引退とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 引退 > 引退の意味・解説 

いん‐たい【引退】

読み方:いんたい

[名](スル)役職地位から身退くことスポーツなど現役から退くこと。「スター選手が―する」「―興行


引退

作者三浦朱門

収載図書異境
出版社毎日新聞社
刊行年月1992.11


引退


引退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/03 18:08 UTC 版)

引退(いんたい)は、官職地位などから退いたり、スポーツ選手などが選手としての身分を離れたりすることである。プロスポーツ選手の他、スポーツを行っている学生生徒らが最終学年となって高校大学受験、就職活動などで試合出場の機会が無くなり、所属するクラブ部活動から離れることも引退と呼ばれる。プロスポーツの場合、あらかじめ引退が予告されることがあり、その場合、引退試合とされることがある。大相撲の引退においては取組としての引退試合はなく、引退決定後の断髪式が有名である。


注釈

  1. ^ 2005年育成選手制度として練習生が実質再解禁となった
  2. ^ 日本プロフェッショナル野球協約の原文による。ウェイバーとは権利放棄(waiver)の意であり、一般的にはウェーバーと表記される。
  3. ^ 構成員には選手の他に、監督コーチその他の職、NPBがアマチュアの全日本野球協会と共同で運営する侍ジャパンおよびその関連職も含まれる。この他に、新聞社専属の野球評論家、放送局専属の野球解説者についても、失格選手となった者は採用しないという紳士協定がある[3]
  4. ^ たとえば清水川福住など。
  5. ^ 高見山大五郎が引退を表明しつつ千秋楽まで現役を続けた例がある。またそれ以前に「10勝できなければ引退」とのコメントが場所前に新聞に載った横綱鏡里喜代治が、途中で6敗しながら千秋楽まで取り、勝ち越して引退した例もある。
  6. ^ 引退届提出者ではないが、2011年の大相撲八百長問題で八百長行為に関わったとして解雇処分を受けた蒼国来栄吉が、裁判で勝訴して現役復帰を認められた事例が在る。
  7. ^ ただし、内藤自身は1968年の調教師転向まで騎手を務めていた
  8. ^ ただし、C級2組を陥落した時点で満60歳を超えている場合は、フリークラス編入の過程を経ず、即座に引退となる。
  9. ^ 名誉王座は、現役でも満60歳に達すると名乗ることができる。
  10. ^ 初段以上で奨励会を退会した者が指導棋士になる場合と、2級以上で奨励会を退会した女性会員が女流棋士に転身する場合を除く。
  11. ^ 民間企業は無許可での副業を禁じている場合が多く、可能なのは特別職公務員に限られる
  12. ^ 現代的な「芸能界」の成立より前になるが、関東大震災で被災死した落語家の五代目麗々亭柳橋の例はある
  13. ^ 作家の場合は生前最後の未完作品が「絶筆」になる
  14. ^ 特に転職などで異なる業種の職業に転じ、それまでの業種にはもう復帰する意思がないというニュアンスが強い場合など。貴乃花光司の「親方引退」発言は同様のニュアンスと言える。

出典

  1. ^ 日本プロフェッショナル野球協約第59条
  2. ^ 日本プロフェッショナル野球協約第67条第3項
  3. ^ 田丸一男 (2015年11月11日). “無期失格・永久失格”. 田丸一男のことばエッセイ. 毎日放送. 2016年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月5日閲覧。
  4. ^ 風化させるな 大相撲事件史(4/15ページ) JIJI.COM 2022年07月12日18時00分 (2022年8月10日閲覧)
  5. ^ 荒汐部屋公式Twitterアカウント2017年11月26日閲覧。
  6. ^ 元幕下・瞬迅輝琉のTwitterアカウント2016年6月20日閲覧。
  7. ^ 元十両の飛天龍が引退 在位2場所、体力の限界 サンケイスポーツ 2019年3月22日
  8. ^ 【悪習】入ったら最後!移籍できない相撲部屋 全てはダメな親方の為 貴闘力部屋 2022/08/19 (2022年9月17日閲覧)
  9. ^ “37歳以上でもライセンス再交付、日本ランカーも対象に”. スポーツニッポン. (2015年12月22日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/12/22/kiji/K20151222011731300.html 
  10. ^ “[女子委員会]2018.1.15 高野人母美の引退問題について”. ボクモバニュース. (2018年1月15日). https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=20659&n=1 
  11. ^ “【ボクシング】亀田興毅vsポンサクレック、ライセンス無しでも決行へ”. イーファイト. (2018年4月5日). https://efight.jp/news-20180405_283096 2018年9月9日閲覧。 
  12. ^ 網膜剥離完治は現役認める スポーツ報知 2013年4月4日
  13. ^ “【ボクシング】 元世界王者・山中竜也が復帰を表明”. BBM Sports. (2021年12月18日). https://www.bbm-japan.com/article/detail/27798 
  14. ^ 誘導馬メイショウカイドウ引退式 武豊「小倉に来ると不思議なくらい強い馬でした」 エキサイトニュース(元記事:東京スポーツ)、2017年8月21日、2019年12月29日閲覧
  15. ^ エイシンフラッシュ号の有馬記念(GI)出走取りやめについて 日本中央競馬会 2013年12月19日閲覧
  16. ^ エイシンフラッシュ号の引退式について【12月23日(祝・月)】 日本中央競馬会 2013年12月20日閲覧
  17. ^ 例:2016年のホッコータルマエの競走馬登録抹消時のJRA公式サイトの記事
  18. ^ 猪木が選手発掘!ネット&K1戦士再生も 日刊スポーツ 2011年9月23日
  19. ^ 宝生舞だけじゃない!? “美しい一般人”になった「消えた女優たち」の行く末
  20. ^ ザ・タイガース完全復活!?──芸能人の政治的発言のタブー──沢田研二&たむらけんじ
  21. ^ 「ザ・タイガース」44年ぶり再結成!GSサウンド不滅
  22. ^ 金八先生の加藤役「直江 喜一」の現在



引退

出典:『Wiktionary』 (2021/10/04 12:05 UTC 版)

名詞

退いんたい

  1. 官職などの地位や現在やっている職業活動などから退くこと。

動詞

活用

サ行変格活用
引退-する

「引退」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



引退と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「引退」の関連用語

引退のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



引退のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの引退 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの引退 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS