医学部とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 医学部の意味・解説 

医学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/28 09:47 UTC 版)

医学部(いがくぶ、英語: Faculty of Medicineなど)は、医師を養成するための医学科、またはその他の医学教育に関する学科を設置する大学学部である。また医学を専門に学ぶ課程。医学部の社会的責務は教育臨床研究の3つであると言われる。一般的に「医学部」というと医学科を指すことが多い。


注釈

  1. ^ 入学者数

出典

  1. ^ 今津嘉宏,金成俊,小田口浩 ほか、「80大学医学部における漢方教育の現状」 日本東洋医学雑誌 2012年 63巻 2号 p.121-130, doi:10.3937/kampomed.63.121
  2. ^ 医学部医学科の入学定員一覧(平成28年度)
  3. ^ これまでの医学部入学定員増等の取組について 2011年 文部科学省高等教育局医学教育課
  4. ^ 私大医学部、学費下げ競争 学生確保「人気あるうちに」朝日新聞デジタル 2013年2月4日)
  5. ^ これが医学部大量留年の驚くべき実態だ|文春オンライン
  6. ^ 歯学部歯科医師国家試験薬学部6年制学科・薬剤師国家試験にも同じようなことが言える。
  7. ^ 同志社が医大新設を検討 79年以来、認可は不透明日本経済新聞 2012年11月30日)
  8. ^ 同志社、医科大開設を断念(日本経済新聞 2014年4月21日)
  9. ^ a b c d e f g 石原賢一「医学部入試の変遷と今後の方向」『日本内科学会雑誌』第104巻第12号、2015年、 2490-2497頁、 doi:10.2169/naika.104.2490
  10. ^ 18歳人口及び高等教育機関への入学者数・進学率等の推移(文部科学省)
  11. ^ 医学部の難易度が「東大並み」にまで上がった理由|ダイヤモンド・オンライン
  12. ^ 私大医学部ランキング「6年間でかかる学費」に動きあり? 最新版!2020年度の入試情報分析|朝日新聞出版アエラドット
  13. ^ a b 医師の都市集中歯止め? やりがい・厚遇で地方へ  2016/7/3 NIKKEI STYLE
  14. ^ 大都市圏以外に過去最多の研修医、2016年度マッチング最終結果 2016年10月20日 高橋直純(m3.com編集部)
  15. ^ a b 日本の保健人材開発史の考察 (PDF)独立行政法人国際協力機構
  16. ^ a b c d e f g h 医師数抑制政策の推移と方向の転換について(日本アルトマーク「医師学(いしまなぶ)」 2009年01月30日)
  17. ^ 沿革概要(琉球大学)
  18. ^ これまでの医学部入学定員増等の取組について (PDF) (文部科学省 高等教育局 医学教育課 2011年1月18日)
  19. ^ 平成26年度医学部入学定員の増員計画について (PDF) (文部科学省 2013年12月16日)
  20. ^ a b 近年の受験環境河合塾 Kei-Net)
  21. ^ a b 医学部定員500人増へ 文科省産経新聞 2008年8月5日)
  22. ^ 医学部定員、693人増へ=77大学で来年度から-文科省時事通信 2008年11月4日)
  23. ^ 平成30年度 医学部入学定員増について (PDF) (文部科学省 2017年10月16日)
  24. ^ a b c d e f g h i j k l 奈良信雄,鈴木利哉、「ドイツにおける医学教育と医師国家試験」 医学教育 2014年 45巻 3号 p.193-200, doi:10.11307/mededjapan.45.3_193
  25. ^ a b c d e 奈良信雄「世界の医学部を巡って(2) I ヨーロッパ編 イギリス」 モダンメディア66巻9号、2021年3月24日閲覧。
  26. ^ a b c d 医療教育の国際化の必要性”. 比較法研究センター. 2017年12月7日閲覧。


「医学部」の続きの解説一覧

「医学部」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

医学部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



医学部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの医学部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS