山田顕義とは?

山田顕義 やまだ あきよし

山田顕義の肖像 その1
山田顕義の肖像 その2

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

山田顕義

読み方やまだ あきよし

陸軍軍人政治家山口県生。通称は市之允、号に空斎・養浩斎等がある。松下村塾学び禁門の変参加した。第一次伊藤内閣司法相、黒田第一次山県第二松方の各内閣でも司法相を歴任する。日本法律学校(のちの日大)を創立明治25年1892)歿、49才。

山田顕義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 20:18 UTC 版)

山田 顕義(やまだ あきよし、正体字:顯義天保15年旧暦10月9日(西暦換算:1844年11月18日) - 明治25年(1892年11月11日)は、日本幕末武士長州藩士)、明治時代の政治家陸軍軍人ははじめ顕孝、のち顕義と改めた。通称市之允(いちのじょう)。養浩斎(ようこうさい)・狂痴(きょうち)・韓峰山人(かんぽうさんじん)、不抜(ふばつ)、空斎(くうさい)など。山田 空斎(やまだ くうさい)としても知られる。階級陸軍中将栄典正二位勲一等伯爵




注釈

  1. ^ 山田本人が明治政府に提出した『履歴書』では「長門国阿武郡松本村」と記している
  2. ^ 現代語訳すると以下の通り。

    立志尚特異  志を立てるためには 人と異なることを恐れてはならない
    俗流與議難  世俗の意見に惑わされてもいけない
    不思身後業  世の中の人は 死んだ後の業苦のことを思うこともなく
    且偸目前安  ただ目の前の安逸を貪っているだけなのである
    百年一瞬耳  人の一生は長くても百年 ほんの一瞬である
    君子勿素餐  君たちは どうか徒に時を過ごすことのないように

  3. ^ 実際には8月まで募兵は続いている
  4. ^ 実情は、大津事件で犯人を死刑に処せとの明治天皇の指示にそえなかった責任をとっての辞任であった。
  5. ^ 。死因は脳溢血と見られている。
  6. ^ 高木俊朗によればその死は花谷正に強要された自決である。
  7. ^ 顕義が建白書に書いた一節。この建白書を見た木戸孝允は顕義に軍事から法律の世界へ転身することを強く勧めた。
  8. ^ 不平等条約改正の交渉をするのに、日本に憲法も法律もないことが足かせになることを身をもって経験しているので、日本の慣習や文化を踏まえた法律をつくる必要性を力説した。
  9. ^ 岩倉使節団に参加した際、パリ凱旋門の前でつぶやいたとされる言葉。凱旋門はナポレオンが戦勝記念に建設を開始したものであるが、皇帝ナポレオンは凱旋門の完成を見ずにこの世を去っている。
  10. ^ 軍事力がつきすぎると脅威にかわるという意。
  11. ^ 国家は争いや武力よりも、法律が人を守り国家を豊かにするという意味が込められた言葉。
  12. ^ 顕義がよく口にしていた言葉。

出典

  1. ^ タウン情報 萩(山口県). “【新日本の設立者】 山田顕義 【小ナポレオン】”. 山口県萩市のタウン情報サイト. 2015年9月29日閲覧。
  2. ^ 秋山香乃 (2006, pp. -)、古川薫 (1994, pp. -)
  3. ^ 萩市観光協会公式サイト「ぶらり萩あるき」. “山田顕義誕生地 (顕義園)”. 萩市観光協会公式サイト. 2015年9月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 萩観光情報サイト 萩ナビ. “山田顕義 ~用兵の天才から法典伯へ”. 萩焼会館. 2015年10月1日閲覧。
  5. ^ a b 日本大学広報部広報課. “山田顕義 略年表 安政3 1856 ~ 安政4 1857”. 日本大学広報部広報課. 2015年9月29日閲覧。
  6. ^ 萩博物館. “生誕170年記念特別展 山田顕義と近代日本”. 萩博物館 展覧会情報 山田顕義と近代日本. 2015年9月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e 日本大学広報部広報課. “山田顕義 略年表 文久2 1862 ~ 慶應3 1867”. 日本大学広報部広報課. 2015年9月29日閲覧。
  8. ^ 日本大学広報部広報課. “大村益次郎から兵学の知識を学ぶ”. 日本大学広報部広報課. 2015年10月1日閲覧。
  9. ^ 日本大学広報部広報課. “陸軍創設への貢献”. 日本大学広報部広報課. 2015年10月1日閲覧。
  10. ^ a b c 日本大学広報部広報課. “戊辰戦争での活躍”. 日本大学広報部広報課. 2015年10月1日閲覧。
  11. ^ 秋山香乃 (2004, pp. -)
  12. ^ 黒野耐 (2004年3月20日). “参謀本部と陸軍大学校”. 講談社. 2016年2月13日閲覧。
  13. ^ 日本大学広報部広報課. “山田顕義 略年表 明治2 1869 ~ 明治4 1871”. 日本大学広報部広報課. 2015年9月30日閲覧。
  14. ^ 日本大学広報部広報課. “欧米への視察(岩倉使節団)”. 日本大学広報部広報課. 2015年9月30日閲覧。
  15. ^ ダイヤモンド・オンライン. “「兵ハ凶器ナリ」--法整備の重要性を説いた山田顕義”. ダイヤモンド社. 2015年9月30日閲覧。
  16. ^ 日本大学広報部広報課. “士族反乱を鎮圧”. 日本大学広報部広報課. 2015年10月1日閲覧。
  17. ^ もりたなるお. “抵抗の器―小説・山田顕義”. 文藝春秋. 2015年9月30日閲覧。
  18. ^ 東京都下水道局. “神田下水の紹介”. 東京都下水道局. 2015年9月30日閲覧。
  19. ^ 日本大学広報部広報課. “山田顕義 略年表 明治6 1873 ~ 明治17 1884”. 日本大学広報部広報課. 2015年9月30日閲覧。
  20. ^ 布施弥平治 (1980年8月). “私擬憲法--山田顕義伯の憲法草案を中心として”. 日本大学法学会論文. 2015年9月30日閲覧。
  21. ^ a b c d e 幕末歴史研究会. “山田顕義~民法・商法など日本の近代法の整備に尽力”. 幕末・維新風雲伝. 2016年1月26日閲覧。
  22. ^ 瀧井一博 (1997年3月). “伊藤博文滞欧憲法調査の考察”. 京都大学. p. 38. 2015年9月30日閲覧。
  23. ^ a b 日本大学広報部広報課. “司法への道と法典編纂”. 日本大学広報部広報課. 2015年9月30日閲覧。
  24. ^ 大学史編纂課. “学祖位牌と山田農場”. 大学史編纂課だより. 2015年9月30日閲覧。
  25. ^ 萩市観光協会. “「ぶらり萩あるき」公式サイト”. 萩市観光協会. 2015年9月30日閲覧。
  26. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」明治17年7月8日
  27. ^ 『官報』第993号「叙任及辞令」明治19年10月20日
  28. ^ 『官報』第1609号「彙報 - 褒章」明治21年11月8日
  29. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」明治22年11月30日
  30. ^ 『官報』第2816号「叙任及辞令」明治25年11月15日


「山田顕義」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山田顕義」の関連用語

山田顕義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山田顕義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山田顕義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS