トラックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > トラック > トラックの意味・解説 

track

読み方:トラック

「track」の基本的な意味


「track」とは、英語で鉄道線路軌道、轍、人や動物の足跡などを意味する表現である。このことから転じて行為やり方意味することもある。また、戦車トラクターなどのキャタピラー左右両輪間の幅も意味する音楽においてアルバムなどに収録された曲をtrackと呼ぶまた、の中の楽器音のデータ意味することもある。

「track」の発音・読み方


「track」の発音記号は「træk」である。カタカナでは「トラック」と表記するが、英語では「ラ」と「レ」の中間の音で発音する

「track」を含む英熟語・英語表現


「track」を含む英熟語英語表現以下のとおりである。

track and fieldとは


track and field」は陸上競技全般意味する。ただし、含まれるのは短距離走長距離走などのトラック競技走り幅跳び棒高跳び砲丸投げなどのフィールド競技のみである。マラソン駅伝のように競技場外で行う陸上競技は「track and field」には含めない。

track downとは


track down」は追跡する追い詰めるといった意味である。

track recordとは


「track」は行程、「record」は記録意味することから、「track record」は実績成績業績など意味する

track of timeとは


「track of time」は時間の経過のことである。「I lost track of time.(時が経つのを忘れてしまった)」などの場合に使う。

Trackするとは


「track」を動詞として用いた場合追跡する監視する旅をするという意味になる。また、「Trackする」という意味で「on track」という表現用いことがある。これは鉄道線路に沿って進むことから物事予定通りに進んでいることを表す。

Keep track ofとは


Keep track of」とは、追跡する見失わないようにする、注意傾けという意味である。

Track-traceとは


「track」は追跡、「trace」は痕跡形跡という意味である。このことから、「Track-trace」は痕跡形跡証拠追跡するという意味用いられる

tracksとは


tracks」は動詞における「track」の三人称単数現在形名詞における「track」の複数形である。このことから動詞としての追跡するという行動か、あるいは名詞として複数線路足跡意味する

trackerとは


tracker」は追跡する人やものという意味である。このことから犯人追跡する警官警察犬意味するほか、パソコン上で最新の情報追跡するプログラム意味することもある。

trackingとは


tracking」とは追跡する行為のことである。DHLUPSといった運送会社では荷物追跡することを「tracking」や「track and traceと呼ぶまた、「one tracking」はひとつのことしか考えられないこと、一途であること意味するそのほか磁気ヘッドなどに記録されたデータ正確になぞる場合にも使われる


トラック【track】

読み方:とらっく

[名](スル)

陸上競技場で、競走用の走路。「―を一周する

トラック競技」の略。

磁気テープ映画フィルムなどの録音する部分また、レコード盤の溝。

コンピューター磁気ディスクなど、円盤状補助記憶装置管理する単位同心円状分割した区画のこと。→セクター3クラスター4

3記録された音楽など。「ボーナス―」

足跡を追うこと。観測すること。「クリックしたユーザーを―する」

「トラック」に似た言葉

トラック【truck】

読み方:とらっく

貨物運搬用の大型荷台をもつ自動車貨物自動車


トラック

【英】track

トラックとは、フロッピーディスクハードディスクまた、CD-ROMDVDなどディスク状の記憶媒体における最小の記録単位のことである。

フロッピーディスクハードディスクでは、データ保存される際に同心円状の輪のように記録される。この同心円状の輪の部分をトラックと呼ぶ。なお、トラックの中には扇形をした「セクタ」と呼ばれる区切りがあり、これが記憶媒体の中の最小単位となる。

また、CD-ROMDVDでは、データレコードのようにらせん状記録される。このらせん状データは、線上繋がった一本の溝のようになっており、CD-ROMDVDでは、これをトラックと呼ぶ。なお、フロッピーディスクハードディスク最小単位セクタであるのに対してCD-ROMDVDでは、フレーム呼ばれる単位用いる。

光ディスクのほかの用語一覧
光ディスク・ドライブ:  レーザーディスク  2層記録  2層式  トラック  トラックピッチ  UDO  Ultra-Density Optical

トラック

作者スティーヴン・キング

収載図書スティーヴン・キング短編傑作全集 4 深夜勤務
出版社サンケイ出版
刊行年月1986.9
シリーズ名サンケイ文庫

収載図書ナイトシフト 1 深夜勤務
出版社扶桑社
刊行年月1988.5
シリーズ名扶桑社ミステリー

収載図書死のドライブ
出版社文芸春秋
刊行年月2001.1
シリーズ名文春文庫


トラック

作者ジェイムズ・スティヴンスン

収載図書大雪のニューヨークを歩くには
出版社筑摩書房
刊行年月1991.12
シリーズ名ちくま文庫


トラック

作者片山郷子

収載図書愛執
出版社木精書房
刊行年月1997.2


トラック

名前 TrackTruck

トラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 14:37 UTC 版)

トラックの画像

トラック

truck

車両

台車

作品名

track

軌道

機器

スポーツ

音楽

商品名

Truk

Trac

  • Trac - オープンソースのプロジェクト管理ツール。



「トラック」の続きの解説一覧

トラック(Tクラス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 00:00 UTC 版)

トヨタレンタリース」の記事における「トラック(Tクラス)」の解説

T0:ピクシストラック T1タウンエーストラックライトエーストラック T2ダイナトヨエース(2t標準キャブ標準デッキT3ダイナトヨエース(2tワイドキャブ・ロングデッキ、アルミバン2t未満/2t標準デッキT4ダイナトヨエース3t以上、アルミバン2tワイドキャブ・ロングデッキ/3t以上) 地域により、日野・レンジャーのように4tクラス大型トラック特装車用意されているほか、T0クラスダイハツ工業製の同等OEM元)車種であるハイゼットトラック販売店関係でスズキ・キャリイ用意される場合がある。なお、トヨタレンタリース公式サイトトヨタレンタカーWebサイト」によるインターネット予約T0クラスT1クラスのみ利用可能である。

※この「トラック(Tクラス)」の解説は、「トヨタレンタリース」の解説の一部です。
「トラック(Tクラス)」を含む「トヨタレンタリース」の記事については、「トヨタレンタリース」の概要を参照ください。


トラック(200点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:50 UTC 版)

スカイキッド」の記事における「トラック(200点)」の解説

地上を走るトラック。攻撃はしてこない

※この「トラック(200点)」の解説は、「スカイキッド」の解説の一部です。
「トラック(200点)」を含む「スカイキッド」の記事については、「スカイキッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トラック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「トラック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



トラックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トラック」の関連用語

トラックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トラックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2023 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリトラックの記事を利用しております。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトラック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトヨタレンタリース (改訂履歴)、スカイキッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS