國學院大學とは? わかりやすく解説

こくがくいん‐だいがく〔コクガクヰン‐〕【国学院大学】

読み方:こくがくいんだいがく

東京都渋谷区本部のある私立大学明治15年(1882)創立皇典講究所によって明治23年1890)に設立され国学院起源とする。大正9年(1920)旧制大学となり、昭和23年1948新制大学移行


こくがくいんだいがく 【国学院大学】


國學院大學

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/10 14:41 UTC 版)

國學院大學(こくがくいんだいがく、英語: Kokugakuin University)は、東京都渋谷区に本部を置く日本私立大学である。


注釈

  1. ^ スポーツ関係の報道で、主に当用漢字表記の「国学大」が用いられることがある。
  2. ^ 國學院大學応援歌の歌詞に「國大」表記があるほか、國大音頭國大小唄などといった使用例がある。
  3. ^ 当初は令和3年(2021年)4月の開設に向け文部科学省に認可申請をしていたが、審査の過程における指摘を踏まえ申請を取り下げた[26]
  4. ^ 商標登録第4760192号[28]
  5. ^ DIC表記:DIC 193p·CMYK表記:C35,M100,Y12·RGB表記:R174,B121[4]
  6. ^ 「抹茶ゴールド」は学校法人國學院大學の出願した商標出願2015-124127での呼称[29]。(RGBの組合せ:R125,G110,B68)とされる。「校名表記等に関するガイドライン」ではブランドマークの基準色としてDIC表記:DIC 507p·CMYK表記:C60,M58,Y84·RGB表記: R125,G110,B68と定義されている[4]
  7. ^ 商標登録第5329371号(標準文字)、商標第5329372号(画像)[28]
  8. ^ 正しくは「田茂穗」。吉の異体字「𠮷」(「土+口」、U+20BB7)を使用。

出典

  1. ^ a b c 國學院大學の歴史”. 國學院大學. 2020年7月9日閲覧。
  2. ^ ブリタニカ百科事典『皇典講究所』 - コトバンク
  3. ^ 研究” (日本語). 國學院大學. 2020年11月18日閲覧。
  4. ^ a b c d 國學院大學 校名表記等に関するガイドライン (PDF) 國學院大學 (2015年10月). 2017年10月7日閲覧。
  5. ^ 多様性あふれる渋谷から「伝わる」が進化する!” (日本語). 國學院大學. 2020年8月20日閲覧。
  6. ^ a b 「3つの慮い」と「5つの基い」で育む國學院ブランド/國學院大學” (日本語). 大学の最新事例. 2020年8月20日閲覧。
  7. ^ 建学の精神”. 國學院大學 (2008年9月2日). 2019年7月14日閲覧。
  8. ^ 國學院設立趣意書”. 國學院大學. 2020年2月2日閲覧。
  9. ^ 国学から始まる「學問ノ道」”. 國學院大學. 2020年2月2日閲覧。
  10. ^ a b 学問の系譜”. 國學院大學. 2017年10月7日閲覧。
  11. ^ 國學院大學について”. 國學院大學. 2020年3月7日閲覧。
  12. ^ 『大学選びのための職業・進路案内』(東進ハイスクール東進衛星予備校編、ナガセ、2013年)87頁。
  13. ^ 装束姿の新成人…国学院大学で「成人加冠式」”. AFP通信. 2020年3月12日閲覧。
  14. ^ 成人加冠式”. 國學院大學. 2020年3月12日閲覧。
  15. ^ 観月祭”. 國學院大學. 2020年4月5日閲覧。
  16. ^ 沿革”. 國學院大學 (2019年4月1日). 2019年10月20日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 学問の系譜” (日本語). 國學院大學. 2020年5月8日閲覧。
  18. ^ 『日本キリスト教会50年史』62頁。
  19. ^ 國學院大學に対する大学評価結果ならびに認証評価結果”. 大学基準協会. 2020年7月9日閲覧。
  20. ^ 【重要なお知らせ】令和元年度卒業式の中止について(2/27)” (日本語). 國學院大學. 2020年5月11日閲覧。
  21. ^ 【重要なお知らせ】令和2年度 入学式の中止について” (日本語). 國學院大學. 2020年5月11日閲覧。
  22. ^ 2020(令和2)年4月、経済学部は新たな学びへ” (日本語). 國學院大學. 2020年5月11日閲覧。
  23. ^ 聖心女子大、前期全授業をオンライン実施へ 青学・国学院なども入構禁止措置”. シブヤ経済新聞. 2020年11月23日閲覧。
  24. ^ 【在学生・保護者の方へ】(お知らせ)令和2年度前期授業の開始にあたって―本学独自の修学支援について―(5/1掲載)” (日本語). 國學院大學. 2020年5月11日閲覧。
  25. ^ 國學院大學 観光学部観光まちづくり学科(仮称)令和4(2022)年4月設置構想中”. new-f.kokugakuin.ac.jp. 2020年12月14日閲覧。
  26. ^ 観光学部観光まちづくり学科(仮称)の設置認可申請取り下げについて” (日本語). 國學院大學. 2020年12月14日閲覧。
  27. ^ 國學院大學創立140周年記念式典・記念講演を挙行(令和4(2022)年11月4日)” (日本語). 國學院大學. 2022年11月6日閲覧。
  28. ^ a b 國學院大學について 商標登録” (日本語). 國學院大學. 2020年5月25日閲覧。
  29. ^ 商標照会(固定アドレス) 商願2015-124127”. www.j-platpat.inpit.go.jp. 2020年10月19日閲覧。
  30. ^ 國學院学長とウサギ、取り違えの裏に過激派  ビラ作成の学生「注意呼びかけ」”. BuzzFeed News (2016年4月28日). 2022年8月26日閲覧。}
  31. ^ ビラ一枚で退学処分?!”. いいねを押したい弁護士ブログ (2016年5月10日). 2022年8月26日閲覧。
  32. ^ a b c 法人概要 | 一般財団法人 國學院大學院友会”. www.kokugakuin.or.jp. 2021年3月29日閲覧。
  33. ^ 院友会館のご案内”. 國學院大學院友会. 2014年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月13日閲覧。
  34. ^ 院友会” (日本語). 國學院大學. 2021年3月29日閲覧。
  35. ^ 支部情報 | 一般財団法人 國學院大學院友会”. www.kokugakuin.or.jp. 2021年3月29日閲覧。
  36. ^ 法人概要 歴代会長一覧 | 一般財団法人 國學院大學院友会”. www.kokugakuin.or.jp. 2021年3月29日閲覧。
  37. ^ a b c d 國學院大學院友会館 ご利用案内 | 一般財団法人 國學院大學院友会”. www.kokugakuin.or.jp. 2021年3月29日閲覧。
  38. ^ 神殿鎮座記念祭”. 國學院大學 取材日誌 (2016年5月1日). 2017年10月7日閲覧。
  39. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月20日). “【学ナビ】学食訪問 国学院大学「讃岐うどん」 香川から「こだわりの生麺」” (日本語). 産経ニュース. 2020年7月29日閲覧。
  40. ^ 当館の概要”. 國學院大學博物館. 2019年10月7日閲覧。
  41. ^ 学生の読書離れ防げ 気軽に本読めるスペース新設 約800冊配架”. 毎日新聞. 2019年11月8日閲覧。
  42. ^ 米澤潤、神藤剛 著「欅坂46のCDジャケットを手掛けるアートディレクター&フォトグラファー制作秘話」、香月孝史 編 『MdN』 2017年1月号、エムディエヌコーポレーション、2016年12月6日、40-43頁。ASIN B01MXMI5GC 
  43. ^ 三原 健司(フレデリック)のツイート”. 2020年4月15日閲覧。
  44. ^ 國學院大學北海道短期大学部” (日本語). 國學院大學北海道短期大学部. 2022年1月21日閲覧。
  45. ^ 厚生寮”. 國學院大學 (2017年9月30日). 2017年10月7日閲覧。
  46. ^ 國學院大學と大学間包括連携に関する協定を締結しました”. 西南学院大学. 2020年4月9日閲覧。
  47. ^ 海外協定校ネットワーク”. 國學院大學 (2019年6月6日). 2019年7月14日閲覧。
  48. ^ 日本法律学校の創設”. 日本大学. 2015年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  49. ^ オープンカレッジ修了式、日本大学へ表敬訪問”. 國學院大學 (2010年3月4日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  50. ^ 日大から表敬訪問、神職課程階位一括申請手続書類受付、こくぴょんぬいぐるみ予約受付開始、Kokugakuin Miss&Mr.CONTEST 2011”. 國學院大學 (2011年11月17日). 2015年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  51. ^ 林理事長と酒井学長が國學院大學を表敬訪問” (日本語). 自主創造 - 日本大学 Nihon University - あなたとともに100万人の仲間とともに. 2022年8月24日閲覧。



國學院大學

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 09:31 UTC 版)

日本大学」の記事における「國學院大學」の解説

日本大学前身ある日本法学校開校当初皇典講究所校舎間借りして授業行い同所1890年設立され國學院後継の國學院大學、ないし皇典講究所後継組織である学校法人國學院大學とは深い関係有していた。國學院大學学長代わった際や日本大学総長理事長代わった際に互いに表敬訪問するなど交流続いている

※この「國學院大學」の解説は、「日本大学」の解説の一部です。
「國學院大學」を含む「日本大学」の記事については、「日本大学」の概要を参照ください。


國學院大學

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:09 UTC 版)

日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」の記事における「國學院大學」の解説

國學院大學では、革マル派自治会およびサークルによって、ビラまき看板設置のほか、ポスター革マル派機関紙解放』の掲示などの活動キャンパス内外公然と行われている。また、2001年には自治会メンバーによる自衛官への集団リンチ事件2001年には本学のたまプラーザキャンパスで内ゲバによる集団リンチ殺人事件発生している[要出典]。主要な文系サークル多く自治会シンパであり、文連(文化団体連合会事実上自治会傀儡組織総会でも新年度予算否定や新執行人事に対す批判なきに等しいまた、学内半ば非公認配布されている「国学院大学新聞」(公式の新聞大学広報課発行する『國學院大學学報』である)も事実上革マル派機関紙に近い状態になっており、同派政治的主張発信するための宣伝媒体になっているこのように國學院大學が関東における革マル派主要拠点になってしまった経緯には、左翼グループ脅威拡大影響しているといわれている。また、共産党勢力による学校理事会乗っ取り防止為に必要悪として革マル派取り入れたという経緯もある。また、1995年から2005年に至るまで早稲田大学における革マル勢力掃討により、居場所なくした活動家多数が國學院移ってきた。現状としては大学側による自治会への交渉はほとんど行われておらず、(体育団体連合会を除く)自治会所属する部会多く反発すらできないという状況長年にわたって続いている。尚近年では保守系主張をする団体とその傘下サークル現れており、校内激しく対立繰り広げている。

※この「國學院大學」の解説は、「日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」の解説の一部です。
「國學院大學」を含む「日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」の記事については、「日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「國學院大學」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「国学院大学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「國學院大學」の関連用語

國學院大學のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



國學院大學のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの國學院大學 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本大学 (改訂履歴)、日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS