ジャニーズ事務所とは? わかりやすく解説

ジャニーズ事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 17:00 UTC 版)

株式会社ジャニーズ事務所(ジャニーズじむしょ、: Johnny&Associates,Inc.)は、日本芸能プロダクションレーベル


注釈

  1. ^ こちらは「NHKプラス」・「TVer」などの「同時配信・見逃し配信」も含まれる。
  2. ^ それ以降は段階を追って配信が解禁され、他局の深夜番組、全日枠の番組の順だった。それ以前はゲスト出演回は配信対象外で、外部の映像利用は基本的に蓋かぶせであり、顔写真のみに留まる場合は蓋かぶせか、精密な似顔絵への差し替えの何れかだった。
  3. ^ 同事務所出演タレントの出演ドラマ(主に主演作品)も少数だが、一応編成されていた。フジテレビワンツーネクストフジテレビTWOが中心)が積極的。
  4. ^ 判りやすくいえば、全国向け配信のラジオNIKKEIはタイムフリーのみ規制されていた。
  5. ^ 骨つぼは発見されていないが、この時近藤は「自分の心の中にある母親の思い出までは盗めない」とコメントし同賞に出席、大賞を獲得した。
  6. ^ 5年後の第71回2020年)にも嵐、関ジャニ∞に加え、Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2King & Prince、そして初出場のSixTONESSnow Manと7組の事務所所属タレントの出場が当初発表された。しかし、Snow Manは、同年12月21日にメンバーの宮舘涼太が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、保健所から残りのメンバー8名全員が濃厚接触者に該当した。これにより芸能活動を一定期間停止し隔離生活により経過観察が行われることになったため番組出場を辞退。同事務所所属アーティストからの代替出場はなく、この回は6組出場となった。
  7. ^ エージェント契約。
  8. ^ 2022年7月16日から2023年8月31日まで期間限定での再結成。
  9. ^ 関連会社の株式会社TOKIO所属。
  10. ^ 山田、知念はNYC、NYC boysとしても出場。
  11. ^ 中島、菊池はNYC boysとしても出場。
  12. ^ 髙地と松村はNYC boys、森本はスノープリンス合唱団(企画コーナー)としても出場。

出典

  1. ^ 会社概要株式会社ジャニーズ事務所
  2. ^ “役員人事のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), ジャニーズ事務所, (2019年9月27日), https://www.johnny-associates.co.jp/news/info-223/ 2019年9月27日閲覧。 
  3. ^ a b c d 沿革”. ジャニーズ事務所. 2022年2月12日閲覧。
  4. ^ a b ジャニー社長(86)「稽古場たくさん入るビル欲しい」が実現して体調が回復 | 週刊女性PRIME”. web.archive.org (2022年7月27日). 2022年7月27日閲覧。
  5. ^ a b “ジャニーズ事務所100メートル移転 乃木坂のビル購入、関連会社も集約へ”. スポーツニッポン. (2018年2月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/17/kiji/20180216s00041000462000c.html 2022年2月17日閲覧。 
  6. ^ “あおい輝彦が独占手記、ジャニーさん死去に「兄貴を亡くした気持ち」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社: p. 1-2. (2019年7月11日). https://www.sanspo.com/article/20190711-LWMLWC32TBLKPOGWYYA6FU64TQ/ 2019年7月11日閲覧。 
  7. ^ 矢野, pp. 57–59.
  8. ^ 矢野, pp. 59–66.
  9. ^ 矢野, pp. 70–88.
  10. ^ 矢野, pp. 100–112.
  11. ^ 矢野, pp. 131–133.
  12. ^ 矢野, pp. 134–135.
  13. ^ a b c d e f アイドルなのに主戦場はバラエティ…“国民的アイドル”SMAPが開拓した、ジャニーズとしての新しい道とは?” (日本語). ダ・ヴィンチWeb. 2022年2月18日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g SMAPで男性アイドルがバラエティー本格進出 事務所の革命|芸能記者稼業 血風録”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2022年2月18日閲覧。
  15. ^ 矢野, p. 164.
  16. ^ Johnny's net”. web.archive.org (2018年11月30日). 2022年2月26日閲覧。
  17. ^ セクゾ松島聡 突発性パニック障害の治療専念で休養、当面の芸能活動休止 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年2月26日閲覧。
  18. ^ Johnny's net”. web.archive.org (2018年10月26日). 2022年2月26日閲覧。
  19. ^ 横山慧 (2019年1月17日). “滝沢秀明氏ジャニーズアイランド代表取締役社長就任”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901170000013.html 2022年2月17日閲覧。 
  20. ^ 滝沢秀明氏、新会社「ジャニーズアイランド」社長に就任 SnowMan改編を発表”. ORICON NEWS. 2022年2月13日閲覧。
  21. ^ “役員人事のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), ジャニーズ事務所, (2019年9月27日), https://www.johnny-associates.co.jp/news/info-223/ 2019年9月27日閲覧。 
  22. ^ 滝沢秀明の敏腕ぶりと「粛清」に期待と不安? 素行不良タレントの排除はありえるのか” (日本語). wezzy|ウェジー. 2022年2月13日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h 滝沢秀明、手越スキャンダルに徹底制裁! “ジャニーズ事務所クリーン化計画”で生まれ変わる?” (日本語). 日刊サイゾー (2020年5月16日). 2022年2月13日閲覧。
  24. ^ a b 那目鯛子 (2019年1月24日). “ジャニーズ子会社の社長になった滝沢秀明 まず最初にタッキーから警告を受けたタレントは誰だったのか?”. TABLO. https://tablo.jp/archives/1251 2022年2月17日閲覧。 
  25. ^ a b c d ジャニー喜多川とジャニーズJr.の「性的な関係」晩年まで? 元7 MEN 侍メンバーが新たに証言” (日本語). wezzy|ウェジー. 2022年2月13日閲覧。
  26. ^ a b 滝沢秀明の“ジャニーズ改革”に、ファン&業界人から「えこひいき」の声” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年2月13日閲覧。
  27. ^ a b c d 和歌子, 田幸. “《「A.B.C-Z」河合郁人が大炎上》「タキニ」が嫌われて「ジュリニ」が嫌われない“たったひとつの理由””. 文春オンライン. 2022年2月13日閲覧。
  28. ^ 非情なり滝沢社長…あっさり『光GENJI』の残党どもをクビ切り! - めるも” (日本語). ニュース&エンタメ情報『めるも』. 2022年2月13日閲覧。
  29. ^ 滝沢秀明の敏腕ぶりと「粛清」に期待と不安? 素行不良タレントの排除はありえるのか” (日本語). wezzy|ウェジー. 2022年2月13日閲覧。
  30. ^ 中居退所、長瀬脱退も想定内の滝沢秀明が唯一手を焼いている先輩ジャニーズ 「裸の王様」のおねだりにタッキーは鉄槌を食らわすのか? | Page 4” (日本語). TABLO (2020年3月9日). 2022年2月13日閲覧。
  31. ^ a b 滝沢秀明の“Jr.大量リストラ”に「ちょ待てよ」キムタク反旗か。女帝静香が後押し ジャニーズの救世主はどっちだ?” (日本語). まぐまぐニュース! (2021年1月18日). 2022年2月27日閲覧。
  32. ^ 滝沢秀明氏“22歳定年制”改革意図語る「親の責任としてちゃんと向き合うべき」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2022年2月13日閲覧。
  33. ^ 滝沢秀明、ファン反発の「J筋肉独裁」をジャニー氏「夢枕」でゴリ押し!?”. 日刊大衆. 2022年2月13日閲覧。
  34. ^ 滝沢秀明の“ジャニーズ改革”に、ファン&業界人から「えこひいき」の声” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年2月13日閲覧。
  35. ^ “ジャニーズ ゲーム配信に本格進出 22年元日YouTubeチャンネル開設”. スポーツニッポン. (2021年12月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/12/16/kiji/20211216s00041000117000c.html 2022年2月17日閲覧。 
  36. ^ Travis Japan世界デビューに宮近海斗「ジャニーさんが夢を語っている姿が浮かびます」(日刊スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年9月29日閲覧。
  37. ^ Travis Japan - YouTube”. www.youtube.com. 2022年9月29日閲覧。
  38. ^ 矢野, pp. 23–30.
  39. ^ a b 大野の日焼け、櫻井のへそピに激怒…嵐を導いたメリーさんの“ダメ出し”(4ページ目) | 女性自身” (日本語). WEB女性自身. 2022年2月27日閲覧。
  40. ^ a b “【急になぜ?】屋良朝幸、風間俊介ら4名がジャニーズJr.突然の卒業にファンは…”. モデルプレス. (2015年10月15日). https://mdpr.jp/other/detail/1533721 2017年10月29日閲覧。 
  41. ^ a b "ジャニーズJr. 制度が改定". スポーツ報知. 報知新聞社. 16 January 2021. 2021年1月16日閲覧
  42. ^ “ジャニーズ事務所への入り方、一番多いのは…”. zakzak. (2017年8月15日). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/170815/ent1708152560-n3.html 2019年2月23日閲覧。 
  43. ^ “KAT-TUNの中丸雄一がジャニーズの副業禁止に言及 元メンバーを意識か”. ライブドアニュース. (2015年12月20日). http://news.livedoor.com/article/detail/10977132 2019年2月23日閲覧。 
  44. ^ “Jemmy's!”. 布川敏和オフィシャルブログ 「ふっくんの日々是好日 ALLOHAPPY」. (2012年9月28日). https://ameblo.jp/fucknfuckn/entry-11365884140.html 2019年7月20日閲覧。 
  45. ^ 例としてAKB48、モーニング娘
  46. ^ SANSPO.COM”. web.archive.org (2003年10月5日). 2022年9月30日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g 掃除、ダンス、ファン対策……ジャニーズJr.の超ハード生活” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年2月27日閲覧。
  48. ^ a b c 山田涼介が経験したジャニーズJr.の熾烈な下積み時代” (日本語). news.allabout.co.jp. 2022年7月16日閲覧。
  49. ^ 嵐の東京ドームコンサート、メンバーこだわりのケータリング蕎麦が美味しそう” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年2月27日閲覧。
  50. ^ a b 山田涼介の努力がすごすぎる 競争社会ジャニーズをいかに勝ち抜いたか” (日本語). デイリー新潮. 2022年7月16日閲覧。
  51. ^ “ジャニーズがネット進出、WEST主演ドラマを配信”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1797262.html 2017年10月29日閲覧。 
  52. ^ “ジャニーズの「時代錯誤」に宣戦布告! 稲垣・草なぎ・香取がネット解禁 (1/4)”. デイリー新潮 (新潮社). (2017年9月30日). https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09300710/?all=1 2018年7月11日閲覧。 
  53. ^ “ジャニーズの「時代錯誤」に宣戦布告! 稲垣・草なぎ・香取がネット解禁 (3/4)”. デイリー新潮 (新潮社). (2017年9月30日). https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09300710/?all=1&page=3 2018年7月11日閲覧。 
  54. ^ “ジャニーズはなぜインターネットをガン無視するのか? 戦後日本文化の「特異点」を語る (3/3)”. 現代ビジネス (講談社). (2017年1月4日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50616?page=3 2021年1月13日閲覧。 
  55. ^ “ジャニーズ写真解禁に「時代が変わった」 初取材の記者が、リハーサル画像と振り返るNHK紅白歌合戦2018 (1/3)”. ねとらぼ (ITmedia). (2019年1月16日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/06/news019.html 2018年1月31日閲覧。 
  56. ^ “ジャニーズ、ネット上での“情報革命”が話題「ついに」「時代が変わっていく…」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年8月13日). https://mdpr.jp/news/detail/1706899 2017年8月24日閲覧。 
  57. ^ “雑誌、書籍の表紙掲載のジャニーズタレント写真がネット解禁”. NEWSポストセブン (小学館). (2018年4月4日). https://www.news-postseven.com/archives/20180405_664713.html 2018年4月5日閲覧。 
  58. ^ “木村拓哉がLINEスタンプに CMはYouTube公開、ネット進出にも注目?”. KAI-YOU (カイユウ). (2017年12月25日). https://kai-you.net/article/48903 2018年1月31日閲覧。 
  59. ^ “ジャニーズ画像ついにネット解禁!? ドラマサイトが続々"イラスト→実写"に”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2010年1月20日). https://www.cyzo.com/2010/01/post_3664_entry.html 2021年1月13日閲覧。 
  60. ^ “ジャニーズ、Netfrixなど動画配信サービス次々参入……木村拓哉も登場でファン騒然”. サイゾーウーマン (サイゾー). (2018年7月26日). https://www.cyzowoman.com/2018/07/post_194810_1.html 2018年9月12日閲覧。 
  61. ^ “河野外務大臣による滝沢秀明氏に対する日UAE親善大使委嘱状交付”. 報道発表 (外務省). (2017年8月31日). https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004960.html 2018年1月31日閲覧。 
  62. ^ “香取慎吾、退所後初イベント資料に異例の“一文” WEB媒体からもフラッシュの嵐”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年10月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2098958/full/ 2017年10月29日閲覧。 
  63. ^ “ジャニーズWEST主演『炎の転校生 REBORN』11月10日配信決定 7人のシルエットビジュアルも”. Real Sound (blueprint). (2017年9月8日). https://realsound.jp/movie/2017/09/post-107394.html 2019年2月23日閲覧。 
  64. ^ “ジャニーズ、公式サイトで顔写真の掲載開始”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年1月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1738250 2019年2月23日閲覧。 
  65. ^ “錦戸亮、ジャニーズ初の会見で流ちょうな英語で挨拶「死ぬほど緊張した!」”. MOVIE WALKER PRESS (ムービーウォーカー). (2018年1月31日). https://moviewalker.jp/news/article/135956 2019年2月23日閲覧。 
  66. ^ a b “ジャニーズ 写真をネット解禁 一部制限付で”. デイリースポーツ (デイリースポーツ). (2017年1月31日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/31/0010945873.shtml 2018年1月31日閲覧。 
  67. ^ “錦戸亮、英語スピーチに「将来はハリウッド?」の声 ジャニーズのネット写真解禁で先陣切る”. ねとらぼ (ITmedia). (2018年2月1日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/01/news120.html 2019年2月23日閲覧。 
  68. ^ 映画『羊の木』(@eigahitsujinoki)の2018年1月31日のツイート2018年1月31日閲覧。
  69. ^ “ジャニーズ、写真の使用条件を緩和 配信写真もネット解禁に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/12/kiji/20180211s00041000388000c.html 2018年2月17日閲覧。 
  70. ^ “ジャニーズ×YouTube、ネットへ舵を切る理由”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803050000082.html 2019年2月23日閲覧。 
  71. ^ https://twitter.com/johnnys” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  72. ^ https://twitter.com/jshop_info” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  73. ^ https://twitter.com/j_islandstore” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  74. ^ https://twitter.com/jweb_since2003” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  75. ^ https://twitter.com/jgr_info” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  76. ^ https://twitter.com/smileup_project” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  77. ^ https://twitter.com/j_islandtv” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  78. ^ https://twitter.com/islandtv_up” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  79. ^ https://twitter.com/j_jr_ch” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  80. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  81. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  82. ^ https://twitter.com/tokioinc_2021” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  83. ^ https://twitter.com/20thcentury_sin” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  84. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  85. ^ https://twitter.com/abcz_official” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  86. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  87. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  88. ^ King & Prince - YouTube”. www.youtube.com. 2022年6月26日閲覧。
  89. ^ TikTok”. www.tiktok.com. 2022年6月26日閲覧。
  90. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  91. ^ SixTONES - YouTube”. www.youtube.com. 2022年6月26日閲覧。
  92. ^ Snow Man - YouTube”. www.youtube.com. 2022年6月26日閲覧。
  93. ^ Sina Visitor System”. passport.weibo.com. 2022年6月26日閲覧。
  94. ^ なにわ男子 - YouTube”. www.youtube.com. 2022年6月26日閲覧。
  95. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  96. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  97. ^ Sina Visitor System”. passport.weibo.com. 2022年6月26日閲覧。
  98. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  99. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  100. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  101. ^ https://twitter.com/tokioinc_taichi” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  102. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  103. ^ https://twitter.com/j_ohkura_88” (日本語). Twitter. 2022年6月26日閲覧。
  104. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  105. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2022年6月26日閲覧。
  106. ^ “国際女性デー特集「Dear Girls(ディアガールズ)」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/special/deargirls/ 2021年1月13日閲覧。 
  107. ^ ジャニーズ スポニチアネックス
  108. ^ 二宮和也待望の女児誕生「ホッと」嵐メンバー初パパ 日刊スポーツ 2021年3月6日
  109. ^ 香取慎吾プロフィール”. TBS RADIO. 1999年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月13日閲覧。
  110. ^ MK net Circuit”. MK Company. 2000年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月13日閲覧。
  111. ^ 平成23年12月22日 近藤真彦氏一行による表敬 | 平成23年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ” (日本語). www.kantei.go.jp. 2022年7月13日閲覧。
  112. ^ “ジャニーズには通じぬ“ラジオ革命”「タイムフリー聴取機能」NGに局員も苦笑い (2/2ページ)”. ZAKZAK. (2016年10月31日). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161031/enn1610311530008-n2.htm 2017年8月24日閲覧。 
  113. ^ radiko、ジャニーズ所属タレント出演番組がエリア&タイムフリーで聴取可能に、AV Watch、2018年3月27日
  114. ^ “ドワンゴジェイピー ジャニーズスペシャル”. https://pc.dwango.jp/recommends/johnnys 2019年1月19日閲覧。 
  115. ^ 【レコチョク】ジャニーズ特集”. 2022年9月14日閲覧。
  116. ^ “嵐が一部楽曲をストリーミングへ解禁”. Billboard JAPAN. (2019年10月9日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/80929/2 2019年11月1日閲覧。 
  117. ^ “嵐20周年 SNS一斉解禁 全シングル配信&初のデジタルシングルリリースも”. オリコン. (2019年11月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2147952/full/ 2019年11月5日閲覧。 
  118. ^ a b c “キムタクが日本アカデミー賞辞退”. 日刊スポーツ. (2006年12月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061220-132636.html 2015年2月27日閲覧。 
  119. ^ a b c 国分敦 (2015年2月1日). “【リレーコラム国分論】岡田准一受賞で盛り上がる映画界”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20150201-OHT1T50067.html 2015年2月27日閲覧。 
  120. ^ a b “事務所の一分で?キムタク辞退”. スポーツニッポン. (2006年12月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20061220049.html 2015年2月27日閲覧。 
  121. ^ 平本淳也 (2013年12月30日). “盛り上がらない「日本レコード大賞」にトドメを刺したジャニーズとは?”. 東京ブレイキングニュース. https://web.archive.org/web/20140102110002/http://n-knuckles.com/media/johnnys/news000983.html 2015年2月27日閲覧。 
  122. ^ “岡田准一、アカデミー賞を辞退せず受賞”. デイリースポーツ. (2015年1月14日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/01/14/0007657296.shtml 2015年2月27日閲覧。 
  123. ^ “【第39回日本アカデミー賞】二宮和也が最優秀主演男優賞を初受賞!声を震わせ感謝語る”. 映画.com. (2016年3月4日). https://eiga.com/news/20160304/27/ 2017年10月29日閲覧。 
  124. ^ V6 20周年に紅白初出場!朝の顔・井ノ原、官兵衛・岡田で大貢献”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2014年11月21日). 2016年3月4日閲覧。
  125. ^ ARTISTS. Johnny's net (n.d.) 2021年11月2日閲覧。
  126. ^ ジャニーズ公式サイトで俳優・風間俊介、屋良朝幸らのページがオープン! ジャニーズJr.からは卒業”. T-SITEニュース (2015年10月15日). 2015年11月20日閲覧。
  127. ^ ふぉ~ゆ~. Johnny's net (n.d.) 2018年3月13日閲覧。
  128. ^ 浜中文一. Johnny's net (n.d.) 2018年3月13日閲覧。
  129. ^ 役員人事のお知らせ”. ジャニーズ事務所 (2020年9月4日). 2020年9月5日閲覧。
  130. ^ クンクン 国税庁法人番号公表サイト
  131. ^ 元SMAP3人の出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委”. 日本放送協会. 2019年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月18日閲覧。
  132. ^ SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委”. 毎日新聞社. 2019年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月18日閲覧。
  133. ^ a b 「文春オンライン」特集班. “《“辞めジャニ外し”証拠メール公開》「新しい地図」香取慎吾主演ドラマの裏で「HY」が突如降板のワケ「ジャニーズと弊社との関係性を鑑み…」”. 文春オンライン. 2022年2月13日閲覧。
  134. ^ よくある質問コーナー(独占禁止法)”. 公正取引委員会. 2019年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月17日閲覧。
  135. ^ Webページ[134] 「法的措置ではない警告や注意とはどのようなものですか。」の部分
  136. ^ “ジャニーズ事務所から圧力” 民放テレビ関係者が公取に証言”. 日本放送協会. 2019年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月18日閲覧。
  137. ^ “ジャニーズを公取が注意した件で民放各局が「圧力」否定”. サンケイスポーツ. (2019年7月19日). https://www.sanspo.com/article/20190719-EXZS7ZAPVRK7FKPRPIMXTKXXHQ/ 2019年7月20日閲覧。 
  138. ^ “NHK ジャニーズ事務所公取委問題で「圧力についてはまったくありません」”. スポニチ. (2019年7月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/24/kiji/20190724s00041000305000c.html 2019年7月25日閲覧。 
  139. ^ “NHKがジャニーズ圧力否定「まったくありません」”. 日刊スポーツ. (2019年7月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907240000783.html 2019年7月25日閲覧。 
  140. ^ 公正取引委員会「人材と競争政策に関する検討会報告書のポイント - 人材に関する独占禁止法適用についての考え方」 (PDF) 2019年8月27日閲覧
  141. ^ 芸能界独立ラッシュ、「ローラ」「南沢奈央」「神田うの」も デメリットは? デイリー新潮 2020年7月23日
  142. ^ 「文春オンライン」特集班. “《関係者へ一斉取材》香取慎吾主演ドラマから「HY」を降板させた “辞めジャニ外しメール”の真相 レコード会社は「当社役員がご指摘の内容のメールを送ったことは事実」”. 文春オンライン. 2022年2月13日閲覧。
  143. ^ a b ジャニーズ事務所「圧力」を否定、調査を受けた事を認める 「元SMAP」3人の民放出演巡り【発表全文】”. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社. 2019年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月19日閲覧。
  144. ^ ジャニーズショップ、公式オンラインストアが5月6日オープン” (日本語). ねとらぼ. 2019年12月24日閲覧。


「ジャニーズ事務所」の続きの解説一覧

ジャニーズ事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 06:12 UTC 版)

飯島三智」の記事における「ジャニーズ事務所」の解説

ジャニーズ事務所黎明期から事務所関係の深い酒井政利推薦により、同事務所入社SMAPデビューした当時は事務職として勤務していた。大学卒業したばかりだった飯島はたまたSMAPデビュー関わり、自ら希望してマネージャーとなった最初売れず苦労したが、バラエティー番組など新たな活躍の場開拓し、彼らの成長精魂をこめた。その後20年以上に渡り彼らを担当しSMAP国民的アイドル育て上げた2011年からNEWS脱退後山下智久Kis-My-Ft2マネジメント担当マネジメント担当タレント以外にもジャニー喜多川社長プロデュース担当していたタレントテレビ出演ブッキング任されていた(退社時前はSexy ZoneA.B.C-ZジャニーズJr.)。同年中華人民共和国温家宝国務院総理要請実現した北京講演のために訪中したSMAP人民大会堂対日外交担当者唐家璇会見した際にメリー喜多川とともに立ち会った2016年1月12日ジェイ・ドリーム取締役辞任し同月中にジャニーズ事務所からも退社することが明らとなったSMAP解散は、飯島退社大きな関連があるとされている詳細は「SMAP解散騒動を参照 ジャニーズ事務所退社後、『週刊現代』(同年7月25日発売)の突撃取材を受け、その後予定について「何も決まっていません。でも、芸能(の仕事)はないです」「普通に生活したいので。ホント静かにしていたんです」などと回答した

※この「ジャニーズ事務所」の解説は、「飯島三智」の解説の一部です。
「ジャニーズ事務所」を含む「飯島三智」の記事については、「飯島三智」の概要を参照ください。


ジャニーズ事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 10:23 UTC 版)

パパドル!」の記事における「ジャニーズ事務所」の解説

現実世界のジャニーズ事務所については「ジャニーズ事務所」を参照 脇坂 正平 演 - えなりかずき 関ジャニ∞現場マネージャー運転手他人驚くほど、常に失敗し仕事出来ない現場空気読めず全く反省する気がない関ジャニ∞メンバーには「ワッキー」と呼ばれている。 間宮 義春 演 - 八嶋智人 関ジャニ∞のグループマネージャー。デビュー当時から支えてきたスタッフ関ジャニ世界でNo.1アイドル育てるのが夢である。 朝比奈 元子 演 - 財前直見 関ジャニ∞チーフマネージャーただならぬオーラ放ち相手威圧する勝手に結婚した錦戸ペナルティとして、3ヶ月猶予与えた上で「ジャニーズ事務所からの離脱」または「離婚」、どちらか選ぶよう迫る。関ジャニ∞メンバーには裏でゲンコ」と呼ばれている。 関ジャニ∞ 演 - 関ジャニ∞ 錦戸所属するグループメンバー岡島 充 演 - 城島茂TOKIO) 元アイドル、「串焼みつる」店主。「銀河GALAXY」というユニット名でジャニーズ事務所に所属していた。女性問題解雇される

※この「ジャニーズ事務所」の解説は、「パパドル!」の解説の一部です。
「ジャニーズ事務所」を含む「パパドル!」の記事については、「パパドル!」の概要を参照ください。


ジャニーズ事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:35 UTC 版)

諸星和己」の記事における「ジャニーズ事務所」の解説

1984年中学2年生5月友達家出をして上京その際国鉄原宿駅前にてジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川直接スカウトされた(詳細後述)。その後1986年1月18日日本テレビアイドル花組おとこ組』の出演者オーディションを受ける形で正式にジャニーズ事務所に入所この時同期には、後に光GENJIでも一緒になる山本淳一がいた。 1987年4月5日〜、『サブロー・シローの歌え!ヤング大放送』に光GENJI前身グループに当たるGENJI」として番組開始時からレギュラー出演オープニングテーマ「今、君と歌いたい」を歌った1987年8月19日光GENJIメンバーとしてレコードデビュー光GENJI時代メンバーカラーピンク天真爛漫なキャラクター印象的な笑顔でメンバーの中で人気知名度共に最も高く爆発的な人気を得たレコードジャケットポスター撮影などでも多くの場合中心に位置していた他、1990年頃まで頭にはバンダナ巻き羽根付けるなど衣装他のメンバーのものより一工夫されたものを身に付けることが多くグループフロントマンアイコン的な立ち位置だった。その凄まじ人気社会現象となり光GENJIは「最後のスーパーアイドル」と称されている。 1994年3月、「一匹狼」でソロデビュー1994年8月大沢樹生佐藤寛之2人大阪城ホールでのコンサート最後に脱退この時諸星涙ながら笑顔で「もし何か辛いこと悲しいこと…何かあったら、いつでも光GENJI2つの席は空けてるんで、戻ってこいよ」と伝えて佐藤寛之に花を渡し泣き崩れる大沢樹生背中抱擁した1995年9月1日最後のミュージックステーション出演回数234回歴トップ1995年9月3日光GENJI SUPER 5解散卒業コンサートではローラースケート揃えて脱ぎファン感謝思い伝えたアンコール諸星ファン中へダイブした。 光GENJI光GENJI SUPER 5としてシングル総売上 29タイトル 計1,530万枚アルバム総売上 29タイトル880万枚VIDEO総売上 15タイトル320コンサート動員 539公演3336,594

※この「ジャニーズ事務所」の解説は、「諸星和己」の解説の一部です。
「ジャニーズ事務所」を含む「諸星和己」の記事については、「諸星和己」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャニーズ事務所」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ジャニーズ事務所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャニーズ事務所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャニーズ事務所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの飯島三智 (改訂履歴)、パパドル! (改訂履歴)、諸星和己 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS