軌道とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 漁業 > 釣り > 軌道の意味・解説 

き‐どう〔‐ダウ〕【軌道】

読み方:きどう

電車などの軌条車両走らせるための構造物からなる道。道床枕木(まくらぎ)・レールなどからなる。「市電の—」

天体運行する道筋。「人工衛星の—」

物体運動するときに描く一定の道筋。「放物線の—を描く」

物事経過していく道筋。「生活の—を修正する」「—をはずれる」

軌道の画像

軌道

レールの上車両が走るという点では鉄道変わりませんが、原則として道路設けられ道路交通補助することを目的しており大正10年以来軌道法によって監督を受けてます。鉄道道路ではなく専用レール使って高速で車両走らせ、人または貨物を運ぶのとは性格違います

鉄道と軌道の区分はっきりしていますが、実際の統計面などの取り扱いは、「鉄軌道部門」となる場合多いです。軌道が輸送人員増加速度の向上のため、専用線路敷を持ち、軌道のを出ることがありますこうした実態対処できるよう鉄道事業法62条に「軌道からの変更」の規定があり、内容は、国土交通大臣許可を得て軌道事業鉄道事業変更することができる、この許可受けた者は第一種鉄道事業免許を受けたものとみなす…というものです。この規程旧地鉄道法を含む)によって鉄道変更した例もあります

「軌道」は、こうした軌道法基づくものとは別に鉄道、軌道の別を問わずに、列車が通る道という意味でも使われます。この場合レールレール締結装置まくらぎ道床など道床から上構造物総称使用されます。列車荷重支えとともに、それを広く分散させて路盤伝えます


軌道

惑星衛星などがたどる特定の径路

「軌道」とは何か?

「軌道」とは人工衛星が通る道すじのこと

人工衛星地表すれすれを回るために必要な速度、すなわち遠心力(えんしんりょく)と地球の引力つり合う速度秒速7.9kmで、この速度を「第1宇宙速度といいますまた、人工衛星が通る道すじを「軌道」(きどう)といいます第1宇宙速度を超えると、人工衛星の軌道楕円(だえん)になり、さらに人工衛星運動エネルギー第1宇宙速度のときの2倍になる毎秒11.2km(第2宇宙速度脱出速度ともいいます)になると地球の重力をのがれ、地球周回軌道から出ていってしまいます


軌道面には、かならず地球の中心がふくまれる

人工衛星は、1つ決まった平面の中で動いてます。この平面は「軌道面」と呼ばれ人工衛星地球を回る軌道面には、かならず地球中心ふくまれます。人工衛星は、それぞれの目的に応じて地上からの高度や軌道の形がちがいますが、地球中心ふくまないどちらか片方片寄った軌道面不可能です



平石 博一:軌道

英語表記/番号出版情報
平石 博一:軌道作曲年1999年 

軌道

読み方:レール(r^eru

作者 岸田国士

初出 大正14年

ジャンル 戯曲


軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 19:23 UTC 版)

軌道(きどう)




「軌道」の続きの解説一覧

軌道

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 23:43 UTC 版)

発音

名詞

(きどう)

  1. (物理学, 天文学) 物体一定法則従い描く道筋
  2. (鉄道) 列車などが通る道。
  3. 物事進行する一定の方向

複合語

翻訳


「軌道」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

軌道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軌道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2022 (社)日本民営鉄道協会
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軌道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの軌道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS