地下鉄サリン事件とは?

【地下鉄サリン事件】(ちかてつさりんじけん)

1995年3月20日発生した、世界史上でも例を見ない化学兵器テロ事件2011年現在でも地下鉄での化学兵器テロはもちろん、人口密集地での化学兵器テロはこの事件を除いて起きていない

実行犯新興宗教オウム真理教幹部
実行犯自首した1名を除き全員死刑首謀者教祖に対して死刑判決下っている。
なお、同団体アレフ改名(一部離脱)し、現在も存続中である。

地下鉄大量破壊兵器によるテロが行われる危険性事件以前にも以後にも指摘されている。
しかし、現実ここまで暴挙を行ったテロリストオウム真理教のみである。

事件の経緯

事件発生1995年3月20日午前8時ごろ。
営団地下鉄日比谷線千代田線丸ノ内線列車内に致死性ガスサリン」が散布された。

通勤時間帯の地下鉄と言う殊な空間のため、被害甚大な規模にまで拡大
陸上自衛隊化学防護隊が出動汚染除去にあたった。
また、自衛隊中央病院および衛生学校から医官21名と看護官19名が派遣されて治療にあたった。
サリン解毒剤PAM」も不足し首都圏だけではなく西日本からも新幹線を使って集められた。

使用されたサリン化学兵器として質の低いものであった。
もし高純度サリンが的確に使用されていれば事件はさらに恐るべきものになっただろう。

事件当時ガス爆発」など情報錯綜し、何が起きていたのか判然としなかった。
しかし病院搬送された患者容態松本サリン事件酷似していたため化学テロであると発覚
また、この事実によってオウム真理教犯行であるとの断定に至った。

主な被害(車両別)

千代田線
→駅助役2名死亡重症231名。
丸ノ内線池袋発)
1人死亡重症358名。
丸ノ内線荻窪発)
死者・重症者なし。
日比谷線中目黒発)
1人死亡重症532人。
日比谷線北千住発)
→8人死亡重症2,475人。

最終的被害死者12名、致傷者約5000名である。


地下鉄サリン事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 07:04 UTC 版)

地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)は、1995年平成7年)3月20日東京都で発生した同時多発テロ事件である。警察庁による正式名称は、地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件(ちかてつえきこうないどくぶつしようたすうさつじんじけん)[2]。日本国外では「: Tokyo Sarin Attack」と呼ばれることがある[3]。世界でも稀に見る大都市圏における化学兵器を利用した無差別テロ事件であった。


  1. ^ 事件当日はそのまま埼玉県に墓参りに出かけ、食事も普通に摂った。翌日、銭湯で倒れ、心筋梗塞で死亡。丸一日普通に行動できたことから、サリン吸引と死亡の因果関係が証明できないとして、起訴状では殺人未遂罪の被害者とされ、訴因変更後は未遂被害者からも除外されていた。しかし、2008年12月施行のオウム被害者救済法ではサリン吸引が浴室での事故の原因と判断され[1]、13人目の死者として認定された[1]。2010年3月6日には被害者の会が救済金を支給していると公表した。

注釈

  1. ^ 行政の死者数認定は13人であるが、司法の死者数認定では12人である。これは事件発生翌日に銭湯で倒れ心筋梗塞で死亡した76歳男性の死について「サリン中毒死とは言えない」として殺人未遂で起訴したためである。後述の訴因変更後には、殺人未遂の被害者からも除外された。その後、2020年3月10日にサリンの後遺症により更に1人が死亡した。
  2. ^ a b 林郁夫は自首した上で事件の詳しい内容などを自供したことが考慮され、検察側が死刑求刑を見送り、求刑通り第一審・東京地方裁判所での無期懲役が確定した。
  3. ^ a b 新実は本事件以前にも坂本堤弁護士一家殺害事件松本サリン事件などに関与しており、公証人役場事務長逮捕監禁致死事件を除く全死亡事件での被害者の死亡への関与が認定された。そのため、無期懲役が求刑された他の送迎役4人とは異なり死刑が求刑され、2010年1月19日に最高裁で上告棄却、求刑通り死刑判決が確定した。
  4. ^ a b 第一審・東京地方裁判所では「本事件については連絡役に留まる」として死刑求刑に対し無期懲役判決を受けたが、控訴審では「現場指揮者ではないが総合調整役として無差別大量殺人に重要な役割を担った」として一審判決が破棄され死刑判決を受けた。
  5. ^ 既に同年1月の時点で警視庁・山梨県県警合同で私服刑事300人による上九一色村サティアンの捜索が計画されていたが、相談を受けた佐々淳行が装備が軽装であることを指摘して化学防護や銃撃等に備えた大警備実施を主張し、その準備のため延期となった[8]
  6. ^ ある自衛官信者の愛称。
  7. ^ 豊田はその後、村井と広瀬健一に計画を告げられた。
  8. ^ 末尾KはJR東日本の車両(203系または207系)による運行。
  9. ^ 千代田線は綾瀬駅からJR東日本常磐線(各駅停車)と相互直通運転し、取手駅まで乗り入れる。
  10. ^ 平成23年7月廃車後、同年9月フィリピン国鉄に譲渡
  11. ^ 2009年11月6日に最高裁で上告棄却、求刑通り死刑判決が確定した。
  12. ^ 2003年10月14日に最高裁で上告棄却、求刑通り無期懲役判決が確定した。
  13. ^ 2007年7月20日に最高裁で上告棄却、求刑通り死刑判決が確定した。
  14. ^ 2004年2月9日に最高裁で上告棄却、求刑通り無期懲役判決が確定した。
  15. ^ 末尾Tは東武の車両による運行。
  16. ^ 当時の日比谷線は、北千住駅から東武伊勢崎線と相互直通運転し、東武動物公園駅まで乗り入れていた(その後直通区間の変遷あり。現況については「東京メトロ日比谷線」を参照)。
  17. ^ 2009年11月6日に最高裁で上告棄却、求刑通り死刑判決が確定した。
  18. ^ 2018年1月25日に最高裁で上告棄却、求刑通り無期懲役判決が確定した。
  19. ^ 平成29年9月廃車後、先頭車は東武20400型へ転用。
  20. ^ 当時、虎ノ門ヒルズ駅は未開業。
  21. ^ 末尾Sは営団の車両による運行。
  22. ^ 後に野田成人の運転手を務めた元女性信徒と獄中結婚したため、姓名を小池泰男に改めた。2008年2月15日に最高裁で上告棄却、求刑通り死刑判決が確定した。
  23. ^ 2009年4月20日に最高裁で上告棄却、求刑通り無期懲役判決が確定した。
  24. ^ 平成29年11月廃車。
  25. ^ 2010年から相互直通先の東急東横線に合わせて号車順序を逆転させたため、以後は6号車に当たる。なお、日比谷線と東急東横線の相互直通運転は2013年(平成25年)3月15日をもって終了した。
  26. ^ この乗客がサリンあるいはそのような猛毒物であるかを、認識していたのかどうかは不明であるが、認識していたとしても緊急避難により刑事・民事いずれも免責される。また、この乗客自身もサリンの被害を受け、八丁堀駅で下車し、救助される際に不審物の形状を詳細に伝え、それを途中の駅で蹴り出したことを現場で伝えたことにより、不審物の捜索が一斉に伝えられた。実際には神経ガスを吸引して判断能力が減退しており、その一事を持っても免責される。
  27. ^ 途中駅で負傷者が下車したため多数の駅で救護活動が行われたり、サリンが列車外に出されてホーム上でも被害を出したことで、被害が発生した「列車」の特定が困難となったため、5編成以外にも事件が発生したという誤報につながった可能性が高い。また、車内や駅構内に残された忘れ物やゴミが不審物として通報されたこともあり、混乱に拍車がかかったと思われる。
  28. ^ そのため、消防隊員や警察官にも多数の二次被害が発生、消防隊員・救急隊員など消防職員の負症者は135名にのぼるほか、警察官にも多数の負傷者を出した。さらに、現場で負傷者の除染が行われなかったために、搬送先病院でも負傷者に付着したサリンが気化し、医療関係者を襲うという二次被曝も発生した。
  29. ^ 戦時中の医療経験、東京大空襲の際、多くの被災者が病院に収容できず、野外で満足な治療を受けることなく死亡したことを反省、教訓としている。
  30. ^ 具体的には施設内の壁面に酸素供給口があり廊下やホールなどで救急救命活動が可能であった。
  31. ^ このときの顛末はNHKドキュメンタリー番組『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』でも取り上げられた
  32. ^ 検証後、返却出来る物品は返されている
  33. ^ この際、drug dex,poison dexというアメリカの医薬品情報からも米軍事演習の事故でのサリン中毒患者への具体的な治療法を入手し、下記のファックスと共に治療の参考とした
  34. ^ 本部管理中隊施設作業小隊を中心に要員を選抜。施設作業小隊は施設科に関する任務の他に部隊が生物兵器等に汚染された場合に備えて除染装置等が配備されており、部隊及び個人の除染に関する各種訓練を受けていたため。また各普通科中隊も化学防護衣等の運用に関して最小限の訓練を行っていた事も普通科部隊の派遣に繋がっている。
  35. ^ 第101化学防護隊はサリンなどの神経ガスをはじめとした化学兵器についての知識や経験が豊富であり、核兵器生物兵器・化学兵器(いわゆるNBC兵器)の防護技術に精通した日本最高のスペシャリストである。この事件がきっかけでその重要性が示されることとなった
  36. ^ なお、派遣した隊員が出動から約8時間以上もの間、防護服を着用状態のため、尿意に対し対処できず、後に支給された戦闘用防護衣には排尿器(専用紙オムツ)が支給されることとなった
  37. ^ もし、柳澤教授や自衛隊による適切な助言や指導、そしてこれら薬剤が無ければ、更に数百名の被害者が死亡していたと想像される
  38. ^ 第1空挺団を含む在京の全ての部隊に第3種非常呼集が発令
  39. ^ 2020年3月10日に死去した被害者女性は、視力と体の自由を失い、言語症も患っていたため、寝たきりの生活を余儀なくされた。なお、この女性は2004年2月25日の朝日新聞の記事(参照)に掲載された当時は匿名だったが、2005年以降は実名が公表されている(参照)。
  40. ^ 日本では「事件」として扱われる向きが多かったが、特に欧米では「化学テロ」として大々的に扱われ、その対応策なども含め大きく注目された。現在でも諸外国の軍隊マニュアルで、化学テロの事例として紹介されている
  41. ^ 犯罪被害の賠償は原則として加害者が行うのが慣例であるが、現在のAlephに賠償能力が無いため、犯罪被害への公的補償の必要性が論じられている[要出典]
  42. ^ 松本智津夫被告一審判決では、「ところで、関係証拠に照らすと、井上は、(略)自己の刑責を軽減させるために既に死亡している村井や逃亡中であった林泰男に一部責任を転嫁し、自己の役割をわい小化する不自然不合理な供述をしている。しかしながら、自己の刑責を軽減させるために死亡した者や逃亡中の者に一部責任を転嫁する供述がみられることから直ちに、長い間グルとして信仰してきた被告人の面前で供述した、地下鉄サリン事件に被告人が関与している旨の井上証言の信用性が左右されるものではなく、その信用性が高いことはこれまで説示してきた理由から明らかというべきである。(略)リムジン車内において、被告人と村井、井上及び遠藤の間で、地下鉄電車内にサリンを散布する無差別大量殺りくについて共謀が成立していたことは明らかである。この点に関する弁護人の主張は採用することができない。」とされている。

出典

  1. ^ a b c d “地下鉄サリン死傷者6300人に 救済法の認定作業で調査”. 47NEWS/共同通信. (2010年3月11日). オリジナルの2013年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130516151517/http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031101000214.html 2012年6月18日閲覧。 
  2. ^ 警察白書にある表記
  3. ^ Japan executes seven cult leaders behind Tokyo Sarin attacks - BBC NEWS
  4. ^ オウム全公判終結(2011年11月) - 毎日jp
  5. ^ 降幡賢一『オウム法廷2下』 p.256, 268
  6. ^ a b オウム裁判対策協議会/サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/麻原彰晃(松本智津夫)第一審公判弁論要旨
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 松本智津夫被告 法廷詳報告 林郁夫被告公判 カナリヤの会
  8. ^ a b 軍師・佐々淳行. 文藝春秋. (2007-10-10). pp. 253-256 
  9. ^ スクープ記事の記録 読売新聞
  10. ^ 毎日新聞社会部『検察側立証すべて終了―オウム「教祖」法廷全記録〈7〉 』 2002年 p.202
  11. ^ 手記 - Compassion カルトを抜けて罪と向き合う 井上嘉浩
  12. ^ 降幡賢一『オウム法廷2(下)』 p.255
  13. ^ a b 門田隆将『オウム死刑囚 魂の遍歴』 p.299-312
  14. ^ 降幡賢一『オウム法廷12』 p.292
  15. ^ a b 平田被告が明かしたオウム「場当たりテロ」の数々 - 東スポWeb[リンク切れ]
  16. ^ a b c d e 平成7合(わ)141 殺人等 平成16年2月27日 東京地方裁判所
  17. ^ a b c 降幡賢一『オウム法廷2 下』 p.121
  18. ^ a b 阪神・淡路大震災の意。1995年3月当時は報道機関によって呼称がまちまちだった。
  19. ^ 『オウム真理教大辞典』(東京キララ社、2003年 p.32
  20. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録7』 p.228
  21. ^ 降幡賢一『オウム法廷2 下』p.122-129
  22. ^ 毎日新聞社会部『恩讐の師弟対決―オウム「教祖」法廷全記録〈1〉 』 1997年 p.81
  23. ^ a b c d 平成7合(わ)148 殺人,同未遂,犯人蔵匿被告事件 平成14年10月11日 東京地方裁判所
  24. ^ a b c d e オウム裁判対策協議会/サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/1995年12月11日 冒頭陳述の要旨(豊田・広瀬・杉本)
  25. ^ 国内 / オウム平田容疑者を再逮捕=宗教学者のマンション爆発で―教団火炎瓶事件も・警視庁 / WSJ日本版 - jp.WSJ.com
  26. ^ a b c d オウム裁判対策協議会/サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/1995年10月24日 冒頭陳述(中川智正)
  27. ^ 辺見庸『自分自身への審問』毎日新聞社 2006年
  28. ^ 『オウム法廷2 上』 p.324-327
  29. ^ 江川紹子『「オウム真理教」裁判傍聴記2』 1997年 p.187
  30. ^ 降幡賢一『オウム法廷5』 p.307
  31. ^ 「松本智津夫被告 第19回公判詳報」読売新聞 1996年11月7日
  32. ^ 降幡賢一『オウム法廷5』 p.294
  33. ^ オウム裁判対策協議会/サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/1995年10月24日 冒頭陳述(中川智正)
  34. ^ 佐木隆三『「オウム法廷」連続傍聴記2 麻原出廷』1996年 p.48
  35. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 p.205
  36. ^ http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Ningen/tikatetu_sarin/tikatetu_sarin.htm
  37. ^ くらしのジャーナル | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル
  38. ^ 毎日新聞社会部『検察側立証すべて終了―オウム「教祖」法廷全記録〈7〉 』 2002年 p.263
  39. ^ “地下鉄サリン事件の被害女性が死去 25年重度障害抱え”. 日本経済新聞. (2020年3月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57020740Z10C20A3CC1000/ 2020年3月19日閲覧。 
  40. ^ 『ヴァジラヤーナ・サッチャ no.9』オウム出版、1995年 p.78
  41. ^ 朝日新聞2015年1月11日朝刊「オウム真理教生んだ闇 今なお」
  42. ^ 東京メトロ全駅に「中身が見える透明ゴミ箱」を設置
  43. ^ 地下鉄サリン事件15年で慰霊式 献花の遺族悲しみ癒えず 47NEWS 2010年3月20日
  44. ^ 地下鉄サリン事件発生から20年警視庁
  45. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷11』 p.238-242, 251
  46. ^ 降幡賢一『オウム法廷4』 p.89
  47. ^ サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/麻原彰晃(松本智津夫)第一審公判弁論要旨 オウム裁判対策協議会
  48. ^ 森達也『A3』 集英社インターナショナル、2010年
  49. ^ “オウム裁判で分かったこと、残る謎”. Yahoo!ニュース. (2015年4月30日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20150430-00045208/ 
  50. ^ 中川智正「当事者が初めて明かすサリン事件の一つの真相」『現代化学』2016年11月号62-67頁、東京化学同人
  51. ^ a b 『地下鉄サリン前に捜査かく乱情報 国松元警察庁長官が証言』共同通信2010年2月22日2時2分。47ニュース
  52. ^ 安田好弘『死刑弁護人-生きるという権利』講談社+α文庫、2008年
  53. ^ 地下鉄サリン事件20年 | 取材ノート | 日本記者クラブ JapanNationalPressClub (JNPC)
  54. ^ 『東京読売新聞』1996年4月25日夕刊「オウム麻原被告第2回公判検察冒頭陳述の全文=その4・地下鉄サリン=1」
  55. ^ 『東京読売新聞』2004年2月28日朝刊「オウム松本被告判決の要旨」
  56. ^ “「死刑囚が異例の証言 被害者の孫は」”. NHK ONLINE. (2014年2月4日). http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2014/02/0204.html 
  57. ^ “「地下鉄サリン事件「予言成就のため」 井上死刑囚が証言」”. 朝日新聞DIGITAL. (2015年2月20日). http://www.asahi.com/articles/ASH2N5J9RH2NUTIL03D.html 
  58. ^ 森達也『A3』 集英社インターナショナル、2010年
  59. ^ 『東京読売新聞』1996年11月9日朝刊「松本智津夫被告第15回公判法廷詳細 師弟対決「首謀」めぐり激しい火花」
  60. ^ 「生きて罪を償う」井上嘉浩さんを死刑から守る会 HP
  61. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』p.23-25
  62. ^ 麻原さんの意見陳述要旨 (1997年4月24日) カナリヤの会
  63. ^ 滝本太郎ブログ「ああ言えば上祐、こう書けば森達也さん | 『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記
  64. ^ オウム真理教の事件について森達也氏が語る「麻原裁判は、やり直されるべき」 ハフィントンポスト 2018年3月25日閲覧。
  65. ^ 滝本太郎ブログ「地下鉄サリン事件―遠藤証言 | 『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記」 2018/6/30閲覧
  66. ^ HTML document for the World Wide Web http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shuki/3-12.htm 元信者の手記 111~120 カナリヤの会





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地下鉄サリン事件」の関連用語

地下鉄サリン事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地下鉄サリン事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地下鉄サリン事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS