バブル崩壊とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > バブル崩壊の意味・解説 

バブル‐ほうかい〔‐ホウクワイ〕【バブル崩壊】

バブル経済破綻し、景気が急速に後退すること。


バブル崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 21:11 UTC 版)

バブル崩壊(バブルほうかい)は、日本の不景気の通称で、バブル景気後の景気後退期または景気後退期の後半から、景気回復期(景気拡張期)に転じるまでの期間を指す。内閣府景気基準日付でのバブル崩壊期間(第1次平成不況や複合不況とも呼ばれる)は、1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの景気後退期を指す。


注釈

  1. ^ これについては、テレビ等のマスメディアの必要以上の毎日繰り返された不動産価値の宣伝も原因と述べる者もある[3]

出典

  1. ^ 韓国:高騰続く韓国マンション価格 文在寅政権の対応後手に=金明中” (日本語). 週刊エコノミスト Online. 2021年9月15日閲覧。
  2. ^ 軟着陸に向かう中国不動産市場|日本総研”. 日本総研. 2021年9月15日閲覧。
  3. ^ 木下栄蔵『よくわかるAHP―孫子の兵法の戦略モデル』p.197。
  4. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、114頁。
  5. ^ 田中秀臣『デフレ不況 日本銀行の大罪』p.153、朝日新聞出版、2010年。
  6. ^ 神樹兵輔『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ―マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』p.116、日本文芸社、2008年。
  7. ^ 日本経済新聞社編『検証バブル 犯意なき過ち』p247、日経ビジネス人文庫、日本経済新聞社、2001年。
  8. ^ 岩田規久男 『景気ってなんだろう』 筑摩書房〈ちくまプリマー新書〉、2008年、117頁。
  9. ^ [1]公示地価データ)
  10. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、273頁。
  11. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、141頁。
  12. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、154頁。
  13. ^ 三橋貴明 『本当はヤバくない日本経済 破綻を望む面妖な人々』 幻冬舎、2009年、110頁。
  14. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、196頁。
  15. ^ 三和総合研究所編 『30語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2000年、206頁。
  16. ^ 三和総合研究所編 『30語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2000年、27頁。
  17. ^ 三橋貴明 『民主党政権で日本経済が危ない!本当の理由』 アスコム、2009年、42頁。
  18. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、28頁。
  19. ^ 岡部直明 『ベーシック日本経済入門』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫〉、2009年、43頁。
  20. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、236頁。
  21. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、220頁。
  22. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、36頁。
  23. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、107頁。
  24. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、30頁。
  25. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、122頁。
  26. ^ 三橋貴明 『経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門』 アスコム〈アスコムBOOKS〉、2010年、158頁。
  27. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、108頁。
  28. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、29頁。
  29. ^ 松原聡 『日本の経済 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!)』 ナツメ社、2000年、116頁。
  30. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、51頁。
  31. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、128頁。
  32. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、57頁。
  33. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、28頁。
  34. ^ 松原聡 『日本の経済 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!)』 ナツメ社、2000年、132頁。
  35. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、150頁。
  36. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、106頁。
  37. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、150-151頁。
  38. ^ 経済低迷EUは「日本に学べ」 アベノミクス改革の方向性を米誌が評価ニュースフィア 2014年8月27日
  39. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、4頁。
  40. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、118頁。
  41. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、144頁。
  42. ^ a b 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、117頁。
  43. ^ ミルトン・フリードマン 「世界の機会拡大について語ろう」 〜「グローバルビジネス」1994年1月1日号掲載ダイヤモンド・オンライン 2011年8月1日
  44. ^ 通貨供給はマネーストックやインフレに直結しない! リーマンショック後の世界の常識が通用しない日本 翁邦雄・京都大学公共政策大学院教授×藤田勉・シティグループ証券副会長対談 前編ダイヤモンド・オンライン 2013年4月5日
  45. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、159頁。
  46. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、157-158頁。
  47. ^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、185頁。
  48. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過 ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、321頁。
  49. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、319-320頁。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バブル崩壊」の関連用語

バブル崩壊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バブル崩壊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバブル崩壊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS