ルネサンスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ルネサンスの意味・解説 

ルネッサンス

別表記:ルネサンス
英語:Renaissance

「ルネッサンス」とは・「ルネッサンス」の意味

ルネッサンス(Renaissance)とは、もともと「復活」や「再生」を表すフランス語であり、14世紀から16盛期にかけて西ヨーロッパ全体に広まっていった文化運動その時代を指す言葉である。

ルネッサンスの時代より前の中世ヨーロッパ文化は、キリスト教ローマ・カトリック教会)の影響が非常に強かった中世末期それまで絶対的に君臨してきた教会権威衰え見せそれに伴いキリスト教神に仕える生き方価値観囚われすぎない気運高まった。そんな風潮のもとで、人間個性自由な生き方求める「ルネッサンス」の理念生じたとされている

ルネッサンスの思想模範とされたのは古代ギリシア・ローマ文化である。古代花開いた、すぐれて人間的な美を追い求める古典文化を「復興」させることで、自分たちの生き方役立てようしたのである。

ルネッサンス運動生まれた背景としては、ローマ教皇による十字軍の遠征要因挙げられる十字軍は、聖地エルサレムイスラム勢力から奪回する目的で幾度も編成され最終的には失敗に終わるが、この遠征西欧東方との積極的な交流生むきっかけにもなったのであるイスラム優れた文化は、翻訳活動などによってシチリア王国スペイン経由してヨーロッパ全体もたらされ人々ギリシア哲学科学に触れることになったことが、のちにルネッサンス文化花開く前準備になったと言われている。

ルネッサンス(文芸復興)の動向は、まずイタリアで始まったイタリアイスラム世界影響を受けつつも古代文化遺産数多く保存されていて、当時ヨーロッパの中でひときわ経済的に反映していたためである。ただし、ルネッサンスの文化開花したのはフィレンツェミラノローマヴェネツィアナポリなどの大都市においてであり、イタリア全都市で同様の動きがあったというわけではない

その後フィレンツェメディチ家ミラノスフォルツァ家をはじめとする大富豪たちがパトロンとして後押しをしたことで、芸術家たちは飛躍的な活躍を遂げる。そして、ルネッサンスの文化理念西ヨーロッパ諸国にも発展していきながら、16世紀最盛期迎える。

ルネッサンスの時代区分としては、ルネッサンス期突入する前の「プロト・ルネッサンス」から「前期ルネッサンス(初期ルネッサンス)」「盛期ルネッサンス」「後期ルネッサンス」に分けられる。もちろんこれらの時代区分明瞭に区切られているわけではない

ルネッサンスの時代より前にも、「古典古代文化復興」というルネッサンスの機運息づ始めていた、とする見解もある。ルネッサンスとは一線を画す時代とされている中世文化中にすら、そのような動向見いだせる中世のルネッサンス的な動向は「カロリング期ルネッサンス」や「12世紀ルネッサンス」のように呼ばれることがある

ルネッサンスの時代は、地中海交易もたらした多くの冨やさまざまな産物によって、ヨーロッパ住む人々の生活にも大きな変化もたらした服装髪型などで自由に表現をするファッション登場したほか、文化面では現実世界ありのままに観察していくことが重んじられるそのため、絵画科学などをはじめ生活文化に至る幅広い分野にわたって数多く変化新し発見見られ時代であると言える

例えば、中世文化では禁欲節制こそが神の意向応えるための行為とされてきたが、都市市民繁栄したルネッサンスにおいては美食追求認められるうになるイタリア裕福な市民たちは冨と名声を示すためにあらゆる機会に宴会催し美術品として価値の高い食器テーブル飾り味付け工夫した豚肉料理高価な砂糖用いた贅沢な菓子などが食卓並んだ。ルネッサンス的イタリア料理調理方法は、古代ローマ伝統受け継ぎつつ、かつ地方色豊かであった。これはヨーロッパ各国の料理にも影響を与えることになる。

ルネッサンスの代表的なイタリア芸術家としては、14世紀活躍したダンテペトラルカなどのほか、16世紀登場したレオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロなどがあげられるレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は遠近法を高い完成度用い空間立体的に描いている。「モナリザ」は輪郭を描くことなく陰影によって人物描写しきった傑作であり中世文化平面的な絵画とは一線を画している。ミケランジェロ「最後の審判」は、システィナ礼拝堂の壁一面を覆う巨大な絵画であり、「ルネッサンス」を象徴する独創的な表現方法とっている。

その他、ヨーロッパ諸国広がったルネッサンス作品としては、「ロミオとジュリエットをはじめルネサンス期典型的な人間像描いてイギリス文学最高の水準にまで高めたシェークスピアや、「ドン・キホーテ」において中世騎士道風刺し人間性賛美したスペインセルバンテス写実的画風農民生活をいきいきと描いたフランドル画家ブリューゲルなどがよく知られている

ルネッサンスの動向は、科学技術進歩にも大い貢献し社会の変化大きな影響もたらした。特に羅針盤火薬活版印刷術いわゆる三大発明」は、その象徴として名高い羅針盤イスラム経由してヨーロッパで改良され使われるようになり、これまでの陸地沿った航路から、後の大航海時代へとつながる海外進出促した火薬発達は、険で闘う騎士たち没落を生み、銃や大砲といった従来戦術とは異な大規模な戦争可能にすることになる。活版印刷術は、ドイツのグーテンベルグによって改良されそれまで手書きで複製されたいた聖書印刷より大生産できるようになった。このことはルター宗教改革にも大きく寄与している。

「ルネッサンス」の語源・由来

「ルネッサンス」はフランス語由来する語彙である。フランス語では「Renaissance」と表記される。英語でも仏語そのまま用いてRenaissance」という。

いわゆる文芸復興を指す意味の「ルネッサンス」は固有名詞あるため先頭大文字である。

フランス語renaissance は、「re-(再-)」+「naitre(誕生)」+「-ance(〜すること)」という要素構成される語である。

一般名詞としての「ルネッサンス」は、衰えたものが再び盛んになること、芸術などを蘇らせ勢い取り戻すこと、および、その様子などを意味する語である。固有名詞としては、中世における文芸復興運動時代の指す言葉として使われ、「ルネッサンス風」「ルネッサンス様式」「ルネッサンス建築」といった言い回し活用されることも多い。

「ルネッサンス」に相当する言葉は、「ルネッサンス」が最盛期迎えた16世紀頃から存在していて、イタリア語の「rinascita(リナシータ)」がそれにあたるイタリアマニエリスム期の画家であるジョルジョ・ヴァザーリが、1550年出版した著書美術家列伝」「の中で古代ギリシアローマ文化再生という意味使い始めたのが直接的な起源である。その後1800年代半ばフランス語で「ルネッサンス」と訳され人々用いられるようになったが、19世紀フランスの歴史家であるミシュレが「フランス史第7巻表題として「Renaissance」を使用したことをきっかけに学問的に認められる言葉へと発展する。さらに、スイスのヤーコブ・ブルクハルトによる「イタリア・ルネッサンス文化をはじめ数多く専門家たちが追従したことにより、「ルネッサンス」の概念が決定的に認知されるに至った

「ルネッサンス」が、ギリシアローマ古代文化手本とした文化運動であったことから日本では長らく文芸復興」と訳されることが多かった現在では文芸のみに留まらず、社会形態含めた総体的な運動として広義で使われることから、「文芸復興」と訳されることは少ない。一方、「ルネッサンス」には美術用としての側面もあり、15世紀から16世紀にかけてヨーロッパ美術史における様式時代区分指して使われる歴史学美術史においては「ルネッサンス」よりも「ルネサンス」の表記一般的である。


ルネサンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 05:55 UTC 版)

ルネサンス: Renaissance[† 1][† 2])は、「再生」「復活」などを意味するフランス語であり、一義的には、古典古代ギリシアローマ)の文化を復興しようとする文化運動。14世紀イタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。


注釈

  1. ^ フランス語発音: [ʁənɛsɑ̃ːs] ルネサーンス
  2. ^ イギリス英語発音:[rɪˈneɪsns] リイスンス、かアメリカ英語発音:[ˈrenəsɑːns] ナサーンス

出典

  1. ^ 林達夫「文芸復興」、花田清輝「復興期の精神」など。
  2. ^ 通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばコスメティック・ルネッサンス、あるいはカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。
  3. ^ 『世界史序説 アジア史から一望する』岡本隆司、ちくま新書、2018年、p191
  4. ^ 樺山紘一「ルネサンス」講談社学術文庫P51-52、P121-122
  5. ^ 「医学の歴史」pp139 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  6. ^ ハワード・R・ターナー、久保儀明訳「図説科学で読むイスラム文化」青土社、2001年
  7. ^ 澤井繁男「イタリア・ルネサンス」講談社現代新書p152-164
  8. ^ 「キリスト教の歴史」p129 小田垣雅也 講談社学術文庫 1995年5月10日第1刷
  9. ^ ピーター・バーク著 亀長洋子訳「ルネサンス」(ヨーロッパ史入門)p62 岩波書店 2005年11月25日第1刷
  10. ^ 徳善義和著『マルティン・ルター ことばに生きた改革者』(岩波新書、2012年)pp155-159
  11. ^ 「オランダ史」p25-26 モーリス・ブロール著 西村六郎訳 白水社 1994年3月30日第1刷
  12. ^ 河原温著 『ブリュージュ フランドルの輝ける宝石』p170 中公新書、2006年
  13. ^ 「はじめて学ぶフランスの歴史と文化」p55 上垣豊編著 ミネルヴァ書房 2020年3月31日初版第1刷発行



ルネサンス

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 11:33 UTC 版)

語源

名詞

ルネサンス表記のゆれ:ルネッサンス

  1. 復興再生
  2. 固有名詞14世紀から16世紀イタリア中心おこった文芸復興運動

「ルネサンス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ルネサンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルネサンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2022
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルネサンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのルネサンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS