暴動とは? わかりやすく解説

ぼう‐どう【暴動】

読み方:ぼうどう

群集暴徒となって騒動起こし社会安寧を乱すこと。


暴動

作者伊藤永之介

収載図書伊藤永之介文学選集
出版社和泉書院
刊行年月1999.7


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/02 04:45 UTC 版)

暴動(ぼうどう、: riot)とは、多数の市民民衆が集合的に暴行・脅迫・破壊などの暴力的な活動を行うことである[1]





暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 00:47 UTC 版)

タルサ人種虐殺」の記事における「暴動」の解説

最初の銃声即座に暴徒たちの反応もたらした白人たちは黒人向かって黒人たちは白人向かって発砲した。この初め応酬は数秒で終わったものの、10人の白人2人黒人命を落とした黒人たちは即座にグリーンウッド退避した武装した白人たちは黒人たちを追いかけグリーンウッド向かい、その過程黒人経営商業施設破壊し略奪した暴徒化した白人たちは事態理解しない黒人通行人たちに向かって無差別に発砲した混乱の中で少なくとも1人白人男性白人暴徒銃弾受けて死んでいる:37102午後11時ごろ、国家警備隊州兵たちが武器庫集まり暴徒鎮圧計画立て始める。いくつかの隊が裁判所警察署などの公共施設警備任命された。アメリカ在郷軍人会自警団としてパトロール参加したそのような武装隊は、主にグリーンウッド周辺白人居住地区暴徒から守るために配備された。国家警備隊外出している多く黒人たちを拘束した:37102近くにある会議場などが大型収容施設として黒人拘束使われた:37102暴徒中にはタルサに住む著名な白人住人加わっていた。中でもタルサ市の創始者KKKメンバーでもあるW. テート・ブレーディもいた。

※この「暴動」の解説は、「タルサ人種虐殺」の解説の一部です。
「暴動」を含む「タルサ人種虐殺」の記事については、「タルサ人種虐殺」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 03:11 UTC 版)

ファイブ・ポインツ (マンハッタン)」の記事における「暴動」の解説

1827年イギリスアイルランド人移住制限する法律廃止したため、2万人アイルランド人移住した1835年頃には毎年3万人上のアイルランド人ニューヨーク到着していた。 1834年反・奴隷廃止論者の暴動(英語版)は別名ファレン暴動ともされており、ニューヨーク市において1834年7月7日始まり、4夜連続起きた。より根深い原因は、アメリカ合衆国の独立以降の市を管理してきたプロテスタント系の間における排外主義奴隷解放運動英語版)の結合、そしてアイルランド系移民の数の増加により、職や住居で彼らと競合する黒人系の恐れ敵意にあった暴動の被害受けた中に市内初の黒人監督教会で、当時センター通り122番地位置していたセント・フィリップス監督教会英語版)があった。アイルランド系暴徒一団押し入られ略奪被った煉瓦、石、棍棒飛び交い人々拳銃振り回しながら興奮して駆け回った負傷した人々歩道横たわり踏みつけにされていた。ここでラビッツ徒党組んで突進しベイヤード通り対敵バワリーにまで押し上げる。すると逃走者たちは増援受けて追跡者立ち向かい、マルベリー・ストリートやエリザベスバクスター通り英語版)への後退を強いる。 — ニューヨーク・デイリー・タイムズ紙、1857年7月6日 新聞暴力的なアイルランド系ギャング「ローチ・ガーズ(英語版)」(Roach Guards)の一分派を「デッド・ラビッツ(英語版)」(Dead Rabbits)と呼んだ。デッド・ラビッツ暴動(英語版)は1857年7月4日に、ある一派バワリー通り26番地の「バワリー・ボーイズ(英語版)」(Bowery Boys)の本拠地破壊して始まった。バワリー・ボーイズは報復出てバワリー通りとマルベリー・ストリートの間で、ベイヤード通り往還する大規模な暴動に繋がった。暴動行為7月5日再開された。バワリー・ボーイズとデッド・ラビッツはバワリー通り40番地と42番地の前で(2017年5月現在、当時建物がなお現存する)、通り障害物積み上げて再び戦った7月6日、バワリー・ボーイズはアンソニー通りセンター通りで「ケリオニアンズ(英語版)」(Kerryonians)(ケリー県出身アイルランド系)と戦った歴史家タイラー・アンバインダー(英語版)は、「デッド・ラビッツ」の名称が「ニューヨーク住民想像力捉えそのような集まりあるいはギャング存在しないという豊富な根拠にも関わらず報道はそれを用い続けた」と述べる。アンバインダーは「10年以上に渡って、『デッド・ラビット』は市の住民あらゆる怪しからぬ騒々しさの個人あるいは団体表現する標準的な語句となった」と言及する自治体警察市警察の間における紛争英語版)がもたらした、市の警察力混乱状態を住民利用して、市のあらゆる方面から到来したギャング員や他の犯罪者が、広範囲略奪地所破壊関与し始めた。各暴動には800名から1,000名のギャング構成員加わり、またその他の数百名が騒動乗じてバワリー地域略奪行った見積もられている[誰によって?]。1849年アスター・プレイス暴動英語版以来最大騒動であったニューヨーク州民兵英語版)(New York State Militia)(チャールズ・W・サンドフォード(英語版少将指揮)が、市警察の各分遣隊援護され秩序回復した。8名が殺害され100名以上が重傷負った伝えられた[要出典]。

※この「暴動」の解説は、「ファイブ・ポインツ (マンハッタン)」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ファイブ・ポインツ (マンハッタン)」の記事については、「ファイブ・ポインツ (マンハッタン)」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 06:17 UTC 版)

ポートサイド・スタジアム」の記事における「暴動」の解説

2012年2月1日エジプト・プレミアリーグのアル・マスリ対アル・アハリ戦で、アル・マスリのサポータースタジアム乱入その後暴動となり74人が死亡した詳細は「エジプト・サッカー暴動」を参照

※この「暴動」の解説は、「ポートサイド・スタジアム」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ポートサイド・スタジアム」の記事については、「ポートサイド・スタジアム」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 18:39 UTC 版)

ゼムラ蜂起」の記事における「暴動」の解説

スペイン総督からの命令によりデモ隊解散させられた後、警察ハラカト・タハリール指導者たちを逮捕しようとした。警察の行動対しデモ隊投石応戦したスペイン側スペイン外人部隊呼びデモ隊対し発砲し少なくとも11人を殺害した

※この「暴動」の解説は、「ゼムラ蜂起」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ゼムラ蜂起」の記事については、「ゼムラ蜂起」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 03:04 UTC 版)

2008年深圳公安襲撃事件」の記事における「暴動」の解説

同日午後2時30分頃、男の親類はおよそ30人集め、石岩区交通警察中隊事件関係者を出すように求めた集団は男の体を運び込んで抗議し爆竹鳴らし、物を壊し始めた午後5時までに、2,000人以上の見物人の中から400人以上が警察包囲した報告によると、中には投石をしたり、警察車両放火する者もいた。

※この「暴動」の解説は、「2008年深圳公安襲撃事件」の解説の一部です。
「暴動」を含む「2008年深圳公安襲撃事件」の記事については、「2008年深圳公安襲撃事件」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 17:37 UTC 版)

台湾省専売局台北分局」の記事における「暴動」の解説

詳細は「二二八事件」を参照 1947年2月27日分局外省人職員の傅学通、得根、盛夫、鐘延洲、趙子健、劉超の6名と本省人警官4名が台北市大稲埕一体での闇タバコ取締り行っていた。その南京西路天馬茶房現在の延平北路附近)で江邁による闇タバコ販売摘発江邁の所有していた闇タバコ及び金銭没収した江邁は寡婦である上に2児抱えており、没収免れよう捜査員再三にわたりその返還要求した捜査員受け入れるところではなかった。その間多く群集現場集まり、また捜査員江邁の間で言語通じないこともあり、江邁は捜査員により頭部銃撃された。 市民銃撃されるのを目撃した群集激怒捜査員包囲した。傅学通は威嚇発砲してこれに対応したが、発砲した銃弾自宅下でこの様子を見ていた陳文渓に命中即死させてしまった。この事態民衆警察署包囲し事件関係者の処罰求めたが満足な回答を得ることができなかった。翌2月28日台北市内では労働者商店ストライキ発生多く市民専売局台北分局集まり抗議活動行った専売局では不測の事態備えて多数警官配置し警備になっていたがやがて両者衝突二二八事件発生することとなった

※この「暴動」の解説は、「台湾省専売局台北分局」の解説の一部です。
「暴動」を含む「台湾省専売局台北分局」の記事については、「台湾省専売局台北分局」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 03:19 UTC 版)

ニカの乱」の記事における「暴動」の解説

そんな折、応援団員起こした諍いで、何人かの死者出て犯人逮捕され処刑されたが、刑場詰めかけた市民圧力屈したらしく、刑吏処刑失敗し「青」・「緑」の1名ずつが生きたまま処刑台から転がり落ちた二人市民守られるように教会逃げ込み、市総督配下がそれを取り囲んだその3日後、戦車競走が行われたが、競技場市民たちは応援団員音頭付合して、先の二人釈放要求し、それが聞きとげられなかったや否や、「ニカ勝利せよ)!」と叫びだした。 この競馬場始まった暴動は市内へも飛び火し、市総督の館破壊され宮殿の門にも放火され、聖ソフィア教会焼け落ちた夜になって一旦暴動は収まったが、翌日には市民たちは競馬場で、財務長官ヨハネス司法長官トリボニアヌスらの罷免訴えてきた。ユスティニアヌスやむなくヨハネスらの解任市民たちに向けて告げたが、元老院議員たちの煽動もあり、事態解決には繋がらなかった。 そこで、ユスティニアヌス20年ほど前に皇帝アナスタシウス1世がやった例にならって福音書を手に取って今回の暴動の原因自身にあり、市民たちの行った行為をすべて許すと宣言した。しかし、市民彼のことを「嘘つき」・「豚」となじり、彼は引き下がらざるを得なかった。元老院議員市民アナスタシウスの甥のヒュパティウスを担ぎ上げ競馬場貴賓席に立たせて、皇帝歓呼行ったその間宮殿ではペルシア戦線からもどったばかりの将軍ベリサリウスらも交えて善後策協議が行われており、将軍はヒュパティウスを捕らえようと、手勢率いて宮殿から競馬場貴賓席侵入しよとしたが、失敗したユスティニアヌスはついに逃亡決意し、船に荷物財宝詰め込もうとした。そこへ、皇后テオドラが以下のような演説をした。 「たとえそれによって命ながらえるとしても、いまは逃げる時ではありません。皇帝であった者が亡命者身になることはできない相談です。私も、出会う人々自分向かって皇后陛下』とよびかけないよう日々送りたくはありません。逃亡すれば身の安全が得られるとしても、果たしてそれは命と引き換えにしてよかったと言えるのでしょうか。私はいにしえ言葉正しいと思います。 『帝位は最高の死に裝束である』」 テオドラのこの言葉励まされユスティニアヌス踏みとどまる決意をし、ベリサリウス新たな攻撃指示したベリサリウス傭兵隊率い宮殿出て迂回し競馬場向かった。そして、観客席にいきなり突入し全面攻撃開始した騒動起こした応援団員市民当局捕らえることはあり、また皇帝「青」「緑」の他方活動制約したことはあったが、競馬場集まっている観客全員を敵とみなす行為前代未聞であった。 この突入により、三万人市民殺された、と史家プロコピオス伝えている。 この間宮殿貴賓席隔てる扉は壊され対立皇帝ヒュパティウスも捕らえられた。以上のようにして、この大反乱鎮圧された。

※この「暴動」の解説は、「ニカの乱」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ニカの乱」の記事については、「ニカの乱」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 15:16 UTC 版)

徳島刑務所暴動事件」の記事における「暴動」の解説

11月16日午前9時25分、受刑者徳島刑務所第2工場工場備え付け消火器噴射これを機に暴動が起こった受刑者マフラー部隊刑務官襲い徳島刑務所に元から属す刑務官にはほとんど手を出さなかったとされる。この暴動で他の工場では作業中止され食堂集められることになった。暴動後、法務省徳島刑務所は「原因調査中」と発表したが、その一方で暴動に参加した医務課長虐待訴えていた受刑者他所に移送している。

※この「暴動」の解説は、「徳島刑務所暴動事件」の解説の一部です。
「暴動」を含む「徳島刑務所暴動事件」の記事については、「徳島刑務所暴動事件」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/08 08:29 UTC 版)

アレクサンドリア暴動 (38年)」の記事における「暴動」の解説

38年カリグラ抜き打ちでヘロデ・アグリッパをアレクサンドリア派遣しフラックス様子調査させた。アレクサンドリアのフィロンによればアレクサンドリアギリシア人たちはヘロデ・アグリッパをユダヤ人の王とみなし、嘲ったフラックスギリシア人カリグラ機嫌をとろうとしてユダヤ人住民シナゴーグ皇帝の像を置いたが、これがユダヤ人怒りを買い、結果的にアレクサンドリア市内で暴動が発生した。これを受けてカリグラフラックス罷免し、処刑した

※この「暴動」の解説は、「アレクサンドリア暴動 (38年)」の解説の一部です。
「暴動」を含む「アレクサンドリア暴動 (38年)」の記事については、「アレクサンドリア暴動 (38年)」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 18:20 UTC 版)

ハチャル・フンデサ暴動」の記事における「暴動」の解説

オロモ人ミュージシャンであるハチャルの死は、エチオピア以前から存在したオロモ人による公民権運動を更に活発化させ、エチオピア中に怒り憤り広がった2020年6月30日ハチャルの死後抗議デモ参加者オロミア州アディスアベバ市街通り占拠し、ハチャルの死を深く嘆き"ハチャルの正義"を要求するデモ行ったオロモ人活動家らは同年5月から6月にかけて行われたアメリカ合衆国ジョージ・フロイド抗議運動今回のハチャルの殺害事件なぞらえて論じていたが、これに対してそのような主張は意味のないものであり、民族運動において暴力行使するための口実に過ぎない批判する者も出た6月30日青年活動家らがアディスアベバ市街一帯にある公共施設商業施設で暴動を起こし商店略奪され事件起きた。また同日市内において爆発三度わたって起き容疑者爆発巻き込まれ一般市民殺害され事件起きた警察との戦闘も相次ぎ、7人の市民と3人の警官が石で殴られたり、銃で撃たれたり、一連の爆発事件によって犠牲となったアダマ抗議デモでは、9人のデモ参加者殺害され一般市民75人が怪我を負う事態となった。アンボでは3人の警官78人の市民、うち9人の市民保安部隊によって大混乱の中ハチャルの葬儀中に殺された。犠牲者中にはハチャルのおじもいた。

※この「暴動」の解説は、「ハチャル・フンデサ暴動」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ハチャル・フンデサ暴動」の記事については、「ハチャル・フンデサ暴動」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:04 UTC 版)

赤い夏」の記事における「暴動」の解説

5月10日サウスカロライナ州チャールストン暴動の後に、チャールストン市は戒厳令発布した米国海軍水兵がこの暴動を導いた黒人のアイザック・ドクター、ウィリアム・ブラウン、ジェームズ・タルボットが殺害され白人5人と黒人18人が負傷した海軍調査により、この暴動は4人の白人水兵1人白人市民煽動されたことが判明した7月初旬テキサス州のロングビューの暴動では少なくとも4名が殺害されアフリカ系アメリカ人住宅街破壊された。 7月3日アリゾナ州ビスビー英語版)では、地域警察が、1866年創設されバッファロー・ソルジャーというニックネーム知られるアフリカ系アメリカ人構成され合衆国陸軍10騎馬連隊攻撃したワシントンD.C.では7月19日1人黒人白人強姦した容疑逮捕されたという噂を聞き軍服をした白人が、4日黒人黒人の営む商店見境なく攻撃した。彼らは街にいる黒人見かけただけで殴り電車から引きずり出して殴った警察介入拒む黒人達は応戦した集会止めるべく劇場サロン閉鎖されたが、それよりも効果的だったのが激しい雨訪れだった。暴力終わった時には警察官2人を含む白人10人、そして黒人5人が死亡した50人は重傷負い100名が軽傷負った白人死者黒人死者より多かったこの暴動は20世紀の暴動の中でも例外的である。 全米黒人地位向上協会ウィルソン大統領に以下のような抗議電報送った。 「合衆国陸軍海軍海兵隊を含む暴徒米国首都抵抗しなかった黒人対し暴力振った軍服着た男が街の黒人襲撃し、車から引きずり出して殴った群衆黒人通行人を襲うよう指示出した報告されている。首府におけるこのような人種的敵意に基づく暴動は、憎しみ、そして別の地域での暴動の危険を増加させる結果になるであろう全米黒人地位向上協会は、米国軍最高司令官たる大統領暴徒暴力非難する声明発表し状況に応じて軍法執行するよう要請する」。 "The National Association for the Advancement of Colored People respectfully enquires how long the Federal Government under your administration intends to tolerate anarchy in the United States?" -NAACP telegram to President Woodrow WilsonAugust 29, 1919 バージニア州ノーフォークでは白人暴徒第一次世界大戦アフリカ系アメリカ人退役軍人帰郷式典攻撃した少なくとも6人が銃撃され地域警察米国海兵隊海軍軍人治安回復のために出動させた。 その夏の最大暴力7月27日始まったシカゴ人種暴動英語版中に発生した。その都市ミシガン湖畔では人種隔離慣習があった。ユージン・ウィリアムズという黒人若者慣習的に白人用とされていた湖の南部泳いでいくと、投石され溺れてしまった。シカゴ警察がこの襲撃者逮捕拒否したため、若い黒人達は暴力的に反応した暴徒若者グループの間の暴力行為13日続き白人暴徒黒人との境に定住しているアイルランド系アメリカ人率いられていた。その結果黒人23人と白人15人が死亡し、537人が負傷し黒人1000世帯ホームレスとなった別の集計では50名が殺害されたと発表されたが、非公式集計や噂では死者の数はより多数であるといわれる白人暴徒シカゴ南部にある黒人住居商店数百破壊してしまったため、イリノイ州政府治安回復のために数千からなる7連隊民兵呼んだ7月終わりに、全国有色婦人の会(英語版)の東北支部年次総会で暴動と黒人の家の焼却非難しウィルソン大統領シカゴの暴動及びこれを扇動するプロパガンダ止めるためにその権限内であらゆる手段を使うよう要求した8月終わりに、 NAACPは前の週にテキサス州オースティン起こった組織秘書対す攻撃言及して再び抗議した。彼らは電報で、「全米黒人地位向上協会は貴政権下の連邦政府いつまで米国無政府状態耐えるつもりであるか、尊敬をもって質問するものであります」と述べた8月30日から31日にかけて、テネシー州ノックスビルで暴動が発生した。これは黒人1人白人女性殺害した容疑逮捕されたことを理由白人暴徒集結したのである。その容疑者探し求めリンチ目的暴徒が郡刑務所押し寄せた暴徒たちは殺人容疑者を含む16人の白人囚人解放した。さらにアフリカ系アメリカ人商業街を襲撃し少なくとも7名を殺害し20名以上を負傷させた。 9月終わりに、ネブラスカ州オマハで、人種暴動発生した1万人以上のオマハからの白人が郡の裁判所襲撃し燃やし白人女性強姦した告訴され黒人釈放させようとした。彼らはあらゆるものを破壊し、その総計100万ドル以上となった暴徒被疑者ウィル・ブラウンをリンチし、その死体焼却した。彼らは騒ぎ拡大させ市の北側にある黒人が住む一帯と店を攻撃した市長知事助け求めると、米国政府近くの砦から軍隊派遣し治安取り戻した。その部隊はレオナード・ウッド大将指揮にあったが、彼はセオドア・ルーズベルト友人1920年アメリカ合衆国大統領選挙において共和党候補1人であった10月1日アーカンソー州エレイン英語版)で人種暴動起こった。これが特徴的であるのは農村部南部おこったことである。しかし、それは労働組織対す局所的な抵抗であり、社会主義への恐怖であることは一致していた。黒人寄生地主制下の農民Progressive Farmers and Household Union of America地方支部会合持っていた。白人大農場主は彼らが労働条件改善求めて団結するのを恐れ小作農たちはトラブルがおきると警告されていた。密造酒製造黒人逮捕しようとしていた1人白人会合守っていた見張りに近づいて射殺された。大農場主達は市民軍作りアフリカ系アメリカ人攻撃した。この暴動で100人から200人の黒人殺されたが、5人の白人死亡したアーカンソー知事チャールズ・ヒルマン・ブラフ(英語版)は委員7名からなる委員会指名して調査命じた。この委員会現地著名な白人経営者構成されていた。彼らの結論は、小作人組合社会主義者企てで、「白人を殺すために黒人団結させる目的創立されたものである」というものであった。 この報告書によりダラス・モーニング・ニュース紙に「アーカンソー逮捕され黒人広範囲にわたる陰謀告白本日計画され白人大量殺戮」という見出し載った米国司法省捜査局の捜査官が暴動参加者尋問1週間行ったが、小作人たちとは話さなかった。捜査官らは書類調査した。彼らは小作人による殺人陰謀はまった証拠がないと述べ報告書9つ作成したが、彼らの上司はこの分析を無視した地方政府79名の黒人裁判にかけた。陪審員はすべて白人であり、被告のうち12名に死刑宣告した。(アーカンソー他、南部の州では多く黒人選挙権などの公民権がなかった。)残り被告は最高21年有期刑処せられた。上訴米国最高裁判所になされ、審理誤りという理由で、判決覆った。この結果被告人権利対す米国政府監視厳しくなった。

※この「暴動」の解説は、「赤い夏」の解説の一部です。
「暴動」を含む「赤い夏」の記事については、「赤い夏」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 13:51 UTC 版)

水晶の夜」の記事における「暴動」の解説

ラート暗殺事件を受け、11月9日夜から10日未明にかけて、組織化され反ユダヤ主義暴動がドイツ各地発生したドイツ本土のほか、併合されたばかりオーストリア、そしてズデーテン地方とを合わせて267シナゴーグと7,500ユダヤ人商店企業破壊された。特にフランス国境に近いドイツ西部で暴動が多発した。 暴動中、ユダヤ人殴られたり、辱められたりした。運の悪い者はそのまま殴り殺された。少なくとも96人のユダヤ人殺害されている。『我が闘争』を朗読させられたり、『ホルスト・ヴェッセルの歌』暗誦できるまで歌わされた者、果ては強姦されたユダヤ人女性もいた。大多数市民反応名目上目的よりも、むしろその迫害やり方に対して沈黙した否認という態度示された。一方なかには大きな危険を冒してユダヤ人助けた者もいた。 シナゴーグユダヤ人住宅企業の他、ユダヤ人居住地域墓地病院学校、家などが破壊された。ベルリンでは12あったシナゴーグのうち、9つまでが焼き払われた。略奪多数発生し保安警察長官ラインハルト・ハイドリヒヘルマン・ゲーリング800件の略奪報告している。 ハイドリヒ保安警察ゲシュタポ局長ハインリヒ・ミュラー電報での「邪魔をしないように」との命令に基づき警察は暴動を全く取り締まらなかった。さらに消防隊炎上するシナゴーグ見ているだけであり、消火活動をするのは非ユダヤ人建物延焼する恐れがある時だけだった。その最中でも、警察多数自殺強姦記録していた。 割られ路上散らばったショーウィンドウ破片月明かりに照らされて水晶のように輝いていたことから水晶の夜クリスタルナハト)と呼ばれた実際にガラス以外にも、殺害されユダヤ人おびただしい血や遺体壊され建造物瓦礫等で、現場悲惨なのだったという。 ナチ党政権このような暴動を「煮えたぎる民族精神正当な蜂起」などと正当化した殺人関与した者は一応逮捕されているが、そのほとんどは不起訴になるか、無罪判決となった一方ユダヤ人女性強姦した者については「ドイツ人の血と名誉を守る法律」の「人種汚辱罪」で処罰されている。

※この「暴動」の解説は、「水晶の夜」の解説の一部です。
「暴動」を含む「水晶の夜」の記事については、「水晶の夜」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:42 UTC 版)

ライスラーの反乱」の記事における「暴動」の解説

1689年5月30日ちょっとした事件起こったニコルソン民兵の士官に乱暴な物言いをして、これが高じておおっぴら反乱起きたニコルソン短気なので有名であり、その士官に「お前たち命令されるよりは、ニューヨーク燃えるのを見た方がましだ」と言ったニコルソン本当にニューヨークを燃やす準備をしているという噂が、町中駆け巡った翌日ニコルソンはその士官呼び出し職務放棄するように求めた。この士官指揮官であるエイブラハム・ド・ペイスターは、ニューヨークでも最も裕福な人物のひとりであったが、ニコルソン激論交わした後、やはり民兵大尉である兄弟のヨハニスと、評議会議場から怒って飛び出して行った民兵召集され一団となってジェームズ砦向かって、砦を占拠した火薬庫の鍵が必要となり、ある士官評議会やらされた。ニコルソンはついに折れ、「流血損害起こさないように」と言って鍵を渡した翌日民兵隊は会議開きライスラーに、ニューヨーク民兵隊の指揮執るように求めたライスラーはそれを引き受け反乱軍は、新し国王女王正式な委任状持った総督派遣するまで、彼らの代理として砦を支配する宣言出した民兵隊による暴動での、ライスラー正確な役割不明である。しかし彼の関与行為指摘する多く意見がある。彼と民兵大尉チャールズ・ロードウィックは、5月22日ニコルソン請願書差し出している。彼の士官一人ジョスト・ストールは、ジェームズ砦の門へ、一団となった民兵率いており、また別の彼の士官は、火薬庫の鍵の申請のためにニコルソン元にやらされている 。さらに、ニコルソンニューヨークを発つのに集めた証書後述)には、ライスラーが、首謀者として犯罪関係しているとしたのはひとつもなかった。

※この「暴動」の解説は、「ライスラーの反乱」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ライスラーの反乱」の記事については、「ライスラーの反乱」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 14:25 UTC 版)

あいりん地区」の記事における「暴動」の解説

詳細は「西成暴動」を参照 あいりん地区では、大阪市2012年始めた西成特区構想以前はたびたび暴動が発生していた。 第1次暴動1961年8月1日釜ヶ崎日雇労働者老人交通事故遭った際、通報現場駆けつけ西成署員即死断定派出所前の歩道遺体放置したまま20分も現場検証続けたのちに近く病院収容したことに対し周り労働者抗議し暴動に発展負傷者多く出した事件労働者西成警察署包囲しパトカー付近に駐車していた車を横倒しにしたりアパート放火したりするなどと現場騒然となった。これに対し大阪府警警官隊を6,000人に増員し応戦暴徒警棒警備車によって鎮圧した際、負傷者を出す事態となった。2,000人に上る労働者らの暴動は2日続き28人を逮捕したほか、労働者数十人警察官100人が負傷した。 この事件当時国会大阪府議会大阪市議会でも取り上げられ、それに基づき医療費自治体負担するなど対策実施されたが、その後も暴動は幾度となく続いた。そのため、地域イメージ上のため1966年5月大阪市・大府・大府警による「三者連絡協議会」において釜ヶ崎地区の名称を「あいりん地区」とすることが決められ以後、国や自治体などの行政機関報道機関では同名称が用いられている。ただし近年、市や府の行政用語としては「地区」という語句用いず、「あいりん」または「あいりん地域」として表記されていることが多い。 またこのとき、今池停留場出発した恵美須町停留場行き阪堺線電車は、暴徒化した群衆投げ石つぶてによりガラス割られるなどの被害(ただし、乗客乗員は無事)を受けたため、のちに今池停留場から恵美須町停留場までの軌道敷アスファルトをかぶせるようになった。 第22次暴動1973年の第21次暴動より約17年間の空白期があったが、1990年10月2日からおよそ5日間、大規模な暴動が発生した。 暴動の発端西成警察署刑事課刑事暴力団から賄賂受けていたことが発覚し逮捕されたという報道よる。事件そのもの労働者直接関連はないが、労働者西成署員に対して普段から快く思っていなかった事や自分達の日当暴力団ピンハネされ、その暴力団から賄賂受け取っていたことから、日頃の不満や怒り爆発したもの。事件報道受けて西成警察署前に集まり始め謝罪説明要求ののち、警察にらみ合いの末に暴動に発展したこれを契機としてあいりん地区各地に暴動が飛び火する事態となる。 さらには報道で暴動騒ぎ知った区内外の若者達(主として暴走族)も便乗して参加火炎瓶使用投石店舗からの略奪などを行って暴動をエスカレートさせたが、これはそれまで西成暴動には見られない出来事であった西成署は機動隊配備(のち、各署にも応援要請)し、放水車使って暴動に対処逮捕者数十名に上った。暴動自体発生から6日後に自然に鎮静化したものの、阪堺線南霞町(現・新今宮駅前)停留場放火されて全焼(後に仮設停留場営業再開するが、元の位置には戻ることはなかった)した他、近隣店舗破壊されるなど傷跡深く残った。 暴動空白期1992年10月の第23暴動以降16年間は大規模な暴動が発生しなかった。この期間はバブル崩壊後景気低迷期とほぼ一致する。 ただし暴動ではないが、2004年12月3日夕方あいりん地区にある「釜ヶ崎地域合同労働組合」が西成警察署前で「警官労働者暴行加えた」として抗議した際に同署前に250人の労働者詰め掛け100人以上の警察官らが付近警戒に当たるなど騒然となったことがある。 第24次暴動2008年6月13日に約200人、14日15日には約300人の小規模暴動が西成警察署前に発生し、続く16日17日まで5夜連続起きている。大阪府警は、18人を逮捕18人の警察官負傷した公表している。暴動の原因は、飲食店にて店員トラブルになった労働者大阪府警西成署に連行され事情聴取された事件である。 労働者失業中)の主張によれば飲食店お好み焼き取り置き頼んで700円を先払いしたが、店員は「わかったわかった」とつっけんどんな態度取った。そこでお好み焼き取り行った時に苦情言ったが、「営業妨害だ」と通報されそのまま連行されてしまった(なお700円は返されたという)。事情聴取の際に署員殴る蹴るの暴行を受け、首を絞められ、顔にスプレー噴射され二度と飲食店立ち入らない約束しなければ生活保護取り消すと脅されたと主張釜ヶ崎地域合同労働組合が「労働者警官暴行受けた」とするビラ配布謝罪求め抗議行動呼びかけ呼応して労働者集まったとされている。大阪府警は、事情聴取の際に暴力などはなかったとして「事実無根」と反論している。 投石などに対し警察機動隊放水などで対処した。暴動側を支持するレイバーネット稲垣浩は、事件の報道少ないが主張している。

※この「暴動」の解説は、「あいりん地区」の解説の一部です。
「暴動」を含む「あいりん地区」の記事については、「あいりん地区」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 09:55 UTC 版)

ロサンゼルス」の記事における「暴動」の解説

ロサンゼルスでは何度も大規模な暴動が発生している。有名なものでは1965年ワッツ暴動では死者34人・負傷者1,032人、逮捕者は約4,000名を出し1992年ロサンゼルス暴動では、被害死者58人、負傷者約2,000人を出し放火件数は3,600件、崩壊した建物は1,100件にも達した

※この「暴動」の解説は、「ロサンゼルス」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ロサンゼルス」の記事については、「ロサンゼルス」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 08:48 UTC 版)

エドマンド・アンドロス」の記事における「暴動」の解説

詳細は「ボストン暴動」を参照 1689年4月18日イングランドジェームズ2世王座追われたという報せボストン到着してから間もなくボストン植民地人はジェームズ支配に対して立ち上がった。よく組織された「暴徒」が市内進み自治領役人聖公会関係者逮捕したアンドロスは市の南部にあった駐屯所であるメアリー砦にその宿所置いていた。そこには多く役人逃げてきていた。古いマサチューセッツ植民地指導層がこの反乱権力取り戻し元総督のサイモン・ブラッドストリート首長とし、アンドロス総督にはその安全のため降伏勧めた暴徒は「そこについて我々は全く無知である」と主張していた。アンドロス降伏拒否しその代わりに暴動当時ボストン近くにいたイギリス海軍唯一の艦船であるローズ逃げ込もうとした。しかし、ローズから送られボート民兵隊に妨害されアンドロスメアリー砦に戻るしかなかった。交渉続きアンドロス反乱者の評議会会合を持つために砦を出ることに合意した。安全を約束されたアンドロス衛兵伴い評議会集まっている町役場向かった。その役場では「彼等評議会)はその手政府掌握し今後そうなる」と告げられアンドロス逮捕された。その後自治領財務官ジョン・アッシャーの家に連れていかれ、密な監視の下に置かれた。 4月19日メアリー砦が反乱の手落ちた後、アンドロスアッシャーの家からそこに移された。そこでは6月7日までジョセフ・ダドリーやその他自治領役人と共に拘束されその後キャッスル島移された。アンドロス女性衣服着て逃亡試みたのはこの時期と言われている。この話は広く噂されたものの、聖公会の牧師ロバート・ラトクリフ言わせれば、「真実のかけらも無い」ものであり、「馬鹿話と嘘」が「総督人民から嫌われるようにする」ために広められたと主張していた。実際に8月2日従僕見張り番に酒を飲ませた後に、アンドロスはうまくキャッスル島から逃げ出すことに成功したロードアイランドまで行くことができたが、その後直ぐに再度捕捉されその後事実上独房留め置かれた。アンドロスその他の役人10か月間も拘束されその後裁判を行うためにイングランド送られた。ロンドンマサチューセッツ代理人アンドロスに対して作成され告発書への署名拒んだので、裁判所即座にそれを却下しアンドロス解放したアンドロス自分突きつけられていた様々な非難について質問されたとき、その行動全て植民地の法をイングランドのものに合わせるために行われたものであり、あるいはその与えられ任務指示実行するために具体的に取られたものだと指摘したアンドロスがまだ拘束されている間に、ニューヨークフランシス・ニコルソン副総督政府は、ジェイコブ・ライスラーが率いた軍隊によって同時に退陣させられており、この事件ライスラーの反乱呼ばれるようになったライスラー1691年までニューヨーク統治していたが、新しく植民地総督指名されたヘンリー・スローターが率い軍隊捕まえられ処刑された。アンドロスイングランドに行くことを許された。その時点までにニューイングランド自治領事実上存在しなくなっており、その中にあった植民地はもとの政府形態戻っていた。マサチューセッツその周辺領土1691年マサチューセッツ湾直轄植民地として再編成された。

※この「暴動」の解説は、「エドマンド・アンドロス」の解説の一部です。
「暴動」を含む「エドマンド・アンドロス」の記事については、「エドマンド・アンドロス」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 16:26 UTC 版)

アナウアク騒擾事件」の記事における「暴動」の解説

ブラッドバーンの警告聞いて、アナウアクの女性子供たちは町から逃げ出したメキシコ兵はすぐに残っていた者に発砲し、この小競り合いで5人のメキシコ兵と1人テキサス人が死んだその後テキサス人はタートルバイユーに集結し、ブラゾリアからの大砲到着待った6月13日テキサス人は「タートルバイユー決議文」を採択したこの中で、彼らは連邦主義者 (federalist) であり、メキシコのアントニオ・サンタ・アナ将軍支持する述べ民政によらず軍隊によって体制維持しようとしている現政権非難したテキサス人が兵器到着待っている間、ブラッドバーンは 200マイル北のナカドーチェスにいるピエドラス大佐と、300マイル西のサンアントニオにいるエロスア大佐援軍要請した6月19日にはピエドラス大佐100人ほどの兵を伴って出発したジョン・オースティンらは大砲引き取るためにブラゾリアに戻った6月20日に彼は皆を集めて中央集権政府反対であるという票決行ったオースティンはこの反中集権運動にウガルテチェア大佐誘った拒絶されたため、6月26日にウガルテチェアのいる砦を攻撃した。これはベラスコの戦い呼ばれるもので、翌朝には、すべての兵器類残し丸腰マタモロス帰るという条件飲んでウガルテチェア軍は降伏した。 アナウアクから30マイルほどの地点到達したピエドラスは、ジョンソン使者送ったジョンソンはその使者にブラッドバーンに関する不満や苦情リストしたもの手渡した。ピエドラスはこの対立解決模索し下記合意したリバティーの町に自治のための議会 (ayutamiento) を再建する アナウアクで捕まっている民間人民政当局引き渡す ブラッドバーンを解任し、後任彼に指名させる 6月28日にこれをテキサス側が受諾し7月1日にはピエドラスの部隊はアナウアクに入城した

※この「暴動」の解説は、「アナウアク騒擾事件」の解説の一部です。
「暴動」を含む「アナウアク騒擾事件」の記事については、「アナウアク騒擾事件」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 15:05 UTC 版)

外国人労働者」の記事における「暴動」の解説

各国労働環境人権侵害理由とした外国人労働者による暴動が発生している。 2005年パリ郊外暴動事件 2005年クウェートカタールバーレーン各地での外国人労働者の暴動 2006年UAEドバイ2500人の外国人労働者による暴動によって100万ドル損害発生した報道 2010年イタリア数百人のアフリカ系移民が暴動、住民反撃し70名(大半外国人労働者)が怪我をした 2013年シンガポール交通事故インド系外国人労働者死亡後400人の外国人労働者が暴動 2013年サウジアラビア数千人のアフリカ系労働者が暴動 2013年マレーシアジョホール州マラッカ州起きた外国人労働者によるストライキが暴動に発展最低賃金実施見送り理由とする) 2013年5月以降スウェーデン首都ストックホルムでの移民労働者移民等による暴動発生 日本での暴動 日本における外国人労働者による暴動の類型としては、特定国籍または複数国籍の集団社会保障生活保護)等を求めて単独発生させるもの、格差貧困差別などを理由として社会に不満を持つ学生労働者農民女性組織した国内不満分子移民労働者同調したものの二つ分けることができる。 戦後の混乱期移民労働者にあたる在日朝鮮人展開した朝鮮人生活擁護闘争」(地方税減免生活保護適用求めた)を背景とした長田区役所襲撃事件在日朝鮮人生活権擁護委員会による朝鮮人対す生活物資優先配給求めた首相官邸デモ事件がある。他にも 七条警察署襲撃事件生田警察署襲撃事件など在日朝鮮人による多くの暴動が存在する国内の不満勢力移民労働者共同組織した暴動も存在する国籍持たない不確定な身分を持つ外国人労働者である在日朝鮮人日本共産党員が協同起こした暴動の一部として、首相官邸デモ事件阪神教育事件平事件等が挙げられる在日朝鮮人共闘して騒乱事件起こした日本共産党対照的に在日朝鮮人対立していた被差別部落出身者朝鮮人抗争には 浜松事件がある。 在日朝鮮人中国人労働者共闘した暴動には長崎警察署襲撃事件坂町事件がある。武装在日台湾人グループ暴力団の抗争である渋谷事件もある。 また外国人労働者所属する日本敵対する国家のために起こした騒乱としては吹田事件がある。北朝鮮系の在日朝鮮人は、北朝鮮軍支援すべく、日本各地反米反戦運動起こし武装闘争路線掲げていた日本共産党はそれに同調大阪大学豊中キャンパスで「伊丹基地粉砕反戦独立の夕」が(日本共産党影響下にある)大阪府学生自治会連合によって開催された。学生労働者農民女性在日朝鮮人など約1000人が参加し暴動に発展した

※この「暴動」の解説は、「外国人労働者」の解説の一部です。
「暴動」を含む「外国人労働者」の記事については、「外国人労働者」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 01:40 UTC 版)

1997年アルバニア暴動」の記事における「暴動」の解説

1997年1月数十名を数え破産者集団総額12ドル上る投資金の返還求めて暴動を起こした2月に入ると暴動の規模は更に拡大し3月1日にはアレクサンデル・ガブリエレ・メキシ首相責任取って辞任した事態深刻化する中でサリ・ベリシャ大統領3月2日非常事態宣言発令した3月11日野党であったアルバニア社会党のバシキム・フィノ書記長首相指名受けたが、依然として民衆納得せず暴動を続けた。暴動は当初、南アルバニア起こっていたが次第に北アルバニアにまで波及した政府軍警察は北アルバニア治安回復には成功したが、逆に南部では軍の反乱加えてアルバニア・マフィア勢力拡大などによって無政府状態に陥っていった3月13日主要都市の殆どに暴動と鎮圧動き広がると、国際社会自国民の退避進め動き本格化した。。以降、オペレーション・アルバ、オペレーション・リベレ、オペレーション・シルバーウェイクなど各国救援救出活動展開された。 国連安全保障理事会アルバニア治安悪化滞在している各国住民危害加え可能性や、治安悪化による難民発生危惧して国連軍による治安回復作戦決定した1997年3月28日国際連合安全保障理事会決議第1101号によって7000名の兵員からなる国連軍編成され指揮権最大戦力派遣したイタリア共和国陸軍与えられた。4月15日、「オペレーション・サンライズ」が発動され国連軍首都ティラナなどを監視下に置き、漸く騒動終結向けた動き前進した内戦の中でコソボ領内アルバニア製の銃器流れ込み、これはコソボ紛争大きな影響与える事になる。

※この「暴動」の解説は、「1997年アルバニア暴動」の解説の一部です。
「暴動」を含む「1997年アルバニア暴動」の記事については、「1997年アルバニア暴動」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 05:28 UTC 版)

ウィスキー税反乱」の記事における「暴動」の解説

1794年夏までに、開拓者達の主要な市場商品連邦政府税制脅かされるようになり、西部辺境中の緊張感熱狂的なレベルまで達した最終的に市民抗議行動武装蜂起になった最初に発砲事件起こったのはペンシルベニア州ピッツバーグから約10マイル (16 km)南、現在のサウスパーク・タウンシップにあるオリバー・ミラー・ホームステッドでだった。反乱報せ辺境中に広まり郵便物奪ったり、裁判進行止めたりピッツバーグ襲撃する脅すなど、組織力あまりない一つ流れ抵抗手段が採られた。ある集団女装して収税官を襲い毛髪刈り込みタール羽根塗りたくり(当時リンチ1種)、その馬を盗んだジョージ・ワシントンアレクサンダー・ハミルトンは、丁度8年前のシェイズの反乱思い出し連邦政府権威を示す場としてペンシルベニア州選んだワシントン連邦保安官に、税の抗議者に連邦地区裁判所出頭することを要求する裁判所命令従わせるよう命令した1794年8月7日ワシントンペンシルベニア州バージニア州など幾つかの州で民兵隊を招集する戒厳令行使した民兵隊の戦う反乱軍同様にペンシルベニア州バージニア州および恐らくはその他の州からの者で構成されていた。 12,950名にもなる民兵軍が組織されたが、これは独立戦争のときの全軍にほぼ相当したワシントンハミルトンおよび独立戦争英雄であるヘンリー・"ライトホース・ハリー"・リー将軍が自らこの軍隊率いハリスバーグ集結してワシントン作戦本部があるペンシルベニア州ベッドフォード行軍し続いて10月にはペンシルベニア州西部現在のモノンガヘラ)に動いたジェファーソン拠れば反乱軍が「見つけられることはなかった」が、民兵隊はかなり努力して20名ほどの捕虜捕まえ明らかに連邦政府における連邦党権威誇示した拘束された者達のうち、1人死に、フィリップ・ヴィゴル(後にフィリップ・ウィゴールと改名)が反逆罪有罪とされ、絞首刑による死刑宣告された。しかし、ワシントンは、1人が「馬鹿者」であり、もう1人は「狂人」であるという理由恩赦にした。 わずか2人逮捕され収監された。ロバート・フィルソン判事敬虔なクエーカー教徒ハーマン・ハズバンドだった。フィルソンはワシントン釈放したが、ハズバンド釈放される前に監獄死亡した11月までに数人が、「合衆国法律反対して扇動的行動を行うときに幇助教唆した」罪で罰金科され1796年1月次の者達が5ないし15シリング科料言い渡された。ブラザース・バレー・タウンシップのニコラス・コーブ、アダム・ボウワー、エイブラハム・ケイブル・ジュニア、ジョン・キンメル博士、ヘンリー・フォイスト、ジェイコブ・ホーリー、アダム・ホーリー、マイケル・チンツ、ジョージ・スワートおよびアダム・スタール、ミルフォード・タウンシップのジョン・ヘミンガー、ジョン・アームストロング、ジョージ・ワイマー、ジョージ・テッドロー、エイブラハム・ミラー、ジョン・ミラー・ジュニア、ベンジャミン・ブラウンおよびピーター・ボウワー、キューマホーニング・タウンシップのエマヌエル・ブラリアとジョージ・アンクニー、ターキーフット・タウンシップのピーター・オーガスティン、ジェイムズ・コナー、ヘンリー・エバリー、ダニエル・マッカーティ、ウィリアム・ピンカートンおよびジョナサン・ウッドサイズだった。

※この「暴動」の解説は、「ウィスキー税反乱」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ウィスキー税反乱」の記事については、「ウィスキー税反乱」の概要を参照ください。


暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 03:47 UTC 版)

ナチェズの虐殺」の記事における「暴動」の解説

ナチェズの虐殺に関する資料は、捕囚されたフランス人女性による証言が多い。総督ペリエをはじめ、一部フランス人証言者は、ミシシッピ下流に住む多くインディアン部族が、虐殺と同じ日に、大がかり陰謀謀ったと書いている。ペリエによると、チョクトー族がその陰謀かかわっていて、12月1日12月2日に、ニューオーリンズ襲撃仕掛けるべく集結する予定だったが、その実行の日より2日早くナチェズ族が奇襲をかけて入植者虐殺した、ただそれのみ失敗の原因だったとも述べている。 デュモン・ド・モンティニとアントワーヌ=シモン・ル・パージュ・デュ・プラッツは、ナチェズの虐殺ニューオーリンズよりも早く行われたのは、攻撃までの残され日数数えるのに、棒を用いていたからだと書いている。誰かが棒を2本、気づかれずに処分したため、ナチェズ族は日にち読み間違えたということだが、この2本が失われた理由は、歴史家によってさまざまである現代史家のカスリーン・デュヴァルは、この虐殺は、広い範囲わたって住むインディアンたちの謀議結果であるが、フランス人攻撃したのはヤズー英語版)とティウー(Tioux)の両部族だけだと書いている。ペリエは、フランス政府高官への報告として、虐殺規模誇張した疑いがある。おそらくは、自らの総督として指揮権を守るためだったであろう、もっと多く部族陰謀加担してたようなことを暗示しており、自分迅速な行動なければ、もっと悪い結果になっていただろうとも書いている。

※この「暴動」の解説は、「ナチェズの虐殺」の解説の一部です。
「暴動」を含む「ナチェズの虐殺」の記事については、「ナチェズの虐殺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「暴動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

暴動

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:58 UTC 版)

名詞

ぼうどう

  1. 多くの者が集まっ騒動起こし社会秩序乱すこと。

発音(?)

ぼ↗ーどー

類義語

翻訳


「暴動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暴動」の関連用語


2
98% |||||

3
98% |||||

4
94% |||||

5
78% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||

9
58% |||||

10
58% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



暴動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタルサ人種虐殺 (改訂履歴)、ファイブ・ポインツ (マンハッタン) (改訂履歴)、ポートサイド・スタジアム (改訂履歴)、ゼムラ蜂起 (改訂履歴)、2008年深圳公安襲撃事件 (改訂履歴)、台湾省専売局台北分局 (改訂履歴)、ニカの乱 (改訂履歴)、徳島刑務所暴動事件 (改訂履歴)、アレクサンドリア暴動 (38年) (改訂履歴)、ハチャル・フンデサ暴動 (改訂履歴)、赤い夏 (改訂履歴)、水晶の夜 (改訂履歴)、ライスラーの反乱 (改訂履歴)、あいりん地区 (改訂履歴)、ロサンゼルス (改訂履歴)、エドマンド・アンドロス (改訂履歴)、アナウアク騒擾事件 (改訂履歴)、外国人労働者 (改訂履歴)、1997年アルバニア暴動 (改訂履歴)、ウィスキー税反乱 (改訂履歴)、ナチェズの虐殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの暴動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS