カルシウムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > カルシウム > カルシウムの意味・解説 

カルシウム【(英)・(オランダ)calcium】


物質名
カルシウム
英語名
Calcium
元素記号
Ca
原子番号
20
分子量
40.078
発見
1808年
原子半径(Å)
1.97
融点(℃)
848
沸点(℃)
1487
密度(g/cm3
1.54
比熱(cal/g ℃)
0.149
イオン化エネルギー(eV)
6.113
電子親和力(eV)
0


カルシウム

同義/類義語:カルシウムイオン
英訳・(英)同義/類義語:calcium, Ca2+, Ca(2+)

元素番号20番アルカリ土類金属元素2価のカルシウム陽イオンとなり、生体内では骨などの主要成分として骨格形成必要なほか、筋肉収縮細胞内の信号伝達補酵素など重要な働きをする。

カルシウム(Ca)

カルシウムは生物にとって必須金属で、骨や歯などの主成分であるほか、神経の伝達筋肉収縮などさまざまな働きしています地殻中には4.2%、海水中には約400mg/リットル含まれています。主な用途としては、金属カルシウムとして蓄電池医薬品の製造製鋼カルシウム塩として建設用材料等があります

カルシウム


カルシウム【かるしうむ】

骨・歯の成分であり、身体の中で神経筋肉興奮調節血液固まらせる血液pH調節などの役割あります体内でカルシウムが不足するバランスをとるために骨や歯の組織から分解排出されるため、カルシウム摂取不足は骨がもろくなりやすなります

カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 05:19 UTC 版)

カルシウム新ラテン語: calcium[1]: calcium [ˈkælsiəm])は、原子番号20番の元素である。元素記号Ca原子量は40.08。第2族元素アルカリ土類金属金属元素のひとつ。


注釈

  1. ^ 日本の漆喰とは異なる。

出典

  1. ^ http://www.encyclo.co.uk/webster/C/7
  2. ^ a b 村上雅人 編著『元素を知る事典~先端材料への入門』
  3. ^ 桜井 弘 『元素111の新知識』講談社、1998年、118頁。ISBN 4-06-257192-7 
  4. ^ コンクリート(セメント)の歴史について知りたい。 国立国会図書館 レファレンス事例詳細
  5. ^ 鋼を作る日本石灰協会・日本石灰工業組合
  6. ^ チタン精錬反応の物理化学的評価
  7. ^ 還元拡散法による希土類機能性材料の製造に関する基礎的研究科学研究費補助金データベース
  8. ^ 小川芳樹, 「原子炉用材料特集」『窯業協會誌』 1956年 64巻 725号 p.C303-C306, doi:10.2109/jcersj1950.64.725_C303
  9. ^ 奥田茂, 「緻密なウラニウム精錬用弗化カルシウム容器」『窯業協會誌』 75(857), 9a, 1967-01-01, NAID 110002304124, 日本セラミックス協会
  10. ^ 酸化物陰極を備えた真空管ekouhou.net
  11. ^ Harvard Health” (英語). www.health.harvard.edu. 2022年5月20日閲覧。
  12. ^ 筋収縮を調節する分子メカニズムの一端を解明 科学技術振興機構
  13. ^ 間藤徹、馬建鋒、藤原徹 編『植物栄養学 第2版』, 文永堂、2010
  14. ^ a b 岐阜県街路樹等整備・管理の手引き 岐阜県建設研究センター、岐阜県造園緑化協会、2022年4月23日閲覧。
  15. ^ 骨粗鬆症TOP 国立病院機構 西埼玉中央病院
  16. ^ 影岡武士、カルシウムが高い時 日本臨床検査専門医会 記事:2002.10.01
  17. ^ 斎藤 公司, 友常 靖子, 山本 邦宏 ほか、「著明な白血球増加と高カルシウム血症とを合併した甲状腺原発扁平上皮癌の1例」 『日本内科学会雑誌』 1979年 68巻 11号 p.1466-1472, doi:10.2169/naika.68.1466
  18. ^ 妊産婦のための食生活指針 -「健やか親子21」推進検討会報告書- 厚生労働省 平成18年2月 食を通じた妊産婦の健康支援方策研究会
  19. ^ 日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本尿路結石症学会 『尿路結石症診療ガイドライン 第2版』金原出版、2013年。ISBN 978-4307430531 
  20. ^ Tiselius, H. G. (2001). “Possibilities for preventing recurrent calcium stone formation: principles for the metabolic evaluation of patients with calcium stone disease”. BJU Int. 88: 158. 
  21. ^ a b Calcium: What’s Best for Your Bones and Health?”. Harvard T.H. Chan School of Public Health (ハーバード公衆衛生大学院). 2017年8月11日閲覧。
  22. ^ joint FAO/WHO expert consultation. "Chapter 11 Calcium", Human Vitamin and Mineral Requirements, 2002.
  23. ^ カルシウム - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  24. ^ 『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2006年版』骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会、ライフサイエンス出版。2006年10月。ISBN 978-4-89775-228-0。34-35、77頁。
  25. ^ Bolland MJ, Leung W, Tai V, Bastin S, Gamble GD, Grey A, Reid IR (September 2015). “Calcium intake and risk of fracture: systematic review”. BMJ 351: h4580. doi:10.1136/bmj.h4580. PMC 4784799. PMID 26420387. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4784799/. 
  26. ^ The Nutrition Source Calcium and Milk: What's Best for Your Bones? (Harvard School of Public Health)
  27. ^ Baron JA, Beach M, Mandel JS (1999). “Calcium supplements for the prevention of colorectal adenomas. Calcium Polyp Prevention Study Group”. N. Engl. J. Med. 340 (2): 101–7. doi:10.1056/NEJM199901143400204. PMID 9887161. 
  28. ^ Bonithon-Kopp C, Kronborg O, Giacosa A, Räth U, Faivre J (2000). “Calcium and fibre supplementation in prevention of colorectal adenoma recurrence: a randomised intervention trial. European Cancer Prevention Organisation Study Group”. Lancet 356 (9238): 1300–6. doi:10.1016/S0140-6736(00)02813-0. PMID 11073017. 
  29. ^ Weingarten MA, Zalmanovici A, Yaphe J (2005). “Dietary calcium supplementation for preventing colorectal cancer, adenomatous polyps and calcium metabolisism disorder.”. Cochrane database of systematic reviews (Online) (3): CD003548. doi:10.1002/14651858.CD003548.pub3. PMID 16034903. 
  30. ^ Lappe, Jm; Travers-Gustafson, D; Davies, Km; Recker, Rr; Heaney, Rp (2007). “Vitamin D and calcium supplementation reduces cancer risk: results of a randomized trial” (Free full text). The American journal of clinical nutrition 85 (6): 1586–91. PMID 17556697. 
  31. ^ Wactawski-Wende J, Kotchen JM, Anderson GL (2006). “Calcium plus vitamin D supplementation and the risk of colorectal cancer”. N. Engl. J. Med. 354 (7): 684–96. doi:10.1056/NEJMoa055222. PMID 16481636. 
  32. ^ Lappe JM, Travers-Gustafson D, Davies KM, Recker RR, Heaney RP (2007). “Vitamin D and calcium supplementation reduces cancer risk: results of a randomized trial”. Am. J. Clin. Nutr. 85 (6): 1586–91. PMID 17556697. 
  33. ^ Lin J, Manson JE, Lee IM, Cook NR, Buring JE, Zhang SM (2007). “Intakes of calcium and vitamin d and breast cancer risk in women”. Arch. Intern. Med. 167 (10): 1050–9. doi:10.1001/archinte.167.10.1050. PMID 17533208. 
  34. ^ 乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について―概要― PMID 18398033


「カルシウム」の続きの解説一覧

カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 04:16 UTC 版)

栄養素 (植物)」の記事における「カルシウム」の解説

被子植物乾燥重量当た1.8%程度のカルシウム(Ca)を含む。含有量アカザ科アブラナ科ナス科などの双子葉植物高くイネ科植物で低い。石灰岩母材とした土壌では、Ca濃度pHが高い。このような土壌では、好石灰植物[ 英: calcicole<英語版>]と呼ばれる特徴的な植生発達する一方、低Ca濃度と低pHを好む植物は嫌石灰植物[ 英: calcifuge<英語版>]という。 植物のCa吸収特徴的である。根端および側根着床部位など限られた部位行われる吸収速度外部Ca濃度依存し外部濃度が低いとき吸収速度小さい。これは、Ca吸収は、植物体内での拡散外気への蒸散依存した受動的なものだからである。したがって、蒸散抑制される条件下(暗所高湿度)では吸収速度抑制されるまた、Caイオン導管通って植物体内移動し末端部分へは根圧拡散によってのみ分配が行われている。このため分配されCaイオン最上位地下部にほとんど再分配されないまた、登熟中の子実結球部分など、蒸散少なくかつ細胞急速に発展している部分Ca不足しやすい。 Caイオン農業上重要である。その効果一つはNaイオン過剰害および、酸性土壌でのプロトンAlイオン過剰害の緩和である。例えば、水耕液のCa濃度が0.1mMの時、50mMのNa塩はインゲン生育大きく阻害するが、Ca濃度を10mMとすると阻害軽微となる。Ca効果Na濃度pHAl濃度などの環境条件左右されるため、植物にとって最適なCa濃度もそれらによって変動する生理学的なCaイオン主な役割細胞壁成分である。細胞壁構成するペクチンカルボキシル基結合している。ここでの機能ペクチン多糖同士架橋しゲル化させて細胞壁固定することである。架橋するときに、ペクチン特定の酸性化合物結合しCa不溶性の塩となる。このため何らかの処理(低pH高濃度NaClキレート剤など)で細胞壁からCaイオン離脱させるペクチン多糖可溶化する。ペクチンとの密接な関係から、Ca含有率ペクチン多糖含有率正の相関を持つ。例えば、細胞壁含有率が高い双子葉植物Ca含有率高く、低いイネ科植物Ca含有率も低い。また、Ca含有率細胞壁強度相関するため、作物において細胞壁含有率が高いときに病害虫害への耐性強くなる例えば、大豆での疫病ナスでの青枯れ病への耐性また、タバコでのアブラムシへの忌避作用有効である細胞質において、Ca他の栄養素運搬制御特定の酵素活性化光合成関わる。主に、セカンドメッセンジャーとしての細胞内での情報伝達重要な役割である。また、植物分裂組織にも密接に関わる。特に、細胞分裂細胞伸長、および水イオン解毒における役割で根の発達重要であるそのほか機能は、有機酸中和、Kにより活性化するいくつかのイオン阻害窒素取り込みへの関与などである。 細胞質中のCaイオン濃度0.1μM程度保たれている。この濃度は、細胞壁中濃度に比べて低い。これは、Caイオンが、ATPDNAなどのリン酸基リン酸イオン結合して不溶性の塩を形成するめである細胞膜にはCa能動的に細胞内取り込む機構はないが、排出機構発達している。さらに、このCaイオン排出ポンプは、Ca集積する細胞内小器官(ミトコンドリア小胞体など)と協調して細胞質濃度調節している。 通常時細胞質濃度が低いことを利用し、この濃度一時的に上昇させることで細胞生理活性制御する仕組み植物には存在する。実は、Ca細胞質内における役割最も重要なのはこの情報伝達である。一部タンパク質(カルモジュリンカルシニューリンなど)にカルシウムが結合するとその立体構造変化する酵素の場合、活性化するCaイオン濃度低下するCaイオンタンパク質から素早く解離し、このタンパク質の構造不活性なものに戻る。アブシジン酸による信号特定の養分欠乏なども、細胞にはCa濃度変化を通じて伝達されるCa欠乏症についてはカルシウム欠乏症 (植物)を参照

※この「カルシウム」の解説は、「栄養素 (植物)」の解説の一部です。
「カルシウム」を含む「栄養素 (植物)」の記事については、「栄養素 (植物)」の概要を参照ください。


カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 09:14 UTC 版)

電解質異常」の記事における「カルシウム」の解説

カルシウムは、体内で最も多い無機質であり、体重の2から3 %を占め、その99%は不溶性リン酸カルシウムハイドロキシアパタイト)として骨・歯牙などの硬組織含まれている。細胞内外液含まれるのは1 %程度ごく僅かである。 カルシウムは、骨・歯牙形成神経興奮伝導筋収縮調節血液凝固心機能調節、などに関与している血中のカルシウムのうち、6割程度アルブミン等と結合しており、イオン化しているのは4割程度である。カルシウムとして生理活性を示すのはイオン化カルシウムであるが、臨床的には、総カルシウム量が測定されるのが通常である。アルブミン減少するアルブミン結合したカルシウムが減少するため、イオン化カルシウムが正常であっても総カルシウムは低値を示すという問題があり、以下の補正式(Payneの式)が用いられる補正Ca(mg/dL) = 総カルシウム(mg/dL) + ( 4 ー アルブミン(g/dL) )

※この「カルシウム」の解説は、「電解質異常」の解説の一部です。
「カルシウム」を含む「電解質異常」の記事については、「電解質異常」の概要を参照ください。


カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 16:31 UTC 版)

とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の記事における「カルシウム」の解説

4月25日生まれ男の子

※この「カルシウム」の解説は、「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の解説の一部です。
「カルシウム」を含む「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の記事については、「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の概要を参照ください。


カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 09:14 UTC 版)

大腸癌」の記事における「カルシウム」の解説

2つ無作為化比較試験国際コクラン共同計画によるメタ分析によると、カルシウムは大腸腺腫性ポリープある程度抑制し得るかもしれないことが発見された。

※この「カルシウム」の解説は、「大腸癌」の解説の一部です。
「カルシウム」を含む「大腸癌」の記事については、「大腸癌」の概要を参照ください。


カルシウム(石灰)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 04:33 UTC 版)

肥料」の記事における「カルシウム(石灰)」の解説

主に細胞壁強くし、作物体の耐病性強化する働きがある農業・園芸分野では石灰せっかい)といい、土壌pH調整用いられる生石灰酸化カルシウム)、消石灰水酸化カルシウム)、炭酸石灰炭酸カルシウム)またはケイ酸カルシウムケイカル称される事が多い、ケイ酸肥料兼ねる)などのカルシウム含有肥料をいう。「石灰」は文脈によっては、元素のカルシウムのことの場合もある。石灰石牡蠣殻鶏卵殻が原料として使用される

※この「カルシウム(石灰)」の解説は、「肥料」の解説の一部です。
「カルシウム(石灰)」を含む「肥料」の記事については、「肥料」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カルシウム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カルシウム

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 14:19 UTC 版)

名詞

カルシウム【加爾叟母】(表記の揺れ:古:カルシューム

  1. 原子番号 20元素記号 Ca金属元素アルカリ土類金属単体は、常温常圧では銀白色固体動物の骨に多く含まれる

語源

発音(?)

か↗るし↘うむ か↗るしゅ↘うむ

関連語

翻訳


「カルシウム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カルシウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カルシウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2022 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの栄養素 (植物) (改訂履歴)、電解質異常 (改訂履歴)、とんがりボウシとおしゃれな魔法使い (改訂履歴)、大腸癌 (改訂履歴)、肥料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカルシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS