ヒ素とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 分子構造 > ヒ素の意味・解説 

ひ そ [2] [1] 【砒素】 〔arsenic〕

15 族(窒素族元素の一。元素記号 As 原子番号33原子量74.92。黄色ヒ素・灰色ヒ素・黒色ヒ素の三つ変態があり,常温では固体化学的性質リンに似る。鶏冠石雄黄硫ヒ鉄鉱など硫化物として天然広く産し,化合物毒性が強い。殺虫剤薬剤などに用いるほか,近年では合金半導体材料としても重要。 〔自然科学では「ヒ素」と書く〕


物質
ヒ素
英語名
Arsenic
元素記号
As
原子番号
33
分子量
74.92159
原子半径(Å)
1.25
融点(℃)
817
沸点(℃)
613
密度(g/cm3
5.73
比熱(cal/g ℃)
0.082
イオン化エネルギー(eV)
9.81
電子親和力(eV)
0.8


ヒ素 (As)

光沢のある灰色元素で、元素記号は「As」、原子番号33原子量75である。宇宙全体存在しほとんどは金属ヒ素の形態である。ヒ素を含むほとんどの化合物毒性がある。4th Annual Report on Carcinogens (NTP 85-002, 1985)には、ヒ素やヒ素化合物発がん性物質としてあげられている。(Merck Index, 11th ed)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ヒ素

【仮名】ひそ
原文arsenic

雑草害虫を殺す有毒な化学薬品。がん療法にも使用される。

ヒ素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 02:20 UTC 版)

ヒ素(ヒそ、砒素、: arsenic: arsenicum)は、原子番号33の元素元素記号As第15族元素(窒素族元素)の一つ。




  1. ^ Arsenic, mindat.org
  2. ^ Gokcen, N. A (1989). “The As (arsenic) system”. Bull. Alloy Phase Diagrams 10: 11–22. doi:10.1007/BF02882166. 
  3. ^ Ellis, Bobby D. (2004). “Stabilized Arsenic(I) Iodide: A Ready Source of Arsenic Iodide Fragments and a Useful Reagent for the Generation of Clusters”. Inorganic Chemistry 43: 5981. doi:10.1021/ic049281s. 
  4. ^ editor-in-chief, David R. Lide. (2000). “Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds”. Handbook of Chemistry and Physics (81 ed.). CRC press. ISBN 0849304814. オリジナルの2012年1月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120112012253/http://www-d0.fnal.gov/hardware/cal/lvps_info/engineering/elementmagn.pdf. 
  5. ^ 英国、「ひじき」を食べないよう勧告…ヒ素含有、肉・魚介・野菜等にも含有ビジネスジャーナル
  6. ^ 英国、「ひじき」を食べないよう勧告…ヒ素含有、肉・魚介・野菜等にも含有ビジネスジャーナル
  7. ^ 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社、1998年、177頁。ISBN 4-06-257192-7 
  8. ^ T. R. Kulp, et al., "Arsenic(III) Fuels Anoxygenic Photosynthesis in Hot Spring Biofilms from Mono Lake, California", Science 321, 967 (2008). doi:10.1126/science.1160799
  9. ^ 「砒素で生きる細菌を発見」の意味、WIRED.jp、2010年12月3日。
  10. ^ http://usatoday30.usatoday.com/tech/science/story/2012-07-07/arsenic-microbe/56098788/1
  11. ^ http://www.sciencemag.org/content/337/6093/467
  12. ^ http://www.nature.com/news/arsenic-loving-bacterium-needs-phosphorus-after-all-1.10971
  13. ^ http://www.philly.com/philly/blogs/evolution/Bad-Science-More-Bovine-Waste-from-the-Arsenic-Bacteria-Team.html
  14. ^ 生体と金属(愛知県衛生研究所)
  15. ^ 身の回りのヒ素とアンチモンの化合物と環境影響(鹿児島大学工学部生体工学科 前田滋)
  16. ^ ヒジキ中のヒ素に関するQ&A(厚生労働省)
  17. ^ 食事からのヒ素摂取量とがん罹患との関連について、多目的コホート研究、独立行政法人 国立がん研究センター、がん予防・検診研究センター 予防研究グループ
  18. ^ a b “【食の安全考】玄米のとりすぎはがんになる? コメの安全性に世界が厳しい目 その真相は…(2/3ページ)”. 産経新聞. (2016年1月10日). http://www.sankei.com/life/news/160110/lif1601100007-n2.html 
  19. ^ 前田正史 (2005), 研究課題「循環型社会における問題物質群の環境対応処理技術と社会的解決」研究実施終了報告書, 社会技術研究開発事業・公募型プログラム 研究領域「循環型社会」, 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター, p. 8, http://www.ristex.jst.go.jp/result/circulation/pdf/env01.pdf 2009年7月18日閲覧。 
  20. ^ 英国、「ひじき」を食べないよう勧告…ヒ素含有、肉・魚介・野菜等にも含有ビジネスジャーナル


「ヒ素」の続きの解説一覧

ヒ素

出典:『Wiktionary』 (2011/07/07 10:34 UTC 版)

名詞

ヒ素(ひそ)

  1. 砒素参照日本化学会による名称。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒ素」の関連用語

1
100% |||||

2
亜砒酸 国語辞典
90% |||||

3
無水亜砒酸 国語辞典
90% |||||

4
砒素 国語辞典
90% |||||

5
58% |||||


7
54% |||||




ヒ素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒ素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒ素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヒ素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS