鳩山由紀夫とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 歴代総理一覧 > 鳩山由紀夫の意味・解説 

鳩山由紀夫

鳩山由紀夫
総理在職期間
平21.9.16~平22.6.8 266
総理就任時年齢:62歳

鳩山由紀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/06 06:04 UTC 版)

鳩山 由紀夫(はとやま ゆきお、1947年昭和22年)2月11日 - )は、日本政治家経営工学者。一般財団法人東アジア共同体研究所理事長、中国西安交通大学名誉教授[2]アジアインフラ投資銀行国際諮問委員会委員[3]凱富能源集団中国語版英語版名誉会長兼上席顧問。学位Ph.D.スタンフォード大学1976年)。




注釈

  1. ^ 温室効果ガス排出量の削減目標等が受賞理由となった。
  2. ^ 郵政民営化日雇い派遣の解禁など過去に年次改革要望書でアメリカから要求されて実現した。
  3. ^ 鳩山の個人献金のうち、5万円以下のために献金者の匿名が認められる小口献金の2003年から2007年の5年間の年平均額は約4,600万円となっており、ここ5代の自民党総裁民主党代表経験者の年平均額の約140万円を大きく上回っており、2003年には1,500人以上の匿名者からの小口献金があったとしている[196]
  4. ^ なお、同世論調査では、「鳩山氏が説明責任を果たしていない」が約8割を占める一方で、鳩山が代表を辞任すべきかについては、「辞任する必要はない」57%で、「辞任すべきだ」30%を上回った[204]
  5. ^ 鳩山は芳賀大輔の雇用を2009年1月26日参議院予算委員会、自民党西田昌司の質問への答弁で認める[219]

出典

  1. ^ “AIIB租税回避地 香港企業、「鳩山由名誉会長」金看板に中国と石油開発 ”. 産経ニュース. (2017年11月7日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000083-san-cn 2017年11月7日閲覧。 
  2. ^ a b “「中国寄り」の鳩山由紀夫元首相 中国・西安交通大の名誉教授に”. 産経ニュース. (2016年4月8日). http://www.sankei.com/world/news/160407/wor1604070049-n1.html 2016年4月10日閲覧。 
  3. ^ “AIIB会合に鳩山由紀夫氏出席 中国主導の国際銀行に助言”. MSN産経ニュース. (2016年10月20日). http://www.sankei.com/economy/news/161020/ecn1610200004-n1.html 2016年10月21日閲覧。 
  4. ^ “鳩山由紀夫”. http://www.hatoyama.gr.jp 2017年12月29日閲覧。 
  5. ^ “@hatoyamayukio”. https://twitter.com/hatoyamayukio 2017年12月29日閲覧。 
  6. ^ 報知新聞2月9日「有名人が語る受験必勝法」[信頼性要検証]
  7. ^ 北海道新聞社 2009, pp. 129-130
  8. ^ 北海道新聞社 2009, pp. 68-69
  9. ^ 東 (2009年8月30日). “「北海道初の宰相」鳩山由紀夫 「友愛」のルーツと旧道4区を選んだワケ”. BNNプラス北海道365 (クロスメディア・ホールディングス). オリジナル2009年9月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090903135620/http://www.hokkaido-365.com/feature/2009/08/post-330.html 2009年10月17日閲覧。 
  10. ^ 北海道新聞社 2009, pp. 44-45
  11. ^ 北海道新聞社 2009, p. 69
  12. ^ “【日本の議論】不況が世襲議員を減らす? どうなる立候補制限論”. MSN産経ニュース (産経デジタル): p. 2. (2009年5月31日). オリジナル2009年6月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090606120616/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090531/stt0905311800003-n2.htm 2009年10月17日閲覧。 
  13. ^ a b 北海道新聞社 2009, pp. 66-67
  14. ^ 北海道新聞社 2009, pp. 65-66
  15. ^ 北海道新聞社 2009, p. 47
  16. ^ 北海道新聞社 2009, p. 52
  17. ^ 『朝日新聞』1999年2月27日付け朝刊、2面。
  18. ^ 中曽根康弘「21世紀日本の国家戦略」[要ページ番号]
  19. ^ この改正案は鳩山の公式サイトで公開している。鳩山由紀夫. “憲法試案”. 鳩山由紀夫ホームページ. 2009年10月17日閲覧。
  20. ^ 衆法 第145回国会 38 国立国会図書館法の一部を改正する法律案”. 議案. 衆議院 (1999年8月10日). 2009年10月18日閲覧。
  21. ^ a b “戦争の真相究明重視し、恒久平和調査局設置法案を共同提出” (プレスリリース), 民主党, (2006年5月23日), http://www.dpj.or.jp/news/?num=129 2009年10月18日閲覧。 [リンク切れ]
  22. ^ 『産経新聞』 2001年5月4日 東京朝刊 総合・内政面
  23. ^ 民主党:「鈴木疑惑は自民党体質の原点を問う問題」鳩山代表が会見(2010年1月21日時点のアーカイブ
  24. ^ 鳩山由紀夫「友愛こらむ」、『DP-MAIL』第45号、民主党、2002年3月、2009年10月31日閲覧。
  25. ^ “「鳩山居酒屋」が閉店へ 民主・自由合併にも一役”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2005年12月27日). http://www.47news.jp/CN/200512/CN2005122701002409.html 2010年1月31日閲覧。 
  26. ^ 『読売新聞』2004年5月14日付け朝刊、4面。
  27. ^ 『読売新聞』 2007年11月24日付け朝刊、2面。
  28. ^ 松本浩史、阿比留瑠比、比護義則、斉藤太郎、原川貴郎、今村義丈 (2009年6月7日). “【民主党解剖】第4部 新体制の行方(6) 日教組と一体の教育政策 (1/4ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナル2009年6月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090610135905/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090607/stt0906072306007-n1.htm 2010年3月19日閲覧。 
  29. ^ “鳩山・民主幹事長:「国有地に党本部」追及 照準は自民…社民に流れ弾”. 毎日新聞. (2009年1月30日). オリジナル2009年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090131011144/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090130ddm005010103000c.html 2014年8月27日閲覧。 
  30. ^ 松村雅之 (2009年3月24日). “【風を読む】論説委員・松村雅之 検察批判は何を意味する”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナル2009年3月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090327232044/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090324/crm0903240817008-n1.htm 2009年10月29日閲覧。 
  31. ^ “草なぎさん逮捕に『そこまでやるか』…民主・鳩山氏が批判”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年4月24日). オリジナル2009年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090426040601/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090424-OYT1T00881.htm 
  32. ^ “【鳩山ぶら下がり】(1)「『国策捜査』は感情論だった(29日夕)”. MSN産経ニュース (産経デジタル): p. 2. (2009年10月29日). オリジナル2009年11月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091101104902/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091029/plc0910292026014-n2.htm 2009年10月29日閲覧。 
  33. ^ “アニメ美術館は「国立の漫画喫茶」 民主・鳩山氏が批判”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年5月9日). オリジナル2009年5月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090510225710/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090509/stt0905092001001-n1.htm 2009年10月29日閲覧。 
  34. ^ 参議院会議録情報 第171回国会 国家基本政策委員会合同審査会 第1号[リンク切れ]
  35. ^ “【鳩山ぶら下がり】(1)拉致事件解決「精神力と忍耐力で」(18日夕)”. MSN産経ニュース (産経デジタル): p. 2. (2009年6月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090618/stt0906182150015-n2.htm 2010年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  36. ^ “流行語大賞、今年は「政権交代」”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年12月1日). オリジナル2009年12月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091204014143/http://www.asahi.com/national/update/1201/TKY200912010379.html 2010年5月8日閲覧。 
  37. ^ “鳩山首相が6位!?最も影響力のある指導者”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年4月30日). オリジナル2010年5月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100502212227/http://sankei.jp.msn.com/world/america/100430/amr1004300015000-n1.htm 2010年5月8日閲覧。 
  38. ^ 如月隼人 (2009年12月10日). “<COP15>中国が日本の削減目標を批判「うぬぼれ・まやかし」”. サーチナ (SBIサーチナ). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1210&f=politics_1210_001.shtml 2013年3月5日閲覧。 
  39. ^ “鳩山首相、「持続可能な開発」で受賞=温室ガス25%削減目標が評価”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年2月5日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201002/2010020501077 2010年4月19日閲覧。 [リンク切れ]
  40. ^ 関岡英之 『拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる』(文藝春秋 2004年4月21日 ) ISBN 978-4166603763
  41. ^ 中田安彦 『日本再占領』 成甲書房、2011年ISBN 978-4880862798
  42. ^ 民主党は、年次改革要望書廃止に反発したアメリカに潰された”. ビジネスジャーナル. サイゾー (2012年10月26日). 2013年5月23日閲覧。
  43. ^ 『東京新聞』 2009年12月7日[要ページ番号]
  44. ^ “『屋根がある正月』に安ど 都の“派遣村”初日300人/”. 東京新聞 (中日新聞社). (2009年12月29日). オリジナル2009年12月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091231023251/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009122902000093.html 2009年12月29日閲覧。 
  45. ^ “民主政権では「局長以上は辞表を」 鳩山幹事長語る”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年2月10日). http://www.j-cast.com/2009/02/10035695.html 2009年11月23日閲覧。 
  46. ^ 『日本経済新聞』 2009年9月23日付け朝刊、2面。
  47. ^ 韓国国政ブリーフィング(韓国語)
  48. ^ 水沼啓子 (2009年6月5日). “鳩山氏 外交デビュー 危うさも”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナル2009年6月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090606153809/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090605/stt0906052013008-n1.htm 2009年10月17日閲覧。 
  49. ^ “「日韓が一つの経済圏を」=李大統領と鳩山前首相が会談”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年10月13日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201010/2010101300814 2011年1月11日閲覧。 [リンク切れ]
  50. ^ 『産経新聞』 2010年1月8日[要ページ番号]
  51. ^ a b c “【社説】日米関係 信頼構築の奇貨とせよ”. 東京新聞 (中日新聞社). (2009年9月4日). オリジナル2009年9月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090910002032/http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2009090402000120.html 2009年12月8日閲覧。 
  52. ^ “Hatoyama just calling it as it is” (英語). ジャパンタイムズ (ジヤパンタイムズ). (2009年9月27日). http://www.japantimes.co.jp/opinion/2009/09/27/commentary/hatoyama-just-calling-it-as-it-is/ 2009年12月8日閲覧。 
  53. ^ Nothing to Fear” (英語). ニューズウィーク (2009年9月2日). 2009年12月8日閲覧。
  54. ^ “Lost in Syndication: The Case of the Hatoyama Essay” (英語). ハフィントン・ポスト. (2009年9月10日). http://www.huffingtonpost.com/nathan-gardels/lost-in-syndication-the-c_b_282482.html 2009年12月8日閲覧。 
  55. ^ “Hatoyama and Japan’s relations with the US” (英語). Taipei Times. (2009年9月16日). http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archives/2009/09/16/2003453634 2009年12月8日閲覧。 
  56. ^ “民主対米政策/「日米基軸」貫き不安一掃を”. 世界日報 (世界日報社). (2009年9月4日). http://www.worldtimes.co.jp/syasetu/sh090904.htm 2009年12月8日閲覧。 [リンク切れ]
  57. ^ 有元隆志 (2009年8月29日). “鳩山論文に米専門家から失望の声”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナル2009年9月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090901041347/http://sankei.jp.msn.com/world/america/090829/amr0908291833007-n1.htm 2009年12月8日閲覧。 
  58. ^ I am not anti-American: Japan's PM-elect” (英語). The Statesman (2009年8月31日). 2009年12月8日閲覧。[リンク切れ]
  59. ^ “「北方領土で日ロ会談」を撤回=言葉の軽さ浮き彫りに-鳩山首相”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年11月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200911/2009111800980 2010年4月2日閲覧。 [リンク切れ]
  60. ^ “普天間、県外移設「行動する」 民主党・鳩山代表”. 琉球新報 (琉球新報社). (2009年7月19日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-147365-storytopic-3.html 2009年7月19日閲覧。 
  61. ^ “普天間移設で日米攻防 米側「怒り心頭」機密漏洩に厳重抗議 日本「メモを取るな」首脳会談の記録残さず”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年4月26日). オリジナル2010年4月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100427203403/http://sankei.jp.msn.com/world/america/100426/amr1004260130000-n1.htm 2010年4月26日閲覧。 
  62. ^ 鳩山総理とオバマ米国大統領との意見交換”. 外務省 (2010年4月13日). 2010年4月22日閲覧。
  63. ^ Al Kamen (1999年). “In the Loop by Al Kamen” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-srv/polserfs/kameserf.htm 2013年3月3日閲覧。 
  64. ^ Al Kamen (2010年4月14日). “Among leaders at summit, Hu's first” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/13/AR2010041304461.html 2010年11月6日閲覧。 
  65. ^ Al Kamen (2010年10月3日). “Mubarak leads the way . . . sort of” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/09/21/AR2010092104827.html 2010年10月3日閲覧。 
  66. ^ “What Nick Clegg can learn from Japan” (英語). ガーディアン. (2010年5月4日). http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/may/04/nick-clegg-learn-japan 2010年11月6日閲覧。 
  67. ^ 佐藤正久 (2011年2月16日), “第177回国会 鳩山由紀夫前内閣総理大臣による「抑止力は方便」発言に関する質問主意書” (プレスリリース), 防衛省, http://www.mod.go.jp/j/presiding/touben/177kai/san/situ70.html 2016年5月28日閲覧。 
  68. ^ 総理の沖縄訪問一夜明け 県民に怒り、失望、落胆・・・(10/05/05) - YouTube ANN NEWS
  69. ^ 田中秀征 (2010年5月7日). “普天間“公約違反”も責任逃れ!信用できない鳩山首相の発言”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2013年5月23日閲覧。
  70. ^ “「県外移設は党公約」 普天間で民主・細野氏”. 沖縄タイムス (沖縄タイムス社). (2010年5月16日). オリジナル2010年5月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100518215203/http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-05-16_6527/ 
  71. ^ “普天間公約撤回を一斉批判 くい式実現性、6党否定”. 琉球新報 (琉球新報社). (2010年5月7日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-161726-storytopic-3.html 
  72. ^ “普天間先送り 最大の公約違反なのに…首相続投の大罪”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年5月13日). オリジナル2010年5月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100515135609/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100513/plc1005132004021-n1.htm 
  73. ^ 日本経済新聞』2010年5月30日社説「取り返しつかぬ鳩山首相の普天間失政」
  74. ^ 「トランプ・カード」に期待するプーチン大統領フォーサイト「ロシアの部屋」名越健郎、新潮社
  75. ^ 2010/06/02【ビデオ配信】緊急両院議員総会 - 民主党代表・総理大臣辞任表明(民主党公式ホームページ会見中継・ビデオ)
  76. ^ 岡本智、山岸一生 (2010年6月4日). “語らずに去るの? 鳩山首相の退陣会見、予定なし”. asahi.com (朝日新聞社). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201006030494.html 
  77. ^ “罰金刑確定の芳賀氏、再び鳩山氏の政策秘書に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月1日). オリジナル2010年9月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100906095226/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100901-OYT1T00996.htm 
  78. ^ hatoyamayukio 鳩山由紀夫 Twitter(認証済みアカウント)
  79. ^ “それでも真意不明 鳩山前首相の「裸踊り」への答え”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年6月17日). オリジナル2010年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100620170512/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100617/stt1006171002002-n1.htm 
  80. ^ “「同じ答えでは失礼だと…」発言のブレで前首相”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞 (読売新聞社): p. 13版4面. (2010年6月22日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/20091215-481540/news/20100621-OYT1T01112.htm 
  81. ^ “民主・鳩山代表「総理大臣終えた後は政界引退を」”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年7月26日). http://www2.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200907260184.html 
  82. ^ “引退撤回を正式表明=「国益に資する行動したい」―鳩山前首相”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年12月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201012/2010121800169 2011年1月11日閲覧。 [リンク切れ]
  83. ^ “交礼会で鳩山氏 政治活動へ意欲-マイタウン北海道”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年1月6日). オリジナル2011年1月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110113031942/http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001101060002 
  84. ^ “鳩山前首相、民団新年会で「参政権、大きな道を開く年に」外国人参政権付与目指す”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年1月11日). オリジナル2011年1月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110119052906/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110111/plc11011113050090-n1.htm 
  85. ^ 1/2【稲田朋美】衆議院予算委員会・外国人地方参政権を質す 桜H21/11/9
  86. ^ “核実験しない約束を…鳩山前首相がインド首相に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年1月17日). オリジナル2011年1月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110120173045/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110117-OYT1T00901.htm 
  87. ^ “鳩菅かつてない溝 人事相談なし、与謝野氏入閣で決定的”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年1月20日). オリジナル2011年1月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110122121650/http://www.asahi.com/politics/update/0120/TKY201101190537.html 
  88. ^ “防衛相、鳩山氏「方便」発言に「人生で1,2を争う衝撃」と強い不快感”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年2月16日). オリジナル2011年2月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110217073414/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110216/plc11021614490015-n1.htm 2011年2月17日閲覧。 
  89. ^ “鳩山夫妻が宝塚議連で復活!? 来年4月の台湾公演に向け新規加入者続々… 前原氏も”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年1月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120129/stt12012921490003-n1.htm 
  90. ^ “鳩山議員外交 危うい理屈で国益を損ねる愚(4月10日付・読売社説)”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年4月10日). オリジナル2012年4月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120413051941/http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120409-OYT1T01107.htm 
  91. ^ “【民主分裂】鳩山氏、党最高顧問を辞任 消費増税法案反対で”. 産経新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120626191250/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120626/stt12062611490005-n1.htm 
  92. ^ “民主党:鳩山元首相が最高顧問を辞任”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629005512/http://mainichi.jp/select/news/20120626k0000e010196000c.html 
  93. ^ “小沢氏系会合に43議員 鳩山氏、党最高顧問を辞任へ”. 朝日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2013年1月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/xcfRU 
  94. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  95. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  96. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  97. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  98. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  99. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  100. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  101. ^ “鳩山元首相の党員資格停止、3か月に短縮”. 読売新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120716020811/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000777-yom-pol 
  102. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  103. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  104. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  105. ^ “「首相再選なら離党も」 民主代表選で鳩山氏”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年8月18日). オリジナル2012年8月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120818221522/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120818/stt12081817360004-n1.htm 
  106. ^ “民主内で我慢の鳩山氏「公認させない動きが…」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年11月17日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121117-OYT1T00731.htm 
  107. ^ “鳩山元首相「政界を引退する」野田首相「決断重く受け止める」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年11月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121121/stt12112113540010-n1.htm 
  108. ^ “民主衰退の象徴=「選挙に追い風」の声も−鳩山氏不出馬【12衆院選】”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年11月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112001039 2012年11月23日閲覧。 [リンク切れ]
  109. ^ “鳩山元首相が引退 増税、TPP反対「主張貫けない」”. 東京新聞 (中日新聞社). (2012年11月22日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012112202000106.html 2012年11月23日閲覧。 [リンク切れ]
  110. ^ 鳩山由紀夫氏、6月末で民主党を離党 産経新聞 2013年6月7日閲覧
  111. ^ “鳩山元首相が正式受諾=AIIB顧問役の委員”. 時事通信 (時事通信社). (2016年7月20日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072000895 2016年9月24日閲覧。 
  112. ^ 「パラダイス文書」で判明、中国企業と連携で石油資源開発も 鳩山由紀夫氏「名誉会長」の企業(産経ニュース、2017年11月6日)
  113. ^ 朝日新聞 2018年3月24日03時01分 鳩山元首相、タックスヘイブンの企業から5年で7千万円 [1]
  114. ^ a b 訪中の鳩山元首相 外相らに尖閣は「係争地」と発言 msn産経ニュース2013.1.17 00:43 2014年10月13日閲覧
  115. ^ “防衛相「鳩山元首相は国賊」 尖閣係争地発言で”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年1月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1704D_X10C13A1PP8000/ 2013年1月18日閲覧。 
  116. ^ “官房長官、鳩山元首相発言「極めて遺憾」”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年1月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO50684680X10C13A1EB1000/ 
  117. ^ “菅元首相、鳩山氏に苦言”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年1月18日). オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/OtXOo 2013年1月18日閲覧。 
  118. ^ “鳩山元首相、尖閣「盗んだと思われても仕方ない」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年6月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2502T_V20C13A6PP8000/ 2013年6月25日閲覧。 
  119. ^ 鳩山元首相「尖閣盗んだ」発言…菅長官「絶句」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  120. ^ FNNニュース: 鳩山氏、「中国側がそう判断する可能性があると言った」と釈明
  121. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL260P2_W3A720C1000000/
  122. ^ 民主・枝野氏、クリミア訪問計画の鳩山元首相を「元自民」と突き放し 「今は民主にも属していない」 産経新聞 2015.3.6 20:12更新
  123. ^ 「鳩山氏を首相にした民主党は反省を」…クリミア入りで自民・高村副総裁 産経新聞 2015.3.11 11:46
  124. ^ 「旅券没収ならクリミア移住」=訪問強行の鳩山氏 時事通信 3月12日(木)23時6分配信
  125. ^ 鳩山元首相クリミア訪問強行 「日本人は洗脳されている」 FNN 03/13 04:47
  126. ^ “「深く失望」=鳩山元首相のクリミア訪問-米当局者”. 時事通信社. (2015年3月13日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031300045 2015年7月2日閲覧。 
  127. ^ “鳩山元首相「クリミア併合は必然かつ肯定されること」 親露政府がサイトで発言を強調”. 産経新聞. (2015年3月12日). http://www.sankei.com/world/news/150312/wor1503120056-n1.html 2016年9月27日閲覧。 
  128. ^ a b “ひざまずいて謝罪 韓国で鳩山元首相”. MSN産経ニュース. (2015年8月12日). http://www.sankei.com/world/news/150812/wor1508120035-n1.html 2016年6月5日閲覧。 
  129. ^ “鳩山元首相がひざまずいた、これは日本の最も尊厳ある瞬間だ―中国メディア”. Record China. (2015年8月13日). http://www.recordchina.co.jp/a116416.html 2016年6月5日閲覧。 
  130. ^ “鳩山氏、“謝罪”の次は「日本の軍事大国化懸念」宣言を発表 韓国世論を鼓舞”. MSN産経ニュース. (2015年8月13日). http://www.sankei.com/world/news/150813/wor1508130022-n1.html 2016年6月5日閲覧。 
  131. ^ “民主党が出した3人の恥かき首相”. WiLL. (2015年8月13日). http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150908-00010000-will-pol 2016年6月5日閲覧。 
  132. ^ 鳩菅が語る「民進党」 毎日新聞2016年3月24日
  133. ^ a b c d e f 鳩山由紀夫 1996
  134. ^ Пан-Европа Куденхове-Калерги – человек, проект(ロシア語). PANEUROPA.ru.
  135. ^ 1952年”. 沿革. 日本友愛青年協会. 2013年5月25日閲覧。
  136. ^ 1996年『論座』「わがリベラル友愛革命」
  137. ^ “衆議院本会議”. 6. 第147回国会. (2000-02-19). "私たちは、景気回復なくして財政再建なし、財政規律なくして景気回復なしと考えています。財政規律を重視しながら経済構造改革を進めることが我が国経済が生き延びる唯一無二の道であり、予算編成に当たってもこのような理念が根底になければなりません。同時に、財政健全化のビジョンを明確に示すことこそ、今この時代に生きる政治家の大きな責任であります。にもかかわらず、世界一の借金王と開き直る小渕総理の姿には、国民はあいた口がふさがりません。" 
  138. ^ 『朝日新聞』 2009年10月17日[要ページ番号]
  139. ^ 鳩山氏、消費税引き上げ論議は10年後産経新聞2009年8月11日
  140. ^ 『朝日新聞』 2009年5月16日[要ページ番号]
  141. ^ “首相、政権発足後にデノミ検討 藤井財務相辞任で頓挫?”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2009年3月19日). オリジナル2010年3月19日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0319-1930-43/www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100319ATFS1803H18032010.html 2010年3月19日閲覧。 
  142. ^ 「夫婦別姓「前から賛成」=民法改正案提出を後押し-鳩山首相」時事通信 2010年2月16日
  143. ^ 日本記者クラブ討論会 2009年5月15日[信頼性要検証]
  144. ^ a b “【鳩山会見詳報】(2)完 「友愛外交でEUできた」(26日午後)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年5月26日). オリジナル2009年5月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090528160854/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090526/plc0905261915025-n1.htm 
  145. ^ 「首相は国益損なった」鳩山代表、日朝首脳会談を批判民主党ニュース 2002年9月17日
  146. ^ 鳩山由紀夫「鳩山由紀夫メールマガジン」、『はあと通信』第296号、まぐまぐ2007年4月2009年10月17日閲覧。
  147. ^ “3野党、従軍慰安婦問題の解決を促す決起集会を開催” (プレスリリース), 民主党, (2002年5月31日), オリジナル2009年6月26日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2009-0626-2045-57/www.dpj.or.jp/news/?num=2057 2009年10月17日閲覧。 
  148. ^ “小泉総理の靖国神社参拝について(談話)” (プレスリリース), 民主党, (2006年8月15日), オリジナル2010年8月20日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20100820083345/http://www.dpj.or.jp/news/?num=8899 2009年10月31日閲覧。 
  149. ^ “四島一括「1000年たっても還らない」民主・鳩山氏”. asahi.com (朝日新聞社). (2007年3月1日). オリジナル2007年3月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070302093216/http://www.asahi.com/politics/update/0301/003.html 
  150. ^ “鳩山幹事長:北方領土で首相批判”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年2月20日). オリジナル2009年3月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090303221412/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090221k0000m010049000c.html 
  151. ^ 第170回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第3号(平成20年10月17日(金曜日))”. 会議録. 衆議院 (2008年10月17日). 2009年11月19日閲覧。
  152. ^ “海賊対策 鳩山民主幹事長、「海自活用を民主政権で積極検討」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年10月18日). オリジナル2009年3月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090306173142/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081018/stt0810181334001-n1.htm 2009年11月29日閲覧。 
  153. ^ “海賊対策で自衛隊派遣明記=対北、貨物検査や追加制裁も-民主政策集”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年7月23日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200907/2009072300334 2010年1月7日閲覧。 [リンク切れ]
  154. ^ 第170回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第3号(平成20年10月17日(金曜日))”. 会議録. 衆議院 (2008年10月17日). 2009年11月19日閲覧。
  155. ^ 時事通信、2000年12月7日[信頼性要検証]
  156. ^ 『毎日新聞』 2010年3月10日付け朝刊、1面。
  157. ^ 『毎日新聞』 2006年10月16日付け朝刊、2面。
  158. ^ 『毎日新聞』 1999年10月28日付け朝刊、2面。
  159. ^ 『毎日新聞』 2006年10月16日付け朝刊、2面。
  160. ^ 「民主・鳩山氏 寛仁殿下に同調 女系天皇容認を懸念」『産経新聞』 2005年11月19日付け朝刊
  161. ^ “天皇陛下と中国の習近平国家副主席が会見へ 鳩山首相「政治利用にはあたらない」”. フジニュースネットワーク (フジテレビジョン). (2009年12月11日). オリジナル2009年12月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091215124944/http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00168211.html 2009年12月12日閲覧。 
  162. ^ a b “来日中の豪外相、妻のクジラ料理を拒否した鳩山氏を称賛”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年6月26日). オリジナル2008年6月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080630234718/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080626/stt0806261208001-n1.htm 2009年11月17日閲覧。 
  163. ^ a b “鳩山首相「クジラ肉大嫌い!」 反捕鯨後押し? オランダ首相との会談で”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年10月30日). オリジナル2009年11月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091102045232/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091030/plc0910302316016-n1.htm 2009年11月17日閲覧。 
  164. ^ “総聯中央第1副議長、民主党代表と歓談/「参政権」慎重な対応を”. 朝鮮新報. (2000年3月15日). http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2000/sinboj2000-3/sinboj20000315/sinboj00031582.htm#%E7%B7%8F%E8%81%AF%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%AC%AC1%E5%89%AF%E8%AD%B0%E9%95%B7%EF%BC%8C%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%A8%E6%AD%93%E8%AB%87%EF%BC%8F%EF%BD%A2%E5%8F%82%E6%94%BF%E6%A8%A9%EF%BD%A3%E6%85%8E%E9%87%8D%E3%81%AA%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%82%92 2009年11月14日閲覧。 
  165. ^ “首相施政方針演説に対する代表質問(鳩山代表)” (プレスリリース), 民主党, (2001年2月5日), オリジナル2009年5月19日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20090519065649/http://www.dpj.or.jp/news/?num=8800 2009年11月14日閲覧。 
  166. ^ “民主・鳩山氏「定住外国人に参政権くらい付与されるべきだ」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年4月20日). オリジナル2009年4月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090421232331/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090420/stt0904202249007-n1.htm 2009年11月17日閲覧。 
  167. ^ “【鳩山幹事長会見詳報】「(永住外国人の地方参政権は)愛のテーマだ。付与されてしかるべき」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年4月24日). オリジナル2009年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090426041336/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090424/stt0904241727006-n1.htm 2009年11月17日閲覧。 
  168. ^ 衆議院会議録情報 第169回国会 本会議 第2号” (2008年1月21日). 2009年11月16日閲覧。
  169. ^ “外国人の生活改善対策検討へ”. NHKニュース (NHKオンライン). (2010年4月25日). オリジナル2010年4月26日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0426-1219-13/www3.nhk.or.jp/news/html/20100425/k10014065621000.html 2010年4月26日閲覧。 
  170. ^ “定住外国人・地方参政権付与、民主がマニフェスト記載見送りへ”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年5月31日). オリジナル2009年6月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090601185547/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090531/stt0905311938005-n1.htm 2009年11月17日閲覧。 
  171. ^ 北海道新聞社 2009, p. 64
  172. ^ “【中川昭一氏死去】「政治家志したきっかけだった」鳩山首相が弔問”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年10月5日). オリジナル2009年10月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091007231932/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091005/plc0910051238007-n1.htm 2009年10月17日閲覧。 
  173. ^ 2006年2月に公開された議員資産報告書による。“ブリヂストン、イオン、京セラ 民主党系企業の深層”. ZAKZAK (産経デジタル). (2009年9月9日). オリジナル2009年9月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090912075616/http://www.zakzak.co.jp/economy/company/news/20090909/cmp0909091603000-n1.htm 2009年12月1日閲覧。 
  174. ^ “鳩山法相「30〜40億円損した」世界同時株安で兄弟保有の株”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年1月22日). オリジナル2010年2月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100215130118/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100212/plc1002121338012-n2.htm 2010年2月15日閲覧。 
  175. ^ “鳩山代表が繁昌亭視察 「すばらしい話」と感心”. 大阪日日新聞 (新日本海新聞社). (2009年8月27日). オリジナル2009年8月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090829072354/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/090827/20090827034.html 2009年12月1日閲覧。 
  176. ^ 『オタクエリート No.1』ビブロス社刊2005年12月28日に出版。同誌「民主党幹事長・鳩山由紀夫が語るニッポンの漫画・アニメ 〜文化・産業としてのオタクコンテンツ〜」が掲載
  177. ^ “鳩山首相も“オタクエリート”だった”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2009年9月24日). http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20090924-547283.html 2009年12月1日閲覧。 
  178. ^ 鳩山元首相を中国の子ども記者27人が取材、「尊敬する政治家」「とても親しみやすかった」―中国紙 毎日中国経済 2013年7月9日[リンク切れ]
  179. ^ “鳩山由紀夫は『2ちゃんねる』大好き2ちゃんねらーだった!”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2009年9月29日). http://getnews.jp/archives/31189 2009年12月1日閲覧。 
  180. ^ 鳩山代表、韓国の俳優、イ・ソジン氏の表敬訪問受ける 民主党サイト 2009年9月14日
  181. ^ “鳩山幸さん、イ・ソジンの贈り物にマフラーでお返し”. 中央日報 日本語版 (中央日報社). (2009年11月30日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123346&servcode=700&sectcode=700 
  182. ^ “「第2のヨン様」イ・ソジン人気に沸く日本”. 中央日報 日本語版 (中央日報社). (2010年1月14日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=125063&servcode=700&sectcode=700 
  183. ^ 水沼啓子 (2009年5月18日). “【鳩山新代表】「夫婦で韓流ファン」と韓国紙 「麻生首相と因縁の戦い」とも”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナル2009年5月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090521161526/http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090518/kor0905181042001-n1.htm 2009年12月1日閲覧。 
  184. ^ The 2010 TIME 100 - Time誌
  185. ^ “【政治部デスクの斜め書き】「V字回復」は自己否定ではないか (1/3ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年6月13日). オリジナル2010年6月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100616075702/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100613/plc1006131801007-n1.htm 2010年6月13日閲覧。 
  186. ^ “鳩山氏不出馬 政権迷走の「第一走者」が退場”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年11月22日). http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121121-OYT1T01444.htm 2012年11月22日閲覧。 [リンク切れ]
  187. ^ 文藝春秋2018年二月号、~竹下から安倍まで~ 総理17人のベスト3 御厨貴/後藤謙次、173頁
  188. ^ “中国版“ノーベル平和賞”候補に鳩山元首相、韓国の朴大統領”. 夕刊フジ. (2014年10月12日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141012/frn1410121140008-n1.htm 2014年10月12日閲覧。 
  189. ^ 『友愛革命は可能か――公共哲学から考える』(平凡社新書, 2010年)および八木秀次「民主党政権を持ち上げた人々」(正論2011年1月号)[要ページ番号]
  190. ^ 篠原成行、森禎行 (2009年6月16日). “鳩山代表:「故人」献金 5人から計120万円”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナル2009年6月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090624190851/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090616k0000e040045000c.html 2009年6月20日閲覧。 
  191. ^ “「献金してない」証言次々 民主・鳩山氏の献金記載問題”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年6月25日). http://www.asahi.com/politics/update/0625/TKY200906250172.html 2009年6月26日閲覧。 [リンク切れ]
  192. ^ “【故人献金】鳩山会見(4)「献金は全くノータッチ」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年6月30日). オリジナル2009年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090703100723/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090630/stt0906302056018-n1.htm 2009年12月1日閲覧。 
  193. ^ “【故人献金】鳩山会見(1)「事実でない記載あった」”. MSN産経ニュース (産経デジタル): p. 2. (2009年6月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090630/stt0906302007014-n2.htm 2009年12月1日閲覧。 [リンク切れ]
  194. ^ “鳩山代表への偽装献金90人・2100万円…責任認め陳謝”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年6月30日). オリジナル2009年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090703103010/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090630-OYT1T00862.htm 2009年12月1日閲覧。 
  195. ^ “【故人献金】鳩山会見(5完)「自分なりの生き様で問題解決」”. MSN産経ニュース (産経デジタル): p. 2. (2009年6月30日). オリジナル2009年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090703102842/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090630/stt0906302127019-n2.htm 2009年12月1日閲覧。 
  196. ^ “匿名献金が突出 鳩山代表 5年で2億3千万円”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年7月1日). オリジナル2009年7月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090708093139/http://www.asahi.com/politics/update/0701/TKY200906300349.html 2009年12月1日閲覧。 
  197. ^ 自民党プロジェクトチームによる調査[信頼性要検証]
  198. ^ 水内茂幸 (2009年7月3日). “鳩山氏政治資金の謎 “故人”献金/クリスマス献金/生前贈与?”. MSN産経ニュース (産経デジタル): p. 2. オリジナル2009年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090706044439/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090703/stt0907032323015-n2.htm 2009年12月1日閲覧。 
  199. ^ “民主9区総支部の収支報告書虚偽記載疑惑 道議・市議は否定”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2009年7月3日). http://www.tomamin.co.jp/2009t/t09070303.html 2009年12月1日閲覧。 [リンク切れ]
  200. ^ “企業献金少なく、秘書に焦り=虚偽記載の動機で説明修正-民主・鳩山代表”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年7月3日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009070300946 [リンク切れ]
  201. ^ “献金偽装で首相不起訴に不服 「告発する会」が検察審に審査申し立て”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月28日). オリジナル2010年2月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100213092707/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100128/crm1001282026027-n1.htm 2010年1月29日閲覧。 
  202. ^ “献金偽装で鳩山氏「貸付金増加回避か」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年7月5日). オリジナル2009年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090706185639/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090705-OYT1T00095.htm 
  203. ^ 佐藤丈一、野口武則 (2009年7月7日). “虚偽献金問題:鳩山氏へ追及やまず 秘書の動機、依然不明”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナル2009年7月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090710041617/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090708k0000m010089000c.html 
  204. ^ “内閣支持率が続落19.7%に…読売調査”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年7月3日). オリジナル2009年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090706045024/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090703-OYT1T01000.htm 2009年12月1日閲覧。 
  205. ^ “献金偽装、自民が騒ぎ立てている…民主・岡田氏”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年7月4日). オリジナル2009年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090705232756/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090704-OYT1T00771.htm 
  206. ^ “閣僚の政治とカネ厳しく追及していく 鳩山幹事長が会見で” (プレスリリース), 民主党, (2007年9月7日), オリジナル2009年6月29日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20090629031013/http://www.dpj.or.jp/news/?num=11745 2009年12月1日閲覧。 
  207. ^ “「故人献金」昨年は8割=70人中55人が虚偽-鳩山首相の資金管理団体・政治資金”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年9月30日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200909/2009093000762 2009年12月1日閲覧。 [リンク切れ]
  208. ^ “鳩山氏献金:「寄付者」削除の10人「実は献金」”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年10月4日). オリジナル2009年10月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091005080705/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091004k0000m010116000c.html 
  209. ^ “首相の虚偽記載問題、参考人聴取 東京地検特捜部、捜査が本格化”. 47NEWS. 共同通信社 (全国新聞ネット). (2009年10月2日). http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100201001013.html 2009年10月9日閲覧。 
  210. ^ “【疑惑の濁流】故人、匿名、クリスマス…鳩山首相側が献金者の名前を“でっちあげた”のはナゼ?”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年10月18日). オリジナル2009年10月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091021072008/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091018/crm0910181311006-n1.htm 2009年10月18日閲覧。 
  211. ^ 『読売新聞』2009年10月4日[要ページ番号]
  212. ^ “匿名献金の大半、鳩山家から 偽装総額2億円に”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年10月25日). オリジナル2009年10月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091027030042/http://www.asahi.com/politics/update/1025/TKY200910240413.html 2009年10月25日閲覧。 
  213. ^ “辞任は当然 鳩山幹事長が小林自民党参院議員の辞任を受け記者団に” (プレスリリース), 民主党, (2007年9月4日), オリジナル2009年3月10日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20090310011556/http://www.dpj.or.jp/news/?num=11286 2009年10月30日閲覧。 
  214. ^ “閣僚の政治とカネ厳しく追及していく 鳩山幹事長が会見で” (プレスリリース), 民主党, (2007年9月7日), オリジナル2009年6月29日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20090629031013/http://www.dpj.or.jp/news/?num=11745 2009年10月30日閲覧。 
  215. ^ “野党時代の追及、自らにはね返る…首相答弁”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年11月4日). オリジナル2009年11月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091107110400/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091104-OYT1T00850.htm 2009年11月4日閲覧。 
  216. ^ “「わからない」連発=虚偽献金記載問題で鳩山首相”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年11月10日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a4%ef%a4%ab%a4%e9%a4%ca%a4%a4&k=200911/2009111001107 2009年11月10日閲覧。 [リンク切れ]
  217. ^ “偽装原資に母の資金約9億円 首相献金で東京地検解明へ”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年11月25日). オリジナル2009年11月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091128103337/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091125/crm0911251241025-n1.htm 2009年11月25日閲覧。 
  218. ^ “母の資金提供「贈与」、認定なら納税4億円超 首相偽装献金”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年11月29日). オリジナル2009年11月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091130045049/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091129/crm0911290230000-n1.htm 2009年11月29日閲覧。 
  219. ^ 国会会議録検索システム[リンク切れ]
  220. ^ “偽装献金:「責任を痛感 国民におわび」 鳩山首相、会見で謝罪”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年12月24日). オリジナル2012年7月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/qb7V 2009年12月24日閲覧。 [リンク切れ]
  221. ^ “首相「責任を痛感」 偽装献金問題、辞任は否定”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年12月24日). オリジナル2012年7月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/qb7V 2009年1月31日閲覧。 [リンク切れ]
  222. ^ “小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年1月16日). オリジナル2010年1月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100117201821/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100117k0000m010101000c.html 2010年1月19日閲覧。 
  223. ^ “「戦ってください」発言に批判集中”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月17日). オリジナル2010年1月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100120080456/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100117/plc1001172057012-n1.htm 2010年1月20日閲覧。 
  224. ^ “【産経抄】1月20日”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月20日). オリジナル2010年1月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100122082942/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100120/plc1001200257004-n1.htm 2010年1月20日閲覧。 
  225. ^ “【主張】首相の「検察批判」 不適切であり撤回求める”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月19日). オリジナル2010年1月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100121162523/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100119/plc1001190242001-n1.htm 2010年1月20日閲覧。 
  226. ^ “【主張】小沢幹事長 続投は受け入れられない”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月17日). オリジナル2010年1月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100119072805/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100117/stt1001170252001-n1.htm 2010年1月20日閲覧。 
  227. ^ 佐々淳行 (2010年1月20日). “【正論】初代内閣安全保障室長・佐々淳行 鳩山・小沢氏はバッジをはずせ”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナル2010年1月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100122082743/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100120/plc1001200240001-n1.htm 2010年1月20日閲覧。 
  228. ^ “小沢幹事長続投—首相も党も一丸の異様”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年1月17日). オリジナル2010年1月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100120091108/http://www.asahi.com/paper/editorial20100117.html 2010年1月20日閲覧。 
  229. ^ 竹内洋一 (2010年1月19日). “『小沢氏信頼』でも『検察信じる』 首相広がる矛盾”. 東京新聞 (中日新聞社). オリジナル2010年1月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100120220601/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010011902000081.html 2010年1月20日閲覧。 
  230. ^ “首相危うい『検察批判』 『戦ってください』発言 小沢氏擁護立場と矛盾”. 東京新聞 (中日新聞社). (2010年1月17日). オリジナル2010年1月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100120220601/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010011902000081.html 2010年1月20日閲覧。 
  231. ^ 高野孟 (2009年1月19日). “小沢政治資金をめぐる革命と反革命……鳩山政権は検察権力の横暴と対決せよ!”. 高野論説. THE JOURNAL. 2009年1月20日閲覧。
  232. ^ 鈴木宗男 (2010年1月17日). “2010年1月17日(日)”. ムネオ日記. 2010年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月12日閲覧。
  233. ^ “首相「検察批判でない」と釈明 「戦って」発言「不適切と思わず」”. NIKKEI NET (日本経済新聞社): p. 1. (2010年1月17日). オリジナル2010年1月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100122133851/http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt257/20100117ATFS1701K17012010.html 2010年1月19日閲覧。 
  234. ^ “【鳩山vs与謝野】(3)衆院予算委・首相「子分に金配っていない」(12日午前)(2/3ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年2月12日). オリジナル2010年2月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100215130118/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100212/plc1002121338012-n2.htm 2010年2月15日閲覧。 
  235. ^ “【鳩山vs与謝野】(3)衆院予算委・首相「子分に金配っていない」(12日午前)(3/3ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年2月12日). オリジナル2010年2月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100215125801/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100212/plc1002121338012-n3.htm 2010年2月15日閲覧。 
  236. ^ “首相「勝場君は、私がいなければ罪犯さなかった」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年3月29日). オリジナル2010年4月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100401062454/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100329-OYT1T00951.htm 
  237. ^ “鳩山前首相の政策秘書復職 偽装献金で罰金刑 公民権停止中”. しんぶん赤旗. (2010年9月7日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-09-07/2010090714_01_1.html 
  238. ^ “鳩山首相関連団体、ビル格安入居 母親所有、月10万円”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年10月1日). オリジナル2009年10月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091002231426/http://www.asahi.com/politics/update/0930/TKY200909300384.html 2009年12月1日閲覧。 
  239. ^ a b “首相、政治資金報告書に事務所の賃料未記載 会合などに利用”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2009年10月24日). オリジナル2009年10月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091028154614/http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091024AT3K2400A24102009.html 2009年12月1日閲覧。 
  240. ^ a b “首相、個人事務所の賃料未記載 政治資金規正法に抵触か”. 47NEWS. 共同通信社 (全国新聞ネット). (2009年10月24日). http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102401000282.html 2009年12月1日閲覧。 
  241. ^ 佐藤理 (2009年10月24日). “首相「記載義務ない」 個人事務所賃料の政治資金報告書”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). オリジナル2009年10月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091027031610/http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091024AT1G2402D24102009.html 2009年12月1日閲覧。 
  242. ^ “相場の5分の1以下のビル賃料、鳩山首相は「適正だと思う」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年10月3日). オリジナル2009年10月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091003025521/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091001/plc0910012329021-n1.htm 2009年10月9日閲覧。 
  243. ^ “鳩山首相:7200万円申告漏れ 08年株売却、修正へ”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年11月2日). オリジナル2009年11月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091103072317/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091102k0000m010120000c.html 2009年11月3日閲覧。 
  244. ^ “鳩山首相が衆院に資産訂正届”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年11月10日). オリジナル2009年11月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091115162320/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091110/plc0911102258021-n1.htm 2009年11月10日閲覧。 
  245. ^ “鳩山首相:5億円余記載漏れ 15銘柄28万株など”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年11月10日). オリジナル2009年11月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091115155800/http://mainichi.jp/select/seiji/seikenkotai/news/20091111k0000m010153000c.html 2009年11月10日閲覧。 
  246. ^ “鳩山首相「恵まれた家庭に育ったので…」と報告漏れを反省”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年11月11日). オリジナル2009年11月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091114100219/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091111/plc0911111951014-n1.htm 2009年11月11日閲覧。 
  247. ^ “衆院法務委、「脱税総理」発言で中断”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年11月17日). オリジナル2009年11月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091118023144/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091117/plc0911171244004-n1.htm 2009年11月17日閲覧。 
  248. ^ 戦争被害調査会法制定運動の流れ”. 戦争被害調査会法を実現する市民会議. 2009年12月1日閲覧。
  249. ^ 青木直人「中国の黒いワナ」P43-46(別冊宝島Real 2007年9月刊)
  250. ^ “中国と鳩山一族、歴史から関係を学ぶ”. livedoorニュース. PJオピニオン (ライブドア). (2009年9月23日). http://news.livedoor.com/article/detail/4359641/ 2010年4月2日閲覧。 [リンク切れ]
  251. ^ 鳩山友愛塾概要”. 鳩山友愛塾. 2009年12月1日閲覧。
  252. ^ 特定非営利活動法人日本・ロシア協会公式サイト ※日本・ロシア協会はロシア語表記にするとОбщество≪Япония-Россия≫である。
  253. ^ 概要”. 日本友愛青年協会. 2009年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月1日閲覧。
  254. ^ 東京芸術財団(TAF)とは-東京芸術財団
  255. ^ a b c d 岡山県ホームページ - 鳩山会館
  256. ^ [2]鳩山家に養女として入籍。薫子と改名(戸籍上は「薫」)
  257. ^ a b c 現総理大臣鳩山由紀夫氏と「勝山」について|真庭市[リンク切れ]
  258. ^ http://www.sponichi.co.jp/society/special/2010politics/KFullNormal20100315072.html
  259. ^ “鳩山首相の歌「翔びたて平和の鳩よ」 CDで再発売”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年10月19日). オリジナル2009年10月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091020103051/http://www.asahi.com/national/update/1014/TKY200910140445.html 2010年1月3日閲覧。 
  260. ^ [3]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鳩山由紀夫」の関連用語

鳩山由紀夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳩山由紀夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2018 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳩山由紀夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS