荷物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 品物 > 荷物の意味・解説 

に‐もつ【荷物】

読み方:にもつ

運搬運送する品物

重荷感じられるもの。負担となるもの。お荷物。「とんだ―をしょいこむ」「皆のお―にはなりたくない」


荷物

作者エドワード・ブライアント

収載図書ハードシェル
出版社早川書房
刊行年月1990.3
シリーズ名ハヤカワ文庫NV


荷物

作者河江伊久

収載図書黄昏に、6Hの鉛筆で。―短編小説集
出版社天使
刊行年月2003.5


貨物

(荷物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/30 03:09 UTC 版)

貨物(かもつ)とは、運送の客体となる物品の総称。


  1. ^ a b c 斉藤実 『物流用語の意味がわかる辞典』日本実業出版社、2000年、43頁。 
  2. ^ 『鉄道ピクトリアル』2009年5月号 9頁。
  3. ^ 【用語集】た行”. 日本冷蔵倉庫協会. 2020年7月10日閲覧。
  4. ^ a b 宮澤永光監修 『基本流通用語辞典』白桃書房、1999年、51頁。 
  5. ^ 貨物輸送の輸送機関別分担率の推移(2010-07-31閲覧)。
  6. ^ a b c 小澤茂樹. “ヨーロッパにおける河川輸送の現状と今後の展望”. 交通経済研究所. 2020年7月10日閲覧。


「貨物」の続きの解説一覧

荷物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 10:16 UTC 版)

二川駅」の記事における「荷物」の解説

1975年度から、取り扱い廃止され1983年度までの荷物取扱量発送到着個数)は、以下の通りに推移していた。 荷物取扱量推移年度発送(個)到着(個)1975 13,116 36,768 1976 12,243 27,219 1977 11,151 24,861 1978 10,555 26,274 1979 1980 7,159 25,295 1981 5,302 25,890 1982 3,651 34,307 1983 1,874 19,874 出典乗車人員推移に同じ。

※この「荷物」の解説は、「二川駅」の解説の一部です。
「荷物」を含む「二川駅」の記事については、「二川駅」の概要を参照ください。


荷物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 07:01 UTC 版)

DEATH STRANDING」の記事における「荷物」の解説

サム配達先配送する荷物。配送端末受注したミッションに応じて配送する荷物が託されるフィールド上に配達人落とした落とし物点在しており、これを拾得して落とし物持ち主下に配送する事で距離に応じた評価を得る事も出来る。落とし物別の配送端末で「落とし物届け出」を行うと他の配送人に委託され配達され届け出た所から持ち主居場所までの距離に応じて少量のいいね!」を貰う事が出来る。荷物は中身ケース両方耐久値設定されている。ケース時雨によって劣化しケース耐衝撃性能が低下するが、ケースリペアスプレーにより修復可能でありミッション評価にも影響しないケース内の物品は荷物に衝撃加わると劣化する他、一部の荷物は特定の条件沈める、縦に積む、荷物の温度上昇する等)に抵触することでも劣化が進む。ケース内の物品修復不可能であり中身劣化状態はミッション評価にも影響する壊れ物注意・衝撃厳禁 衝撃に弱い荷物。ケース耐久性に関わらず衝撃を与える即座に中身劣化してしまう。 一部配達物については、車両荷台フローター積載した場合でも乗り物衝突による振動だけで劣化する他、手に持って運ぶことを強制されるケースもあり、これらのような場合転倒落下など通常の荷物が損傷するようなダメージ即座に全損に至る可能性が大きい反物質爆弾 その名の通り反物質作られた爆弾で、作中ではカイラリウムタールの除去使用されることとなる。 運搬用のケース長距離の配送想定した構造になっていないため、衝撃厳禁の荷物として扱われ車両フローター運搬する際には特に慎重を要する水没注意 川に沈んで濡れてしまうと劣化してしまう荷物。 縦積注意 地面と平行になるように積まない中身劣化してしまう荷物。運ぶ際には荷物の積載方法を考える必要がある。 但し、サムが身を屈める等し一時的に荷物が縦になるケース考慮されないクール便 低温配達しなければならない荷物。降雪の無い寒冷地以外の所で担いでいると徐々に劣化が進む為、外気晒さない状態で配達必要になる遺体 遺体袋に収められ人間遺体通常の荷物よりも左右に振られやすく、重心バランスを保つのに注意を要する遺体を背負っている場合背中には遺体に加えてサイズM分の荷物しか背負えなくなる。また、遺体はプライベートボックスに入れられないため、遺体背負ったままではプライベートルーム入ることできない本編では生きている人間を運ぶケースもあるが、荷物としての特性遺体と同じ。 核兵器 ある任務において配送することになるが、説明文記載されている通りサム規定エリア離れたり配送先持ち込む起爆してしまう。途中配送所のプライベートルーム休息するイベント発生し一定時間内に適切な方法処理することになる。

※この「荷物」の解説は、「DEATH STRANDING」の解説の一部です。
「荷物」を含む「DEATH STRANDING」の記事については、「DEATH STRANDING」の概要を参照ください。


荷物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:13 UTC 版)

サウスウエスト航空」の記事における「荷物」の解説

今日日多くのアメリカにある航空会社旅客預け荷物に対して料金徴収しているが、サウスウエスト航空旅客1名あたり2個までの荷物を無料で預か方針貫き多くの旅客支持得ている。また、ペット持ち込みは、規定のサイズ範囲収まサイズのペットキャリアに入れた態であれば、追加料金支払うことで機内への持ち込み可能であるサウスウエスト航空では、機内への持込適したサイズのペットキャリアの販売行っている

※この「荷物」の解説は、「サウスウエスト航空」の解説の一部です。
「荷物」を含む「サウスウエスト航空」の記事については、「サウスウエスト航空」の概要を参照ください。


荷物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 00:28 UTC 版)

東浦駅」の記事における「荷物」の解説

1972年度から、荷物の取り扱い廃止され1983年度までの荷物取扱量発送および到着個数)は以下の表のとおりに推移していた。 荷物取扱量推移年度発送到着1972年度 2,730個 4,827個 1973年度 2,508個 5,5091974年度 2,6595041975年度 2,1795761976年度 2,026個 6541977年度 2,079個 812個 1978年度 2,109個 1,764個 1979年度 2,148個 2,0591980年度 2,116個 2,065個 1981年度 1,483個 2,072個 1982年度 753個 1,885個 1983年度 381個 1,189個 ※出典乗車人員推移に同じ。

※この「荷物」の解説は、「東浦駅」の解説の一部です。
「荷物」を含む「東浦駅」の記事については、「東浦駅」の概要を参照ください。


荷物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 09:49 UTC 版)

プログレスM-17M」の記事における「荷物」の解説

プログレスM-17Mはドライカーゴに1247kgの装置類、食品、医療品、生命維持用品などが搭載されそれ以外として683kgのロシア制御スラスタ補充用燃料、420kgの、47kgの酸素など空気搭載されていた。

※この「荷物」の解説は、「プログレスM-17M」の解説の一部です。
「荷物」を含む「プログレスM-17M」の記事については、「プログレスM-17M」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「荷物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

荷物

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 03:07 UTC 版)

この単語漢字

第三学年
もつ
第三学年
湯桶読み

名詞

(にもつ)

  1. 持ち運ぶ物品
  2. 負担足を引っ張るもの。

発音(?)

派生語


「荷物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



荷物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荷物」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
92% |||||

6
78% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||


10
76% |||||

荷物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荷物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貨物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの二川駅 (改訂履歴)、DEATH STRANDING (改訂履歴)、サウスウエスト航空 (改訂履歴)、東浦駅 (改訂履歴)、プログレスM-17M (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの荷物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS