標準とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 標準 > 標準の意味・解説 

ひょう‐じゅん〔ヘウ‐〕【標準】

判断よりどころや行動の目安となるもの。基準。「標準に合わない」

平均的であること。また、その度合い数値並み。「標準に及ばない」「標準の体重

[用法] 標準・基準——「あなたは何を標準(基準)にしてそう判断するのですか」「標準(基準)の数値」など、目安よりどころの意味では両語とも使える。◇「標準」は平均的度合いとか最も普通のタイプといった意で使われることが多い。「標準サイズ」「標準より多い収穫量」「標準仕様」◇「基準」は「基準をゆるめる」「建築基準」「最低基準」など、守るべきものとして定められた目安に言うほか、「昨年度基準とした場合伸び率」のように判断よりどころとする程度数値をもいう。


ひょう‐じゅん ヘウ‥ 【標準】

〔名〕 (「標」はくい、「準」は水準(みずもり)の意。いずれも建築の際の基礎測量用いるもの)

判断行動などのよりどころとするものや比較のもとにするもの。

(イ) 目じるし。スタンダード基準水準

語孟字義(1705)下「若中人之資、以此為志、必有等凌自立標準之病

思出の記190001)〈徳富蘆花〉六「批評判定の標準も」〔孫綽丞相王導碑〕

(ロ) そこに達すべきよりどころ目標手本模範。のり。

正法眼蔵123153弁道話「ほとけ仏にさづけてよこしまなことなきは、すなはち自受用三昧、その標準なり」〔韓愈伯夷頌〕

平均的度合また、その程度のもの。なみ。普通。

結婚1967)〈三浦哲郎〉四「二十日もしたら標準まで殖えるでしょうそうしたら帰してあげますと病院ではいっている」


標準化

(標準 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 16:04 UTC 版)

標準化(ひょうじゅんか、英語standardization(スタンダーディゼーション))という用語は、文脈によって様々な意味を持つ。「標準(standard)」という用語には、相互運用のための広く合意されたガイドラインという意味が含まれ、「標準化」はそのような標準を確立する過程を指すのが一般的である。




「標準化」の続きの解説一覧

標準

出典:『Wiktionary』 (2020/05/05 07:00 UTC 版)

名詞

ひょうじゅん

  1. 物事判断よりどころとなるもの。基準
  2. 目標となるもの。水準
  3. 最も一般的程度平均的度合い

発音

ひょ↗ーじゅん

翻訳




標準と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「標準」に関係したコラム

  • FXやCFDの標準偏差チャネルとは

    FXやCFDの標準偏差チャネルとは、線形回帰線から一定の標準偏差分を乖離した直線のことです。標準偏差チャネルは、線形回帰線からプラスに乖離した直線と、マイナスに乖離した直線の2本の線を描画します。下の...

  • FXのボリンジャーバンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のボリンジャーバンド(略称、ボリバン)とは、現在の為替レートが高値圏にあるか安値圏にあるかを判断するためのテクニカル指標です。また、ボリンジャーバンドはトレンドの転換点を見つ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のローソク足の設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、チャートの表示形式が標準ではバーチャート(Bar Chart)に設定されています。MT4では、バーチャート以外に...

  • 株式分析のヒストリカル・ボラティリティとは

    株式分析のヒストリカル・ボラティリティ(Historical Volatility)とは、過去の株価のデータから、将来の株価の変動率を求めるテクニカル指標のことです。ヒストリカル・ボラティリティは、H...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のStandard Deviationの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のStandard Deviationの見方について解説します。Standard Deviationは、過去の為替レー...

  • FXのチャート分析ソフトMT4とは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、ロシアのMetaQuotesSoftwareが開発したソフトウェアです。MT4は無料で公開され、だれでも自由に利用...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「標準」の関連用語

標準のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



標準のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標準化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの標準 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS