警視とは?

けい‐し【警視】

〔名〕

警察業務担当する者。

草莽事情三号(1877)「其の警視の職たるや専ら全国安寧を保ち良民保護の責に任し

警察官職階一つ警視正の下、警部の上位置する。

③ 「けいしちょう警視庁)」の略。

雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「警視にて取調べを受け」

④ (━する) 警戒して見ること。

*具氏博物学(1876‐77)〈須川賢久訳〉四「其身外周辺を四顧する者は全く非常を警視する為に非ずして恐くは其元来の習慣係る者ならん」


警視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 21:52 UTC 版)

警視(けいし、英称:Superintendent)は、警察法第62条に規定される日本の警察官階級の一つ。上から5番目。警視正の下、警部の上。


  1. ^ 警察法第55条・56条
  2. ^ 警察法第56条の2


「警視」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「警視」の関連用語

警視のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



警視のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの警視 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS