フィラデルフィアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > フィラデルフィアの意味・解説 

フィラデルフィア【Philadelphia】

読み方:ふぃらでるふぃあ

友愛の町の意》米国ペンシルベニア州南東部デラウェア川西岸にある港湾工業都市1682年ウィリアム=ペンクエーカー教徒理想郷として建設1776年アメリカ独立宣言1787年憲法会議行われた地。人口行政区1452008)。

[補説] 「費府」とも書く。

フィラデルフィアの画像
フィラデルフィアにあるアメリカ独立記念館

フィラデルフィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/29 14:36 UTC 版)

フィラデルフィア英語: Philadelphia、漢字/和名:費拉特費または費府)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南東部にある同州最大の都市。ニューヨーク市ワシントン D.C. の中間に位置し、東海岸で2番目、全米で6番目の人口を持つ北アメリカ有数の世界都市


  1. ^ Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2015 – 2015 Population Estimates”. United States Census Bureau. 2016年3月29日閲覧。
  2. ^ 「黄熱病」の死体を運び続けたアメリカの大富豪”. JB PRESS (2020年3月3日). 2020年3月3日閲覧。
  3. ^ NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月14日閲覧。
  4. ^ Station Name: PA PHILADELPHIA INTL AP”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年3月13日閲覧。
  5. ^ WMO Climate Normals for PHILADELPHIA/INT'L ARPT PA 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年3月11日閲覧。
  6. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990, United States Census Bureau, (2011-02-12), http://www.census.gov/geo/www/gazetteer/gazette.html 2011年4月23日閲覧。 
  7. ^ 【AFP記者コラム】米ノースフィラデルフィア「ヘロイン・キャンプ」の地獄”. AFP (2021年9月4日). 2021年9月7日閲覧。
  8. ^ ヘロイン中毒者のたまり場閉鎖 米都市の根深い問題を露呈”. BBC (2017年8月15日). 2021年9月7日閲覧。
  9. ^ 米都市部の殺人件数、過去最多 コロナ禍で悪循環”. AFP (2021年12月27日). 2021年12月27日閲覧。


「フィラデルフィア」の続きの解説一覧

フィラデルフィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 06:44 UTC 版)

ベネディクト・アーノルド」の記事における「フィラデルフィア」の解説

ダンベリーでの戦いの後アーノルドはフィラデルフィアへの移動再開し5月16日到着したこの時スカイラー将軍もフィラデルフィアに居た直ぐに作戦本部のあるオールバニー戻った。このことでフィラデルフィア地区ではアーノルド位階最上位となり、そこの指揮を執るものと思われた。しかし、大陸会議政治的配慮によりペンシルベニア新しく昇進したトマス・ミフリン少将の方好んだアーノルド以前に昇進見送られていた。このことでアーノルドの不満は募ったアーノルド7月11日にそこでの任務辞した。その直後ワシントン将軍アーノルド北方方面軍任務に就くよう大陸会議要請してきた。このときタイコンデロガ砦イギリス軍の手落ちていた。このことはワシントン指揮官としてアーノルドに対する信頼表しており、大陸会議ワシントン要請認めた

※この「フィラデルフィア」の解説は、「ベネディクト・アーノルド」の解説の一部です。
「フィラデルフィア」を含む「ベネディクト・アーノルド」の記事については、「ベネディクト・アーノルド」の概要を参照ください。


フィラデルフィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 07:33 UTC 版)

ベンジャミン・ラトローブ」の記事における「フィラデルフィア」の解説

ラトローブがフィラデルフィアに到着したとき、2人友人、スキャンデラとヴォルニー外国人・治安諸法に関する心配のためにアメリカ去っていたが、アメリカ哲学会でその知り合い数人友人になった。ラトローブ地質学博物所見に関する幾つかの論文学会提出し学会員となったラトローブはその魅力ある個性によって、フィラデルフィアの影響力有る金融実業家家庭の中で直ぐに友人作り才能ある蒸気機関製作者ニコラス・ルーズベルト親友になってルーズベルトラトローブ上水道計画世話してくれた。 フィラデルフィアにおけるラトローブ最初の主要プロジェクトペンシルベニア銀行設計であり、これはアメリカ合衆国では最初のギリシャ復古調建築物の例となったペンシルベニア銀行建物その後1870年解体された。この注文ラトローブがその評判高めることになったフィラデルフィアで開業することを決心させるものになったまた、フィラデルフィアのフェアモント上水道施設設計にも雇われた。センター・スクエアにあるポンプ室ラトローブギリシャ復古調設計した。フィラデルフィアの上水道計画働いた後は、チェサピーク・アンド・デラウェア運河技師として働いたギリシャ復古調設計に加えてその作品にはゴシック復古調使っており、これには1799年デザインしたフィラデルフィアの田園邸宅セッジリーがある。ゴシック復古調様式はフィラデルフィア銀行建物にも使われており、1807年建設され1836年解体された。1803年から1808年までは若い建築家ロバート・ミルズラトローブ助手として働きミルズその後開業したラトローブはフィラデルフィアに居る間の1800年に、メアリー・エリザベス・ヘイゼルハーストと結婚した

※この「フィラデルフィア」の解説は、「ベンジャミン・ラトローブ」の解説の一部です。
「フィラデルフィア」を含む「ベンジャミン・ラトローブ」の記事については、「ベンジャミン・ラトローブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フィラデルフィア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フィラデルフィア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「フィラデルフィア」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フィラデルフィアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フィラデルフィアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィラデルフィア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベネディクト・アーノルド (改訂履歴)、ベンジャミン・ラトローブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS