渡部恒三とは?

渡部恒三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/26 05:42 UTC 版)

渡部 恒三(わたなべ こうぞう、1932年5月24日 ‐ )は、日本の元政治家民進党福島県連最高顧問。勲一等旭日大綬章復旦大学経済管理学院名誉教授。血液型はA型。元の姓名は渡部 恒蔵(読み同じ)




  1. ^ a b c d 平成の黄門・渡部恒三氏に聞く(2)26歳で福島県議に 河北新報オンラインニュース、2017年8月24日
  2. ^ 『人間・渡部恒三 政界再編の鍵を握る男』大下英治・著(ぴいぷる社)より[要ページ番号]
  3. ^ 週刊読売」1997年6月8日号 より[要ページ番号]
  4. ^ 『我が道・恒三』 スポーツニッポン 2011年11月10日付記事参照。
  5. ^ 渡部恒三氏が振り返る オヤジ角栄・中国・小沢一郎氏… 朝日新聞 2017年12月24日
  6. ^ 『我が道・恒三』 スポーツニッポン 2011年11月11日付記事参照。
  7. ^ 平成の黄門・渡部恒三氏に聞く(3)角栄氏と出会う 河北新報オンラインニュース、2017年8月25日
  8. ^ a b c d 平成の黄門・渡部恒三氏に聞く(4)ロッキード事件 河北新報オンラインニュース、2017年8月26日
  9. ^ 元衆院副議長・渡部恒三 問責残念だが仕方ない 産経新聞 2012年4月26日閲覧
  10. ^ 「政態拝見 恒三氏の効用」(朝日新聞、2006年3月21日付朝刊、15頁)
  11. ^ 「渡部恒三大研究…69年初当選「会津のケネディ」」(スポーツ報知、2006年3月6日)
  12. ^ ““黄門さま”渡部恒三、フラガールに囲まれ「20は若返った」とニンマリ”. 映画.com. (2011年11月8日). http://eiga.com/news/20111108/12/ 2015年8月14日閲覧。 
  13. ^ a b 平成の黄門・渡部恒三氏に聞く(1)73歳で国対委員長に 河北新報オンラインニュース、2017年8月23日
  14. ^ 「特集ワイド:対談 引退前に苦言 自民党・森喜朗元首相/民主党・渡部恒三最高顧問」毎日新聞2012年8月23日夕刊。
  15. ^ 天皇会見、小沢氏を批判=「慎むべきだ」-渡部氏 時事ドットコム(時事通信社)2009年12月18日[リンク切れ]
  16. ^ 特例会見で首相や小沢氏批判…渡部元副議長 YOMIURI ONLINE(読売新聞社)2009年12月18日[リンク切れ]
  17. ^ “恒三さんの起き上がり小法師、首相に渡せぬわけ”. 読売新聞. (2011年4月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110426-OYT1T00102.htm 2011年7月24日閲覧。 
  18. ^ “渡部元衆院副議長 「心の教育を粗末に」 北教組の違法献金事件で陳謝”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年3月5日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100305/stt1003052035004-n1.htm 2010年3月25日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ 衆議院会議録情報 第101回国会 予算委員会 第8号 昭和59年2月20日 - 草川昭三の質疑
  20. ^ 参議院会議録情報 第101回国会 予算委員会 第8号 昭和59年3月21日 - 秦豊の質疑
  21. ^ 民主・渡部氏の政治団体 名義借り、事務所費1.7億円[リンク切れ]
  22. ^ “福島県議会歴代議員名簿南会津郡”. http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/36730.pdf 
  23. ^ 小数点は渡部行雄日本社会党公認)との按分票があるため。


「渡部恒三」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渡部恒三」の関連用語

渡部恒三のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渡部恒三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡部恒三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS