シテとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > シテの意味・解説 

して

動詞「する」の連用形接続助詞「て」から》

[格助]名詞活用語連体形副詞助詞などに付く。

動作ともにする人数範囲を表す。「みんなして考えよう」

もとより友とする人一人二人行きけり」〈伊勢・九〉

動作をさせられる人を表す。「私をして言わしめれば、その説明では承服しかねる

(かぢ)取り―幣(ぬさ)奉(たいまつ)らするに、幣の東(ひむがし)へ散れば」〈土佐

多く「にして」の形で)動作行われる時間空間を表す。「三〇歳にして独立する」

勝軍王と申す大王前に―此を競(くら)ぶ」〈今昔一・九

動作の手段・方法材料などを表す。

「そこなりける岩に、指(および)の血―書きつけける」〈伊勢・二四〉

[接助]形容詞形容動詞一部助動詞連用形に付く。上代では接尾語「み」にも付く。

上の事柄を受け、それと並ぶ事柄または推移する事柄へと続ける。「策を用いずして勝つ」

そのような状態で」の意で下へ続ける。

「ばっと消ゆるが如く―失(う)せにけり」〈平家・三〉

理由原因を表す。

「これはにぶく―あやまちあるべし」〈徒然一八五〉

逆接を表す。

格子(かうし)どもも、人はなく―開(あ)きぬ」〈竹取〉

[副助]副詞助詞などに付いて、意味・語調強める。「一瞬にして家が倒壊した」「先生からしてあんな事をする」

[補説] 2現代語漢文訓読調の文体では、「をして」の形で用いられる。


し‐て【仕手/為手】

《「し」はサ変動詞「する」の連用形。「仕」は当て字

あることをする人。やりて。「世話の―がない」

(ふつう「シテ」と書く)能・狂言主人公の役。また、その演者中入りのあるときは前ジテと後(のち)ジテとがあるが、同一役者が演じる。→ワキツレアド

仕手株式市場などで、投機によって大きな利益を得ることを目的として、大量売買をする人。仕手筋。「―戦」


し‐て

[接]動詞「する」の連用形接続助詞「て」から》前に述べた事柄を受けて、それに続けて言うことを導く語。そして。それで。「してご用の趣きは」


為手

読み方:シテ(shite)

何かをする人


シテ

読み方:シテ

シテとは、主人公のこと。
また、主人公演ずる者を、「シテ」(して)と呼びます。

演目によっては、主人公途中で舞台から下がる場合あります
たとえば、前半人間の女として現れ後半に鬼となるような場合です。
このとき、前半を「前シテ(まえして)」、後半を「後シテ(のちして)」と呼びます。

ちなみに前半は「前場(まえば)」、後半は「後場(のちば)」と呼ばれます。

と言って思い浮かぶ、面(おもて)をつけて扇を持ち、舞っているのは、このシテの姿です。
狂言主役もシテと呼ばれます。こちらは、狂言方担当します。

関連用語
面/扇/狂言前場後場


志手

読み方:シテ(shite)

所在 大分県大分市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

シテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 08:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

シテ

一覧

関連項目



シテ

出典:『Wiktionary』 (2012/06/26 23:44 UTC 版)

名詞

シテ仕手為手

  1. 能楽狂言等にて、曲中の主たる技を行う[1]主役

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シテ」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||


8
76% |||||

9
76% |||||


シテのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シテのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2020 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシテ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシテ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS