刑事部とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 刑事部の意味・解説 

けいじ‐ぶ【刑事部】


刑事部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/28 10:35 UTC 版)

刑事部(けいじぶ)とは、日本の刑事司法に携わる官公庁部局の名称であり、以下のような例がある。[1]


  1. ^ 刑事部とは”. コトバンク. 2021年11月29日閲覧。
  2. ^ 裁判所の組織について”. 裁判所. 2021年11月29日閲覧。
  3. ^ 鈴木俊士『警察官になるための専門常識』つちや書店、2018年12月、P.42。ISBN 978-4-8069-1655-0
  4. ^ 『小さな巨人』、「デタラメ」「警察の実態から乖離しすぎ」と批判噴出…所轄との対立もウソ . ビジネスジャーナル.2019年5月29日閲覧。
  5. ^ a b 井上裕務『警察官という生き方』、洋泉社洋泉社MOOK〉、2011年5月、p.70、p.82。ISBN 978-4-86248-712-4
  6. ^ 小川泰平『警察の裏側』イースト・プレス、2013年8月2日、p.223、ISBN 978-4-78-167092-8
  7. ^ 小川泰平『ニッポンの刑事たち』講談社、2016年5月26日、p.12、ISBN 978-4-06-287015-3
  8. ^ 菊池雅之『警察組織解体新書』ぶんか社ムック、2018年12月14日、p.26、ISBN 978-4-8211-6784-5
  9. ^ 【報告事項】五代目工藤會総裁らによる所得税法違反事件の検挙について(暴力団対策部・刑事部) 2015年6月18日 福岡県公安委員会
  10. ^ 令和3年版警察白書(HTML版)”. 警察庁 (2021年). 2021年11月17日閲覧。
  11. ^ “県警人事 総務部長に鎌田氏、特殊詐欺捜査室を四課に(静岡)”. 中日新聞 (中日新聞社). (2021年3月13日). https://www.chunichi.co.jp/article/217183 2021年11月17日閲覧。 
  12. ^ “特殊詐欺対策室、組対課へ 県警異動名簿”. 山口新聞 (山口新聞社). (2021年3月6日). https://yama.minato-yamaguchi.co.jp/e-yama/articles/22996 2021年11月17日閲覧。 
  13. ^ 警視庁の変遷(2)(平成元年~平成29年)-東京都組織沿革”. 東京都公文書館. 2018年5月8日閲覧。
  14. ^ 暴力団対策部が発足 福岡県警380人態勢、全国2例目 西日本新聞2010年1月5日
  15. ^ 人事:県警 暴対部長に山田氏 来月発足、380人態勢で捜査強化 /福岡 2009年12月23日 毎日新聞
  16. ^ 警視庁の設置に関する条例”. 東京都例規集データベース. 2021年12月4日閲覧。
  17. ^ 警視庁本部の課長代理の担当並びに係の名称及び分掌事務に関する規定


「刑事部」の続きの解説一覧

刑事部(テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 21:50 UTC 版)

ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」の記事における「刑事部(テレビドラマ)」の解説

松島小百合 演 - 大西礼芳第5話 - ) 捜査一課巡査部長・源の同期強靱メンタル持ち主陸上オリンピック候補にまでなったほどの体力を持つ。

※この「刑事部(テレビドラマ)」の解説は、「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」の解説の一部です。
「刑事部(テレビドラマ)」を含む「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」の記事については、「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「刑事部」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「刑事部」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「刑事部」の関連用語

刑事部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刑事部のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刑事部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハコヅメ〜交番女子の逆襲〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS