日本人のノーベル賞受賞者とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本人のノーベル賞受賞者の意味・解説 

日本人のノーベル賞受賞者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 06:52 UTC 版)

日本人のノーベル賞受賞者(にほんじんのノーベルしょうじゅしょうしゃ)では、ノーベル賞を受賞した日本人の一覧を掲載する。なお、受賞対象となった研究成果を挙げた時には日本国籍を有していたものの受賞時点で日本国籍のない受賞者や、受賞を逃した人物、日本にゆかりのある受賞者等もあわせて掲載する。




注釈

  1. ^ 受賞に関わった女性としては2017年のノーベル平和賞の授賞式でメダル等を受け取り、受賞講演を行ったサーロー節子がいる[3][4][5][6]。(受賞に関わった人物を参照)

出典

  1. ^ 「妻の支え」で得たノーベル賞 渡部裕明(産経新聞 2014年4月16日)
  2. ^ もう一度読みたい <初のノーベル賞 湯川秀樹1>敗戦国日本 受賞に沸く(毎日新聞 2015年11月9日)
  3. ^ a b “授賞式でサーローさんら演説 ICANにノーベル平和賞”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2017年12月10日). http://www.asahi.com/articles/ASKDB2RW2KDBUHBI003.html 2017年12月14日閲覧。 
  4. ^ a b “サーローさん「核兵器は絶対悪」…平和賞授賞式”. 読売新聞 (読売新聞社). (2017年12月11日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20171210-OYT1T50080.html 2017年12月14日閲覧。 
  5. ^ a b “ノーベル平和賞 授賞式 サーローさん「核兵器は絶対悪」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年12月10日). https://mainichi.jp/articles/20171211/k00/00m/030/081000c 2017年12月14日閲覧。 
  6. ^ a b “平和賞受賞式でサーローさん演説”. 中国新聞 (中国新聞社). (2017年12月12日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=394794&comment_sub_id=0&category_id=112 2017年12月14日閲覧。 
  7. ^ Living memories”. The Guardian (2005年2月19日). 2017年10月28日閲覧。 “When Ishiguro was included as the youngest member of the 1983 best of young British writers, he wasn't a British citizen. He took citizenship later that year as a very practical decision.”
  8. ^ Kazuo Ishiguro wins 2017 Nobel Prize for literature”. The Financial Times (2017年10月5日). 2017年10月28日閲覧。 “He became a British citizen in 1983.”
  9. ^ The Nobel Prize in Physics 1949”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  10. ^ The Nobel Prize in Physics 1965”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  11. ^ The Nobel Prize in Physics 1973”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  12. ^ The Nobel Prize in Physics 2002”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  13. ^ a b c The Nobel Prize in Physics 2008”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  14. ^ a b c The Nobel Prize in Physics 2014”. Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。
  15. ^ The Nobel Prize in Physics 2015”. Nobel Foundation. 2015年10月6日閲覧。
  16. ^ The Nobel Prize in Chemistry 1981”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  17. ^ The Nobel Prize in Chemistry 2000”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  18. ^ The Nobel Prize in Chemistry 2001”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  19. ^ The Nobel Prize in Chemistry 2002”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  20. ^ The Nobel Prize in Chemistry 2008”. Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。
  21. ^ a b The Nobel Prize in Chemistry 2010”. Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。
  22. ^ The Nobel Prize in Physiology or Medicine 1987”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  23. ^ The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2012”. Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。
  24. ^ The Nobel Prize in Literature 2013 (PDF)”. Nobel Foundation. 2015年10月5日閲覧。
  25. ^ The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2016”. Nobel Foundation. 2016年10月4日閲覧。
  26. ^ The Nobel Prize in Literature 1968”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  27. ^ The Nobel Prize in Literature 1994”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  28. ^ The Nobel Peace Prize 1974”. Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。
  29. ^ “中村教授「物理学賞での受賞には驚いた」 ノーベル賞”. 日本経済新聞. (2014年10月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC07011_X01C14A0I00000/?dg=1 2014年10月8日閲覧。 
  30. ^ The Nobel Prize in Literature 2017”. Nobel Foundation. 2017年10月5日閲覧。
  31. ^ The Nobel Prize in Chemistry 1986”. Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。
  32. ^ The Nobel Prize in Chemistry 1987”. Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。
  33. ^ 小柴昌俊特別栄誉教授”. 代表的な卒業生. 東京大学大学院理学系研究科. 2016年10月5日閲覧。
  34. ^ 小柴昌俊『A consistent interpretation of ultra high energy phenomena』東京大学博士学位論文(理学博士、乙第1244号)、1967年6月12日。(和文題目『超高エネルギー現象の統一的解釈』)
  35. ^ 大村智『Leucomycinに関する研究』東京大学博士学位論文(薬学博士、乙第1572号)、1968年9月6日。
  36. ^ 大村智『ロイコマイシン、スピラマイシン及びセルレニンの絶対構造』東京理科大学博士学位論文(理学博士、乙第16号)、1970年10月23日。
  37. ^ 田中さんに名誉博士号 母校の東北大”. 北日本新聞 (2002年11月1日).
  38. ^ 「『ガンの山極博士』たたえる」読売新聞1966年10月25日15頁。
  39. ^ Guide to Nobel Prize. Britannica.com. Retrieved on 2010-09-25.
  40. ^ Suzuki, U., Shimamura, T. (1911). “Active constituent of rice grits preventing bird polyneuritis”. Tokyo Kagaku Kaishi 32: 4–7;144–146;335–358. https://www.jstage.jst.go.jp/browse/nikkashi1880/32/1/_contents. 
  41. ^ 冲中重雄4. 呉先生のシゴキ ― 国際神経学会へ随行」『私の履歴書 第44集』日本経済新聞社、1971
  42. ^ Kagaku 25: 854–863. (1970). 
  43. ^ Yoshida, Z.; Osawa, E. (1971). Aromaticity. Chemical Monograph Series 22. Kyoto: Kagaku-dojin. pp. 174–8. 
  44. ^ 戸塚洋二さんの顕彰碑 富士に建立へ ノーベル賞の梶田さんと共同研究/静岡”. 毎日新聞(2016年8月21日). 地方版. 2016年10月5日閲覧。
  45. ^ 村上春樹がノーベル賞を取れない理由 海外メディアが分析 - ハフィントンポスト、2013年10月8日
  46. ^ 今年も村上春樹は取れなかった 書店員が見たノーベル文学賞をめぐる狂騒曲 - 田中大輔、日経ビジネスオンライン、2013年10月15日
  47. ^ 「村上春樹はノーベル文学賞をいつとるのか」についての考察 - NEWSポストセブン、2014年10月12日
  48. ^ 村上春樹はノーベル賞を受賞できるか - 鵜飼哲夫、読売オンライン、2016年10月11日
  49. ^ 村上春樹がノーベル文学賞を取れない理由 - 栗原裕一郎、東洋経済オンライン、2016年10月18日
  50. ^ a b 吉武信彦「ノーベル賞の国際政治学―ノーベル平和賞と日本:1960年代前半の日本人候補― (PDF) 」『地域政策研究』第17巻2号、高崎経済大学、pp.1 - 23
  51. ^ 吉武信彦「ノーベル賞の国際政治学――ノーベル平和賞と日本:吉田茂元首相の推薦をめぐる1966年の秘密工作―― (PDF) 」高崎経済大学地域政策学会、2016年
  52. ^ Nomination Database - ノーベル賞公式サイト
  53. ^ Shigeru Yoshida - Nomination Database(ノーベル賞公式サイト)
  54. ^ Nobel Peace Prize 2015:PRIO Director's Speculations”. PRIO. 2015年8月3日閲覧。
  55. ^ Nobel Peace Prize 2016:PRIO Director's Speculations”. PRIO. 2016年2月3日閲覧。
  56. ^ Nobel Peace Prize 2015:Likely contenders - CNN(2015年10月8日)
  57. ^ 所得税法第九条第一項第十三号ニ又はヘに規定する団体又は基金及び交付される金品等を指定する件






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本人のノーベル賞受賞者」の関連用語

日本人のノーベル賞受賞者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アロエ

ブビンガ

ロイヤル・チトワン国立公園

新鹿海水浴場

フェリーしらしま

ボーイング式747-300型

内藤裕紀

Golf Plus





日本人のノーベル賞受賞者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本人のノーベル賞受賞者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS