鹿島アントラーズとは?

鹿島アントラーズ

法人名株式会社 鹿島アントラーズ・エフ・シー
代表取締役社長 大東 和美
Jリーグ加盟1991年
呼称鹿島アントラーズ
クラブ所在地〒314-0021 茨城県鹿嶋市粟生東山 2887
ホームタウン鹿嶋市神栖市潮来市鉾田市行方市
ホームスタジアム県立カシマサッカースタジアム収容人数39,026人)
チーム名の由来ANTLERは英語で「鹿の角」の意味。鹿島神宮の鹿にちなみ、角は茨城県の「」をイメージしたもの。鹿は親しみのある動物として愛されており、また、武器である角は鋭く強いもので、勇猛果敢戦い勝利を目指すチームを意味する。
クラブカラーディープレッド
ファンクラブTel.0299-82-5555 アントラーズファンクラブ事務局
テレフォンサービスTel.0299-84-6800 アントラーズ情報案内テレフォンサービス
ホームページhttp://www.so-net.ne.jp/antlers/

鹿島アントラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/05 06:51 UTC 版)

鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、Kashima Antlers)は、日本茨城県鹿嶋市神栖市潮来市行方市鉾田市をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。




注釈

  1. ^ a b 現在、リーグと天皇杯の2冠を達成したのは鹿島(2000年、2007年、2016年)と浦和(2006年)、G大阪(2014年)のみ。
  2. ^ 因みにシャルケで活躍する内田は、この試合が移籍前の国内最後となった。
  3. ^ 1stステージ17位の新潟(勝利)、18位の清水(引き分け)、15位の松本(敗戦)
  4. ^ 1stステージは19年ぶり3回目。
  5. ^ 2000年の三冠を含めると4回目
  6. ^ 鹿島では手倉森誠手倉森浩以来の兄弟選手となった。
  7. ^ 鹿島戦には出場しない条件付き
  8. ^ 川崎:+39点、鹿島:+22
  9. ^ 移籍組の日本人選手がつけるのは史上初
  10. ^ 前身のアジアクラブ選手権を含めると出場回数11回目

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k クラブガイド:鹿島アントラーズ”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年7月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー 第28期決算公告
  3. ^ プロフィール>>クラブ概要”. 鹿島アントラーズ. 2019年6月5日閲覧。
  4. ^ a b 河原潤 (2010年2月2日). “「走りながら考えて、幾多の障壁を乗り越えていく」――川淵三郎氏が語る、日本サッカー変革の軌跡”. ITmediaエグゼクティブ. 2015年5月24日閲覧。
  5. ^ 「鹿島爆勝・ジーコ ハットトリック」J.LEAGUE『茨城新聞』、1993年5月17日付日刊、6面、スポーツ。
  6. ^ 3カ月程度かかる鹿島 メド立たないスタジアム修復”. スポーツニッポン (2011年3月16日). 2011年3月16日閲覧。
  7. ^ トップチームの活動休止に関して”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2011年3月15日). 2011年3月15日閲覧。
  8. ^ ジョルジーニョ監督の退任について”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト (2012年11月29日). 2012年11月30日閲覧。
  9. ^ ジャイール選手との契約が満了”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2014年7月2日). 2014年7月2日閲覧。
  10. ^ 中川選手の現役引退について - 鹿島公式サイト 2014年1月31日 参考
  11. ^ ダニー石尾さんのご逝去と神戸戦での追悼セレモニーについて”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2014年4月17日). 2014年4月26日閲覧。
  12. ^ ダニー石尾さん追悼セレモニー”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2014年4月22日). 2014年4月26日閲覧。
  13. ^ ダニー石尾さんお別れ会について”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2014年5月16日). 2014年5月16日閲覧。
  14. ^ ダニー石尾さんお別れ会”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2014年6月3日). 2014年6月5日閲覧。
  15. ^ 鹿島、ACL振り返る 敵地戦、克服できず - 茨城新聞クロスアイ 2017年6月2日
  16. ^ 鹿島の石井監督が解任 後任は大岩コーチが昇格 - 日刊スポーツ 2017年5月31日
  17. ^ 2017JリーグYBCルヴァンカップ 大会方式および試合方式について”. Jリーグ. 2017年12月13日閲覧。
  18. ^ ルヴァン杯決勝トーナメント組み合わせ決定!浦和-C大阪、多摩川クラシコも”. サンケイスポーツ (2017年7月31日). 2017年12月13日閲覧。
  19. ^ 【鹿島】2人退場で敗戦も…大岩監督、第2戦へ「次で絶対勝ち抜ける」”. スポーツ報知 (2017年8月30日). 2017年12月13日閲覧。
  20. ^ 鹿島 4強逃す “本職”不在で自慢の堅守にほころび…J1、天皇杯で借り返す”. デイリースポーツ (2017年9月4日). 2017年12月14日閲覧。
  21. ^ 仙台が初4強、鹿島に敗戦も2戦合計で上回る”. 日刊スポーツ (2017年9月3日). 2017年12月14日閲覧。
  22. ^ 鹿島が悲願のACL初制覇! 観衆10万の敵地でペルセポリス完封、2戦合計2-0で20冠達成”. FOOTBALL ZONE (2018年11月11日). 2019年1月21日閲覧。
  23. ^ a b “2019年 新ユニフォームのデザインについて” (プレスリリース), 鹿島アントラーズ, (2018年12月25日), http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/69241 2019年1月11日閲覧。 
  24. ^ “鹿島がバルサ化?来季新ユニホームは「挑戦」のピンク!” (プレスリリース), スポーツ報知, (2016年12月25日), http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161225-OHT1T50061.html 2017年12月16日閲覧。 
  25. ^ スタジアム概要 LED帯状映像装置”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト. 2008年10月20日閲覧。
  26. ^ アジア初の約500メートル帯状映像装置お披露目”. Jリーグ公式サイト (2008年9月13日). 2008年10月18日閲覧。
  27. ^ 日本初グリーン電力100%で開催されるJ1マッチのお知らせ”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2006年11月30日). 2010年10月16日閲覧。
  28. ^ アントラーズ・エコプログラムがクールビズ・アース2009を受賞”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2009年11月25日). 2010年10月16日閲覧。
  29. ^ スタジアムへの中継設備の導入について”. 鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2013年2月15日). 2013年3月11日閲覧。
  30. ^ 福井盛太「マネジメント優等生の次なる一手、「中期経営計画」の正体」『Sports Management Review』第12巻、データスタジアム、2009年、 24-26頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鹿島アントラーズ」の関連用語

鹿島アントラーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鹿島アントラーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本プロサッカーリーグ社団法人日本プロサッカーリーグ
©JAPAN PROFESSIONAL FOOTBALL LEAGUE J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J. LEAGUE PHOTOS,INC. J. LEAGUE ENTERPRISE,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹿島アントラーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS