日本の自転車とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の自転車の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


日本の自転車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/15 00:11 UTC 版)

本項では、日本の自転車軽車両事情について概観する。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2013年12月1日以降、路側帯の通行も左側のものに限定されている[13]
  2. ^ 他の自転車を追い越す場合等の一時並進は禁止されていない[14]
  3. ^ ここで言う「子供」とは13歳未満の者で、着用は努力義務である(道路交通法第63の10)。なお、鹿児島県条例で全ての利用者に着用する努力義務を課し、中学生以下の者については、保護者に着用させる義務を負わせている。但し罰則はない[15]
  4. ^ 兵庫県は、条例により保険加入を2015年10月から義務化する[38]。兵庫県交通安全協会の「自転車会員」になれば加入できる形式を取る。

出典

  1. ^ 齊藤俊彦『くるまたちの社会史 : 人力車から自動車まで』中公新書1346 中央公論社、1997年 ISBN 4121013468 78ページ
  2. ^ 佐野裕二『自転車の文化史 : 市民権のない5,500万台』文一総合出版、1985年、81ページ
  3. ^ 歴史探訪「うつくしま」への系譜 日本最古の自転車を製作 鈴木三元が夢見た 三元車のロマン
  4. ^ 三元車展 日本最古の国産自転車 初公開 三元車がやってくる!!」”. 2011年7月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月27日閲覧。
  5. ^ 輸入実績表 自転車・同部品・同付属品 平成23年01月~12月
  6. ^ 疋田智『大人の自転車ライフ : 今だからこそ楽しめる快適スタイル』光文社、2005年 ISBN 4334783619 74ページ
  7. ^ 小池一介『華麗なる双輪主義 : スタイルのある自転車生活』東京書籍、2006年 ISBN 9784487801190 23ページ
  8. ^ 斎藤純『ペダリスト宣言! : 40歳からの自転車快楽主義』日本放送出版協会、2007年、ISBN 9784140882405 129ページ
  9. ^ 浅井建爾 2015, p. 49.
  10. ^ 元田 良孝、宇佐美誠史、後藤俊、高橋慶多 『自転車歩道通行政策の矛盾に関する考察〜求められるパラダイムシフト〜』、自転車活用推進研究会『自転車DO!』第58号
  11. ^ 浅井建爾 2015, p. 50.
  12. ^ 自転車の安全利用について”. 鳥取県. 2018年2月5日閲覧。
  13. ^ “自転車走行、路側帯は左側だけ 改正道交法施行”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年12月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2804E_R01C13A2CR8000/ 2018年2月5日閲覧。 
  14. ^ 併走は原則禁止”. 自転車道路交通法研究会 (2013年5月1日). 2018年2月5日閲覧。
  15. ^ “自転車 中学生以下の利用者、ヘルメット着用義務化 あすから /鹿児島”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年9月30日). https://mainichi.jp/articles/20170930/ddl/k46/010/307000c 2018年2月5日閲覧。 
  16. ^ 都道府県により異なり、静岡県・神奈川県では5mとなっている。
  17. ^ 都道府県により異なり、佐賀県・静岡県・山梨県・神奈川県・東京都では赤色だけ、その他の都道府県では赤色または橙色が認められている。
  18. ^ 都道府県により異なり、静岡県・山梨県では50mとなっている。
  19. ^ 無灯火自転車がなぜ危険なのか 4コマ漫画が反響”. ライブドアニュース (2017年5月23日). 2017年5月24日閲覧。
  20. ^ “母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…”. サンケイビズ. (2013年8月18日). http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/130818/cpd1308181332000-n1.htm 2014年2月22日閲覧。 
  21. ^ 東京都自転車対策懇談会 第2回 議事録 (2012年7月12日)9ページ
  22. ^ (16訂版道路交通法解説P271及びP756)
  23. ^ 自転車記者がまじめに走ってみた、車道こそ安全な場所だ カナロコ(神奈川新聞)
  24. ^ 自転車に幅寄せして車ぶつける=危険運転致傷容疑で男逮捕―警視庁(時事通信)セロン
  25. ^ 安全運転のポイント 三井住友海上
  26. ^ 側方間隔 教習所ナビ
  27. ^ 警察庁 自転車対策検討懇談会『自転車の安全利用の促進に関する提言 』10ページ
  28. ^ 永沢総合法律事務所 トピックス(岸田真穂「判例研究」『運転管理』平成17年6月号から)
  29. ^ グーサイクル 自転車ツーキニストでいこう!疋田智の連載えっせい 第9回「ほんなこつ“路上駐車”は何とかならないものか」
  30. ^ 道路交通法1978年改正の国会審議で、鈴木良一警察庁交通局交通企画課長は、歩道における自転車の想定される徐行速度について「時速四、五キロぐらいのことであろうと思いますが、すぐとまれる速度」と発言している(1978年5月9日参議院地方行政委員会)。道路交通執務研究会編著、野下文生原著『道路交通法解説 : 執務資料』(13-3訂版、東京法令出版、2007年 ISBN 9784809011009)は、「歩行者の歩速毎時四キロメートルから考えて、毎時六キロメートルから八キロメートル程度ということができよう」(655ページ)と述べているが、実際にこの速度で走ればバランスを崩しやすく逆に危険であり、実勢速度はバランスを取りやすい一定以上の速度にある。もう国土交通省 社会資本整備審議会 都市計画・歴史的風土分科会都市計画部会『都市計画部会第6回都市交通・市街地整備小委員会議事要旨 : 参考資料1 自転車等に関する法令等の規定』や石川県警察『自転車の疑問Q&A』にも同趣旨の記述が見られる。
  31. ^ 国土交通省 『平成19年度 第2回新たな自転車利用環境のあり方を考える懇談会』 参考資料2「車道と歩道の安全性の比較
  32. ^ 警察庁 自転車対策検討懇談会『自転車の安全利用の促進に関する提言 : 資料』 8ページ 資料8「自転車マニュアル等における歩道通行の危険性の指摘」
  33. ^ “道路交通法の一部改正により「自転車運転講習」制度が導入されます”. 久喜市. (2015年5月28日). http://www.city.kuki.lg.jp/kurashi/norimono_anzen/safety/zitensyakousyu.html 2018年2月5日閲覧。 
  34. ^ 自転車運転者講習制度について”. 埼玉県警察 (2015年8月5日). 2018年2月5日閲覧。
  35. ^ 警察庁交通局「道路交通法改正試案」に対する意見の募集結果について{{{1}}} (PDF) 、2013年3月
  36. ^ 道路交通法103条1項3号または8号
  37. ^ 自転車で事故の男、「車の運転も危険」と免停に 読売新聞 2012年11月20日
  38. ^ “全国初、自転車保険加入を義務化 兵庫県会が条例案可決”. 神戸新聞NEXT. (2015年3月18日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201503/0007832423.shtml 
  39. ^ “銀輪の死角:自転車保険低い認知度 損保各社、販売中止 警察庁所管系も加入2%”. 毎日新聞. (2010年8月22日). オリジナル2010年9月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100906071032/http://mainichi.jp/select/jiken/ginrinnosikaku/news/20100822org00m040998000c.html 
  40. ^ “自転車事故:「自賠責制度の対象に」被害者団体が提言”. 毎日新聞. (2010年8月30日). オリジナル2010年8月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100831174746/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100830k0000m040107000c.html 
  41. ^ “自転車保険、加入義務化 4月から条例施行 賠償負担軽減などで 関東初 /埼玉”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年1月12日). https://mainichi.jp/articles/20180112/ddl/k11/010/200000c 2018年3月15日閲覧。 
  42. ^ 運輸省編『80年代の交通政策のあり方を探る : 運輸政策審議会答申「長期展望に基づく総合的な交通政策の基本方向」』ぎょうせい、1983年、109ページ
  43. ^ 消える「自転車横断帯」警察、車道通行を徹底 日本経済新聞
  44. ^ 自転車は車両のなかま 自転車は、道路の左端に寄って通行しなければなりません。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の自転車」の関連用語

日本の自転車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピン パター

方向

ニホンイシガメ

ゴクラクミドリガイ科の不明種2

メガネタイプ2Pコネクタ

リサイクル・マーク

空中作業車

オオアカゲラ





日本の自転車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の自転車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS