イソメラーゼ作用により生成 ジヒドロキシアセトンリン酸 ↽ − − ⇀ {\displaystyle {\ce {<=>}}} D-グリセルアルデヒド-3-リン酸 1,3-ビスホスホグリセリン酸基質としてグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ作用により生成 1,3-ビスホスホグリセリン酸 ↽ − − ⇀ {\displaystyle {\ce {<=>}}} D-グリセルアルデヒド-3-リン酸

※この「生成」の解説は、「グリセルアルデヒド-3-リン酸」の解説の一部です。
「生成」を含む「グリセルアルデヒド-3-リン酸」の記事については、「グリセルアルデヒド-3-リン酸」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/11 02:12 UTC 版)

塩化タングステン(II)」の記事における「生成」の解説

タングステンに塩素を反応させる生成される。 W   + Cl 2WCl 2 {\displaystyle {\ce {W\ +Cl2->WCl2}}}

※この「生成」の解説は、「塩化タングステン(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「塩化タングステン(II)」の記事については、「塩化タングステン(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/12 02:05 UTC 版)

メタホウ酸」の記事における「生成」の解説

ホウ酸熱分解すると得られるH 3 BO 3HBO 2   + H 2 O {\displaystyle {\ce {H3BO3->HBO2\ +H2O}}}

※この「生成」の解説は、「メタホウ酸」の解説の一部です。
「生成」を含む「メタホウ酸」の記事については、「メタホウ酸」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/12 01:27 UTC 版)

臭化バリウム」の記事における「生成」の解説

硫化バリウムまたは炭酸バリウム臭化水素酸との反応により生じる。 BaS   + HBrBaBr 2   + H 2 S {\displaystyle {\ce {BaS\ +HBr->BaBr2\ +H2S}}} BaCO 3   + HBrBaBr 2   + CO 2   + H 2 O {\displaystyle {\ce {BaCO3\ +HBr->BaBr2\ +CO2\ +H2O}}} 二水和物120まで加熱することにより、無水物結晶を得ることができる。

※この「生成」の解説は、「臭化バリウム」の解説の一部です。
「生成」を含む「臭化バリウム」の記事については、「臭化バリウム」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/14 03:33 UTC 版)

フッ化ウラン(III)」の記事における「生成」の解説

フッ化ウラン(IV)アルミニウムとともに900 熱することで生じる。 3 UF 4   + Al ⟶ 3 UF 3   + AlF 3 {\displaystyle {\ce {3UF4\ +Al->3UF3\ +AlF3}}} 3 UF 4   + U ⟶ 4 UF 3 {\displaystyle {\ce {3UF4\ +U->4UF3}}}

※この「生成」の解説は、「フッ化ウラン(III)」の解説の一部です。
「生成」を含む「フッ化ウラン(III)」の記事については、「フッ化ウラン(III)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/14 03:38 UTC 版)

塩化ウラン(III)」の記事における「生成」の解説

塩化ウラン(III)生成法としては以下の二つ知られている塩化ナトリウム塩化カリウム670710 融解し塩化ウラン(IV)と金ウラン加える。 3 UCl 4   + U ⟶ 4 UCl 3 {\displaystyle {\ce {3UCl4\ +U->4UCl3}}} 塩化ウラン(IV)水素と共に加熱する。 2 UCl 4   + H 2 ⟶ 2 UCl 3   + 2 HCl {\displaystyle {\ce {2UCl4\ +H2->2UCl3\ +2HCl}}}

※この「生成」の解説は、「塩化ウラン(III)」の解説の一部です。
「生成」を含む「塩化ウラン(III)」の記事については、「塩化ウラン(III)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/14 00:51 UTC 版)

ヨウ化ウラン(III)」の記事における「生成」の解説

ヨウ化ウランウランヨウ素直接反応させることで生成する2 U   + 3 I 2 ⟶ 2 UI 3 {\displaystyle {\ce {2U\ +3I2->2UI3}}}

※この「生成」の解説は、「ヨウ化ウラン(III)」の解説の一部です。
「生成」を含む「ヨウ化ウラン(III)」の記事については、「ヨウ化ウラン(III)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/19 02:51 UTC 版)

2-ブチン」の記事における「生成」の解説

プロピンヨードメタンから得られるCH 3 CCH + CH 3 I ⟶ CH 3 CCCH 3 + HI {\displaystyle {\ce {CH3C\equiv {CH}+CH3I->CH3C\equiv {CCH3}+HI}}}

※この「生成」の解説は、「2-ブチン」の解説の一部です。
「生成」を含む「2-ブチン」の記事については、「2-ブチン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/21 02:34 UTC 版)

五硫化二ヒ素」の記事における「生成」の解説

オルトヒ酸の酸性溶液または五塩化ヒ素もしくはヒ素(V)と、硫化水素を通じることで得られる

※この「生成」の解説は、「五硫化二ヒ素」の解説の一部です。
「生成」を含む「五硫化二ヒ素」の記事については、「五硫化二ヒ素」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/24 09:59 UTC 版)

チオシアン酸鉛(II)」の記事における「生成」の解説

酢酸鉛(II)と、チオシアン酸カリウムまたはチオシアン酸アンモニウム水溶液との反応によりチオシアン酸鉛(II)沈殿生じる。 イオン反応: Pb 2 + ( aq )   + 2 SCN − ( aq ) ⟶ Pb ( SCN ) 2 ( s ) {\displaystyle {\ce {Pb^{2+}(aq)\ +2SCN^{-}(aq)->Pb(SCN)2(s)}}}

※この「生成」の解説は、「チオシアン酸鉛(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「チオシアン酸鉛(II)」の記事については、「チオシアン酸鉛(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/24 08:26 UTC 版)

水酸化白金(II)」の記事における「生成」の解説

空気遮断してテトラクロリド白金(II)酸カリウム水溶液熱水酸化カリウム水溶液作用させる沈殿する。 [ PtCl 4 ] 2 −   + 2 OH − ⟶ Pt ( OH ) 2 ( s )   + 4 Cl − {\displaystyle {\ce {[PtCl4]^{2-}\ +2OH^{-}->Pt(OH)2(s)\ +4Cl^{-}}}}

※この「生成」の解説は、「水酸化白金(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「水酸化白金(II)」の記事については、「水酸化白金(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 14:44 UTC 版)

特徴量」の記事における「生成」の解説

特徴量は生成タスク利用される。生成タスクはしばし生成される属性操作求められる例え顔写真生成において髪色指定求められる特徴量として髪色入力できればこれが可能になるその際髪色特徴量他の属性を壊さないことが求められる。ゆえに生成用の特徴量にはdisentanglementがしばしば求められるオートエンコーダ潜在表現(英: latent representation)は特徴量である。

※この「生成」の解説は、「特徴量」の解説の一部です。
「生成」を含む「特徴量」の記事については、「特徴量」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/24 08:52 UTC 版)

水酸化金(I)」の記事における「生成」の解説

金(I)イオンを含む物質水溶液過剰の塩基反応させる沈殿するAu + + OH − ⟶ AuOH {\displaystyle {\ce {{Au^{+}}+OH^{-}->AuOH}}} 表 話 編 歴 金の化合物二元化合物 AuBr · AuBr3 · Au2C2 · AuCl · AuCl3 · Au4Cl8 · AuF3 · AuF5 · AuI · AuI3 · Au2O · Au2O3 · AuP · Au3P2 · Au2S · Au2S3 · AuSe · AuTe2 · CsAu 多元化合物 AuCN · Au(CN)3 · Au2(CO3)3 · Au(ClO4)3 · AuOH · Au(OH)3 · AuSCN · Au2(SO4)3 · Au2(SeO4)3 · HAuBr4 · HAuCl4 · K[Au(CN)2] · AuXe4(Sb2F11)2

※この「生成」の解説は、「水酸化金(I)」の解説の一部です。
「生成」を含む「水酸化金(I)」の記事については、「水酸化金(I)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/25 04:26 UTC 版)

塩化ウラン(V)」の記事における「生成」の解説

塩化ウラン(V)酸化ウラン(VI)四塩化炭素反応させる生じる。 4 UO 3   + 10 CCl 4 ⟶ 2 UCl 5   + 10 COCl 2   + O 2 {\displaystyle {\ce {4UO3\ +10CCl4->2UCl5\ +10COCl2\ +O2}}} 2 UCl 4   + Cl 2 ⟶ 2 UCl 5 {\displaystyle {\ce {2UCl4\ +Cl2->2UCl5}}}

※この「生成」の解説は、「塩化ウラン(V)」の解説の一部です。
「生成」を含む「塩化ウラン(V)」の記事については、「塩化ウラン(V)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/25 04:40 UTC 版)

フッ化アメリシウム(IV)」の記事における「生成」の解説

フッ化アメリシウム(IV)フッ化アメリシウム(III)をフッ化することで得られる。 2 AmF 3   + F 2 ⟶ 2 AmF 4 {\displaystyle {\ce {2AmF3\ +F2->2AmF4}}}

※この「生成」の解説は、「フッ化アメリシウム(IV)」の解説の一部です。
「生成」を含む「フッ化アメリシウム(IV)」の記事については、「フッ化アメリシウム(IV)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/19 14:35 UTC 版)

チオシアン酸水銀(II)」の記事における「生成」の解説

塩化水銀(II)などの二価水銀化合物を、チオシアン酸カリウムなどのチオシアン酸塩溶液混ぜるチオシアン酸水銀(II)沈殿生じる。

※この「生成」の解説は、「チオシアン酸水銀(II)」の解説の一部です。
「生成」を含む「チオシアン酸水銀(II)」の記事については、「チオシアン酸水銀(II)」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/15 09:03 UTC 版)

S-アデノシル-L-ホモシステイン」の記事における「生成」の解説

生体内では、S-アデノシル-L-ホモシステインは、S-アデノシル-L-メチオニン (SAM) の脱メチル化によって生成する

※この「生成」の解説は、「S-アデノシル-L-ホモシステイン」の解説の一部です。
「生成」を含む「S-アデノシル-L-ホモシステイン」の記事については、「S-アデノシル-L-ホモシステイン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/18 04:19 UTC 版)

五フッ化ニオブ」の記事における「生成」の解説

五フッ化ニオブニオブ鉱石の精錬における中間物質であり、金属ニオブフッ素またはフッ化水素25000 で直反応させることで生成する生成した五フッ化ニオブ蒸気減圧下で120 以下に保ったパイレックス管または石英に通じると、無色結晶として得られるまた、五塩化ニオブフッ素反応させることによって得ることもできる。 2 NbCl 5   + 5 F 2 ⟶ 2 NbF 5   + 5 Cl 2 {\displaystyle {\ce {2NbCl5\ +5F2->2NbF5\ +5Cl2}}}

※この「生成」の解説は、「五フッ化ニオブ」の解説の一部です。
「生成」を含む「五フッ化ニオブ」の記事については、「五フッ化ニオブ」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/31 14:49 UTC 版)

プロピオフェノン」の記事における「生成」の解説

プロピオフェノンは、プロピオン酸ベンゼンフリーデル・クラフツ反応により生成するまた、商業的には、酢酸カルシウムアルミニウム存在下、450-550安息香酸プロピオン酸ケトン化することで生産される。 C6H5CO2H + CH3CH2CO2H → C6H5C(O)CH2CH3 + CO2 + H2O ルートヴィヒ・クライゼンは、α-メトキシスチレン3001時間加熱すると、プロピオフェノン生成することを発見した収率65%)。

※この「生成」の解説は、「プロピオフェノン」の解説の一部です。
「生成」を含む「プロピオフェノン」の記事については、「プロピオフェノン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/31 15:32 UTC 版)

2-ヘプタノン」の記事における「生成」の解説

ココナッツ油含まれる脂肪酸カプリル酸Penicillium decumbensやAureobasidium pullulansなどのカビ作用させると、カルボキシル基の隣の位置β酸化される。その後β-ケト酸脱炭酸酵素によりカルボキシル基失われ2-ヘプタノンとなる。菌体より胞子の方活性高くエタノールアラニン添加して胞子発芽促すことにより収量を増すことができる。Amastigomycotaを用いた実験では、培養液1リットル当たり90gの2-ヘプタノンを得ることができた。同種の反応は、炭素14以上の脂肪酸では全く進行しない

※この「生成」の解説は、「2-ヘプタノン」の解説の一部です。
「生成」を含む「2-ヘプタノン」の記事については、「2-ヘプタノン」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 21:04 UTC 版)

周期進行波」の記事における「生成」の解説

周期進行波生成に関する以下のような多くのメカニズム知られている異質性 媒介変数における空間的なノイズ結果として周期進行波連続的な帯を生成することが出来る。このことは、周期進行波二次元への一般化であるターゲットパターンや渦巻波を不純物生成するような、振動化学反応への応用において重要となる。この過程は、1970年代および1980年代初期における、周期進行波に関する研究の大きな動機となった。また生態学においては景観異質性周期進行波原因の一つとして提唱されてきた。 侵入 周期進行波それらの wake から離すことが出来る。これは、ベロウソフ・ジャボチンスキー反応のような化学系や、生態学被食捕食系において、通過流が存在しているときのテイラー=クエット系(英語版に対して、重要となる。 分域境界 ディリクレ境界条件あるいはロビン境界条件を伴う。これは、生息地周り敵対的環境間の境界に、ディリクレあるいはロビン境界条件対応するような生態学において、潜在的に重要となる。しかし、波の発生に関する決定的な経験的実証を得ることは、生態学システムに対して困難である追跡と回避 その結果として移住生じる。これは生態学において意義深いものであるだろう。 部分個体群間の移住 これもまた生態学における潜在的な意義を持つものである。 これら全てのケースにおいて、キーとなる問題は周期進行波の族のどの所属者選択されるということである。ほとんどの数学的システムに対しては、この問題は未解決となっている。

※この「生成」の解説は、「周期進行波」の解説の一部です。
「生成」を含む「周期進行波」の記事については、「周期進行波」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/03 06:24 UTC 版)

亜臭素酸」の記事における「生成」の解説

次亜臭素酸次亜塩素酸との陽極酸化反応次亜臭素酸不均化反応臭素酸臭化水素との合成などにより生成する。 HBrO   + HClO ⟶ HBrO 2   + HCl {\displaystyle {\ce {HBrO\ +HClO->HBrO2\ +HCl}}} 2 HBrO ⟶ HBrO 2   + HBr {\displaystyle {\ce {2HBrO->HBrO2\ +HBr}}} 2 HBrO 3   + HBr ⟶ 3 HBrO 2 {\displaystyle {\ce {2HBrO3\ +HBr->3HBrO2}}}

※この「生成」の解説は、「亜臭素酸」の解説の一部です。
「生成」を含む「亜臭素酸」の記事については、「亜臭素酸」の概要を参照ください。


生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 14:48 UTC 版)

赤血球」の記事における「生成」の解説

造血幹細胞から分化し始めた幼若血液細胞盛んに分裂して数を増やしながら少しずつ分化進めていく。最終的に赤血球分化成熟する場合造血幹細胞骨髄幹細胞骨髄前駆細胞)、赤芽球巨核球前駆細胞前期赤芽球前駆細胞 (BFU-E)、後期赤芽球前駆細胞 (CFU-E)、前赤芽球好塩基性赤芽球、多染性赤芽球、正染性赤芽球、(網赤血球)、赤血球成熟していく。 骨髄幹細胞骨髄前駆細胞)、赤芽球巨核球前駆細胞前期赤芽球前駆細胞 (BFU-E)、後期赤芽球前駆細胞 (CFU-E) などの前駆細胞段階では、細胞は非常に活発に細胞分裂して数を増やすが、顕微鏡による形態観察では赤血球系との判別困難である。 前赤芽球段階から形態的にも赤血球への分化の方向がはっきりしてくる。赤血球系判別できるようになった赤芽球から多染性赤芽球までの細胞前駆細胞ほど盛んではないが細胞分裂能を持ち1つの前赤芽球は多染性赤芽球段階までに3-4細胞分裂起して8-16個の細胞増える。 前赤芽球直径20-25µm前の段階前駆細胞より大きくなり、赤血球への分化成熟段階で一番大き細胞であり、顕微鏡観察赤血球への分化の方向が明らかな最初の段階細胞であり、核構造繊細で細胞質塩基性強くリボゾームが多い。 好塩基性赤芽球では大きさは前赤芽球より小さくなりこの後段階でさらに小さくなり続ける)16-18µm ほどであり、前赤芽球ほどではないが細胞質塩基性であり、核構造はやや粗くなる。 多染性赤芽球ではヘモグロビン合成開始されヘモグロビン量が増えるにつれ細胞質塩基性弱くなり、細胞はさらに小さくなり、核構造凝縮しさらに粗くなるこの段階でも弱いながら細胞分裂能を残している。 正染性赤芽球では細胞分裂能は失われ細胞核凝縮し細胞質赤血球近くなる直径10-15µm でやがて細胞核脱落して赤血球成熟するこれらの幼若段階細胞造血幹細胞前駆細胞赤芽球骨髄にのみ存在する骨髄にはバリアがあり、幼若血液細胞骨髄ら出ることができず、脱核して赤血球になって初めて血液中に出ることができるため、通常末梢血では有核赤芽球観察されない。 正染性赤芽球から脱したばかりの若い赤血球では、まだリボゾーム残っており、ニューメチレンブルーによる超生染色を行うとタンパク質RNA複合体であるリボソームその他の細胞小器官巻き込みながら網状凝集し凝集したリボソームRNA青く染まり顕微鏡観察では網状に見えるので網赤血球と呼ぶ網赤血球段階でも 10%-30% ほどのヘモグロビン合成される網赤血球骨髄内に2日ほど留まりその後血液中移動して1-2日ほどでリボソームミトコンドリア抜け落ちて成熟し完成した赤血球になる。通常網赤血球赤血球の 0.5-1.5% 程度であるが、造血盛んになると若い出来立て赤血球である網赤血球割合増え骨髄での