K002とは?

K002

K002 画像1
K002 画像2

K002 画像3
K002 画像4

K002 画像5
K002 画像6

K002 画像7
K002 画像8

仕様 (スペック)

サイズ&重量 50 (W) × 110 (H) × 10.9 (D) mm (閉じた状態) / 約117g
連続通話時間(音声通話時) 250
連続待受時間 320時間
ディスプレイサイズ
(メイン/サブ)
3.0インチ / ―
ディスプレイタイプ
(メイン)
TFT (IPS)
液晶最大表示色
(メイン/サブ)
26色 / ―
カメラ機能 有効画素数/撮影素子 320万画素 / CMOS
撮影ライト
オートフォーカス撮影
手振れ補正機能※1・手振れ軽減機能※1
フォト機能 最大撮影サイズ2,048×1,536ドット
連写撮影 9連写
ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)
6.4倍 / 30段階
ムービー機能 長時間録画
(最大サイズ・最大時間)
QVGA=60(注1)

ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)

8倍 / 20段階
Eメール 受信メール保存件数※2
(最大容量/最大保存件数)
約2.5MB または 1,000
送信メール保存件数※2
(最大容量/最大保存件数)
約1.0MB または 500
データ容量 データフォルダ容量※2
(最大容量/最大保存件数)
約85MB または 1,000
外部メモリ
(対応カード最大容量)※3
16GB microSDHC / セキュア対応
ワンセグ連続視聴時間 約4時間40
LISMO 音楽連続再生時間 (DBEX™ON時/DBEX™OFF時)※4 32時間30分 / 約32時間30
アドレス帳登録件数
(電話番号件数/Eメールアドレス件数)(1件あたり)
1,000件 (3件 / 3件)
ハンズフリー機能
バイリンガル機能 <bilingual>
防犯ブザー
辞書機能 モバイル辞典
オリジナル機能 とじるとロック
すぐ文字
セカンドメニュー
ピクトインフォメーション
名刺リーダー
標準セット オープン価格

K002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 21:25 UTC 版)

K002(けー ぜろぜろに)は、京セラが日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN(後のau 3G)対応携帯電話である。製造型番はKY002(けーわい ぜろぜろに)。




  1. ^ 2012年7月23日より利用不可
  2. ^ 最厚部は13.5mm。
  3. ^ そのためか、同キャリア向けのKYOCERAブランド機としては先行発売されたK001(KY001)およびNS01(KYX01)同様、旧・三洋電機(大阪)携帯電話開発チームとの合同開発となっている。
  4. ^ 「CDMA 1X WIN」サービスの終了について - KDDI 2018年11月16日
  5. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2010年6月24日
  6. ^ 2009年10月12日から10月18日までの同キャリア向けの携帯販売ランキングにおいて初めての首位を獲得している(GfK Japan調べ)。
  7. ^ 本端末を特に丁寧に扱った場合であれば塗装面が大きく剥離する事はまず少ない。


「K002」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「K002」の関連用語

1
36% |||||


3
10% |||||

4
10% |||||

5
8% |||||

6
8% |||||

7
8% |||||

8
6% |||||


10
6% |||||

K002のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



K002のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
au by KDDIau by KDDI
COPYRIGHT © 2003-2021 KDDI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのK002 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS