日本の行政機関とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の行政機関の意味・解説 

日本の行政機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 19:48 UTC 版)

日本行政機関(にほんのぎょうせいきかん)とは、日本の行政事務を担当する機関のことである。委員会などが挙げられる。日本の行政機関は、地方公共団体と対比されて、中央省庁中央官庁などと呼ばれることが多い。単に府省とも呼ばれる。


  1. ^ 「○○省」の長の名称は「○○大臣」とし、「省」を付けない。例えば、総務省の長の名称は総務大臣である。
  2. ^ 「○○委員会」の長の名称は「○○委員会委員長」とし、「委員会」を付ける。また、「○○庁」の長の名称は「○○庁長官」とし、「庁」を付ける。例えば、国家公安委員会の長の名称は国家公安委員会委員長であり、警察庁の長の名称は警察庁長官である。
  3. ^ デジタル庁及び復興庁は「庁」であるものの、主任の大臣が内閣総理大臣とされるほか、デジタル大臣及び復興大臣がそれぞれに置かれ、デジタル庁長官及び復興庁長官という官職は設置されない。また、事務次官級の官職として、デジタル監及び復興庁事務次官がそれぞれ設置される。
  4. ^ 警察庁の長は警察庁長官であるが、同庁は、内閣府外局で且ついわゆる大臣委員会である国家公安委員会特別の機関であり、その上位には国務大臣たる国家公安委員会委員長が設置されている。また、金融庁及び消費者庁は内閣府の外局たる庁であり、その長はそれぞれ金融庁長官及び消費者庁長官であるが、金融庁の上位には内閣府特命担当大臣(金融担当)が、消費者庁の上位には内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)が、それぞれ設置されている。国家公安委員会委員長及び内閣府特命担当大臣(金融担当)が疑似的な各省大臣となっているため、警察庁及び金融庁は、「庁」でありながらも、内部部局として「部」ではなく「局」を設置している。
  5. ^ a b 金融庁の所掌事務については、内閣府特命担当大臣(金融担当)が置かれる(内閣府設置法第11条)。
  6. ^ a b 消費者庁の所掌事務については、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)が置かれる(内閣府設置法第11条の2)。
  7. ^ a b デジタル庁設置法第6条。ただし、デジタル庁の事務を統括し、職員の服務について統督するために、デジタル庁にデジタル大臣を置く(デジタル庁設置法第8条)。
  8. ^ a b 復興庁設置法第6条。ただし、復興庁の事務を統括し、職員の服務について統督するために、復興庁に復興大臣を置く(復興庁設置法第8条)。
  9. ^ 陸上幕僚監部、陸上自衛隊の部隊及び機関
  10. ^ 海上幕僚監部、海上自衛隊の部隊及び機関
  11. ^ 航空幕僚監部、航空自衛隊の部隊及び機関
  12. ^ 復員局官制改正により、厚生省第一復員局は復員局と改称。
  13. ^ 復員局官制改正により、総理府第二復員局は、厚生省復員局内の第二復員局残務処理部となる。
  14. ^ 2031年(令和13年)3月31日までに廃止することとされている(復興庁設置法第21条)。
  15. ^ a b c d e 敗戦により実態が消滅したが、設置の勅令の廃止がされなかったため、国家行政組織法の施行により廃止とされる。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の行政機関」の関連用語

日本の行政機関のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の行政機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の行政機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS