名古屋大学とは?

名古屋大学

読み方:ナゴヤダイガク(nagoyadaigaku)

所在 愛知県(名古屋市交通局名城線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

名古屋大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/11 14:15 UTC 版)

名古屋大学(なごやだいがく、英語: Nagoya University)は、愛知県名古屋市千種区不老町1に本部を置く日本国立大学である。1939年に設置された。大学の略称名大(めいだい)。文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。




注釈

  1. ^ 「洋学医庠」設立建議書と呼ばれ、この建議書そのものが名大の直接の淵源とされる(鈴木要蔵家記「種痘所用留」。名古屋市史資料・鶴舞図書館所蔵。)。
  2. ^ 八月創立説と呼ばれる(「明治四年『[旧藩書類綴]]』。徳川林政史研究所所蔵他。)。これに対し、同仮病院が廃藩置県直前の5月に開設されたとする五月創立説がある。以前の通説的見解であったこともあり、現在でも名大は創立記念日を1871年5月1日に定めている(『愛知県公立病院及医学校第一報告』明治13年)。
  3. ^ プログラム、コース、分野・専門の構成は名古屋大学文学部規程による。
  4. ^ 学科目には、生涯教育科学、学校教育科学、国際教育文化学、心理行動科学、発達臨床科学がある。
  5. ^ 学科目には、基礎実定法学、基礎政治学、現代基礎法学、紛争処理法制、企業経済法制、公共政策、国際関係、法政情報がある。
  6. ^ 学科目には、理論経済、応用経済がある。
  7. ^ 学科目には、企業経営、情報会計がある。
  8. ^ 学科目は、数学のみ。
  9. ^ 学科目は、物理学のみ。
  10. ^ 学科目は、化学のみ。
  11. ^ 学科目は、生物科学のみ。
  12. ^ 学科目は、地球惑星科学のみ。
  13. ^ 学科目は、解剖学、生理学、生化学、病理学、微生物学、医動物学、免疫学、法医学、衛生学、公衆衛生学、予防医学、内科学・神経内科学、外科学・胸部外科学、整形外科学、産婦人科学、眼科学、精神医学、小児科学、皮膚科学、泌尿器科学、耳鼻咽喉科学、放射線医学、麻酔学、口腔外科学、脳神経外科学、老年科学、救急医学、臨床検査医学がある。
  14. ^ 学科目は、看護学、放射線技術科学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学がある。
  15. ^ 学科目は、化学生命工学のみ。
  16. ^ 学科目は、物理工学のみ。
  17. ^ 学科目は、マテリアル工学のみ。
  18. ^ 学科目は、電気電子情報工学のみ。
  19. ^ 学科目は、機械・航空宇宙工学のみ。
  20. ^ 学科目は、エネルギー理工学のみ。
  21. ^ 学科目は、環境土木・建築学のみ。
  22. ^ 学科目は、生物環境科学のみ。
  23. ^ 学科目は、資源生物科学のみ。
  24. ^ 学科目は、応用生命科学のみ。
  25. ^ 教員は、文芸言語学、哲学倫理学、歴史学・人類学、総合文化学のいずれかのコースに所属。学位プログラム、コース、専門分野の構成は、名古屋大学大学院人文学研究科規程による。
  26. ^ コースと専門は『名古屋大学大学院文学研究科規程』による。また、2014年度後期から前期課程に、グローバル30 (G30) プログラムの英語コースである「アジアの中の日本文化」を設置する。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、比較人文学、日本文化学、哲学、言語学、東洋学、日本史学、東洋史学、西洋史学、美術史学・考古学、日本文学・日本語学、西洋文学・西洋語学がある。
  27. ^ 発達科学研究科のホームページ[1]による。2015年度の学生募集要項でもこれに準拠し、組織構成が紹介されている。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、教育科学専攻の「高等教育学」と「生涯スポーツ科学」、心理発達科学専攻の「スポーツ行動科学」は「協力講座等」と表記されている。
  28. ^ 教員の研究領域に、教育史、教育行政学、社会・生涯教育学、技術教育学、職業・キャリア教育学がある[2]
  29. ^ 教員の研究領域に、学校情報学、カリキュラム学、教育方法学、教育経営学、教師教育学(担当教員不在)がある[3]
  30. ^ 教員の研究領域に、人間形成学、教育人類学、比較教育学、教育社会学、大学論、グローバル教育論がある[4]
  31. ^ 教員の研究領域に、高等教育学がある[5]
  32. ^ 教員の研究領域に、生涯体力科学、健康運動科学(担当教員不在)、スポーツ教育学(担当教員不在)、スポーツマネージメント、スポーツバイオメカニクス(担当教員不在)、スポーツ生理学がある[6]
  33. ^ 分野は、2015年度入学生用の高度専門職業人養成コース学生募集要項による。[7]
  34. ^ 教員の研究領域に、計量心理学、認知心理学、パーソナリティ心理学、社会心理学がある[8]
  35. ^ 教員の研究領域に、生涯発達心理学、臨床心理学、家族心理学、学校心理学、発達精神科学がある[9]
  36. ^ 教員の研究領域に、スポーツ心理、運動学習科学がある[10]
  37. ^ 分野は、2015年度入学生用の高度専門職業人養成コース学生募集要項による。
  38. ^ 分野は、2015年度入学生用の高度専門職業人養成コース学生募集要項による。
  39. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、基幹法・政治学、現代法システム論、国際・比較法政、アジア法政(協力講座等)がある。
  40. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、基幹法学、応用先端法学がある。
  41. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、市場・制度分析、社会経済分析、政策システム分析、社会環境システムがある。
  42. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、企業システム、経営革新、情報創造がある。
  43. ^ 「系」は理学研究科のホームページ[11]による。
  44. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、物理学基礎論、宇宙構造論、星間物質学、素粒子物理学、ハドロン物理学、原子物理学、太陽地球相関理学(協力講座)、太陽地球系物理学(協力講座等)、太陽地球系化学(協力講座等)、素粒子宇宙基礎理論(協力講座等)、素粒子宇宙現象解析(協力講座等)がある。
  45. ^ 研究分野は大きく「理論」と「実験」に分かれ、さらにそれぞれに複数の分野を抱える。[12]
  46. ^ 研究分野は大きく「太陽地球系環境学」「太陽地球相関理学」「太陽地球系物理学」に分かれる。さらに、「太陽地球系環境学」以外は複数の分野を抱える。[13]
  47. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、相関化学、分子物性学、無機・分析化学、有機・生物化学、物質物理化学、生体物理学、物性基礎論、電子物性学、相関物性学、物質科学(協力講座等)がある。
  48. ^ 研究分野は大きく「理論」と「実験」に分かれ、さらにそれぞれに複数の分野を抱える。[14]
  49. ^ 研究分野は大きく「有機化学」、「生物化学」、「物理化学」、「無機・分析化学」に分かれ、さらに「生物化学」以外は複数の研究室・グループに分かれる。このほか、「Global 30 International Programs」の教員もいる。[15]
  50. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、生体構築論、分子遺伝学、機能調節学、形態統御学、情報機構学、超分子機能学、生体調節論、生体システム論、環境生物学(協力講座等)、遺伝子解析学(協力講座等)、ゲノム学(協力講座等)、生殖遺伝学(協力講座等)がある。
  51. ^ 研究分野は大きく「生体構築論」「分子遺伝学」「機能調節学」「形態統御学」「情報機構学」「超分子機能学」「生体調節論」「生体システム論」に分かれ、さらに「分子遺伝学」以外は複数の分野を抱える。このほか、臨海実験所、遺伝子実験施設、生物機能開発利用研究センター、物質理学専攻、テニュアトラックプログラム、グローバル30プログラム、トランスフォーマティブ生命分子研究所、計時機構、創薬研究科の教員もいる。[16]
  52. ^ 4年制博士課程。2013年4月、分子総合医学専攻、細胞情報医学専攻、機能構築医学専攻、健康社会医学専攻を改組して発足。領域、講座、専門分野は「医学部 大学院医学研究科 プロフィールM. 2015」[17]による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では領域別に講座が分類されていないほか、連携講座の記載もない。
  53. ^ 専門分野には、分子生物学、生体高分子学、分子細胞化学がある。
  54. ^ 専門分野には、分子病原細菌学、耐性菌制御学、分子細胞免疫学、免疫細胞動態学、ウイルス学がある。
  55. ^ 専門分野には、機能分子制御学、オミクス解析学、神経遺伝情報学、疾患モデル解析学、システム生物学、生物情報解析工学、分子診断ナノ工学がある。
  56. ^ 専門分野には、実験動物科学がある。
  57. ^ 専門分野には、老化基礎科学がある。
  58. ^ 専門分野には、免疫不全統御学がある。
  59. ^ 専門分野には、細胞生物物理学、イメージング生理学、細胞生理学、分子動態学、分子薬理学がある。
  60. ^ 専門分野には、神経情報薬理学がある。
  61. ^ 専門分野には、分子腫瘍学、腫瘍生物学がある。
  62. ^ 専門分野には、視覚神経科学、神経免疫学がある。
  63. ^ 専門分野には、神経性調節学、心・血管学がある。
  64. ^ 専門分野には、発生・遺伝学、病態神経科学がある。
  65. ^ 専門分野には、神経生化学がある。
  66. ^ 専門分野には、分子細胞学、機能組織学、細胞生物学、超微形態学がある。
  67. ^ 専門分野には、生体反応病理学、分子病理診断学、腫瘍病理学、神経機能病理学がある。
  68. ^ 専門分野には、分子病理学がある。
  69. ^ 専門分野には、細胞工学、細胞腫瘍学がある。
  70. ^ 専門分野には、法医・生命倫理学、環境労働衛生学、予防医学、国際保健医療学・公衆衛生学、医療行政学がある。
  71. ^ 専門分野には、健康栄養医学、健康スポーツ医学、精神健康医学、健康運動科学がある。
  72. ^ 専門分野には、疫学がある。
  73. ^ 専門分野には、血液・腫瘍内科学、循環器内科学、消化器内科学、呼吸器内科学、糖尿病・内分泌内科学、腎臓内科学がある。
  74. ^ 専門分野には、量子医学、量子介入治療学、放射線治療学、臓器病態診断学、病態構造解析学、がん薬物療法学がある。
  75. ^ 専門分野には、神経内科学、精神医学、精神生物学、脳神経外科学、脳神経先端医療開発学、脳血管内治療学がある。
  76. ^ 専門分野には、眼科学、感覚器障害制御学、耳鼻咽喉科学、認知・言語医学、顎顔面外科学、咀嚼障害制御学がある。
  77. ^ 専門分野には、腫瘍外科学、血管外科学、消化器外科学、移植・内分泌外科学、心臓外科学、呼吸器外科学、小児外科学、泌尿器科学がある。
  78. ^ 専門分野には、整形外科学、リウマチ学、手の外科学、皮膚病態学、皮膚結合組織病態学、形成外科学がある。
  79. ^ 専門分野には、麻酔・蘇生医学、臨床感染統御学、救急・集中治療医学がある。
  80. ^ 専門分野には、手術医療学、細胞治療医学、病理組織医学、光学医療学、放射線医療学、画像情報診断・工学がある。
  81. ^ 専門分野には、小児科学、成長発達医学、発達・老年精神医学、地域在宅医療学・老年科学、産婦人科学、生殖器腫瘍制御学、総合診療医学がある。
  82. ^ 専門分野には、周産母子医学がある。
  83. ^ 専門分野には、親と子どもの心療学がある。
  84. ^ 専門分野には、総合医学教育学、医療の質・患者安全学がある。
  85. ^ 専門分野には、薬物動態解析学(協力)、分子機能薬学(協力)、トキシコゲノミクスがある。
  86. ^ 専門分野には、医療薬学(協力)、化学療法学(協力)、生物統計学、医薬品規制学がある。
  87. ^ 専門分野には、実践医薬品開発学、応用医薬品開発学がある。
  88. ^ 専門分野には、統計数理学がある。
  89. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』
  90. ^ 博士前期課程学生募集要項(2016年度入学生用)[18]と博士後期課程学生募集要項(2016年度入学生用)によると、基礎看護学領域と臨床看護学領域がある。
  91. ^ 前期課程と後期課程の学生募集要項(2015年度入学生用)によると、発達看護学領域と地域・在宅看護学領域がある。
  92. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によるが、「脳とこころの科学」は「医学部 大学院医学研究科 プロフィールM. 2015」[19]と学生募集要項(2016年度入学生用)に記載がない。
  93. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』
  94. ^ 各専攻の分野は、工学研究科のホームページ[20]による。なお、2015年度入学生用の学生募集要項(前期課程・後期課程)も、この分類に従っている。
  95. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、有機化学、高分子化学がある。
  96. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、応用物理化学、固体化学がある。
  97. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、分子生命化学、生命システム工学がある。
  98. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、量子物理工学、構造物性物理学、複合系物性工学がある。
  99. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、物質デバイス機能創成学、ナノ解析物質設計学がある。
  100. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、計算材料設計、先端計測分析、ナノ構造設計がある。
  101. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、先進プロセス工学、物質創成工学がある。
  102. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、先進化学工学システム、材料化学がある。
  103. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、電気エネルギー、先端エネルギー、宇宙電磁環境工学(協力講座等)がある。
  104. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、未来エレクトロニクス創造、情報デバイス工学、量子システム工学、ナノエレクトロニクス(協力講座等)がある。
  105. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、情報通信、情報システムがある。
  106. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、機械理工学、機械知能学がある。
  107. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、マイクロ・ナノ機械科学、マイクロ・ナノシステムがある。
  108. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、空力・推進、構造・創製、飛行・制御がある。
  109. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、エネルギー材料工学、エネルギー量子工学、エネルギー流体工学がある。
  110. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、核融合工学、エネルギーシステム工学、エネルギー安全工学がある。
  111. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、構造・材料工学、水工学、地盤工学、社会基盤機能学がある。
  112. ^ 講座は、前期課程学生募集要項(2015年度入学生用)[21]と、後期課程学生募集要項(2014年10月入学生用、一般入試)[22]による。なお『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、連携講座の記載はない。
  113. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  114. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  115. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  116. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  117. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  118. ^ コース、専攻、プログラム、講座は、国際開発研究科のパンフレット (2015-2016) (PDF) による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、開発政策講座、経営開発講座、教育発展史講座、比較国際法政システム講座、国際文化協力講座は「協力講座等」とされている。
  119. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、基幹数理、自然数理、社会数理、数理解析、高次位相がある。
  120. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』による。ただ、2014年度 後期課程学生募集要項(4月入学) (PDF) のp.7「講座及びその内容」では、現代日本語学講座と日本語教育方法論講座について、「協力講座等」といった注釈を付けていない。
  121. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』による。ただ、前期課程学生募集要項(2015年度入学生用)の「講座及びその内容」という項目では、「メディアプロフェッショナル論講座」という名称ではなく、「メディアプロフェッショナルコース」という名称で内容が紹介されている。
  122. ^ 系、講座は研究科のホームページ[23]による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、系について定めていない。
  123. ^ 『名古屋大学大学院環境学研究科規程』では定められていないが、『2019年度 環境学研究科 博士前期課程 学生募集要項』」 (PDF) によると、空間環境学コース、物質環境学コース、建築学コースという3つの履修コースを設けている。
  124. ^ 講座、分野は、研究科ホームページの研究室紹介[24]による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、産学協同研究講座である「実践創薬科学講座」について記載がない。
  125. ^ 環境医学研究所のホームページ[25]によると、研究分野に、神経系分野I(大学院医学系研究科協力講座:視覚神経科学)、神経系分野II(大学院医学系研究科協力講座:神経性調節学)、病態神経科学分野(大学院医学系研究科協力講座:病態神経科学)、分子代謝医学分野(大学院医学系研究科協力講座:免疫代謝学)がある。
  126. ^ 環境医学研究所のホームページ[26]によると、研究分野に、脳機能分野(大学院医学系研究科協力講座:薬物動態解析学)、発生・遺伝分野(大学院医学系研究科協力講座:発生・遺伝学)、心・血管分野(大学院医学系研究科協力講座:心・血管学)、ゲノム動態制御分野(大学院医学系研究科協力講座:分子機能薬学) がある。
  127. ^ 第一回名大祭実行委員会からもパンフレットにて指摘されている。『名大トピックス』 No.145(2005年06月15日) (PDF) ちょっと名大史38 第1回名大祭 名大史ブックレット7 名大祭 -四〇年の歩み-参照。
  128. ^ 宮東町、八雲町山手通はいずれも両区にまたがって存在する。昭和区には郵便番号が置かれているが、千種区側では郵便番号が存在しない。[WEB 27][WEB 28]
  129. ^ 2016年10月にNUだが屋より改装・改称。nucoop_fnのツイート(793461072053219329)

出典

  1. ^ ARWU World University Rankings 2018 | Academic Ranking of World Universities 2018 | Top 500 universities | Shanghai Ranking - 2018
  2. ^ QS World University Rankings 2019 | Top Universities
  3. ^ World University Rankings 2019 | Times Higher Education (THE)
  4. ^ 学術憲章 | 大学の概要/学部・研究科 名古屋大学
  5. ^ 名古屋大学の教育を支える3つの方針│名古屋大学
  6. ^ 六 戦後の教育改革:文部科学省 学制百年史
  7. ^ 学部・研究科の設置、改組について | | 大学からのお知らせ
  8. ^ 名大トピックス No.148(2005年9月) (PDF) ちょっと名大史41
  9. ^ 名大トピックス No.154(2006年3月) (PDF) ちょっと名大史 47
  10. ^ 体系的な知識を修得するための典型的な履修例として、「モデルコース」を提示している。2018 経済学部ハンドブック総則規定 (PDF)
  11. ^ 名古屋大学 アジアサテライトキャンパス学院(2018年11月22日閲覧)。
  12. ^ 名古屋大学附属図書館 2015年度概要 (PDF)
  13. ^ 平成26年度名古屋大学附属図書館(中央図書館分)統計 (PDF)
  14. ^ 名古屋大学博物館 -The Nagoya University Museum- / 博物館概要
  15. ^ 名大史ブックレット7 名大祭 -四〇年の歩み- (PDF)
  16. ^ 「第49回名大祭」における食中毒の原因調査について(archive.today webpage capture、2013年10月12日) - http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/info/20090331.html 「第49回名大祭」における食中毒の原因調査について(名古屋大学HP)
  17. ^ 「第51回名大祭」における模擬店及び食品を取り扱う企画について(名大祭本部実行委員会HP)
  18. ^ 名古屋大学スポーツの歩み 名大史ブックレット3 (PDF)
  19. ^ 名大トピックス No.141(2005年2月28日) (PDF) ちょっと名大史34須賀杯争奪駅伝競走大会
  20. ^ 名古屋大学アメリカンフットボール部GRAMPUS公式HP 歴史
  21. ^ 東京オフィスの概要 | 東京オフィスの利用について | 名古屋大学研究大学強化促進事業
  22. ^ 名古屋市 5.美化推進重点区域「四谷通地区」(暮らしの情報)
  23. ^ 地理院地図
  24. ^ 名古屋大学東山キャンパス案内図 (PDF)
  25. ^ 東山キャンパス内における新たな学内住所番号の付与について | | 大学からのお知らせ 名古屋大学 2008年01月24日
  26. ^ 交通アクセス | 名古屋大学
  27. ^ 日本郵便 郵便番号検索 愛知県名古屋市千種区
  28. ^ 日本郵便 郵便番号検索 愛知県名古屋昭和区
  29. ^ a b 各生協店舗の紹介|名古屋大学消費生活協同組合
  30. ^ コンビニと国立大学初の産学連携しての研究も「ファミリーマート名古屋大学店」開店|ニュースリリース|ファミリーマート
  31. ^ 名古屋大学構内に2店舗目となる「ファミリーマート名古屋大学IB館店」を開店!|ニュースリリース|ファミリーマート
  1. ^ 朝日新聞 (2008-10-8、2008-10-9). “朝日新聞2008年10月8日朝刊、2008年10月9日朝刊”. 朝日新聞 
  2. ^ 「先端材料開発へ産学共同研究所」日経産業新聞』11月21日(就活・大学面)2018年11月22日閲覧。
  3. ^ asahi.com(朝日新聞社):名古屋大「クイズ研究会」 裏読む力が正解への道 - 究める - 大学 - 教育 2009年3月18日
  4. ^ 名大、学生ベンチャーの支援拠点、「JRゲートタワー」に『日本経済新聞』(2017年6月29日)2018年4月10日閲覧。
  5. ^ 加藤弘二「なごや特捜隊 名大に正門なぜない? 戦争挟み計画から消滅」『中日新聞』2008年9月29日付朝刊、市民版(第18面)
    加藤弘二 (2008年9月29日). “中日新聞:名大に正門なぜない? 戦争挟み計画から消滅:愛知(CHUNICHI Web)”. 2008年10月13日閲覧。
  1. ^ 三遊亭円丈 (1987). 雁道-名古屋禁断の書- 17ページ. 海越出版社. ISBN 4-906203-50-7. 
  2. ^ 読売新聞編集局編 (2001). ノーベル賞10人の日本人―創造の瞬間. 中央公論新社. ISBN 978-4121500304. 
  3. ^ 国立情報学研究所. “博士論文書誌データベース”. 学術研究データベース・リポジトリ. 国立情報学研究所. 2008年10月12日閲覧。
  4. ^ 『名大史ブックレット』6 草創期の名古屋大学と初代総長渋沢元治
  5. ^ 県史23『愛知県の歴史』三鬼清一郎編。山川出版社。308頁。
  6. ^ 『名古屋帝国大学創立概要』(昭和18年)、10~18頁。
  7. ^ 名古屋大学アメリカンフットボール部『GRAMPAS OFFICIALBOOK 進化』、2008年、p34、および名古屋大学体育会『濃緑』、2007年、p94、に記載あり。
  8. ^ 名古屋大学アニメ声優研究連|名大でアニメ”. 名古屋大学アニメ声優研究連|名大でアニメ. 2018年12月11日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名古屋大学」の関連用語

名古屋大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



名古屋大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名古屋大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS