ポニーキャニオンとは?

ポニーキャニオン

以下の映画ポニーキャニオン関連しています。


ポニーキャニオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/21 05:37 UTC 版)

株式会社ポニーキャニオン: PONY CANYON INC.)は、フジサンケイグループの大手映像・音楽ソフトメーカーである。通称は「ポニキャン[2][注 1]フジ・メディア・ホールディングスの連結子会社で、同社映像音楽グループに属する。




注釈

  1. ^ アニメ関連部門において、「ぽにきゃん.jp」(アニメ情報サイト)、「ぽにきゃんBOOKS」、『ぽにきゃん!アイドル倶楽部』等、ひらがな表記の「ぽにきゃん」を使用する事例もある。
  2. ^ JVAの前身である日本ビデオ協会発足(1971年)後で、両協会に会長を輩出した唯一の会員企業でもある[要出典]
  3. ^ フジパシフィックミュージックのWebサイト(英語版〈[1][リンク切れ]〉)に"PONY CANYON is one of the largest independent labels in the world."の記述がある。
  4. ^ フジテレビジョン(現:フジ・メディア・ホールディングス)によるニッポン放送の資産部門の吸収合併(現在のニッポン放送はこの時に分割し、放送事業を承継する為に設立された新会社。)、フジテレビの事業持株会社化。
  5. ^ 『ポニービデオ』発売以前には、NHKサービスセンター東映東宝などからビデオソフトが発売されている[7]
  6. ^ 2015年9月時点での所属アーティストで通算在籍期間が一番長いのは工藤静香だが、2000年から2002年までは別レーベルに所属しており、その後2005年まで活動休止していたため5年間の在籍期間の空白がある。また、Le Coupleのメンバーである藤田恵美はユニットとしての活動期間(1994年から)とソロでの活動期間(2001年から)を通算で計算した場合は、ソロで連続在籍期間最長のaiko(1998年デビュー)を4年間上回るものの、ユニット活動期間中に別レーベルから作品を発表している。
  7. ^ 提供クレジット変更は2017年1月期以降に適用。「セイレン」(音楽ソフト)「小林さんちのメイドラゴン」(映像ソフト、ただし、適用準備期間のためレーベルロゴは非表示)ほか一部タイトルにて新CIロゴを適用。
  8. ^ 1982年PCマーク制定から目玉マーク制定まで
  9. ^ 目玉マーク制定からポニーキャニオン発足まで
  10. ^ ポニーキャニオン発足から1996年まで
  11. ^ 1992年から2004年に新ロゴが制定されるまで
  12. ^ 2004年から2016年10月に新ロゴが制定されるまで
  13. ^ 2016年10月から
  14. ^ 後にアップフロントワークス(zetimaレーベル)に所属。
  15. ^ 同社設立前、当社はミルキィホームズ関連は映像作品販売のみの担当で、音楽制作はランティスが行っていた
  16. ^ 当時の社名は響ミュージック
  17. ^ 福原香織との声優ユニット・「かと*ふく」はエイベックス・ピクチャーズからのリリース。
  18. ^ のちに業態変更に伴いミディアと社名変更、現在はエイベックス・エンタテインメントへ吸収合併。

出典

  1. ^ a b c d e f g 第70期決算公告、2018年(平成30年)6月19日付「官報」(号外第131号)106頁。
  2. ^ ポニキャン×A-1 劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』が今年公開オリコンスタイル
  3. ^ 都市再生特別地区(虎ノ門一・二丁目地区) 都市計画(素案)の概要 (PDF)”. 森ビル株式会社 独立行政法人都市再生機構 東洋海事工業株式会社. 2018年12月10日閲覧。
  4. ^ ポニーキャニオン、2019年初夏に本社を移転”. Musicman-net (2018年10月1日). 2018年12月10日閲覧。
  5. ^ 検証日本ビデオソフト史 1章「五千億円産業説」とその波紋 1.熱気を呼んだ背景、日本映像ソフト協会。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  6. ^ 検証日本ビデオソフト史 2章 市販ソフトの胎動 2.フジ・ポニーの華々しい登場、日本映像ソフト協会。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  7. ^ 検証日本ビデオソフト史 2章 市販ソフトの胎動 1.最初期のビデオソフト、日本映像ソフト協会。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  8. ^ http://www.fujimediahd.co.jp/ir/pdf/report/r70m.pdf
  9. ^ 高嶋塾 Vol.8 キャニオン・レコード
  10. ^ 稲増龍夫、『アイドル工学』、筑摩書房、1989年、123頁
  11. ^ スワロウ 公式サイト”. 2018年2月15日閲覧。
  12. ^ ポニーキャニオンが”声優アーティストスクール”開講!第1期生募集スタート”. 2018年2月15日閲覧。
  13. ^ ポニーキャニオン、劇場配給作品のラインナップ発表会を実施”. Musicman-NET (2014年1月31日). 2017年8月9日閲覧。
  14. ^ 『ラ・ラ・ランド』リピーター続出で興収40億円突破!本年度実写で初”. シネマトゥデイ (2017年4月18日). 2017年8月9日閲覧。
  15. ^ INTERVIEW > OZROSAURUS part.1 - Black File


「ポニーキャニオン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポニーキャニオン」の関連用語

ポニーキャニオンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポニーキャニオンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポニーキャニオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS