昇進とは? わかりやすく解説

しょう‐しん【昇進/×陞進】

読み方:しょうしん

[名](スル)古くは「しょうじん」とも》職務上地位官位などが上がること。「課長に―する」


昇進

【英】promotion

組織における役職職務/職位等)がより高い地位になること。

一般的には課長部長等のポストの上方向への変更が、昇進となる。また、通常、昇進に応じて昇格及び昇給手当付与)等が実施される

関連ページ
人事制度

昇進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 08:24 UTC 版)

昇進(しょうしん : promotion)とは、企業等の組織あるいはそれに類似した位階的構造(ヒエラルキー)を持つ一定の社会集団における自然人が、内部においてそれ以前の地位よりも高い地位を与えられることをいう。


  1. ^ Johnston, David W. (2013年1月). “Extra Status and Extra Stress: Are Promotions Good for Us?” (英語). ILR Review. pp. 32–54. doi:10.1177/001979391306600102. 2022年7月6日閲覧。
  2. ^ Nyberg, Anna (2016年12月31日). “Does job promotion affect men’s and women’s health differently? Dynamic panel models with fixed effects” (英語). International Journal of Epidemiology. pp. dyw310. doi:10.1093/ije/dyw310. 2022年7月6日閲覧。
  3. ^ なぜ、エリートほど激しく「嫉妬」するのか?” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2016年2月23日). 2022年7月6日閲覧。
  4. ^ 出世に必ずついて回る「男の嫉妬」は怖くて深刻” (日本語). 毎日新聞「経済プレミア」. 2022年7月6日閲覧。
  5. ^ Kholin, Mareike (2020年4月1日). “Why dark personalities can get ahead: Extending the toxic career model” (英語). Personality and Individual Differences. pp. 109792. doi:10.1016/j.paid.2019.109792. 2022年7月6日閲覧。
  6. ^ 年収が高い人ほど歩くスピードが速く、せっかちであることが判明!?年収1,000万円以上の人は平均年収の人より約1.2倍速で歩いている~ウェアラブル活動量計「ムーヴバ...”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年5月31日閲覧。
  7. ^ Brunner, Eric (2009年10月). “Social inequality in walking speed in early old age in the Whitehall II study”. The Journals of Gerontology Series A: Biological Sciences and Medical Sciences. pp. 1082–1089. doi:10.1093/gerona/glp078. 2022年5月31日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ リーグ形式のスポーツにおいてクラブチームが参加するリーグのレベルが上がることを表す際の表現や、団体(法人や財団など)や物体の法的地位の発展的上昇を表す際の表現が代表的な用例である。これらの例において、例えば「主たる営業所から従たる営業所へと昇進する」「2部リーグ登録クラブから1部リーグ登録クラブへと昇進する」などとする用例はあまり一般的ではない。


「昇進」の続きの解説一覧

昇進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 08:45 UTC 版)

2015年の相撲」の記事における「昇進」の解説

大関 - 照ノ富士が昇進(1回目)。(5月27日立呼出呼出最高位) - 拓郎が昇進。(10月26日

※この「昇進」の解説は、「2015年の相撲」の解説の一部です。
「昇進」を含む「2015年の相撲」の記事については、「2015年の相撲」の概要を参照ください。


昇進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:45 UTC 版)

一等軍曹」の記事における「昇進」の解説

一等軍曹への選抜と、その要件については、1912年アメリカ合衆国議会での証言際に説明された旧軍団(Old Corps)」に記されている。なお、この証言があった時点でアメリカ海兵隊には82人の一等軍曹がいた。 「一等軍曹階級任命されるためには、以下の資格必要であるアメリカ海兵隊一等軍曹任命される候補者は、新兵徹底的に訓練するため、そして小隊中隊訓練するための訓練規則十分に精通してなければならない。彼らは海軍任務使用されているライフル銃機関銃使用法完全に精通していて、銃の責任者として行動するそれらの銃を下士官適切に使用できるように訓練するように指示し、その訓練十分に精通してなければならない。彼らは、それらの銃に使用されている弾薬の種類と量についても知識有してなければならない。彼らは、敵を制圧するための訓練に関する指示について完全な知識有してなければならない。彼らは、海兵隊説明責任システムについて十分な知識持ち船舶における警備報告実施し書類適切な記述をしなけばならないまた、あらゆる点において、海兵隊士官乗船していない船舶警備担当する曹長任務を遂行する能力有しているべきである。また、任務遂行のために部隊指揮するように命じられ場合は、所属する海兵隊員生存に関する義務負いそのために上陸部隊一部指揮する士官義務に関する知識有してなければならない一等軍曹は、優れた知性信頼性、そして機器に対する知識備えた部隊軍曹から選抜される。この階級は、彼らが曹長同程度の高い知識有していることを表す。武器砲術に関する彼らの知識は、銃の軽微な修理行えるものでなければならず、その範囲における全ての作業監督しなければならない。そして部隊指揮官たる士官から、その部隊一部分遣隊として与えられた場合は、それを指揮する。現在でも、彼らは海軍艦艇における分遣隊指揮執りそれ以外にも様々な部隊先任下士官として任務に就いている。様々な海兵隊基地において銃の修理監督し新平訓練関与し、その職務の遂行について、一般的に得られる最高の信頼得なければならない何年もの間、この階級への昇進候補者は、正式に昇進する前に特別な訓練を受ける必要があったが、最近は曹長置かれない小さな分遣隊多数組織されているため、曹長職務を彼らが果たさなければならない状況増加している。その十分な人数曹長確保できるように、学校設置し一等軍曹曹長階級恒久的に昇進する前に海軍兵器の整備保護に関する全ての問題専門家養成する目的をもって徹底的に指導する機会を与えなければならない。」

※この「昇進」の解説は、「一等軍曹」の解説の一部です。
「昇進」を含む「一等軍曹」の記事については、「一等軍曹」の概要を参照ください。


昇進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 15:50 UTC 版)

国家公務員」の記事における「昇進」の解説

フランスで同一職員の中で選考が行われる。ドイツでは同一ラウフバーン内での選考で、部長ポスト課長ポストについては空席発生した時に応募、という形が原則イギリスでは昇進は、原則上位ポスト空席生じた時の応募原則アメリカでは上位ポスト空席生じた時の応募原則

※この「昇進」の解説は、「国家公務員」の解説の一部です。
「昇進」を含む「国家公務員」の記事については、「国家公務員」の概要を参照ください。


昇進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 16:49 UTC 版)

憲兵 (日本軍)」の記事における「昇進」の解説

他の兵科兵種)と異なり戦時消耗少なく、また目立任務ではないことから功績挙げにくく、軍楽部と共に昇進が難しい兵科各部とされた。平時では多く伍長予備役編入となり、軍曹曹長准士官にまで昇進できるのはごく一部の者だけであった

※この「昇進」の解説は、「憲兵 (日本軍)」の解説の一部です。
「昇進」を含む「憲兵 (日本軍)」の記事については、「憲兵 (日本軍)」の概要を参照ください。


昇進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 14:39 UTC 版)

ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の記事における「昇進」の解説

コリンズはグラディス・イースターブルックと1921年結婚した1920年には大尉戻り1921年から25年までウェストポイント化学教官務める。1926年にはフォート・ベニング歩兵学校尉官コース卒業した1927年にはフォート・シルの野砲学校上級コース卒業する1927年から31年で歩兵学校兵器戦術教官務め1932年8月少佐に昇進1933年から34年までマニラの第23旅団副官およびフィリピン師団の副参謀長であった彼は1937年陸軍産業大学卒業1938年陸軍戦争大学卒業し1938年から40年まで同大学の教官であった1940年6月中佐に昇進、1941年には第VII軍団首席補佐官であった

※この「昇進」の解説は、「ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の解説の一部です。
「昇進」を含む「ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の記事については、「ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「昇進」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

昇進

出典:『Wiktionary』 (2021/11/23 06:37 UTC 版)

名詞

 しょうしん

  1. 官位地位身分などが上位あがること。

関連語

動詞


「昇進」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「昇進」の関連用語

昇進のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



昇進のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2023 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2023
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昇進 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2015年の相撲 (改訂履歴)、一等軍曹 (改訂履歴)、国家公務員 (改訂履歴)、憲兵 (日本軍) (改訂履歴)、ジョーゼフ・ロートン・コリンズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの昇進 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS