桂文枝_(6代目)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 桂文枝_(6代目)の意味・解説 

桂文枝 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 07:51 UTC 版)

六代 桂 文枝(ろくだい かつら ぶんし、1943年7月16日 - )は、日本の落語家タレント司会者社団法人上方落語協会前会長(第6代)。上方落語名跡桂文枝』の当代。 吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。師匠は桂小文枝(後の5代目桂文枝)。一般的に上方落語の世界では、単に「六代目」と言えば専ら6代目笑福亭松鶴を指すため「六代 桂 文枝」としている。現在、同一司会者によるトーク番組の最長放送世界記録保持者として、記録更新中である。




  1. ^ a b “文枝さん「堺へいらっしゃ~い」…名誉大使就任”. 読売新聞. (2016年12月4日). http://sp.yomiuri.co.jp/culture/20161204-OYT1T50050.html?from=ytop_ylist 2016年12月5日閲覧。 
  2. ^ ご挨拶 - 三枝改め 六代 桂文枝
  3. ^ 桂文枝ギネス認定「新婚さん」44年127日司会 - 日刊スポーツ、2015年7月3日閲覧
  4. ^ 桂文枝 吉本興業株式会社
  5. ^ a b c ドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリーNHK、「桂文枝」 2013年11月15日放送回。[信頼性要検証]
  6. ^ a b c d 読売新聞大阪本社文化部(編)『上方放送お笑い史』 読売新聞社、1999年 pp.110-113、pp.273-280
  7. ^ “桂三枝さん、師匠の名跡「桂文枝」襲名へ きん枝さんも「小文枝」に”. 産経新聞. (2009年1月1日). オリジナル2009年1月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2009-0107-1800-23/sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090101/tnr0901010121000-n1.htm 
  8. ^ ビックリ 席亭 桂三枝の落語的日常 2009年1月1日
  9. ^ “産経新聞の大誤報! 桂三枝の「文枝」襲名は事実無根だった”. サイゾー. (2009年1月7日). http://www.cyzo.com/2009/01/post_1391.html 2011年7月17日閲覧。 
  10. ^ “桂三枝、上方落語の大名跡「桂文枝」襲名へ”. ORICON STYLE. (2011年7月12日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/89744/full/ 2011年7月17日閲覧。 
  11. ^ “桂三枝、異例の二刀流プラン!「文枝」襲名後も「三枝」使う”. スポーツ報知. (2011年7月17日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110717-OHT1T00002.htm 2011年7月17日閲覧。 
  12. ^ 桂三枝さん、六代目「文枝」襲名 大阪で披露公演 日本経済新聞 2012年7月16日閲覧
  13. ^ 上方落語新会長に笑福亭仁智「真面目で熱心」桂文枝 - 日刊スポーツ 2018年5月31日
  14. ^ 六代 桂文枝、芸能生活50周年を記念し『オヨヨVISAカード』を発行いたします! 三井住友カード 2017年7月5日閲覧。
  15. ^ “桂文枝、大河初出演で“噺家枠”狙う 『真田丸』で千利休役「歴史変える」”. ORICON STYLE. (2015年9月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2059636/full/ 2015年9月24日閲覧。 
  16. ^ 紅の豚”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月2日閲覧。
  17. ^ 現在はライオンにブランドを承継。


「桂文枝 (6代目)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桂文枝_(6代目)」の関連用語

桂文枝_(6代目)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



桂文枝_(6代目)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桂文枝 (6代目) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS