スポーツカーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > > スポーツカーの意味・解説 

スポーツ‐カー【sports car】


スポーツカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 08:08 UTC 版)

スポーツカーsports car)とは自動車カテゴリのひとつであり、実用として移動手段や物を輸送することよりも「スポーツドライビングを楽しむ」ことに重点を置いて設計開発された自動車のことであり、純粋にドライビングを楽しむためにガレージから出す車のことである。




  1. ^ フェラーリ乗用車で"S"を名乗るのはGTBとGTSの関係のように、ベルリネッタ (クーペ) の"B" に対するスパイダー (ロードスター) の意味で用いられている。
  2. ^ 厳密に言えば、2シーターの2ドアクーペの車種。
  3. ^ 日産では2ドアクーペのフェアレディZ、「ハイエンドスポーツカー扱いされるセダン」にあたる三菱・ランサーエボリューションインプレッサWRX STiなどはモデルチェンジして生産が続けられ、マツダは4ドア(厳密には2+2ドア)仕様のマツダ・RX-8を後継車種として生産した。
  4. ^ 計算がややこしくなることや名称が多少変更されているため、出典先Goo-net掲載情報の最低価格で統一する。日産 GT-R(GTR)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較2019年11月15日閲覧。
  5. ^ 日本の自動車税は排気量が大きければ大きいほど税率が高くなる仕組みとなっている。
  6. ^ スバル・インプレッサは、2代目まではセダンやクーペが主体であったが、3代目からはハッチバックが主体となったなど。
  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
  2. ^ パーク24による統計[1]
  3. ^ Automobiles of the World ISBN 0-671-22485-9 P235
  4. ^ GAZOO.com 1912年 イスパノ・スイザ 15T 注:GAZOO.comでは、イスパノ=スイザモデル15Tの1912年の「アルフォンソXIII」モデルが世界初のスポーツカーとして解説されている。これは3.5Lとは別物。
  5. ^ ダイハツ コペン(COPEN)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較2019年11月15日閲覧
  6. ^ 自動車ライターがズバッと解説! 3分でわかる自動車最新トレンド 復活傾向のスポーツカーに時代が求めるクルマの姿はない!?
  7. ^ クルマ離れはウソ? 若者を中心に日本人が新車を買わなくなったワケ (1/2ページ)
  8. ^ トヨタ「アクア」の人気が全く衰えない理由 発売4年目でも販売トップをひた走る



スポーツカー

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:34 UTC 版)

名詞

スポーツカー

  1. スポーツ体感を楽しむための自動車

語源

翻訳




スポーツカーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スポーツカー」の関連用語

スポーツカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スポーツカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスポーツカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスポーツカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS