ノーベル経済学賞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ノーベル経済学賞の意味・解説 

ノーベル経済学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/26 08:04 UTC 版)

ノーベル経済学賞[1][2](ノーベルけいざいがくしょう)は、1968年にスウェーデン国立銀行が設立300周年祝賀の一環として、ノーベル財団に働きかけ、設立された賞である[3]




  1. ^ 他の通称には「ノーベル記念経済学賞」[1]、「ノーベル経済科学賞」[4]など。
  2. ^ 正式なノーベル賞とは言えないとされ、ノーベル賞のウェブサイトでもそのように記されている[5]
  3. ^ 2005年以前の賞名英訳についてはen:Nobel Memorial Prize in Economic Sciences#Alternative namesを参照。
  4. ^ 「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン中央銀行賞」[18]
  5. ^ 「アルフレッド・ノーベル記念スウェーデン銀行経済学賞」[19]
  6. ^ a b 「アルフレド・ノーベル記念スウェーデンリクスバンク経済学賞」[11]
  7. ^ 「アルフレッド・ノーベルを記念するスウェーデン国立銀行による経済科学賞」[20]
  1. ^ a b 田代秀敏 「追悼:ゲーム理論の天才、ジョン・ナッシュ氏死去週刊エコノミスト 2015年6月16日
  2. ^ a b c 矢沢サイエンスオフィス 2010, p. 5.
  3. ^ a b The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel”. 2016年5月5日閲覧。
  4. ^ 豊田敬 「不平等解析
  5. ^ a b Not a Nobel Prize, “Nomination and Selection of Laureates in Economic Sciences”, Nobelprize.org, (2013), http://www.nobelprize.org/nomination/economic-sciences/ 2014年2月24日閲覧。 
  6. ^ Ekonomipriset 2016 - Pressmeddelande - Nobelprize.org”. 2016年10月15日閲覧。
  7. ^ Nobelprize.org”. 2016年10月15日閲覧。
  8. ^ 日本経済新聞社 2001, p. 142.
  9. ^ a b ウィリアム・ブレイト & ロジャー・W. スペンサー 1988, p. 7.
  10. ^ a b c トーマス・カリアー 2012a, p. 26.
  11. ^ a b c 共同通信ロンドン支局取材班 『ノーベル賞の舞台裏』 ちくま新書
  12. ^ ノーベル賞のメダル”. アワードプレス. 2017年10月4日閲覧。
  13. ^ Pressmeddelande: Ekonomipriset 2017”. 2018年2月11日閲覧。
  14. ^ 依田高典放送大学1章放送大学
  15. ^ 竹中正治なぜ日本の経済学者はノーベル賞を取れないのか?日経ビジネスオンライン 2018年2月11日
  16. ^ 根井雅弘編著 『ノーベル経済学賞 - 天才たちから専門家たちへ』 講談社選書メチエ より「はしがき」
  17. ^ 若田部昌澄栗原裕一郎本当の「行動経済学」の話をしよう-第1回-リチャード・セイラー氏-ノーベル経済学賞受賞週刊読書人ウェブ 2017年11月17日
  18. ^ 宮崎耕、 「Vol.18 ノーベル経済学賞のはなし同志社大学経済学部/経済学研究科
  19. ^ 「経済学賞、遺言状になく」 日本経済新聞 2005年10月3日)
  20. ^ 本山美彦 『金融権力 ― グローバル経済とリスク・ビジネス』 岩波新書)
  21. ^ a b c d 矢沢サイエンスオフィス 2010, p. 156.
  22. ^ 田中 2006, p. 77.
  23. ^ 田中 2006, pp. 77-78, 81.
  24. ^ 田中 2006, pp. 80-81.
  25. ^ a b なぜ日本人のノーベル経済学受賞者はゼロなのか 世界第3位の経済大国なのに…(2/3ページ) SankeiBiz(サンケイビズ) 2012年10月17日
  26. ^ 混迷深める世界経済 今年のノーベル経済学賞は誰に 日本経済新聞 2011年10月2日
  27. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 119.
  28. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 36.
  29. ^ 斎藤貴男 『経済学は人間を幸せにできるのか』 平凡社、2010年、177-178頁。
  30. ^ a b c トーマス・カリアー 2012b, p. 105.
  31. ^ a b 矢沢サイエンスオフィス 2010, p. 4.
  32. ^ 矢沢サイエンスオフィス 2010, p. 81.
  33. ^ 矢沢サイエンスオフィス 2010, p. 3.
  34. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 38.
  35. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 258.
  36. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 21.
  37. ^ 研究 今年のノーベル経済学賞と私の研究Chuo Online:YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2012年12月6日
  38. ^ 小泉祐一郎 『図解経済学者バトルロワイヤル』 ナツメ社、2011年、38頁。
  39. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 72.
  40. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 20.
  41. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 531.
  42. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 536.
  43. ^ a b c トーマス・カリアー 2012a, p. 36.
  44. ^ 根井 2006, p. 152.
  45. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 534.
  46. ^ トーマス・カリアー 2012a, p. 28-29.
  47. ^ 第3回「理学博士がみる経済学の可能性とは」RIETI 2012年12月21日
  48. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 532.
  49. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 122.
  50. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 260.
  51. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 17.
  52. ^ a b トーマス・カリアー 2012b, p. 264.
  53. ^ トーマス・カリアー 2012a, p. 142.
  54. ^ 日本経済新聞社 2001, p. 271.
  55. ^ a b 小泉祐一郎 『図解経済学者バトルロワイヤル』 ナツメ社、2011年、37頁。
  56. ^ a b トーマス・カリアー 2012a, p. 23.
  57. ^ トーマス・カリアー 2012a, pp. 23-24.
  58. ^ トーマス・カリアー 2012a, pp. 24-25.
  59. ^ 根井 2006, p. 156.
  60. ^ 根井 2006, p. 158.
  61. ^ 根井 2006, p. 159.
  62. ^ a b c 根井 2006, p. 147.
  63. ^ 根井 2006, p. 148.
  64. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 547.
  65. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 354.
  66. ^ ウィリアム・ブレイト & ロジャー・W. スペンサー 1988, p. 143.
  67. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 152.
  68. ^ トーマス・カリアー 2012b, pp. 158-159.
  69. ^ トーマス・カリアー 2012a, p. 37.
  70. ^ トーマス・カリアー 2012a, p. 38.
  71. ^ 矢沢サイエンスオフィス 2010, p. 6.
  72. ^ a b c トーマス・カリアー 2012a, p. 57.
  73. ^ a b トーマス・カリアー 2012a, p. 58.
  74. ^ トーマス・カリアー 2012a, pp. 59-60.
  75. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 99.
  76. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 100.
  77. ^ トーマス・カリアー 2012b, p. 103.
  78. ^ a b c d The Exiled The Nobel Prize in Economics? There Is No Nobel Prize in Economics (2012年10月12日)
  79. ^ Wirtz, Ronald A. (1999-09-01), The Beauty (Pageant?) of Economics, http://www.minneapolisfed.org/publications_papers/pub_display.cfm?id=3547 2014年10月10日閲覧。 
  80. ^ リチャード・ヴェルナー『虚構の終焉』=Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo:PHP. (2003) p 27
  81. ^ ロバート・J・シラー 「経済学は「科学」の名に値するのか?東洋経済オンライン 2013年11月24日
  82. ^ a b c HazelHenderson “Abolish the Nobel in Economics”, Many Scientists Agree!2004 ペーテル・ノーベルとのインタビューも掲載
  83. ^ a b Lonnroth, Johan; Lonnroth, Mans; Jagers, Peter (2004-10-10), “The Nobel prize in economics diminishes the value of all other Nobel prizes”, Dagens Nyheter, https://www.evernote.com/shard/s1/sh/ebbca597-42ab-4e8a-ba11-1120c53d3769/c761a720b35084f1dec0939d4c90f7d5?noteKey=c761a720b35084f1dec0939d4c90f7d5&noteGuid=ebbca597-42ab-4e8a-ba11-1120c53d3769 2014年10月10日閲覧。 
  84. ^ "Alfred Nobels familie tar avstand fra økonomiprisen"
  85. ^ 日刊ベリタ 【コラム】ノーベル経済学賞を廃止せよ ヘイゼル・ヘンダーソン 2009年9月閲覧
  86. ^ a b c Brittan, Samuel (2003年12月19日). “The not so noble Nobel Prize”. Financial Times. http://w01-0095.web.dircon.net/text172_p.html 2014年10月10日閲覧。 
  87. ^ ProgressReport There Is No Nobel Prize in Economics October 17, 2012
  88. ^ Taleb, Nassim Nicholas (2007-10-23), The Pseudo-science hurting markets, Financial Times, http://www.fooledbyrandomness.com/FT-Nobel.pdf 2014年10月10日閲覧。 
  89. ^ a b von Hayek, Friedrich (1974年12月10日). “Friedrich von Hayek:Banquet Speech”. Nobel Foundation. 2009年11月27日閲覧。
  90. ^ philly.com Economist Shrugs Off His Nobel 2014年9月閲覧
  91. ^ LosAngelsTimes Norwegian Wins Economics Nobel Prize:Awards:The professor, however, calls the prize 'quite irrelevant to the real issues.' 2014年9月閲覧
  92. ^ トーマス・カリアー 2012a, p. 88.
  93. ^ トーマス・カリアー 2012a, p. 89.
  94. ^ ウィリアム・ブレイト & ロジャー・W. スペンサー 1988, p. 130.
  95. ^ ウィリアム・ブレイト & ロジャー・W. スペンサー 1988, p. 147.
  96. ^ 高増明・竹治康公編 『経済学者に騙されないための経済学入門』 ナカニシヤ出版、2004年、163-164頁。
  97. ^ マリル・ハートマッカーティ 2002, p. 546.
  98. ^ トーマス・カリアー 2012a, p. 116-117.
  99. ^ a b 日本人の受賞者がいないノーベル経済学賞とは? ビーカイブ 2014年10月13日
  100. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1969”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  101. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1970”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  102. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1971”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  103. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1972”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  104. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1973”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  105. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1974”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  106. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1975”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  107. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1976”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  108. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1977”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  109. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1978”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  110. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1979”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  111. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1980”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  112. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1981”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  113. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1982”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  114. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1983”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  115. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1984”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  116. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1985”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  117. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1986”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  118. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1987”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  119. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1988”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  120. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1989”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  121. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1990”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  122. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1991”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  123. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1992”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  124. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1993”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  125. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1994”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  126. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1995”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  127. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1996”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  128. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1997”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  129. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1998”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  130. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 1999”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  131. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2000”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  132. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2001”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  133. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2002”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  134. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2003”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  135. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2004”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  136. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2005”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  137. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2006”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  138. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2007”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  139. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2008”. Nobel Foundation. 2008年10月14日閲覧。
  140. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2009”. Nobel Foundation. 2009年10月12日閲覧。
  141. ^ The Prize in Economic Sciences 2010”. Nobel Foundation. 2010年10月11日閲覧。
  142. ^ The Prize in Economic Sciences 2011”. Nobel Foundation. 2011年10月10日閲覧。
  143. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2012”. Nobel Foundation. 2015年9月4日閲覧。
  144. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2013”. Nobel Foundation. 2015年9月4日閲覧。
  145. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2014”. Nobel Foundation. 2014年10月13日閲覧。
  146. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2015”. Nobel Foundation. 2016年8月20日閲覧。
  147. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2016”. Nobel Foundation. 2016年10月15日閲覧。
  148. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2017”. Nobel Foundation. 2017年10月9日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノーベル経済学賞」の関連用語

ノーベル経済学賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

STS-54

曙伊吹笹

金川 正明

出演

ビーズ針

89式装甲戦闘車

パルミジャーノレジャーノ36ヶ月熟成

キャメル





ノーベル経済学賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーベル経済学賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS