能とは?

【得・能

( 副 )
動詞「う(得)」の連用形から〕
下に否定表現伴って不可能の意を表す。…できない。全く…しない。 「帝、はた、まして-忍びあへ給はず/源氏 桐壺
下に肯定表現伴って可能の意を表す。できる。 「其の暴浪あらなみおのずからなぎて、御船進みき/古事記 中訓

のう 【能】

[1]
物事成し遂げることのできる力。はたらき。 「 -もなければ芸もない」 「 -無し
意とすること。自慢とすること。 「しゃべるだけが-じゃない
ききめ。効能。 「 -書き
わざ。技芸芸能。 「 -ある遊び法師ども/徒然 54
[0][1]
日本中世芸能で、舞踊と劇の要素を含んだもの。猿楽能田楽能延年能など。
のうち、特に猿楽能のこと。南北朝室町時代観阿弥世阿弥父子将軍足利義満保護を受けて大成した歌舞劇で、江戸時代幕府式楽として栄えた。明治以降能楽ともいうが、この場合広義には狂言を含む。舞まいと謡うたい囃子はやしの三要素から成り囃子は笛・小鼓大鼓太鼓の四楽器で奏される。主人公を演じるのはシテ方、その相手役を演じるのはワキ方楽器演奏するのは囃子方と、それぞれの役が専門職として分化している。それぞれに流派があり、現在シテ方には観世宝生金春こんぱる金剛喜多五流がある。謡の詞章謡曲といい、題材源氏物語平家物語など古典からとられることが多く、現在上演可能な作品として約二三五番を伝えている。これらは五番立てで演じられる際の上演順によって、脇能物初番目物)・修羅しゆら物(二番目物)・鬘かずら物(三番目物)・雑物四番目物)・切能五番目物)に分類され、俗に、神男女狂鬼しんなんによきようきという。

【のう】[漢字]

【悩(惱)】 なう [音] ノウ
【納】 なふ [音] ノウトウ ・ナ ・ナッ ・ナン
おさめる。
支払う。 「納税納付前納怠納滞納未納
届ける。 「納期納入納品納本
贈る。さしあげる。 「納経納采のうさい奉納
しまう。しまい込む。 「納棺納骨納屋なや納戸なんど
受け入れる。 「納受納涼納得なつとく嘉納かのう受納笑納出納すいとう
【能】 [音] ノウ
できる。よくできる。 「能士能書能筆能文能弁能吏・可能・堪能たんのうかんのう)・不能不可能」
能楽のこと。 「能面能狂言能装束
能登のと国」の略。 「能州
【脳(腦)】 なう [音] ノウ
頭蓋骨中にある神経細胞集まりのうみそ。 「脳漿のうしよう脳髄間脳小脳大脳脳溢血のういつけつ
考える力。頭のはたらき。 「脳裏頭脳洗脳
中枢となる重要なもの。 「主脳首脳髄脳
【農】 [音] ノウ
耕作する人。 「豪農篤農老農小作農自作農
【濃】 [音] ノウ
こい。 「濃艶のうえん濃厚濃紺濃縮濃淡濃度濃緑濃硫酸
美濃みの国」の略。 「濃州濃尾
【 膿 】 [音] ノウ
うみ。 「膿汁化膿
【 曩なう [音] ノウ
さき。以前。むかし。 「曩時曩日曩祖
【 囊 なう [音] ノウ
物を入れるもの。ふくろ。 「 囊中囊底衣囊財囊砂囊知囊土囊氷囊


読み方:ノウnou

中世芸能の一。

別名 能楽


のう 【能】

仏教用語。ある動作主体となるものをいう。これに対し客体となるものを所という。これにより種々の熟語がある。能依・所依依存するものとされるもの)、能縁所縁認識するものとされるもの)、能観・所観(見るもと見られるもの)、能帰・所帰(帰依するものとされるもの=凡夫と仏)、能化所化教化する者とされる者)、能詮所詮言い表す文句と言い表された理)など。能と所とを合して能所という。

読み方ノウ

能とは、幽霊精霊天女物狂いなどが登場する仮面劇です。

主役演ずるシテ方は、面(おもて)を身に付けることで、それらの役になりきります。
まるで、そうした人ならぬ存在が、面を通して憑依するように。

そこで語られるものは、執念妄念に彩られた心残り物語
死してなお続く苦しみ、死してなお忘れることのできない恋心運命翻弄されさまよう辛さ
亡者鬼 が登場する、おどろおどろしく、悲しい物語です。

また、一方で世の太平愛でるものや、天狗精霊龍神などが活躍するスペクタクル物語あり ます

これらの物語が、ふたつの形式で語られます。
一方は、現行能と呼ばれる現在進行形で語られるもの 。
もう一方は、夢幻能呼ばれる夢と現実が混ざり合う幻想的なものです。

関連用語
面/狂言シテ能楽能楽堂


作者岡本喬

収載図書煩悩譚試文
出版社同成社
刊行年月2008.6


読み方
たくみ
のう
のうざき
のざき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/09 05:39 UTC 版)

(のう)は、日本の伝統芸能である能楽の一分野。江戸時代までは猿楽と呼ばれ、狂言とともに能楽と総称されるようになったのは明治維新後のことである。




  1. ^ 国指定文化財等データベース - 重要無形文化財 能楽
  2. ^ 実世界に題材を求めた世俗的な科白劇が狂言
  3. ^ 『新版 能・狂言事典』、310頁
  4. ^ Le théâtre Nôgaku
  5. ^ 氷川まりこ・梅若六郎『能の新世紀』
  6. ^ 金剛流・喜多流では伯母捨
  7. ^ 喜多流では湯谷


「能」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/04/01 14:14 UTC 版)

発音

名詞

  1. (ノウ) 物事成し遂げることのできるはたらき
  2. (ノウ) 得意とすること。自慢とすること。
  3. (ノウ) ききめ。効能
  4. (ノウ) わざ。技芸芸能
  5. (ノウ) 日本中世成立した芸能で、舞踊要素含んだもの。猿楽能田楽能延年能など。

副詞

  1. () 下に否定表現伴って不可能意味表す。~できない全く~しない。
  2. () 下に肯定表現伴って可能意味表すできる

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「能」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式投資に役立つレポートの一覧

    証券会社では、株式投資に役立つレポートを提供しています。レポートは、口座開設者に無料で提供しているものがほとんどですが、中には口座を開設していなくても閲覧できるレポートもあります。レポートの内容は、そ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「能」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

能のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



能のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2018 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS