騎士とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 武士 > 騎士の意味・解説 

き‐し【騎士】

読み方:きし

馬に乗っている武士

中世ヨーロッパにおける戦士階級呼称領主仕え武芸礼節などの修業を通じて騎士道実践したナイト

「騎士」に似た言葉

【騎士】(きし)

Knight.

中世西欧諸国発展した騎兵一形態
戦術的な分類としては重騎兵類するが、馬上試合儀礼的決闘を行う事に特化され見栄えよく取り繕われていた。
戦場では騎士同士各々名乗りを上げて「公正に戦い勝者敗者身柄引き替えに身代金利権領土を得るものとされる
非道な扱い受けないよう、また身代金支払い滞らないよう互いに礼儀求められ捕虜となった騎士は愛馬共々大切に扱われた、という。

中世後期経済発展と共に高度で大規模な戦争生じと共に、騎士は歴史表舞台から退場余儀なくされた。
生き残った騎士は仇討ち強盗傭兵荘園領主などに変質していく事になる

騎士道

前述の通り、騎士は名誉と儀礼極端に重んじそのために高度な規範作り上げていたという。
その徳目時代ごとに虚飾されていく傾向にあったが、おおむね以下の通り

武勇
武勇優れてなければ騎士の名誉守れない。
これは道徳論ではなくおおむね厳然たる事実であった
領主が城引き籠もったまま部下だけ死地送り出すようなら、その部下敵軍に合流して領主の城を攻めるだろう。
末端の騎士にしても食卓には自分で狩猟をした肉を並べるのが普通であったし、賭け試合などで喧嘩興じる機会に事欠かなかった。
……とはいえ、全く何の武術心得ない騎士などいないにせよ、嘲笑の種になるほど軟弱な騎士はいた。
信義
約束を守らない者には名誉はない。
もちろん、騎士にとっては主従契約決闘ルール最も重要な約束であった
ただし、これは相手信義解するだけの名誉を備えている事が大前提であり、裏切り者には信義ではなく武勇応えるのが常である。
身分卑しい者や異教徒との間に信義成立しないので、そんな連中との約束はしなくていいし、したとしても守らなくて良い、とされていた
あげくには、自分自身こそ裏切り者である事を隠蔽するために犠牲者捕らえさんざんに辱め、名誉を傷つけて信望失わせるなどということもあった。
寛容
キリスト教道徳と、それ以前部族社会における経済観念薄さから、不必要な蓄財極めて不名誉な事であるとされていた
実際十分なプレゼント報酬定期的に行われる豪華な宴会子弟らを預かって教育与える事などは領主義務であった
そうした権勢維持費はしばし領主自然に捻出できる限度を超え借金喘ぎながら豪奢に散財する貴族皆無ではなかった。
敬虔
キリスト教に対して敬虔な信仰持ち慎ましく暮らす事……はさておきキリスト教に入信する事は騎士の必須条件であった
名誉を共有するためには、まず価値観共有しなければならず、でなければ異教徒として皆殺しにする以外に紛争解決の手段がない。
つまり、端的に言って当時ヨーロッパ人には異文化融和するための土壌がなかった。
欠けていた土壌はすなわち、学識である。
これは必然的にキリスト教教義正しく理解する能力にも欠けていたという事である。
男根模した木の棒周り春の女神たるマリア様生け贄捧げて踊る騎士がいたとして、近隣神父がそれを咎めるとは限らなかった。
神父達のほとんども、子供の頃から故郷そのような祭り参加していたからだ。
貴婦人への献身
美し姫君貴婦人崇拝し、その愛、肉体的な愛ではなく精神的な結びつきを得る事、捧げる事は名誉とされていた
……身も蓋もない話をすれば、騎士階級戦士階級であるから、自然、女性接触する機会稀少であった
してまた貴族がいざ戦場へ出征したとなればその間領地護るのはその妻である貴婦人仕事だった。
従って、貴婦人が若い騎士達をまるで恋人のように侍らせて所領安堵しお気に入りの騎士を「護衛」として連れ歩くのは自然な成り行きである。
そもそも騎士の結婚すべからく政略結婚であったから、職業的な連帯意識はともかく恋愛感情を持つものとは限らなかった。
それでも人間恋をする生き物であったが、夫の恋人がしばしば妾であったと同様妻の恋はしばし夫の家臣であった
一方で一介の騎士にとって、貴婦人の愛は政治的に有利なであったが、反面恨まれる事などあろうものなら命にさえ関わる
多くの騎士は真摯な(そしてしばしば取り返し付かない)愛を避け集団で半ば冗談めいた形で崇拝してみせるに留まった。

こうした規範後世まで「騎士道」として伝わっているが、実際の戦闘どこまで遵守されていたかは疑わしい
人質解放交渉難航した頓挫した場合虜囚になった騎士や貴族地下牢獄死するのも珍しい事ではなかった。
ルール無用無礼討ち騙し討ち多く、特に攻城戦ではおよそ公正な決闘など望めるものではない。
騎士道に関する逸話・説話ほとんどは、騎士が軍事的価値失った後の時代創作されたものと思われる

当時、まだ王権神授説生まれておらず、貴族血統神聖視伝統として守っていくような哲学もなかった。
往時の騎士は大半がサクソン・ゲルマン・スラブ諸部族有力者であり、キリスト教帰依してから数世代下の家系少なくなかった
そうでない騎士にしても、やはり血筋を遡ればいずれ開拓民山賊行き当たるのが大半で、ローマ帝国まで血筋を遡れる事は稀だった。
単に領土軍事力持ち、それをさらに有力な族長提供する代わりに支配権確立している傭兵――それが騎士の実態であった
その領地大きい者は貴族なり王なりを自称したが、こうした宣言有効性は法や血筋でなく軍事力決まるのが常であった
実際戦乱の度に仕える王を変えるような騎士もそう珍し存在ではなかった。

すなわち、騎士が名誉と儀礼極端に重んじていたのは、名の知れた相手か、誰にでもわかる方法でなければ意志の疎通すら危うかった事の裏返しでもある

歴史的経緯

西欧では、古代から中世に至る過程騎兵戦術退化していた。

騎兵や騎士の戦いを描くフィクションでは、しばしば「騎兵隊列先陣切って突撃する」という描写為される
文学史によればそうした演出少なくとも中世の騎士物語にまで源流遡る事ができる。
その当時、まだ「虚構性」の観念定着してなかったので、騎士物語もまた「実在した騎士の姿」として受け止められていたと思われる

つまり、当時の騎士は「騎兵隊列先陣切って突撃する」のを物語謡われるような誉れ高い行為考えていた。
騎士は、状況が許す限りそうした英雄的業績を残すことを望んでいたし、成し遂げる事ができれば大いに賞賛を受け名声博した

もちろん、これは騎兵運用教則には反する。
騎兵だけが真っ先に突撃すれば、騎兵だけが敵中孤立し各個撃破される。
そうなると随伴歩兵は、騎兵戦っているのをただ眺めているしかない上に味方騎兵撃破されてしまえば何のために戦場来たのかもわからないまま追撃殺されていく。
そんな戦術常態化していたので、必然当時農民歩兵練度士気極めて劣悪ならざる得なかった。

実際の所、敵騎士の単身突撃呼応して敵ながら天晴れとばかりに騎士だけを迎撃に出す、などという事態もザラにあったようではある
だがそうした騎士道精神」は同じ騎士に対してのみ発揮されどちらにしても戦場に付き添わされる歩兵悲惨であった

中世ヨーロッパ後世において暗黒の時代」と称される所以多くあるが、この野蛮な戦術形態もその一つである。

古代ギリシャで既に確立されていた歩兵騎兵連携戦術が、なぜ中世で完全に忘れ去られたのかについては諸説ある。
一般的には古代名将編み出した戦術キリスト教が「冒涜的」だと批判弾圧したからだとされる
しかし一方で騎士階級形成経済的な理由よるものだという説もある。
またそもそも急激に拡大したキリスト教社会歪み要約すれば識字率教導体制問題であるという説もある。

どちらにせよ騎兵戦術を含む軍事学(これに限ったことではないが)の知識相当に失伝し、欧州全体で軍隊参謀の質が低下していた事疑いない
中世前半王侯貴族にとって、軍事力ではなく姻戚関係による縁戚外交紛争避ける事が防衛戦略の要であった
騎士は対外戦争よりも領内治安維持野盗に対する警察力期待して配置されたものだが、時には野盗同一人物であったりもした。
危険な賭け試合程度トラブルはどう統治して避けようがなく、時にはそれが大規模な紛争拡大してしまう事もあった。

こうしたことから中世後期に再び「戦争」起きと共に騎士は存在意義失っていったものとされる


シベリウス:騎士

英語表記/番号出版情報
シベリウス:騎士Kavaljeren作曲年1900年 

騎士

作者結城伸夫

収載図書逢魔が時物語
出版社小学館
刊行年月2004.8
シリーズ名小学館文庫


騎士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/13 03:12 UTC 版)

騎士(きし)は、騎乗して戦う者を指す。


  1. ^ Léon Gautier (1884). La Chevalerie. Sanard et Derangeon 
  2. ^ a b Francis Warre-Cornish (1908). Chivalry. Swan Sonnenschein & Co., Ltd. 
  3. ^ プレティヒャ 1961; 平尾訳 2010 [1982], pp. 159-160.
  4. ^ 堀越 2013, p. 85.
  5. ^ 池上 2012, pp. 5-6.
  6. ^ a b 池上 2012, p. 7.
  7. ^ 池上 2012, pp. 7-8.
  8. ^ 池上 2012, p. 81.
  9. ^ 堀越 2013, p. 84.
  10. ^ 池上 2012, pp. 16-19.
  11. ^ 池上 2012, p. 18.
  12. ^ 福井憲彦『新版世界各国史12 フランス史』[要ページ番号]
  13. ^ プレティヒャ 1961, 平尾訳 2010 [1982], pp. 25-26.
  14. ^ ギース 1974, 栗原訳 2005, p. 233-234.
  15. ^ a b c d ギース 1974, 栗原訳 2005, p. 221-227.
  16. ^ 渡邊 2003 [1993], pp. 51-52.
  17. ^ a b プレティヒャ 1961, 平尾訳 2010 [1982], p. 23.
  18. ^ プレティヒャ 1961, 平尾訳 2010 [1982], pp. 14-15.
  19. ^ プレティヒャ 1961, 平尾訳 2010 [1982], pp. 23-24.
  20. ^ プレティヒャ 1961, 平尾訳 2010 [1982], p. 14.
  21. ^ 平凡社『世界大百科事典』「爵位」の項。
  22. ^ a b Noel Cox (2009). “The principles of international law governing the Sovereign authority for the creation and administration of Orders of Chivalry”. Chapter in Rory Stanley (ed.), Féil-Scríbhinn Liam Mhic Alasdair – Essays Presented to Liam Mac Alasdair, FGSI: 15-25. 
  23. ^ a b c Peter Bander van Duren (1995). Orders of Knighthood and of Merit. Colin Smythe Limited 
  24. ^ グレゴリウス13世 (1572年11月13日). 大勅書 Pro Commissa Nobis. 教皇庁 
  25. ^ Republic Act No. 646”. 2018年7月19日閲覧。
  26. ^ ベルギービールについては、「ベルギービール普及貢献 日本人に名誉騎士章」『読売新聞』2007年9月1日東京夕刊夕二面参照。
  27. ^ 「青森、「スノーナイト」に5人認定 高齢、障害者のために雪かき=青森」『読売新聞』2002年12月19日東京朝刊青森版2頁参照。
  28. ^ 「憂楽帳"吟の騎士"」『毎日新聞』1998年3月3日東京夕刊3頁参照。


「騎士」の続きの解説一覧

騎士(ナイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/28 04:22 UTC 版)

ラグナロクオンライン アコさんに気をつけろ!」の記事における「騎士(ナイト)」の解説

この漫画主人公ノービス時代助けてくれ美しい女性アコライト憧れその様な女性守るべく彼が剣士ソードマンになったところから物語始まる。自らパーティ編制し、間も無く出逢ったアコ行動を共にすることになる。「痛いのは嫌」なのでステータスVITに全振りポリンだけを倒し続けていたため、アコをはじめとする仲間からは「チキン臆病者)」呼ばわりされている。誠実だ女性に弱い性格で、結果的にクセ強い女性ばかりを中心とするパーティになってしまった。ACT.9「転職気をつけろ!」にてジョブレベル40達したを機に他のメンバーにより半ば強引に騎士(ナイト)へと転職させられた。憧れアコライト逢うことを夢見ているが、同行している仮面アコその本人であるとは気づいていない。

※この「騎士(ナイト)」の解説は、「ラグナロクオンライン アコさんに気をつけろ!」の解説の一部です。
「騎士(ナイト)」を含む「ラグナロクオンライン アコさんに気をつけろ!」の記事については、「ラグナロクオンライン アコさんに気をつけろ!」の概要を参照ください。


騎士(ナイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 15:08 UTC 版)

プリンス・オブ・ペルシャ」の記事における「騎士(ナイト)」の解説

PC98版レベル12SFC版レベル18登場ジャファー右腕とも言われる存在

※この「騎士(ナイト)」の解説は、「プリンス・オブ・ペルシャ」の解説の一部です。
「騎士(ナイト)」を含む「プリンス・オブ・ペルシャ」の記事については、「プリンス・オブ・ペルシャ」の概要を参照ください。


騎士(きし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 14:24 UTC 版)

神喰のエクスマキナ」の記事における「騎士(きし)」の解説

制御された神喰”のコア“鎧”をその身に融合した戦士たち女性しか“鎧核適合値”を持ちていない思われていたため、それまで騎士になれるのは女性たちけだった

※この「騎士(きし)」の解説は、「神喰のエクスマキナ」の解説の一部です。
「騎士(きし)」を含む「神喰のエクスマキナ」の記事については、「神喰のエクスマキナ」の概要を参照ください。


騎士(ナイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 04:10 UTC 版)

ファイアーエムブレム 暁の女神」の記事における「騎士(ナイト)」の解説

馬上で戦う騎士。剣騎士(ソードナイト)、槍騎士ランスナイト)、斧騎士(アクスナイト)、弓騎士(ボウナイト)がいる。 移動力優れる。槍騎士以外は自軍には存在しない

※この「騎士(ナイト)」の解説は、「ファイアーエムブレム 暁の女神」の解説の一部です。
「騎士(ナイト)」を含む「ファイアーエムブレム 暁の女神」の記事については、「ファイアーエムブレム 暁の女神」の概要を参照ください。


騎士 (Knight)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 16:26 UTC 版)

ストロングホールド」の記事における「騎士 (Knight)」の解説

板金鎧着て剣を持ち軍馬乗ったエリート騎兵剣兵並の攻撃力防御力(ただし矢による防御力剣兵よりも弱い)を備え、さらに移動速い脅威的なユニット反面配置にはとても高いコスト要求する城壁などに上ることはできない鉄槌兵同様、突撃向いているクルセイダー版ではテンプル騎士団のような外見である。剣、鎧、馬そしてゴールド60必要。

※この「騎士 (Knight)」の解説は、「ストロングホールド」の解説の一部です。
「騎士 (Knight)」を含む「ストロングホールド」の記事については、「ストロングホールド」の概要を参照ください。


騎士(ナイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 08:48 UTC 版)

勇者30」の記事における「騎士(ナイト)」の解説

騎士30主人公。「ひた向きさ」と「従順さ」を武器に戦う半人前の騎士。モンスター襲撃により、逃げ出す騎士達の中、唯一城を守る為に踏み止まるが、命を落としてしまう。賢者力によって蘇生させられてからは、その命を賢者為に張り続ける。16歳

※この「騎士(ナイト)」の解説は、「勇者30」の解説の一部です。
「騎士(ナイト)」を含む「勇者30」の記事については、「勇者30」の概要を参照ください。


騎士(ナイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 07:55 UTC 版)

The World (.hack)」の記事における「騎士(ナイト)」の解説

斬刀士からクラスチェンジできる上級職業剣と盾同時に装備可能で攻守バランス随一

※この「騎士(ナイト)」の解説は、「The World (.hack)」の解説の一部です。
「騎士(ナイト)」を含む「The World (.hack)」の記事については、「The World (.hack)」の概要を参照ください。


騎士(Knight)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:05 UTC 版)

マイト・アンド・マジック」の記事における「騎士(Knight)」の解説

シリーズ登場あらゆる武器達人

※この「騎士(Knight)」の解説は、「マイト・アンド・マジック」の解説の一部です。
「騎士(Knight)」を含む「マイト・アンド・マジック」の記事については、「マイト・アンド・マジック」の概要を参照ください。


騎士 (KNIGHT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 03:58 UTC 版)

ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の記事における「騎士 (KNIGHT)」の解説

盾による防御補助自己回復能力を持つ。主人公ブラッドも騎士である。

※この「騎士 (KNIGHT)」の解説は、「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の解説の一部です。
「騎士 (KNIGHT)」を含む「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の記事については、「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の概要を参照ください。


騎士(きし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/09 03:29 UTC 版)

ハーベストマーチ」の記事における「騎士(きし)」の解説

天使の胎に取込まれ人間が、力を与えられ人とは違うモノへと変えられた存在人間社会使われる騎士の概念と異なる。クゥ出会った天使は、騎士の力を「人間殺し滅ぼすための力」と語っている。

※この「騎士(きし)」の解説は、「ハーベストマーチ」の解説の一部です。
「騎士(きし)」を含む「ハーベストマーチ」の記事については、「ハーベストマーチ」の概要を参照ください。


騎士(Knight)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/15 02:35 UTC 版)

NetHack」の記事における「騎士(Knight)」の解説

重武装スタートし強そうな職名にもかかわらず騎士道精神乗っ取ったさまざまな制限が存在するため、難易度は高い。開始時ペットは馬で、乗馬スキル最高レベルまで育つ。

※この「騎士(Knight)」の解説は、「NetHack」の解説の一部です。
「騎士(Knight)」を含む「NetHack」の記事については、「NetHack」の概要を参照ください。


<騎士(ナイト)>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 08:16 UTC 版)

フールズフィスト」の記事における「<騎士(ナイト)>」の解説

<姫>に<聖剣(ブレード・イコン)>をもって叙勲されることで就任する、<姫>の右手となる忠実な部下

※この「<騎士(ナイト)>」の解説は、「フールズフィスト」の解説の一部です。
「<騎士(ナイト)>」を含む「フールズフィスト」の記事については、「フールズフィスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「騎士」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

騎士

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 13:32 UTC 版)

名詞

(きし)

  1. 馬に乗っている兵士
  2. 古代ローマ兵役制度において、騎兵として参加することとされる階級エクィテス訳語一般的に富裕階層であった
  3. 中世ヨーロッパにおいて騎馬で戦う戦士のこと。またはその称号

関連語

翻訳


「騎士」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



騎士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「騎士」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



騎士のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの騎士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラグナロクオンライン アコさんに気をつけろ! (改訂履歴)、プリンス・オブ・ペルシャ (改訂履歴)、神喰のエクスマキナ (改訂履歴)、ファイアーエムブレム 暁の女神 (改訂履歴)、ストロングホールド (改訂履歴)、勇者30 (改訂履歴)、The World (.hack) (改訂履歴)、マイト・アンド・マジック (改訂履歴)、ヴィーナス&amp;ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜 (改訂履歴)、ハーベストマーチ (改訂履歴)、NetHack (改訂履歴)、フールズフィスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの騎士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS