T003とは?

T003

T003 画像1
T003 画像2

T003 画像3
T003 画像4

T003 画像5
T003 画像6

仕様 (スペック)

サイズ&重量 50 (W) × 115 (H) × 11.6 (D) mm (閉じた状態) / 約118g
連続通話時間(音声通話時) 240分 (日本国使用時)
連続待受時間 260時間 (日本国使用時)
ディスプレイサイズ
(メイン/サブ)
3.0インチ / ―
ディスプレイタイプ
(メイン)
TFT
液晶最大表示色
(メイン/サブ)
26色 / ―
カメラ 有効画素数/撮影素子 322万画素/CMOS
撮影ライト
オートフォーカス撮影
手振れ補正機能※1・手振れ軽減機能※1
フォト機能 最大撮影サイズ2,048×1,536ドット
連写撮影 9 / 4連写
ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)
3.2倍 / 12段階
ムービー機能 長時間録画
(最大サイズ・最大時間)
VGA=90(注1)

ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)

4.4倍 / 23段階
Eメール 受信メール保存件数※2 約2.66MB または 1,000
送信メール保存件数※2 約1.45MB または 500
データ容量 データフォルダ容量※2 約100MB または 1,500
外部メモリ
(対応カード最大容量)※3
16GB microSDHC (class2以上) / セキュア対応
ワンセグ連続視聴時間
(DBEXON時/DBEXOFF時)※4
約3時間00分 / 約3時間00
LISMO 音楽連続再生時間 (DBEX™ON時/DBEX™OFF時)※4 36時間40分 / 約38時間20
アドレス帳登録件数
(電話帳/Eメールアドレス)
1,000件 (5件 / 5件)
ハンズフリー機能
バイリンガル機能 <bilingual>
防犯ブザー
辞書機能 電子辞書
オリジナル機能 開閉ロック
レグザリンク
カスタマイズキー
覗き見防止
ダウンロードフォント
標準セット オープン価格

T003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/26 18:42 UTC 版)

T003(ティー ぜろぜろさん)は、東芝および東芝モバイルコミュニケーション社(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)によって開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応音声用端末である。製造型番はTS003(ティーエス ぜろぜろさん)。




  1. ^ 最厚部は約14.9mm
  2. ^ Class2以上を推奨
  3. ^ 2010年2月現在の時点において。
  4. ^ ただし2011年7月発売のT007の最初期製造分まで。
  5. ^ Bluetoothに対応した2009年モデル以降の一部のトヨタ純正カーナビ(2009年モデルでの例・NHZA-W59G、NSDT-W59)が必要。
  6. ^ ただし2画面同時表示には非対応。
  7. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2010年6月24日


「T003」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「T003」に関係したコラム

  • ETFの銘柄の呼値は

    ETFの呼値とは、ETFの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば、価格が1,000円の場合の呼値は1円と決められています(2012年9月現在)。よって、最小の値下りは9...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「T003」の関連用語

T003のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W63SA

Xmini

Wooo

SH006

mamorino

W62CA

S002

SH001





T003のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
au by KDDIau by KDDI
COPYRIGHT © 2003-2017 KDDI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのT003 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS