蓮舫とは? わかりやすく解説

蓮舫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/04 06:58 UTC 版)

蓮舫(れんほう、1967年昭和42年〉11月28日 - )は、日本タレント政治家立憲民主党所属の参議院議員(4期)。本名は齊藤 蓮舫(さいとう れんほう)[4]。元夫・村田信之との婚姻中の本名は村田 蓮舫(むらた れんほう)[注 1][注 2][5][6]


注釈

  1. ^ 2010年6月8日の閣議において、「内閣府特命担当大臣(行政刷新)である蓮舫(本名村田蓮舫)国務大臣の名前については、今後、政府代表等への任命行為及び許可等対外的な法律上の行為については村田蓮舫名を使用し、それ以外は蓮舫名を使用することとする。」と口頭で了解された(2010年(平成22年)6月11日付『官報』本紙参照)。
  2. ^ 2020年、離婚に伴い齊藤姓に復氏。
  3. ^ 国籍法は日本国籍を選択する場合、22歳までに選択宣言をすることを定めている[9]
  4. ^ この選挙においては、宗教団体立正佼成会から支援を受けた:蓮舫さんが参院選出馬表明 立正佼成会が支援予定 - 四国新聞 2004年3月
  5. ^ 先に訪米し民主党は行使容認に前向きとの認識を示していた元防衛副大臣長島昭久は、ツイッターで「属国でもあるまいし、嘆かわしい」と批判した[79]
  6. ^ ただし、「スーパー堤防」が必ずしも津波に対し有効である訳ではない。堤防記事中の「高規格堤防」の節を参照。

出典

  1. ^ a b “蓮舫大臣の夫、55人中42位の落選”. 読売新聞. (2011年4月25日). https://web.archive.org/web/20110427052719/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/news1/20110425-OYT1T00065.htm 2014年10月7日閲覧。 
  2. ^ “「人生観の違いですね」蓮舫参院議員が離婚 「週刊文春」に理由語る”. 文春オンライン. (2020年8月25日). https://web.archive.org/web/20200824165007/https://bunshun.jp/articles/-/39836 
  3. ^ a b “「バナナ娘」蓮舫が大臣に…台湾で大々的報道 - Internet Archive: Wayback Machine”. 読売新聞. (2010年6月8日). https://web.archive.org/web/20100611032551/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100608-OYT1T00957.htm 2014年10月7日閲覧。 
  4. ^ 参議院議員プロフィール:参議院ホームページ”. 2022年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月11日閲覧。
  5. ^ 参議院議員プロフィール:参議院ホームページ”. 2010年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月11日閲覧。
  6. ^ “「蓮舫」は通称、本名「村田蓮舫」だって”. YOMIURI ONLINE読売新聞. (2010年6月8日). オリジナルの2010年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100611081757/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100608-OYT1T00969.htm 2010年6月11日閲覧。 
  7. ^ 謝蓮舫一家が国会で追及された黒い霧事件 アゴラ、2016年11月13日
  8. ^ “戸籍謄本の一部を公開 「台湾籍有していないと分かる資料」と強調”. 産経新聞. (2017年7月18日). https://www.sankei.com/article/20170718-CLY2ZVHOJZPMRKRAAE4L35RCEM/ 2017年7月18日閲覧。 
  9. ^ “30年以上「二重国籍」だったことがはっきりした蓮舫氏 それでも代表に居座るのか”. 産経新聞. (2017年7月22日). https://www.sankei.com/article/20170722-5QBL6KMLOVNH7B66BODYUPUVXU/ 2017年7月22日閲覧。 
  10. ^ 蓮舫双子出産準備で帰国 - ウェイバックマシン(1997年7月14日アーカイブ分)
  11. ^ “蓮舫氏の夫・村田信之氏、離婚認める 先月から話し合い結論「別に嫌いで別れた訳ではない」”. スポーツ報知. (2020年8月25日). https://hochi.news/articles/20200825-OHT1T50029.html 2020年8月25日閲覧。 
  12. ^ プロフィール - 蓮舫 official site 2022年7月閲覧
  13. ^ 台湾週報2157号 台北駐日経済文化代表処 2004年8月26日
  14. ^ 行政刷新 蓮舫氏、日本経済新聞、2017年1月27日閲覧。
  15. ^ 岡田代表 辞任を表明 12日未明の会見で”. 民主党 (2005年9月12日). 2021年12月1日閲覧。
  16. ^ “菅、前原両氏の一騎打ちに 民主代表選”. 朝日新聞. (2005年9月17日). https://www.asahi.com/senkyo2005/news/TKY200509170064.html 2021年12月1日閲覧。 
  17. ^ 事業仕分けを担当 公式サイト 2009年10月21日
  18. ^ “鳩山首相が辞任、小沢幹事長も 4日に新代表選出へ”. 朝日新聞. (2010年6月2日). https://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY201006020114.html 2021年11月30日閲覧。 
  19. ^ 2010年6月4日 民主党代表選 推薦人名簿”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  20. ^ [1] 蓮舫氏ら5閣僚が国旗に一礼なし 省庁会見(産経新聞)
  21. ^ 「蓮舫氏なら勝てる」 都知事選で鳩山兄弟 - 日本経済新聞
  22. ^ 蓮舫氏170万票超、東京選挙区で過去最高の得票 - 朝日新聞 2010年7月
  23. ^ 蓮舫大臣が都知事選に「出馬の可能性はない」と否定
  24. ^ 都知事選:蓮舫氏、検討排除せず「現段階でオファーない」 毎日新聞 2011年1月7日
  25. ^ 「人事異動」『官報』号外特1号、国立印刷局、2011年1月14日、1面。
  26. ^ 首相が辞任3条件明言 具体的な辞任時期は示さず 時事ドットコム 2011/06/30
  27. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  28. ^ 2011年8月29日投票 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  29. ^ 小宮山厚労相、前田国交相、蓮舫行政刷新相内定 読売新聞2011/09/02
  30. ^ “幹事長代行を4人に 民主、参院選へ強化”. 産経新聞. (2013年5月27日). オリジナルの2013年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130528025223/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130527/stt13052719190009-n1.htm 
  31. ^ “蓮舫氏が幹事長代行辞任=民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2013年7月26日). オリジナルの2013年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/DeNV4 
  32. ^ “菅氏、党員資格停止に 海江田氏は続投表明 幹事長に大畠氏”. 産経新聞. (2013年7月27日). オリジナルの2013年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130726205528/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130727/stt13072700500000-n1.htm 
  33. ^ 民主、新国立競技場問題追及へ 担当組織トップに蓮舫氏 四国新聞 2022年7月
  34. ^ 都知事選、炎天下で最後の訴え 応援演説にも熱 朝日新聞デジタル 2016年7月30日
  35. ^ “民進党 新代表に蓮舫氏 1回目投票で決定”. 毎日新聞. (2016年9月15日). https://mainichi.jp/articles/20160915/k00/00e/010/299000c 
  36. ^ “2016年民進党代表選:野党共闘で温度差 蓮舫氏「継続」、前原氏「リセット」、玉木氏「一線画す」”. 毎日新聞. (2016年9月3日). オリジナルの2016年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/PparN 
  37. ^ “【蓮舫研究(上)】「国籍問題」認識薄い「バリバリの保守」 安保で揺れる発言 「9条絶対守る」は譲らない”. 産経新聞. (2016年9月16日). https://www.sankei.com/article/20160916-NEDZGDTHVBNDZNX6DOTEIQJUHE/4/ 2016年9月22日閲覧。 
  38. ^ “民進党執行部正式発足 ほど遠い挙党体制 お家芸の「党内分裂」の危機に…”. 産経新聞. (2016年9月22日). https://www.sankei.com/article/20160922-INXWPFRBNBO5VP6ZZI4J3SJJG4/ 2016年9月22日閲覧。 
  39. ^ 朝日新聞 2017年2月27日 蓮舫氏、「2030年原発ゼロ」表明を断念 連合に配慮
  40. ^ 産経新聞 2017年2月15日 民進の次期衆院選公約「2030年原発ゼロ」方針が不透明に 根回し不足で労組反発
  41. ^ 産経新聞 2016/10/14 民進党・蓮舫代表、急きょ新潟入り 自主投票のはずが「熱い思いを昨日電話で聞いて駆けつけた」
  42. ^ 産経新聞 2016.10.20 22:25 『https://www.sankei.com/article/20161020-SOWUTXBGLNLRZBDFCJXFN52DRE/連合・神津里季生会長、民進・蓮舫代表の応援「火に油を注ぐようなものだった」 対応を批判」
  43. ^ 産経新聞 2017年2月18日 電力総連など3労組、民進に「2030年原発ゼロ」再考を申し入れ 狭まる蓮舫氏への包囲網
  44. ^ “野党は内なる敵か 北ミサイルがわずか200キロに迫ったのに「森友」が大事?”. 産経新聞. (2017年3月11日). https://www.sankei.com/article/20170311-64NN6C3DC5O4JJ4V6E7TIIKQ44/ 2017年3月11日閲覧。 
  45. ^ 民進党・野田幹事長が辞任へ 蓮舫氏「体制を強化」”. 日刊スポーツ (2017年7月25日). 2017年7月25日閲覧。
  46. ^ 民進・蓮舫代表が会見 代表辞任の意向を表明(2017年7月27日)”. THE PAGE (2017年7月27日). 2022年2月16日閲覧。
  47. ^ “民進 蓮舫代表 記者会見で辞任を表明”. 日本経済新聞. (2017年7月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H5S_X20C17A7MM8000/ 2022年7月27日閲覧。 
  48. ^ “【政界徒然草】立憲民主、蓮舫・山尾志桜里両氏の入党に難色のワケもしかして、それって「排除」?”. 産経新聞. (2017年12月26日). https://www.sankei.com/article/20171226-4A4GRSBYI5LVBKZD7VQIGN32YM/ 
  49. ^ 蓮舫 Twitter 2017年10月10日 午前6:50
  50. ^ “民進党の前原誠司代表が辞任表明「政治は結果責任」”. 日刊スポーツ. (2017年10月27日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201710270000492.html 2021年12月7日閲覧。 
  51. ^ “【民進党代表選】大塚耕平参院議員を新代表に選出 他に届け出なく…蓮舫氏は推薦人集めが難航”. 産経新聞. (2017年10月31日). https://www.sankei.com/article/20171031-ENBXICPYEFK7FBKZWZ6O7L3UTA/ 
  52. ^ “蓮舫氏、立憲入り視野=再建議論集約できず-民進”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年12月14日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000062-jij-pol 
  53. ^ “蓮舫元代表が離党届 立憲民主党に入党届を提出”. テレビ朝日. (2017年12月26日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000117542.html 
  54. ^ “民進・蓮舫元代表が離党届提出 立憲民主に入党へ”. 朝日新聞. (2017年12月26日). https://www.asahi.com/articles/ASKDV440CKDVUTFK00H.html 
  55. ^ “立憲民主党入りは「心機一転、政策実現のため」 「橋渡し役」にも意欲”. 産経新聞. (2017年12月26日). https://www.sankei.com/article/20171226-WQBBIDTJRFIGPEYMVYMC25XCYM/3/ 
  56. ^ “蓮舫氏、立憲入り”. 朝日新聞. (2017年12月27日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13291960.html 
  57. ^ a b “立憲:蓮舫氏入党承認 民進は「二重党籍」に反発”. 毎日新聞. (2017年12月28日). https://mainichi.jp/articles/20171229/k00/00m/010/110000c 
  58. ^ “民進蓮舫氏、立憲民主入り 一時的に「二重党籍」”. 共同通信. (2017年12月28日). https://web.archive.org/web/20171228085325/https://this.kiji.is/319028859259536481 
  59. ^ “一時的に「二重党籍」蓮舫氏の入党を立民が了承”. 産経新聞. (2017年12月28日). https://www.sankei.com/article/20171228-SFULB72KK5K3HHFG3MIUW32FAU/ 
  60. ^ “蓮舫氏が脱「二重党籍」 民進党が離党届受理”. 産経新聞. (2018年1月10日). https://www.sankei.com/article/20180110-UAXCUXXFFJKBXCV654VD5FWW7M/ 2018年1月10日閲覧。 
  61. ^ 立憲民主蓮舫氏が参院国対委員長に 毎日新聞2018年1月19日付
  62. ^ 立憲民主党 副代表兼参院幹事長に蓮舫氏 毎日新聞2018年5月11日付
  63. ^ 山下龍一、小林豪 (2020年8月24日). “立国の新党、無所属2グループも合流へ 150人前後に”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN8S6TNFN8SUTFK00J.html 2021年11月9日閲覧。 
  64. ^ “【合流新党】立民・枝野代表推薦人名簿”. 産経新聞. (2020年9月7日). https://www.sankei.com/article/20200907-FZVL7WX7CBPEZAF3QMXBUHBOEI/ 2021年11月26日閲覧。 
  65. ^ “蓮舫広報本部長「危機感ある」総選挙へ意気込み”. 日刊スポーツ. (2020年9月15日). https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/amp/202009150000537.html 
  66. ^ “立民、新執行部が正式発足”. ロイター. (2021年12月3日). https://jp.reuters.com/article/idJP2021120201000690 2021年12月4日閲覧。 
  67. ^ “トップ当選100万票割れは30年ぶり 東京選挙区”. 産経新聞. (2022年7月12日). https://www.sankei.com/article/20220712-HWGIGPS6RRLX5K7BGLJGD4OPBA/?outputType=theme_election2022 2022年7月12日閲覧。 
  68. ^ 蓮舫参院議員、東京都知事選に出馬表明 「立候補いたします」 - 産経ニュース 2024年5月27日
  69. ^ a b c d e f g h i 蓮舫”. 2016参院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2022年5月18日閲覧。
  70. ^ a b c d e f “2016参院選 民進 東京 蓮舫”. 毎日新聞. オリジナルの2016年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160628063230/http://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B13000021021 2022年5月18日閲覧。 
  71. ^ a b c d e f g h i 選挙区 東京”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  72. ^ a b “改憲で民進・蓮舫代表「環境権・財政規律は必要」”. 日本経済新聞. (2017年5月1日). http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS28H9Q_Z20C17A4PP8000 2017年5月2日閲覧。 
  73. ^ 蓮舫氏、民進党代表選に出馬 共闘継承、改憲議論の姿勢 朝日新聞、2016年8月5日
  74. ^ 緊急事態条項は憲法に必要?不要? 参院選東京選挙区・主な候補者アンケート<2>”. 東京新聞 (2022年6月30日). 2022年7月5日閲覧。
  75. ^ 尖閣諸島は「領土問題」=蓮舫行政刷新相
  76. ^ 蓮舫氏「尖閣諸島は領土問題」、一転「わが国固有のもの」と発言修正(産経MSN)
  77. ^ [2] 蓮舫大臣が不適切発言「尖閣諸島は領土問題」(読売新聞)
  78. ^ 米大統領宛に集団的自衛権行使容認「不支持」を要請 蓮舫氏ら 産経新聞 2014年4月21日
  79. ^ 蓮舫氏ら民主、社民議員がオバマ大統領に反集団的自衛権「直訴」 産経新聞 2014年4月23日
  80. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  81. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  82. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  83. ^ 選択的夫婦別姓に賛成?反対? 参院選東京選挙区・主な候補者アンケート<6>”. 東京新聞 (2022年7月4日). 2022年7月5日閲覧。
  84. ^ 石原都知事、蓮舫氏に「スーパー堤防はいりますよ」と痛烈な一撃 会談は5分で打ち切り
  85. ^ 【元麻布春男の週刊PCホットライン】NECがスパコンでIntelを選んだ理由 - PC Watch 2009年11月24日
  86. ^ 蓮舫大臣が発言修正 「一番を目指すの当然」 産経ニュース 2010.6.17
  87. ^ 蓮舫氏、自民・片山氏の「スパコン1番は」追及に「知らない」と白旗
  88. ^ 一番じゃなきゃダメですか?P201 著者:蓮舫
  89. ^ 蓮舫氏「オンリーワン目指す努力を」と注文 YOMIURI ONLINE 2011年6月21日
  90. ^ 事業仕分け人 レン|2009年流行語大賞ノミネート「事業仕分け」がゲームになった!
  91. ^ 『「歴史の法廷に立つ覚悟あるのか」野依氏が事業仕分けを批判』 産経新聞(2009年11月25日)
  92. ^ 科技予算の見送り・削減をノーベル賞の野依氏が批判(09/11/25)
  93. ^ 『ノーベル賞学者が仕分けに猛反論「あまりに見識欠く!」』夕刊フジ(2009年11月26日)
  94. ^ “「2位じゃだめか、は愚問」ノーベル賞・鈴木さん、蓮舫氏発言をバッサリ”. MSN産経ニュース. (2010年10月8日). https://web.archive.org/web/20101009074334/http://sankei.jp.msn.com/science/science/101008/scn1010082354006-n1.htm 2010年10月9日閲覧。 
  95. ^ 与謝野氏“言い訳”「本は面白くないと」 - 政治ニュース : nikkansports.com 自民党の山本一太氏が「仕分け人は紅衛兵と同じか」と質問すると、与謝野氏は「文革の紅衛兵はミクロ的に当時の指導者を指弾し、マクロ的なことはあまりやっていない。その比喩だ」と苦しい説明。
  96. ^ 『石原知事、蓮舫氏発言を「白痴的」とメッタ斬り』リアルスポーツ(2009年11月28日)
  97. ^ 『巨人渡辺会長、蓮舫議員を「バカな女」』日刊スポーツ(2010年3月24日)
  98. ^ "ON THE WAYジャーナル〜高野孟のラジオ万華鏡". 対談. 7:00 該当時間:. 協議会JFN. TOKYO FM. 2012年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  99. ^ 藤原正彦『大いなる暗愚』新潮社新潮文庫)、2012年、111-113頁。ISBN 978-4-10-124811-0。(初出は『週刊新潮』2009年12月17日号)
  100. ^ [3]
  101. ^ [4]
  102. ^ 「2位じゃだめ?」発言のおかげか 日本スパコン、世界一を奪還 J-CASTニュース 2011/6/21
  103. ^ “【蓮舫研究(下)】すべては鳩山由紀夫元首相の路上スカウトから始まった 連合幹部は「“客寄せパンダ”を演じられる能力」と評するが…”. 産経新聞. (2016年9月19日). https://www.sankei.com/article/20160916-NEDZGDTHVBNDZNX6DOTEIQJUHE/4/ 2016年9月22日閲覧。 
  104. ^ a b 蓮舫氏、批判噴出の公務員宿舎建設認める「私が了としている」産経ニュース、2011年9月30日
  105. ^ a b 野田首相:朝霞・公務員宿舎見直しも…「現場に行き判断」毎日jp、2011年9月30日
  106. ^ a b 首相、朝霞宿舎5年凍結を指示 財務相に 優遇批判受け共同通信、2011年10月3日
  107. ^ メッキが剥がれた蓮舫行政刷新相 公務員宿舎問題でも二転三転 J-CASTニュース 2011年10月3日
  108. ^ 国家公務員宿舎の削減計画のポイント
  109. ^ 2011.8.22付「北京青年報」
  110. ^ “蓮舫議員「日本の若者への歴史教育が足りない」”. 中国網日本語版. (2011年8月22日). http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-08/22/content_23258300.htm 2017年6月24日閲覧。 
  111. ^ 日本維新の会 橋下徹共同代表の発言に抗議する超党派女性国会議員記者会見 発言全文
  112. ^ “蓮舫氏、教育勅語否定しない答弁に「驚愕」”. 朝日新聞. (2017年4月1日). http://www.asahi.com/articles/ASK415RDDK41UTFK00D.html 2017年4月2日閲覧。 
  113. ^ 新型コロナウイルスの感染症法上の扱いを緩和する?このまま?強化する? 参院選東京選挙区・主な候補者アンケート<7>”. 東京新聞 (2022年7月5日). 2022年7月5日閲覧。
  114. ^ a b 参議院議員選挙20040711当選者回答”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会 (2004年7月12日). 2020年11月8日閲覧。
  115. ^ 参議院議員選挙のタバコ対策の政党・候補者アンケート201607”. 日本禁煙学会 (2016年6月16日). 2018年8月18日閲覧。
  116. ^ FNNニュース 2011年8月29日
  117. ^ 2008.3.12 産経新聞
  118. ^ “松島法相追及の蓮舫氏も4年前に「うちわ」配布 骨組みなし、承認済みを強調”. 産経新聞. (2014年10月8日). http://www.sankei.com/politics/news/141007/plt1410070049-n1.html 2014年10月10日閲覧。 
  119. ^ 民進・蓮舫代表代行が“まさか”の安倍外交大絶賛 「安倍内閣の外交は高く高く評価します」 産経新聞 2016年5月25日
  120. ^ a b “「民進党はやっぱりズレている 「ゴルフ批判」蓮舫代表と「スネ夫」野田佳彦幹事長に思う”. 産経新聞. (2017年2月18日). https://www.sankei.com/article/20170218-5VFTPM2SZZOHZMROIGDSALCZPU/ 2017年4月10日閲覧。 
  121. ^ a b c d “【2016お騒がせな人選手権(5)】民進・蓮舫代表 二重国籍問題でウソを重ねて危機管理に失敗 来年は…”. 産経新聞. (2016年12月27日). https://www.sankei.com/article/20161227-BGWODWPYPBLJZOARN3AWV6XC6E/ 2017年3月21日閲覧。 
  122. ^ “【糸魚川大規模火災】民進・蓮舫代表 被災地視察日程「仕事納めのはずなのに…」職員に皮肉”. 産経新聞社. (2016年12月30日). https://www.sankei.com/article/20161228-I3FCY7G2NZPNTLXYG2WJID6LYY/ 2016年12月30日閲覧。 
  123. ^ 政党助成金 閣僚ためこみ5800万円 被災者よそに返還もせず しんぶん赤旗 2011年10月4日
  124. ^ <蓮舫サン>「事務所費<血税>172万円はどこへ消えた?」週刊ポスト 2010年1月22日号
  125. ^ 事務所費疑惑 蓮舫・川端両氏も追及へ 自民、質問主意書を提出 MSN産経ニュース 2010年6月10日
  126. ^ 「実態が不透明」蓮舫行政刷新相の自宅、母親社長の会社が所有権登記…参院議員の資産等報告書 読売新聞 2011年1月4日
  127. ^ 蓮舫内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成23年3月2日”. 内閣府. 2016年6月28日閲覧。
  128. ^ “蓮舫行刷相秘書、女性触った疑い 警視庁が任意聴取”. 日本経済新聞. (2010年6月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1500T_V10C10A6CC0000/ 2016年6月27日閲覧。 
  129. ^ 蓮舫氏「あってはならず、申し訳ない」 痴漢の秘書は依願退職”. 産経新聞 (2010年6月15日). 2010年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月27日閲覧。
  130. ^ 蓮舫大臣、公設秘書に痴漢の疑い 2010年06月15日
  131. ^ “参院議長が蓮舫氏を呼び「不適切」と注意 国会内でファッション誌撮影にポーズで応じ…”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2010年10月7日). https://web.archive.org/web/20101009031256/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101007/plc1010071234009-n1.htm 2011年4月3日閲覧。 
  132. ^ a b 参院議長が蓮舫氏を呼び「不適切」と注意 国会内でファッション誌撮影にポーズで応じ…
  133. ^ 蓮舫氏が国会内の雑誌撮影に「率直におわびする」と陳謝も、「取材に応えることは大切だ」
  134. ^ 閣僚は自覚を 蓮舫問題で羽田氏
  135. ^ 蓮舫ウソ?事務局と食い違い…尾を引く国会撮影問題 zakzak 2010/10/15
  136. ^ 蓮舫氏VS参院事務総長 撮影許可で真っ向対立
  137. ^ 蓮舫氏「事務方の示唆」撤回し謝罪 ファッション誌撮影答弁で 産経新聞 2010/11/18
  138. ^ 蓮舫氏「なでしこ優勝すごい」でツイッター炎上 MSN産経ニュース 2011年7月19日
  139. ^ ツイッター批判集中で釈明=「仕分けはスポーツ振興のため」―蓮舫氏 時事通信 2011年7月21日
  140. ^ 炎上した蓮舫氏、ツイッター批判に反論…「とても大切」と優等生答弁も 産経ニュース 2011年7月21日
  141. ^ 蓮舫「なでしこ」祝福に批判相次ぐ 事業仕分けで影響あった? J-CAST 2011年7月19日
  142. ^ 蓮舫氏 不倫疑惑で辞任”. 中国網日本語版(チャイナネット) (2012年1月13日). 2016年9月17日閲覧。
  143. ^ 中国系の蓮舫議員が不倫スキャンダルで大臣を退任=中国メディア”. サーチナ (2012年1月14日). 2016年9月17日閲覧。
  144. ^ “蓮舫代表代行インタビュー(2)「私はバリバリの保守ですよ。野田佳彦前首相並みの保守ですよ」(4/4ページ)”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年9月2日). https://www.sankei.com/article/20160902-7S56LZODI5PBJGSLCA3WCQBCYI/4/ 2017年6月25日閲覧。 
  145. ^ 佐々木美恵 (2017年6月24日). “【政治デスクノート】 こんなにある民進・蓮舫代表と鳩山由紀夫元首相の共通点 そうなると「民共連携」の末に…”. 産経ニュース (産経新聞). https://www.sankei.com/article/20170624-DJSJOISIS5NXTPYXTB4EFHL4B4/ 2017年6月24日閲覧。 
  146. ^ a b “高須克弥院長、大西健介民進議員と蓮舫代表を提訴へ 厚労委の「陳腐」発言で名誉毀損と損賠1千万円”. 産経新聞. (2017年2月1日). https://www.sankei.com/article/20170201-46AKS6DL5RKLVEO366V6BMAABE/ 2017年5月30日閲覧。 
  147. ^ a b c d “高須克弥院長、大西健介民進議員と蓮舫代表を提訴へ 厚労委の「陳腐」発言で名誉毀損と損賠1千万円”. 産経新聞. (2017年5月18日). https://www.sankei.com/article/20170518-2SEZ6N3EEJOUTLRQGPK2IZEAJM/ 2017年5月19日閲覧。 
  148. ^ “蓮舫氏の首相演説ツイッター投稿、立民が謝罪”. 産経新聞. (2021年1月18日). https://www.sankei.com/article/20210118-FVPNVGP2FZK2PPXCPBIY5U3IOA/ 2021年1月18日閲覧。 
  149. ^ “施政方針演説前に原稿の一部、蓮舫氏がツイッターで公開…「縛りない」と反論後に削除”. 読売新聞. (2021年1月18日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210118-OYT1T50252/ 2021年1月18日閲覧。 
  150. ^ 朝日新聞 1992年6月25日 (夕刊)
  151. ^ “新ニュースキャスター決まる”. 朝日新聞: p. 夕刊17面. (1993年3月16日) 
  152. ^ 産経新聞 2016.9.15 「私は二重国籍なんです」さらにメディアで明言の過去発覚!政治家の信頼揺らぐ民進党の女王、午後に党代表選出の蓮舫氏 「浅はかだった」ではすまされない [5]
  153. ^ 有本香「JOYFUL TALK 旅のはなしをしましょうか 蓮舫」『ジョイフル』第22巻第8号、近畿日本ツーリスト、1995年、6-9頁。 
  154. ^ a b CREA 1997年2月号
  155. ^ a b “「蓮舫氏告発」 時効成立の疑い 大々的に報じた産経新聞の責任”. Yahoo!ニュース. (2016年11月1日). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/b91342c4c1fa73ae172b283c672c81dd0cc1ae3e 
  156. ^ “蓮舫氏は「将来の宰相」として適格か 民進党は“身体検査”すべきではないか 八幡和郎氏”. ZAKZAK. (2016年8月30日). https://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160830/plt1608301550002-n1.htm 
  157. ^ 蓮舫・民進党代表代行 ぶれる釈明、首相狙う資格にも疑問符、閣僚経験の正当性も問われる、産経新聞、2016年9月7日、2016年9月15日閲覧。
  158. ^ a b “国籍放棄問題の渦中にある蓮舫氏、単独インタビュー”. Yahoo! JAPAN ニュース. (2016年9月9日). http://news.yahoo.co.jp/feature/349 
  159. ^ “蓮舫氏が台湾籍放棄=二重国籍かは「確認中」”. 時事ドットコム. (2016年9月6日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090600715&g=pol 
  160. ^ 蓮舫氏「台湾籍残っていた」とおわび 民進代表選は継続 朝日新聞デジタル、2016年9月13日。
  161. ^ “「二重国籍」の蓮舫氏、撤退せず 有効性に疑問の声も…過半数支持の構図変わらず”. 産経新聞. (2016年9月14日). https://www.sankei.com/article/20160914-OYF3CFJGWRLUJLEVZBKLOTOOUM/ 
  162. ^ 「台湾籍」問題が波紋=蓮舫氏、揺れる説明-民進代表選 時事通信 2016年9月7日
  163. ^ 台湾出身者に中国法適用せず 蓮舫氏問題で法務省見解 日本経済新聞 2016年9月14日
  164. ^ 第164回国会 法務委員会”. 衆議院 (2006年6月14日). 2016年9月16日閲覧。
  165. ^ 証明書類の公開で議論再び。「二重国籍」は公選法違反? 専門家に聞いてみた 選挙ドットコム 2017年7月18日
  166. ^ 国籍法(昭和25年法律第147号)第14条、第16条”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2018年6月20日). 2020年1月10日閲覧。
  167. ^ 公職選挙法(昭和25年法律第100号)第10条、第11条”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年5月31日). 2020年1月10日閲覧。
  168. ^ “民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報”. 産経新聞. (2016年9月24日). https://www.sankei.com/article/20160923-H6ZNDSTHRJKTXHCLNRVMRCLB2A/ 2016年9月24日閲覧。 
  169. ^ a b “民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」”. 産経新聞. (2016年10月15日). https://www.sankei.com/article/20160923-H6ZNDSTHRJKTXHCLNRVMRCLB2A/ 2016年10月18日閲覧。 
  170. ^ “民進・蓮舫代表 戸籍説明せず「極めて個人的な件」 二重国籍問題で維新が証明求めたものの…”. 産経ニュース. (2016年10月6日). https://www.sankei.com/article/20161006-RZK5LKOFBZPYFJNKF7SZ6SMJDM/ 2016年10月7日閲覧。 
  171. ^ “蓮舫氏を東京地検に告発へ きょう「二重国籍問題」で市民団体代表ら”. 産経ニュース. (2016年10月28日). https://www.sankei.com/article/20161028-XXRFHWKHVBOANLVKW6RECPCQ2A/ 2016年10月28日閲覧。 
  172. ^ a b c d e f “蓮舫氏、遅きに失した説明責任…なお民進党内に進退問う声 「党執行部の入れ替えも」”. 産経ニュース. (2017年7月19日). https://www.sankei.com/article/20170719-N4KINNJOQNP3NG352V2P4DRYT4/2/ 2017年7月23日閲覧。 
  173. ^ a b 日本弁護士連合会 日台複数籍者の国籍選択に関する人権救済申立事件(勧告). 2021.
  174. ^ a b “蓮舫氏の『二重国籍』は問題なし。説明責任は法務省にあり - 奥田安弘×荻上チキ”. シノドス. (2017年7月22日). https://synodos.jp/politics/20135/1 2017年11月24日閲覧。 
  175. ^ “蓮舫氏「二重国籍」問題:次は法務省が説明責任を果たすべき」”. フォーサイト (雑誌). (2017年7月22日). https://www.huffingtonpost.jp/foresight/dual-citizenship-renho_b_17548474.html 2017年11月24日閲覧。 
  176. ^ 「二重国籍疑惑」で蓮舫氏の発言がぶれまくっている 雑誌の「自分の国籍は台湾」発言は決定的な証拠では?、産経新聞、2016年9月10日、2016年9月15日閲覧。
  177. ^ “【2017上半期 政界迷言集(上)】蓮舫氏、山尾志桜里氏…迷言の“宝庫”は民進党だった 政府・与党も負けちゃいない!?”. 産経新聞. (2017年5月5日). https://www.sankei.com/article/20170505-J7DGBWWCA5K25BJ4QOK4MKQRE4/ 2017年5月5日閲覧。 
  178. ^ 蓮舫氏、過去の国籍発言を釈明「台湾籍を持っていたのは過去のこと、という前提だった スポーツ報知 2016年9月14日
  179. ^ “【蓮舫「二重国籍」】日本のこころ・中野正志幹事長、民進・蓮舫代表の説明二転三転に「国民をバカにするな」 野田佳彦幹事長など執行部人事には「お友達執行部だ」”. 産経新聞. (2016年9月21日). https://www.sankei.com/article/20160923-H6ZNDSTHRJKTXHCLNRVMRCLB2A/ 2016年9月24日閲覧。 
  180. ^ “【蓮舫「二重国籍」疑惑】共産・小池晃書記局長「どこに問題があるのか」 - 産経ニュース”. 産経新聞. (2016年9月12日). https://www.sankei.com/article/20160912-CID2KDHKKZNYFJBN55QFBEGA74/ 2016年10月17日閲覧。 
  181. ^ “自民にも「二重国籍」議員がいた 岡山県選出の参院議員小野田氏「米国籍離脱手続き中」”. 産経WEST (産経新聞). (2016年10月4日). http://www.sankei.com/west/news/161004/wst1610040043-n1.html 2016年11月5日閲覧。 
  182. ^ “自民・小野田氏が二重国籍状態 米国籍「放棄手続き中」”. 朝日新聞デジタル. (2017年10月4日). http://www.asahi.com/articles/ASJB4635MJB4UTFK00P.html 2017年5月26日閲覧。 
  183. ^ “「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 “二重国籍”解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃”. 産経新聞. (2017年6月7日). https://www.sankei.com/article/20170607-75ZLRCGUIVJY7AT6TK563UMMSM/ 2018年3月28日閲覧。 
  184. ^ “二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」”. 産経新聞. (2017年7月16日). https://www.sankei.com/article/20170716-7YANREVAZJI5TP6J3NXOXAU6RI/ 2018年3月28日閲覧。 
  185. ^ “自民党の小野田紀美参院議員 「蓮舫氏こそ差別と対立をつくった」「アグレッシブな空気読まない私を取り戻す」”. 産経新聞. (2018年1月31日). https://www.sankei.com/article/20180131-FNV372Z3J5IXVEIV2VPNGEHKK4/ 2018年3月28日閲覧。 
  186. ^ “「蓮舫氏の二重国籍 問題をはっきりさせよ」民進・松原仁元拉致問題担当相 離党の都議候補推薦も”. 産経新聞. (2017年4月27日). https://www.sankei.com/article/20170427-6UXCO74KTRI5HFXCZLNCTG2XSI/ 2017年4月27日閲覧。 
  187. ^ 李小牧 (2013年6月24日). “蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/lee/2016/09/post-6.php 
  188. ^ “民進・蓮舫代表に「女工作員」 琉球大准教授がネット書き込み”. 沖縄タイムス. (2016年9月22日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/63220 2016年9月24日閲覧。 
  189. ^ “【二重国籍問題】「蓮舫氏は気づいているはずなのに黙っていた」 疑惑をいち早く指摘した八幡和郎氏に聞く”. 産経新聞. (2016年10月30日). https://www.sankei.com/article/20161227-BGWODWPYPBLJZOARN3AWV6XC6E/ 2017年3月21日閲覧。 
  190. ^ a b 30年以上「二重国籍」だったことがはっきりした蓮舫氏 それでも代表に居座るのか” (2017年7月22日). 2017年7月23日閲覧。
  191. ^ 橋下のTwitter
  192. ^ “蓮舫氏「息をするようにウソ…」に、橋下徹氏がツイッターで批判 「蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ」”. 産経新聞. (2016年12月8日). https://www.sankei.com/article/20161208-35RWAQC3EBIOZADW4LL7FU5T2Q/ 2016年12月8日閲覧。 
  193. ^ 民進党の蓮舫代表「謙虚に受け止める」 「二重国籍」問題で48%が「納得できる説明ない」 - 産経ニュース、2016年9月21日閲覧
  194. ^ “民進・蓮舫代表 戸籍謄本公開する考え「ない」”. 産経新聞. (2017年5月25日). https://www.sankei.com/article/20170525-XUDLZHZ3UVOVVHHFUXIK4QOVPA/ 2017年5月26日閲覧。 
  195. ^ “民進・蓮舫代表 18日に「二重国籍」解消の証明書類を開示 記者会見で表明”. 産経新聞. (2017年7月13日). https://www.sankei.com/article/20170713-DJGGKUDE3ZMKZNSUTMHPDMC6SY/ 2017年7月14日閲覧。 
  196. ^ 戸籍謄本の一部を公開 「台湾籍有していないと分かる資料」と強調”. 産経ニュース (2017年7月18日). 2017年7月18日閲覧。
  197. ^ 蓮舫氏、遅きに失した説明責任…なお民進党内に進退問う声 「党執行部の入れ替えも」”. 産経ニュース (2017年7月20日). 2017年7月23日閲覧。
  198. ^ “【二重国籍問題】山口二郎氏が民進・蓮舫代表の戸籍謄本公開を「全体主義国家だ」と猛批判 八幡和郎氏は「山口先生は何を恐れているのか…」”. 産経新聞. (2017年7月12日). https://www.sankei.com/article/20170712-S2234KFAKZKLJMWMQIFF3ZGQV4/ 2017年7月13日閲覧。 
  199. ^ (社説)民進党 勘違いしていませんか”. 朝日新聞デジタル (2017年7月13日). 2017年7月16日閲覧。
  200. ^ “朝日社説「蓮舫氏の戸籍公開はあしき前例」こそ「勘違い」”. 産経新聞. (2017年7月13日). https://www.sankei.com/article/20170716-MOPDPGO3VJKMTANZYUTU6EKTKE/ 2017年7月14日閲覧。 
  201. ^ 二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」 産経新聞 2017年7月16日
  202. ^ “代表辞任は当然 国会議員も辞めるのが世界の常識 「二重国籍」問題リベラル、左派の罪 八幡和郎氏寄稿”. 産経ニュース. (2017年7月31日). https://www.sankei.com/article/20170731-X3OZU34ZA5OZHJ5QYIUSKXU4PU/ 2017年7月31日閲覧。 
  203. ^ ケント・ギルバート (2017年7月22日). “メディアよ、なぜ死に急ぐ 蓮舫氏「二重国籍」会見でみえた「報道しない自由」と「論点のすり替え」”. zakzak. http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170722/soc1707220006-n1.html 2017年8月6日閲覧。 
  204. ^ “「真正なる日本人」という擬制――蓮舫議員の二重国籍と戸籍公開をめぐって - 遠藤正敬 - 政治学”. シノドス. (2017年8月4日). https://synodos.jp/society/20253 2017年11月24日閲覧。 
  205. ^ “蓮舫民進党代表に戸籍謄本の公表を求めることの本当の問題”. フォーサイト (雑誌). (2017年7月14日). https://www.huffingtonpost.jp/nishanta/the-core-of-the-matter-familyregister_b_17473094.html 2017年11月24日閲覧。 
  206. ^ 『Asagei plus』2017.2.4
  207. ^ ねとらぼ:蓮舫議員の公式サイトがTwitter風に刷新 理由をTwitterで聞いてみた - ITmedia News
  208. ^ 【Web】蓮舫議員のサイトがツイッターそっくりに - MSN産経ニュース
  209. ^ [6] 「蓮舫氏はテレビ用大臣」 渡部元副議長(産経新聞)
  210. ^ 桜田五輪相、“また”蓮舫を「れんぽう議員」 「1500億円」を「1500円」など言い間違え連発”. SANSPO.COM(サンスポ) (2018年11月10日). 2019年4月29日閲覧。
  211. ^ 飯干晃一『われら父親は闘う−娘・景子を誘いこんだ統一教会の正体』ネスコ P132~141
  212. ^ ["台湾総督府府報 第二千百六十號" 昭和九年七月二十六日]
  213. ^ 米原裕子(2010)"中国系女性大臣の蓮舫氏 日本軍に2機の戦闘機を献納した祖母".サーチナ-ライブドアニュース.2016年8月25日閲覧
  214. ^ (2010)"日本华裔大臣莲舫家世揭秘 祖母是政商两界强人".新華社.2016年8月25日閲覧
  215. ^ 『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』野嶋剛、小学館, 2018/06/13 「蓮舫はどこからやってきたのか」の章
  216. ^ 【蓮舫家族祕史】台裔蓮舫祖母陳杏村 台中日三地奇女子(二)”. 新新聞 (2017年6月24日). 2019年1月8日閲覧。
  217. ^ 野島剛 (2017年6月19日). “蓮舫,日本政壇女傑的秘密 (上)” (中国語). 報導者 The Reporter. https://www.twreporter.org/a/opinion-japan-politician-renho-1 2019年1月8日閲覧。 
  218. ^ [(1937)"台灣人士鑑 (日文)".台湾.台灣新民報.P.249]
  219. ^ ライフ・清水信次会長「政財界交友録」蓮舫氏の父、祖母との絆”. AERA dot. (2017年1月23日). 2019年1月8日閲覧。
  220. ^ 『タイワニーズ』野嶋剛、小学館、2018、p37
  221. ^ 輸入者桂信貿易(株)について 桂信貿易
  222. ^ 「蓮舫氏の元夫」前面アピール 村田信之氏が釜石市議選でトップ当選”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2023年9月5日). 2023年9月5日閲覧。
  223. ^ 蓮舫氏長男・村田琳、芸能界は「1番しか見ていない」 母のサポートに感謝”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年3月9日). 2019年7月13日閲覧。
  224. ^ “蓮舫氏、23歳迎えた双子を親子ショットで祝福「美男美女」「素敵なママの顔」”. スポーツ報知. (2020年4月2日). https://hochi.news/articles/20200402-OHT1T50123.html?page=1 2023年5月10日閲覧。 
  225. ^ 東京都知事?舞弊辭職台裔議員蓮舫傳參選 | Anue鉅亨 - 時事” (中国語). Anue鉅亨 (2016年6月15日). 2020年9月17日閲覧。
  226. ^ 蓮舫 - オリコンTV出演情報
  227. ^ 『総合食品』第15巻第8号、総合食品研究所、1992年1月1日、59頁、NDLJP:3326400/33 
  228. ^ 「今月の広告批評 / 編集部」『広告批評』第153号、マドラ出版、1992年9月1日、95頁、NDLJP:1853122/49 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蓮舫」の関連用語

蓮舫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蓮舫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蓮舫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS