紛争とは? わかりやすく解説

ふん‐そう〔‐サウ〕【紛争/紛×諍】

[名](スル)事がもつれて争うこと。もめごと。「領土問題で—する」


【紛争】(ふんそう)

個人企業国家民族門地マフィア宗教集団政府組織などが平和裏共存共栄できなくなり双方相手財源奪取言論封殺生命活動停止などを目的として行動し始める事。およびその行動結果として起こる事のすべて。
当事者双方が国家であり、公的な宣戦布告為されている場合そのような紛争を特に「戦争と呼ぶ

無力な犠牲者に対する一方的な攻撃(および、おそらくその後に起きであろう刑事裁判)は含まない
同様の理由から警察などの政府組織による民衆弾圧も、反抗勢力存在しない場合は紛争とみなさない
特に注釈なく「紛争」と呼ぶ場合は、現地治安維持当局処理能力を超え暴力犯罪横行して治安崩壊した状態を指す。

アメリカ政府では、軍事力行使必要になるような紛争を次に掲げ3段階に区別している。


紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 05:15 UTC 版)

紛争(ふんそう、英語: conflict, dispute)とは、二者以上が目標や関心について互いに正反対であると知覚し、その知覚に基づいて行動を決定している状況をさす[1]


  1. ^ D.バル・タル『紛争と平和構築の社会心理学』 熊谷智博、大渕憲一訳 北大路書房 2012年、ISBN 978-4-7628-2787-7 p.6.
  2. ^ 樋口一彦 2000, pp. 7.
  3. ^ 政治基盤の弱い国が国内に「武力紛争」があることを認めると、外国から介入される可能性があるという懸念をもつ
  4. ^ 樋口一彦 2000, pp. 14.
  5. ^ 萩野弘巳 & 旦祐介 1994, pp. 14.
  6. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “地域紛争” (日本語). コトバンク. 2020年10月13日閲覧。


「紛争」の続きの解説一覧

紛争


紛争


紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 08:28 UTC 版)

エリトリア1952年までイギリス軍政下にあったが、国際連合エチオピアに連邦という形で参入する帝国への編入でも、独立でもないこの形は、カグニューへの通信基地 (Kagnew Station) の提供を受けエチオピアへの編入支持するアメリカと、独立支持するソ連との妥協そのものだった。しかし、エリトリアは本来エチオピアとは異な歴史たどってきた国家であり、宗教をはじめ文化差異大きかったそのため、国連措置の乱暴さベルギーアフリカ専門家ヴァンデルを始めとする研究者からの指摘受けたが、その決定覆ることはなかった。エリトリア自治権形だけ認められてはいたが、軍事外交エチオピアが握るため主権はなく、貿易工業生産エチオピア管理した1958年にはそれまで許されていたエリトリアの国旗掲示禁止され使用言語エチオピア公用語アムハラ語を使うように強いられた。この処置に対するデモ発生したが、エチオピア発砲でこれに応え532人の死傷者発生したエチオピアエリトリア議会への圧力強め帝国議会1960年政府権限縮小して官庁置き換える提案全会一致可決する。これは後の完全併合睨んだ準備 であり、エリトリア人たち猛反発した。1958年イスラム教徒中心にエリトリア解放戦線 (ELF)」が結成され中近東アラブ勢力支援を受けて自治権確立目指したまた、しかし、エリトリア1962年併合されエチオピア一州となり、以降30年に及ぶ武力闘争幕開けとなった。またソビエト連邦中華人民共和国支援1970年、「エリトリア人民解放戦線 (EPLF)」という別の組織作り出し、こちらは自治権求めて闘争開始したこの他にもエリトリア解放戦線人民解放軍 (ELF-PLF) 等大小2桁に及ぶ反政府組織乱立した。 一方、かつて第二次エチオピア戦争引き金となったオガデンエチオピアの領土されていたが、その主な住民ソマリ諸民族やオロモ人イスラム教徒であり、エチオピア支配には抵抗を示ていた。一方第二次世界大戦後アジア・アフリカにおける民族自決流れの中でイギリス領ソマリランドイタリアソマリアそれぞれ1960年独立し合併して一つの国ソマリア共和国誕生する与党となったソマリ青年同盟勃興ナショナリズム全面押し出す大ソマリア主義提唱した。これは、「全てのソマリ系はソマリアへ」をスローガンとし、エチオピアから重い家畜税を課せられたオガデン住民ソマリア支援求めた。しかし、オガデン抵抗中心オロモ人であり、分離ではなく搾取への反乱目的だったためにソマリアも本腰をいれて介入することはなく、表立った紛争は発生しなかった。両軍泥沼戦闘を始めるのはシアド・バーレソマリア軍事政権樹立しエチオピア攻め込む1974年以降であった

※この「紛争」の解説は、「エチオピアの歴史」の解説の一部です。» 「エチオピアの歴史」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

紛争

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:17 UTC 版)

名詞

 ふんそう

  1. 物事もつれ争うこと。

関連語


「紛争」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「紛争」に関係したコラム

  • 株365のギャップリスクとは

    株365のギャップリスクとは、取引時間外のイベントによる急激な値動きの危険性のことです。イベントの内容は、経済指標、政変や紛争、要人の発言、為替動向などが挙げられます。例えば、日経225証拠金取引の取...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

紛争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紛争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紛争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトリポリ国際空港 (改訂履歴)、天然ガス (改訂履歴)、エチオピアの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの紛争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS