LISMOとは? わかりやすく解説

リスモ【LISMO】


LISMO

音楽のほかの用語一覧
技術・規格:  kHz  グラフィックイコライザ  LA音源  LISMO  MG  MIDI  mLAN

LISMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 00:10 UTC 版)

LISMO(リスモ、au LISTEN MOBILE SERVICE)とは、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話2006年1月からサービス展開の携帯電話パソコンを組み合わせた音楽配信および電子書籍閲覧の総合サービス。


注釈

  1. ^ LISMO Videoは2013年3月31日にサービスを終了。
  2. ^ iOS機種の場合、au非加入のユーザーでも、AppleIDでソフトウェア月額買切による聴取が可能だった。
  3. ^ 独自のインターネット配信『Brandnew J』を実施のJ-WAVEはシステムの対応が遅れたため、配信開始が同年3月15日になった。
  4. ^ サービス開始後に開局したInterFM NAGOYA(後にRadio NEOに社名変更。2020年6月30日に放送事業終了・停波)はLISMO WAVEでの配信は行っていない。ただし、radikoでは2015年7月より2020年6月まで同局のサイマル送信を行っていた。
  5. ^ 2020年7月に「AuDee」にサービス名変更。
  6. ^ 2020年に新たにFM8局がradikoによる配信を開始し、最終的に2020年8月まで我が国のFM局で唯一radiko未配信になっていたFM徳島も2020年9月1日JST12時から配信に参加することになり、FM・AM・SWを含む全99社が出そろった。
  7. ^ 別途、有料会員制で全国の放送局を受信できるradikoプレミアム・エリアフリーもあり
  8. ^ 特に、TOKYO FMのチャンネル(2013年11月頃から)や、同局が製作するJFN加盟局向けのネットワーク番組とJ-WAVE(2014年4月1日から)、ふくしまFM、エフエム山口Hi-Sixエフエム大分(以上4局2015年6月確認)では、ほぼすべてのコマーシャルがそのまま放送されている。
  9. ^ 主に、ジャニーズ事務所所属のアイドルの出演する放送がBGMに差し替えられている。radikoではこれらの事象が2018年4月から解消されているが、当サービスでは引き続き配信が制限されているものもある。これ以外の一部アーティストの番組(松山千春のON THE RADIOなど)でもBGMに差し替えられている場合がある。
  10. ^ 2016年8月3日よりうたパスと統合されサービス終了。
  11. ^ なお2013年6月1日以降は事実上の後継サービスとなる「KKBOX」、もしくは「うたパス」を利用する事となる。
  12. ^ カメラなしモデルのK011 Z(KY011 Z)を含む。
  13. ^ ただし、別途au Marketから同アプリをダウンロードし、インストールする事で利用可能となっていた。
  14. ^ ただし、対応機種からAPKファイルを送信し、インストールする事で聴取のみ可能である。
  15. ^ 現:三洋テクノソリューションズ鳥取
  16. ^ 後日、アップデートにて対応。
  17. ^ iOS 4.3以降の対応。
  18. ^ ソフトバンク向け、およびドコモ向けのiPhoneiPadと3G通信非対応のiPad・iPad mini・iPod Touchも対応。利用はいずれもau IDの取得が必要だった。
  19. ^ CM本編では水沢エレナと共演。
  20. ^ CM本編では上野樹里も登場していた。
  21. ^ a b c CM本編には川口春奈が出演していた。その後、川口はau向けスマートフォンであるisai LGL22納入メーカーオリジナルのCMに出演している。

出典



「LISMO」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

LISMOのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LISMOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLISMOの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLISMO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS