生薬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > > 生薬の意味・解説 

き‐ぐすり【生薬】

しょうやく(生薬)」に同じ。


しょう‐やく〔シヤウ‐〕【生薬】

植物動物鉱物などを、そのまま、または簡単な処理をして医薬品あるいは医薬原料供するもの。西欧生薬・和漢薬民間薬などに分けられる。きぐすりせいやく


せい‐やく【生薬】

しょうやく(生薬)


いき‐ぐすり【生薬】

〔名〕 =いくくすり(生薬)


いく‐くすり【生薬】

〔名〕 (「いく」は、四段動詞「いく(生)」の連体形起死回生不老不死の薬いきぐすり

拾遺(1005‐07頃か)別・三三一「かめ山にいくくすりのみ有りければとがむる方もなき別れ哉〈戒秀〉」

[補注]近世語源を誤って「いく」を「幾」と解し、幾種類かの、いろいろのの意とした例として、「好色一代男‐七」の「田舎大じん印籠あけて、いくかあたえけるを」などがある。


き‐ぐすり【生薬】

〔名〕 漢方で、まだ調剤してない材料のままのしょうやく

俳諧独吟一日千句(1675)第四砂糖のむら消 木の上りまたるるも」


しょう‐やく シャウ‥ 【生薬】

〔名〕 根茎木皮果実種子または犀角(さいかく)・麝香(じゃこう)・熊胆(くまのい)などの、動植物鉱物全体あるいは一部を、原形のままで、もしくは人工をあまり加えずに用い医薬品きぐすり。〔現代術語辞典1931)〕


せい‐やく【生薬】

〔名〕 ⇒しょうやく(生薬)


生薬

読み方:イクグスリ(ikugusuri)

(1)起死回生、また不老長寿の薬
(2)いくらか


生薬

【仮名】しょうやく
原文herbal medicine

健康の改善や、疾患予防治療のために、植物の根、、花、種を用いて作る

生薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/18 04:02 UTC 版)

生薬(しょうやく、きぐすり、: Crude drug)とは、天然に存在する薬効を持つ産物を、そこから有効成分を精製することなく、体質の改善を目的として用いる薬の総称。生薬の大半は植物由来のものであるが、動物や鉱物などに由来するものもある[1]。世界各地の伝統医学で多くの生薬が用いられている。


  1. ^ a b 漢方ですこやか生活 日本漢方製薬製剤協会、2019年9月21日閲覧。
  2. ^ a b 花輪寿彦 2003, pp. 286-288.
  3. ^ a b c 馬場篤 1996, p. 4.
  4. ^ a b c d 陳維華ほか原著、木村郁子ほか翻訳『薬対論』南山堂、2019年、2頁
  5. ^ 小山幸伸「薬種」『日本歴史大事典 3』小学館2001年
  6. ^ “【厚労省】西洋ハーブ製剤の承認申請‐海外データ活用を容認”. 薬事日報. (2007年3月28日). http://www.yakuji.co.jp/entry2615.html 2015年10月1日閲覧。 
  7. ^ 第43回生薬分析シンポジウム食品と医薬品の境界
  8. ^ DNA配列情報を利用したブラックコホシュ国内市場品の基原鑑別
  9. ^ 富山大学和漢医薬学総合研究所民族薬物研究センター民族薬物資料館



生薬

出典:『Wiktionary』 (2015/11/01 02:40 UTC 版)

名詞

  (いきぐすりいくぐすりきぐすりしょうやくせいやく)

  1. いきぐすりいくぐすり不老不死
  2. きぐすりしょうやくせいやく動物植物鉱物などをあまり加工せずに医薬品として用いること。



生薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生薬」の関連用語

生薬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS