電車とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 鉄道車両 > 電車の意味・解説 

でん‐しゃ【電車】

駆動電動機装置し、架線あるいは軌道から得る電気動力源として走行する鉄道車両駆動電動機装置しない車両連結したものもいう。「急行—」「路面—」


電車

作者原口真智

収載図書神婚
出版社立風書房
刊行年月1992.9

収載図書北日本文学賞入賞作品集 2
出版社北日本新聞社
刊行年月2002.8


電車

作者城井友治

収載図書錦の庭
出版社郁朋社
刊行年月1996.3


電車

作者阿部一

収載図書ノーチェス
出版社文芸社
刊行年月1997.12


電車

作者宮沢賢治

収載図書ザ・賢治―全小説全一冊 グラスレス眼鏡無用 大活字版
出版社第三書館
刊行年月2007.1


電車

作者ジュディ・バドニッツ

収載図書空中スキップ
出版社マガジンハウス
刊行年月2007.2


電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 01:32 UTC 版)

電車でんしゃは、鉄道車両のうち、電気を動力として自走する事が可能な客車貨車の総称である。すなわち、客車や貨車そのものに動力が備わっており、機関車なしで自走可能な「電動客車」および「電動貨車」を指す。「電気列車」または「電動列車」とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 充電や集電(給電)を必要とせず、燃料給油のみで自走できる事から電車とは区別される。同様の機構を持つハイブリッド自動車が電気自動車と区別されるのと同様。
  2. ^ 動力集中方式を含めば、2000年に運行を開始したフランスのTGVを基にした高速列車アセラ・エクスプレスが、トラブルも発生しているものの一定の成功を収めている。
  3. ^ シカゴインディアナ州サウスベンドを結ぶサウスショアー線と、フィラデルフィアノリスタウンを結ぶSEPTAノリスタウン高速線英語版。後者は1990年代に車両が小型の電車に置き換わっており、今日ではライトレールとしても扱われている。
  4. ^ ウィキペディア英語版等、英語圏ではこの種類の列車は"Push-pull Train"と認識される。
  5. ^ 専用機関車と言う考え方は日本でもAREBブレーキ化後の国鉄20系客車のような例があるため、むしろそのように取られる。
  6. ^ 但しこの長所は、動力集中方式であってもプッシュプル方式を採用することで得ることができる。
  7. ^ 戦後の日本では電力用の低圧三相交流電源を使用しているが、原理上は単相交流でも問題ない。
  8. ^ この誤用はかなり広まっており、司馬遼太郎の「街道をゆく」にも、オホーツク街道篇の札幌駅のくだりで「稚内ゆきの急行電車」という記述が登場する(司馬遼太郎全集64巻P127)。稚内へ通じている宗谷本線は2021年現在でもほとんどの部分が非電化で、もちろん「稚内ゆきの急行電車」が来ることはありえない。
  9. ^ ただし、近年は非電化区間でも運行可能な蓄電池電車が普及しつつあり、これらEV-E301系EV-E801系BEC819系を運行する路線では誤用とはいえない。また、クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(E001形電車)」においても電車定義で非電化区間を走行可能なので同様である。
  10. ^ 出雲市駅付近の踏切で一畑電車を「電車」とし、山陰本線を「汽車」と表現している例がある[3]
  11. ^ 渋谷駅埼京線湘南新宿ラインホームでは、どちらも通勤形の電車で運行される埼京線と相鉄線直通系統について、前者は「電車」、後者は「列車」として案内している[5]
  12. ^ 当該列車は行き先が「札幌」とある様にトワイライトエクスプレス(「客車」列車)の接近表示である。
  13. ^ 日経新聞の取材に対し、広報担当者は「京阪電車」の呼称の由来について「明快な理由はわからない」としながらも、「京阪は愛称として『電車』を大切にしている」と説明している[6]
  14. ^ 阪急電鉄は「阪急電車」の呼称を長らく使用していたが、「わかりやすい告知」を目的として1990年代に車内アナウンスを含む社内での呼び方を「阪急電鉄」に統一した。ただし、小説『阪急電車』のタイトルに見られるように、市井では未だにこの呼称が定着している[6]

出典

  1. ^ a b 福原俊一『日本の電車物語 旧性能電車編』JTBパブリッシング、2007年、35頁。ISBN 978-4533068676
  2. ^ 配給米運搬に市電利用の東京(昭和16年10月12日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p83 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  3. ^ a b 鉄道“超”基礎知識(1)「汽車」「電車」「列車」の違いとは?”. 伊藤博康のテツな“ひろやす”の鉄道小咄. 中日新聞プラス. 中日新聞社 (2017年8月15日). 2018年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月26日閲覧。
  4. ^ 道路標識一覧 (PDF) 、国土交通省。
  5. ^ 「列車がまいります」「電車がまいります」同じ駅で表記使い分け なぜ?(画像5枚目) 乗りものニュース、2021年5月20日(2021年9月6日閲覧)。
  6. ^ a b c 岩井淳哉 (2015年10月31日). “私鉄の呼称 関西なぜ「○○電車」(とことんサーチ)”. 日本経済新聞. 2021年8月6日閲覧。



電車

出典:『Wiktionary』 (2021/12/19 18:49 UTC 版)

名詞

でんしゃ

  1. 外部からの電気動力として走る列車のうち、1編成中の車両いくつか又はすべてに動力となる電動機装備して自走能力をそなえ、機関車牽引によらずに走行する列車
  2. 1のうち、特に都市とその近郊を結ぶ近距離運行されるもの。
  3. 路面電車の略。
  4. (口語) 車やバスに対する交通手段としての列車

発音(?)

で↘んしゃ
で↗んしゃ

関連語

翻訳


「電車」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




電車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS