酵素とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 酵素 > 酵素の意味・解説 

酵素

英訳・(英)同義/類義語:enzyme, Metabolic pathway

タンパク質のうちで、特に生体反応についての特異的な触媒作用有するものの総称

酵素


酵素

【仮名】こうそ
原文enzyme

体内起き化学反応速度を上げる蛋白

酵素(こうそ)

生物がつくる蛋白質一種で、各種の化学反応触媒をする。たとえば、α-アミラーゼ酸性プロテアーゼなど。

酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/07 13:00 UTC 版)

(こうそ、: enzyme)とは、生体内外で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を「酵素的」反応という。このことについて酵素の構造や反応機構を研究する古典的な学問領域が、酵素学 (こうそがく、: enzymology)である。


注釈

  1. ^ "E.C." や "EC." と表記される例もある。
  2. ^ EC番号は酵素の特性によって分類されるので、同じ EC番号であっても異なる配列のタンパク質の酵素が含まれる。
  3. ^ 1,000cal/molが約4.2kJ/molに相当する。

出典

  1. ^ Murphy JM, Farhan H, Eyers PA (2017). “Bio-Zombie: the rise of pseudoenzymes in biology”. Biochem Soc Trans 45 (2): 537–544. doi:10.1042/bst20160400. PMID 28408493. 
  2. ^ Murphy JM, et al. (2014). “A robust methodology to subclassify pseudokinases based on their nucleotide-binding properties”. Biochemical Journal 457 (2): 323–334. doi:10.1042/BJ20131174. PMC 5679212. PMID 24107129. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5679212/. 
  3. ^ a b 北川裕久、田島秀浩 、中川原寿俊ら「膵頭部癌術後の消化吸収障害に対する高力価・腸溶性膵消化酵素剤投与の有用性についての検討」『膵臓』第28巻第2号、2013年4月25日、 178-184頁、 doi:10.2958/suizo.28.178NAID 10031178027
  4. ^ a b 伊藤鉄英、安田幹彦、河辺顕ら「慢性膵炎の栄養療法」『日本消化器病學會雜誌』第104巻第12号、2007年12月5日、 1722-1727頁、 doi:10.11405/nisshoshi.104.1722
  5. ^ Raja, MMM; Raja, A; Imran, MM; Santha, AMI; Devasena, K (2011). “Enzymes Application in Diagnostic Prospects”. Biotechnology 10 (1): 51-59. doi:10.3923/biotech.2011.51.59. 
  6. ^ Payen, A; Persoz, JF (1833). “Mémoire sur la diastase, les principaux produits de ses réactions et leurs applications aux arts industriels” (French trans-title=Memoir on diastase, the principal products of its reactions, and their applications to the industrial arts). Annales de chimie et de physique. 2nd 53: 73-92. https://books.google.com/?id=Q9I3AAAAMAAJ&pg=PA73. 
  7. ^ Theodor Schwann. Encyclopædia Britannica. 2007. Encyclopædia Britannica Online.
  8. ^ Harper, D (2001). "enzyme". Online Etymology Dictionary.
  9. ^ Kühne W (1876). “Über das Verhalten verschiedener organisirter und sog. ungeformter Fermente” (German). Verhandlungen des naturhistorisch-medicinischen Vereins zu Heidelberg. new series 1 (3): 190-193. https://books.google.com/?id=jzdMAAAAYAAJ&pg=PA190. 
  10. ^ 徳重正信、「酵素」『世界大百科事典』(CD-ROM版、第2版)、日立デジタル平凡社、1998年。
  11. ^ Fischer E (1894). “Einfluss der Configuration auf die Wirkung der Enzyme”. Ber Dt Chem Ges 27: 2985-93. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k90736r/f364.chemindefer. 
  12. ^ 1946 Nobel prize for Chemistry laureates at http://nobelprize.org
  13. ^ The Nobel Prize in Chemistry 1946”. The Nobel Prize. NobelPrize.org. 2018年11月4日閲覧。
  14. ^ 1989 Nobel prize for Chemistrylaureates at http://nobelprize.org
  15. ^ Eisenmesser EZ, Bosco DA, Akke M, Kern D (2002). “Enzyme dynamics during catalysis”. Science 295: 1520-3.  PMID 11859194.
  16. ^ Agarwal PK (2005). Role of protein dynamics in reaction rate enhancement by enzymes. journal=J Am Chem Soc. 127. pp. 15248-56.  PMID 16248667.
  17. ^ Eisenmesser EZ, Millet O, Labeikovsky W, Korzhnev DM, Wolf-Watz M, Bosco DA, Skalicky JJ, Kay LE, Kern D (2005). “Intrinsic dynamics of an enzyme underlies catalysis”. Nature 438: 117-21.  PMID 16267559.
  18. ^ 吉岡 政七, 遠藤 克己『新生化学ガイドブック』南江堂、1969年、82-119ページ。
  19. ^ a b c d 一島英治『酵素の化学』朝倉書店、1995年。ISBN 4-254-14555-1
  20. ^ Sang-Hwan Oh, Ganther HE, Hoekstra WG (1974). “Selenium as a Component of Glutathione Peroxidase Isolated from Ovine Erythrocytest”. Biochemistry 13: 1825-9.  [1]
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u "Molecule of the Month" RCSB PDB
  22. ^ 長倉三郎他編「補欠分子族」『理化学辞典』5版、岩波書店、1998年。長倉三郎他編「補酵素」『理化学辞典』5版、岩波書店、1998年。
  23. ^ 『レーニンジャーの新生化学[上]』第4版、廣川書店、監修/山科郁男 編集/中山和久
  24. ^ JIS K 3600:2000日本産業標準調査会経済産業省
  25. ^ 吉岡 政七, 遠藤 克己『新生化学ガイドブック』南江堂、1969年、89ページ。
  26. ^ 長倉三郎他編「代謝調節」 『理化学辞典』5版、岩波書店、1998年。
  27. ^ a b 今井誠一『味噌』農山漁村文化協会、2002年。27-29頁。
  28. ^ Roxas M (2008-12). “The role of enzyme supplementation in digestive disorders” (pdf). Altern Med Rev 13 (4): 307–14. PMID 19152478. https://altmedrev.com/wp-content/uploads/2019/02/v13-4-307.pdf. 
  29. ^ タカヂアスターゼ 日本薬学会
  30. ^ 消化酵素製剤解説 処方薬辞典”. 日経メディカル. 2018年7月26日閲覧。
  31. ^ Leite AP, de Oliveira BG, Soares MF, Barrocas DL (2012-9). “Use and effectiveness of papain in the wound healing process: a systematic review”. Rev Gaucha Enferm 33 (3): 198–207. doi:10.1590/s1983-14472012000300026. PMID 23405827. https://doi.org/10.1590/s1983-14472012000300026. 
  32. ^ Risk Assessments”. HERA Human and Environmental Risk Assessment on ingredients of household cleaning products. HERA. 2018年11月4日閲覧。
  33. ^ 高機能バイオセンサー事業部会編『高機能バイオセンサー』化学工業日報社、2003年。ISBN 4-87326-429-4
  34. ^ T.A. Brown著、村松正實監訳『ゲノム 新しい生命情報システムへのアプローチ』メディカル・サイエンス・インターナショナル、2000年。ISBN 4-89592-237-5
  35. ^ Nitta I, Ueda T, Watanabe K (1998). “Possivble involvement of Escherichia coli 23S ribosomal RNA in peptide bond formation”. RNA 4: 257-67. 
  36. ^ Nitta I, Kamada Y, Noda H, Ueda T, Watanabe K (1998). “Reconstitution of peptide bond formation with Escherichia coli 23S ribosomal RNA domains”. Science 281: 666-9.  PMID 9685252.
  37. ^ Scott WG, Klug A (1996). “Ribozymes: structure and mechanism in RNA catalysis”. Trends Biochem Sci 21: 351-5. 
  38. ^ Szathmary E, Smith JM (1993). “The evolution of chromosomes. II. Molecular mechanisms”. J Theoret Biol 164: 447-54. 
  39. ^ Csermely P (1997). “Proteins, RNAs and chaperones in enzyme evolution: a folding perspective”. Trends Biochem Sci 22: 147-9. 
  40. ^ Giovanna Ghirlanda, "Old enzymes, new tricks", Nature 453, 164-166 (2008). doi:10.1038/453164a



酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 01:02 UTC 版)

洗浄助剤」の記事における「酵素」の解説

生体内生成される触媒作用を持つ物質で、タンパク質主成分としている。1913年ドイツ動物乾燥膵臓原料とした洗剤発売されたのが酵素入り洗剤始まりとされる現在では洗剤添加されるものは枯草菌カビ類などの微生物培養して作られ脂肪分解するリパーゼデンプン分解するアミラーゼタンパク質分解するプロテアーゼ繊維分解するセルラーゼなどが代表的である。低温では効果損なわれるため、40程度ぬるま湯での洗浄効果的である。

※この「酵素」の解説は、「洗浄助剤」の解説の一部です。
「酵素」を含む「洗浄助剤」の記事については、「洗浄助剤」の概要を参照ください。


酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 15:56 UTC 版)

エキソソーム複合体」の記事における「酵素」の解説

既に示したように、エキソソームリボヌクレアーゼ活性を持つタンパク質多く含む。エキソソームは元々、RNA分子3'末端から分解する3'-5'エキソリボヌクレアーゼだったが、これらのドメインは、進化ともなって様々な活性得たり失ったりしてきた。エキソソーム含まれるエキソリボヌクレアーゼ加リン酸分解RNase PHタンパク)か、真核細胞では加水分解RNase R、RNase Dドメインタンパク)酵素である。加リン酸分解酵素はホスホジエステル結合切断無機リン酸を用いヌクレオチド二リン酸放出する加水分解酵素切断用いヌクレオチドリン酸放出する古細菌では、Rrp41サブユニット加リン酸分解エキソリボヌクレアーゼである。このユニットが環構造内に3個存在し酵素活性を担う。真核細胞では、RNase PHサブユニットには酵素活性はない。つまり、環構造内に酵素活性のあるタンパク含まれていない。それにも関わらずエキソソーム中心部構造古細菌からヒトまで高度に保存されており、何らかの重要な細胞機能を持つと考えられている。真核細胞では加リン酸分解活性欠如する代わりに別の加水分解酵素リボヌクレアーゼ活性を担う。 酵母エキソソームには加水分解酵素Rrp6、Rrp44が付随しているが、ヒトではRrp44の位置にDis3またはDis3L1が入っている。元々、S1ドメインを持つタンパクが3'-5'加水分解性エキソリボヌクレアーゼ活性を持つと考えられていたが、最近ではその活性存在疑問視されており、分解前の基質複合体結合しておく役割を持つと考えられている。

※この「酵素」の解説は、「エキソソーム複合体」の解説の一部です。
「酵素」を含む「エキソソーム複合体」の記事については、「エキソソーム複合体」の概要を参照ください。


酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 07:00 UTC 版)

ADPリボース化」の記事における「酵素」の解説

ADPリボース化反応ADPリボシルトランスフェラーゼという酵素によって触媒され、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドNAD+)からアルギニングルタミン酸アスパラギン酸などの残基ADPリボース転移させるヒトではNADからアルギニンADPリボースを移す1種類の酵素のみが見つかっていて、ヒストンなどのタンパク質修飾している。この反応可逆で、例えADPリボシルアルギニンのADPリボースは、ADPリボシルアルギニンヒドロラーゼによって除去することができる。 ADPリボースまた、ポリADPリボース化作用呼ばれる反応によって長い側鎖持ったタンパク質転移するともできる。この修飾反応は、原核生物酵母を除くほとんど全ての真核生物見られるポリADPリボースポリメラーゼによって触媒される。ポリADPリボース化は、DNA修復テロメアの維持において重要な役割果たしている。

※この「酵素」の解説は、「ADPリボース化」の解説の一部です。
「酵素」を含む「ADPリボース化」の記事については、「ADPリボース化」の概要を参照ください。


酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 03:59 UTC 版)

シトルリン化」の記事における「酵素」の解説

この反応はペプチジルアルギニンデイミナーゼ(PADs)と呼ばれる酵素群によって行われるシトルリン化尿素回路ではオルニチントランスカルバモイラーゼ(OTC)によって行われまた、一酸化窒素シンターゼ(NOS)の酵素反応でもアルギニンシトルリンへの転化起こり、"副生成物"としてシトルリン生成する

※この「酵素」の解説は、「シトルリン化」の解説の一部です。
「酵素」を含む「シトルリン化」の記事については、「シトルリン化」の概要を参照ください。


酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 07:31 UTC 版)

サーマス・アクアティカス」の記事における「酵素」の解説

T. aquaticusは、以下に説明するように、耐熱性酵素、特にTaqDNAポリメラーゼ供給源として有名である

※この「酵素」の解説は、「サーマス・アクアティカス」の解説の一部です。
「酵素」を含む「サーマス・アクアティカス」の記事については、「サーマス・アクアティカス」の概要を参照ください。


酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 22:29 UTC 版)

生化学の歴史」の記事における「酵素」の解説

18世紀末から19世紀初頭時点で、胃分泌液による肉の消化、また植物抽出液唾液による澱粉から糖への転化は既に知られていたが、これらがどのようなメカニズム経て起こるのかについては解明されていなかった。 19世紀入り酵母により糖がアルコール発酵される現象調べていたルイ・パスツール一つ結論導き出した。すなわち、この発酵は「発酵素 ferment」(生命体の中でのみ機能する考えられていた)と呼ばれる酵母細胞の持つ生命力によって触媒されたということである。パスツールは「アルコール発酵酵母細胞生命活動組織化相関し細胞の死や腐敗とは相関しない活動である」と記した1878年ドイツ人生理学者ウィルヘルム・キューネがこの過程を示す用語として enzymeギリシャ語で「酵母に」の意味を持つ ενζυμον に由来)を提唱した後に、「酵素 enzyme」はペプシンなどの無生物基質を指す用語として、また ferment は生命体が持つ化学活性について用いられるようになった1897年エドゥアルト・ブフナーは生酵母細胞伴わず酵母エキスが糖を発酵させる能力研究を始めた。ベルリン大学行われた一連の実験で、ブフナーは生酵母細胞混合液中に存在しないのにも関わらず、糖が発酵されることを見出したブフナースクロース発酵引き起こす酵素をチマーゼ命名した1907年ブフナーは「無細胞発酵生化学的研究発見」でノーベル化学賞受賞ブフナー以後、酵素は大抵それらが行反応に従って命名されている。通常、-ase(アーゼ)という接尾辞基質の名称(例:ラクターゼラクトース分解する酵素)や反応種類(例:DNAポリメラーゼDNAポリマー生成するに付加される。 酵素が生体細胞外で機能することが示された後、次に酵素の生化学的本性決定が行われた。多くの初期の研究者は酵素活性タンパク質関係がある考えたが、ノーベル賞受賞者リヒャルト・ヴィルシュテッターを始めとする一部科学者は、タンパク質は単に真の酵素の運搬体に過ぎずタンパク質それ自体触媒能力持たないとして反論した。しかし1926年ジェームズ・サムナーウレアーゼという酵素が純粋なタンパク質であることを示し結晶化成功したまた、1937年にはカタラーゼという酵素について同様のことを行った純粋のタンパク質が酵素になりうることは、ジョン・ノースロップウェンデル・スタンリー消化酵素であるペプシン(1930)、トリプシンキモトリプシンに関して研究していた人物)によって決定的に証明されたサムナーノースロップスタンリー3人1946年ノーベル化学賞受賞した 。 酵素が結晶化可能であることの発見は、X線結晶構造解析による酵素の構造決定繋がった最初に構造決定された酵素はリゾチームである。リゾチームは涙、唾液卵白の中で見つかった酵素で、一部細菌被覆物を消化する働きを持つ。この酵素の構造はデヴィッド・チルトン・フィリップスの研究グループによって決定され1965年発表されたリゾチーム高分解能構造決定構造生物学呼ばれる学術分野夜明けとなり、酵素がどのように働くかを原子レベル解明する努力始まった

※この「酵素」の解説は、「生化学の歴史」の解説の一部です。
「酵素」を含む「生化学の歴史」の記事については、「生化学の歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「酵素」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

酵素

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 12:41 UTC 版)

名詞

こうそ

  1. 生化学触媒作用をもち、生化学反応関わる生体物質。主にタンパク質であるが、RNAにもリボザイム呼ばれる酵素活性を持つ分子種がある。

関連語

発音(?)

こ↘ーそ
IPA: /??/
X-SAMPA/??/


翻訳


「酵素」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



酵素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酵素」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



酵素のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2023 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2023 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2023, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2023 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2023 Food Safety Commission. All Right Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2023 Fumiaki Taguchi
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2023 Japan Sake Brewers Association
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2023.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酵素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの洗浄助剤 (改訂履歴)、エキソソーム複合体 (改訂履歴)、ADPリボース化 (改訂履歴)、シトルリン化 (改訂履歴)、サーマス・アクアティカス (改訂履歴)、生化学の歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの酵素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS