日本代表とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 日本代表の意味・解説 

日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 08:25 UTC 版)

日本代表(にほんだいひょう、にっぽんだいひょう)とは、日本代表して国際会議や世界的な大会に参加する個人もしくは団体。団体を指す場合には「日本代表団」とも呼ばれる。また、スポーツの選手個人を指す場合は「代表選手」とも呼ぶ。


注釈

  1. ^ 本来は“アルベルト”を略すのが正しいのだが、アーノルド・シュワルツェネッガーが「アーニー」ではなく「シュワちゃん」と呼ばれているのと同じ手方。

出典

  1. ^ 日刊スポーツ北京オリンピックコラム「OGGIの毎日がオリンピック」2008年8月23日付
  2. ^ スポーツニッポン - アイホケ娘 愛称は「スマイルジャパン」 選手の希望通りに スポーツニッポン 2013年3月2日閲覧
  3. ^ モーニング娘。」や「カントリー娘。」をもじったもの。
  4. ^ ボブスレー日本代表チームの愛称を発表しました 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟ニュースリリース 2013年12月23日付
  5. ^ 女子代表の愛称は「サクラ」に 産経新聞 2013年6月18日閲覧
  6. ^ 日本代表よ、勇ましくあれ! ~日本代表ニックネーム「BRAVE BLOSSOMS」の由来を辿る~ | BRAVE BLOSSOMS GAME2017|ラグビー日本代表”. jpn2017.rugby-japan.jp. 2021年11月4日閲覧。
  7. ^ JRFU, (公財)日本ラグビーフットボール協会-. “【JRFU公式】ラグビー日本代表応援サイト - WE ARE BRAVE BLOSSOMS” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2021年11月4日閲覧。
  8. ^ 日本フットサル振興会 - <野武士ジャパン>
  9. ^ 登録番号第5195556号、第5195564号「ホッケーの興行の企画・運営又は開催、ホッケーに関する電子出版物の提供、ホッケーに関する図書及び記録の供覧」など
  10. ^ 【WBC】“さむらい”マネしないで!男子ホッケー代表すでに命名(スポーツ報知)
  11. ^ ソフトボール、代表の愛称は"ソフトジャパン"に決定
  12. ^ 女子日本代表 愛称:火の鳥NIPPON
  13. ^ “バスケットボール日本代表チーム 記者発表会のご報告 -新ニックネームは「AKATSUKI FIVE(アカツキ ファイブ)」に決定-” (プレスリリース), 日本バスケットボール協会, (2016年4月11日), http://www.japanbasketball.jp/japan/22240 2016年4月11日閲覧。 
  14. ^ “バスケ日本代表 ニックネーム「ハヤブサ」→「アカツキ」に変更”. スポーツニッポン. (2016年4月11日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/11/kiji/K20160411012385010.html 2016年4月11日閲覧。 
  15. ^ 挑戦者たち - 第1回 着々と進む本番への準備 〜世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"〜(1/4)
  16. ^ ハンド女子愛称は「おりひめジャパン」 日刊スポーツ 2013年11月22日
  17. ^ 36年ぶり五輪へ 「レインボージャパン」3連勝! スポーツニッポン2011年10月8日閲覧
  18. ^ ハンド男子代表愛称に彗星ジャパン!定着へ実績次第」 日刊スポーツ 2018年6月11日
  19. ^ 【日本代表情報】バドミントン日本代表の愛称が「BIRD JAPN(バード・ジャパン)」に決定!
  20. ^ 愛、佳純ら「卓球NIPPON」で打倒中国 日刊スポーツ 2013年4月25日閲覧
  21. ^ 女子ナショナルリレーチームの愛称が決まりました! 日本陸上競技連盟 2014年5月10日
  22. ^ 男子ナショナルリレーチームの愛称を発表しました! 日本陸上競技連盟 2014年5月23日
  23. ^ スポニチ2010年4月18日 - 人魚になるまで泳げ!シンクロ代表 愛称はマーメイドジャパン
  24. ^ 日本代表愛称発表「NAMINORI JAPAN」 - 日本サーフィン連盟
  25. ^ ボクシング日本代表愛称は「阿修羅JAPAN」「Blue rose JAPAN」に決定 選手が名付け親
  26. ^ 空手代表、愛称は「雷神ジャパン」
  27. ^ 男女日本代表チーム:愛称決定のお知らせ
  28. ^ ボッチャ日本代表チーム「火ノ玉 JAPAN 」と命名 - 日本ボッチャ協会[PDF]
  29. ^ 【お知らせ】柔道日本代表とゴジラがコラボレーション!「ゴジラジャパン」発表会見(3.19) - 全日本柔道連盟
  30. ^ 「ゴジラジャパン」今年限り=柔道日本代表


「日本代表」の続きの解説一覧

日本代表(侍ジャパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 04:49 UTC 版)

日米野球2014」の記事における「日本代表(侍ジャパン)」の解説

下が代表選手であり、所属同大会期間中ものとするポジション背番号氏名所属球団投打備考監督 90 小久保裕紀 右 右 コーチ 73 奈良原浩 埼玉西武ライオンズ内野守備走塁コーチ 右 右 ヘッドコーチ 41 稲葉篤紀 北海道日本ハムファイターズ左 打コーチ 89 鹿取義隆右 投コーチ 88 矢野燿大 右 右 バッテリーコーチ 87 仁志敏久 U12日本代表監督 右 右 内野守備走塁コーチ 83 村松有人 福岡ソフトバンクホークス3軍外野守備走塁コーチ 左 左 外野守備走塁コーチ 投手 12 松葉貴大 オリックス・バファローズ 左 左 14 則本昂大 東北楽天ゴールデンイーグルス 右 左 15 井納翔一 横浜DeNAベイスターズ 右 右 16 大谷翔平 北海道日本ハムファイターズ 右 左 17 藤浪晋太郎 阪神タイガース 右 右 18 前田健太 広島東洋カープ 右 右 19 金子千尋 オリックス・バファローズ 右 左 21 西勇輝 オリックス・バファローズ 右 右 26 西野勇士 千葉ロッテマリーンズ 右 右 30 武田翔太 福岡ソフトバンクホークス 右 右 35 牧田和久 埼玉西武ライオンズ 右 右 43 髙橋朋己 埼玉西武ライオンズ 左 左 47 岩田稔 阪神タイガース 左 左 捕手 10 小林誠司 読売ジャイアンツ 右 右 22 伊藤光 オリックス・バファローズ 右 右 37 嶋基宏 東北楽天ゴールデンイーグルス 右 右 内野手 2 今宮健太 福岡ソフトバンクホークス 右 右 3 松田宣浩 福岡ソフトバンクホークス 右 右 4 菊池涼介 広島東洋カープ右 6 坂本勇人 読売ジャイアンツ 右 右 13 中田翔 北海道日本ハムファイターズ 右 右 23 山田哲人 東京ヤクルトスワローズ 右 右 25 筒香嘉智 横浜DeNAベイスターズ 右 左 33 銀次 東北楽天ゴールデンイーグルス 右 左 外野手 1 内川聖一 福岡ソフトバンクホークス 右 右 7 糸井嘉男 オリックス・バファローズ 右 左 9 丸佳浩 広島東洋カープ 右 左 44 柳田悠岐 福岡ソフトバンクホークス 右 左

※この「日本代表(侍ジャパン)」の解説は、「日米野球2014」の解説の一部です。
「日本代表(侍ジャパン)」を含む「日米野球2014」の記事については、「日米野球2014」の概要を参照ください。


日本代表(A代表)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 23:38 UTC 版)

三好康児」の記事における「日本代表(A代表)」の解説

2019年5月24日コパ・アメリカに臨む東京五輪世代中心構成された日本代表に初選出された。6月18日コパ・アメリカ初戦チリ戦で途中出場し、日本代表デビュー果たした6月21日コパ・アメリカ第2戦のウルグアイ戦で先発出場し、日本代表初ゴールを含む2得点決め公式のMOMにも選ばれた

※この「日本代表(A代表)」の解説は、「三好康児」の解説の一部です。
「日本代表(A代表)」を含む「三好康児」の記事については、「三好康児」の概要を参照ください。


日本代表(オフト監督・ファルカン監督時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 05:39 UTC 版)

澤登正朗」の記事における「日本代表(オフト監督ファルカン監督時代)」の解説

1993年1月若手選手中心のB代表で臨んだカールスバーグカップ出場ベンチでは清雲栄純コーチ指揮執りオフト監督スタンド選手の動きチェックした。この大会で活躍認められ2月行われた日本代表のイタリア遠征招集された。セリエAセリエBシーズン中行われた国際親善試合では、第2戦のインテル戦、第3戦のレッチェ戦に出場。非Aマッチではあったがフル代表デビュー果たしたその後も代表に招集され1993年4月からアメリカW杯アジア予選臨んだ1次予選Jリーグ開幕であったため、大卒ルーキー澤登当時国内トップリーグ(日本サッカーリーグ)未経験選手としての参加となり、Jリーグ開幕後の最終予選では最年少選手となった。同ポジションにはラモス瑠偉などがおり、出場機会多くはなかったが、初戦タイ戦、後半途中負傷退場した森保一交代で国際Aマッチ初出場ラモス瑠偉保のポジション(ボランチ)に入り澤登中盤の左サイドプレーした試合三浦知良前半挙げた得点守り切り、初戦白星飾ったその後試合も主にサイドハーフとしての出場続いたが、予選唯一トップ下選手交代で出場したUAE戦で、Aマッチ得点後半37分に日本失点喫すると、その1後に澤登強烈なミドルシュート叩き込み代表を救ったW杯初出場まであと1勝としていた最終戦イラク戦では、「ドーハの悲劇」を経験試合終了間際ベンチ前に立って歓喜の時を待った澤登は、イラク表の同点ゴール入った瞬間崩れ落ち後は覚えていない」と話した後にラモス瑠偉は、日本イラクに2―1でリードした際に疲労中盤選手達の足が動かなくなっていたため、オフト監督に、最後の交代カードは「北澤か、ボールキープできる澤登」がいいとアドバイスした実現至らなかった話している。澤登後のインタビュー大会振り返り、「あのチームにいられたことが誇り個性的な選手そろっていたし、本当に強かった」と語っている。 1994年ハンス・オフト後任として日本代表監督黄金のカルテット一人でもあるパウロ・ロベルト・ファルカン就任初陣となったキリンカップサッカー1994では、これまでラモス瑠偉背負ってきた背番号10番付けてプレーした。この大会当初アルゼンチン代表が来日予定だったが、ディエゴ・マラドーナ入国問題取りやめになったため、マラドーナとの10番対決叶わなかった。ファルカンジャパンでは、右ひざ怪我のため出場辞退した大会 もあったが、セットプレーキッカー任されるなど、中盤レギュラー務めた広島行われたアジア大会では、負傷抱えて出場となったが、得点アシストマークする活躍を見せた。しかし同年ファルカン監督更迭されその後加茂周監督になると、しばらく代表から遠ざかることになる。

※この「日本代表(オフト監督・ファルカン監督時代)」の解説は、「澤登正朗」の解説の一部です。
「日本代表(オフト監督・ファルカン監督時代)」を含む「澤登正朗」の記事については、「澤登正朗」の概要を参照ください。


日本代表(加茂・岡田監督・トルシエ監督時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 05:39 UTC 版)

澤登正朗」の記事における「日本代表(加茂岡田監督トルシエ監督時代)」の解説

1997年8月28日、フランスワールドカップアジア最終予選壮行試合で日本代表に復帰。代表から離れている期間も所属クラブではゴールアシスト量産し活躍していたが、加茂周監督就任3年目にして初めての招集となった後半21分に中田英寿代わり途中出場少ない時間ながらもポスト直撃FKスタンド沸かせるなど見せ場作ったが、その後加茂周岡田武史監督の代表では出場機会訪れなかった。日本代表は成績不振による監督解任などアジア最終予選苦しんだ末にアジア第3代表(前回大会の2から3.5アジア拡大)としてワールドカップ初出場決めたが、翌1998年シーズン序盤突発性難聴発症などもあり、代表に招集されることは無かった。3戦全敗のフランスワールドカップ終了後ファルカン監督以来3人目外国人監督となるフィリップ・トルシエが日本代監督に就任すると、翌1999年キリンチャレンジカップで日本代表復帰果たす。ドーハ組からは唯1人選出となった最年長プレーヤー(MF)の30歳となった2000年には、アジアカップ5年4ヶ月ぶりのAマッチ得点記録。同試合でAマッチ得点決めた中村俊輔からマイナスのボールを受け、相手DFターンでかわし左足放った豪快なミドルシュート得点であったその後も、代表に招集されたが控え回り出番はなく、この大会現役最後の代表戦出場となった

※この「日本代表(加茂・岡田監督・トルシエ監督時代)」の解説は、「澤登正朗」の解説の一部です。
「日本代表(加茂・岡田監督・トルシエ監督時代)」を含む「澤登正朗」の記事については、「澤登正朗」の概要を参照ください。


日本代表(サムライズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/05 18:41 UTC 版)

オージーフットボール」の記事における「日本代表(サムライズ)」の解説

オーストラリアンフットボールの日本代表は、通称サムライズ呼ばれ、現在は学生主体インターナショナルカップの上進出目指している。 2008年インターナショナルカップでは、強敵サモア勝利する等し、全16チーム中8位に食い込んだ代表的な日本人プレーヤー榊道人 加瀬関口森毅人 久納陽介 清野裕彰 田中淳二 瀬戸孝明 佐藤健 中村雅哉

※この「日本代表(サムライズ)」の解説は、「オージーフットボール」の解説の一部です。
「日本代表(サムライズ)」を含む「オージーフットボール」の記事については、「オージーフットボール」の概要を参照ください。


日本代表(サムライズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:23 UTC 版)

日本オーストラリアンフットボール協会」の記事における「日本代表(サムライズ)」の解説

日本代表は、通称サムライズ呼ばれ、現在は学生主体インターナショナルカップの上進出目指している。2008年インターナショナルカップでは、強敵サモア勝利する等し、全16チーム中8位に食い込んだ代表的な日本人プレーヤー榊道人 加瀬関口森毅人 久納陽介 清野裕彰 田中淳二 瀬戸孝明 佐藤健 中村雅哉

※この「日本代表(サムライズ)」の解説は、「日本オーストラリアンフットボール協会」の解説の一部です。
「日本代表(サムライズ)」を含む「日本オーストラリアンフットボール協会」の記事については、「日本オーストラリアンフットボール協会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日本代表」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「日本代表」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本代表のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本代表のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本代表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日米野球2014 (改訂履歴)、三好康児 (改訂履歴)、澤登正朗 (改訂履歴)、オージーフットボール (改訂履歴)、日本オーストラリアンフットボール協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS