本田技研工業フットボールクラブとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 本田技研工業フットボールクラブの意味・解説 

本田技研工業フットボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 16:54 UTC 版)

本田技研工業株式会社フットボールクラブ(ほんだぎけんこうぎょうかぶしきがいしゃフットボールクラブ)は、日本の静岡県浜松市を本拠地とする日本フットボールリーグ(JFL)に所属する社会人サッカークラブ(実業団)。呼称は「Honda FC」(ホンダ エフシー)であり、以下の文章からは基本的に呼称で表記していく。




  1. ^ a b c d e f g 「連載7 日本リーグ強豪の歴史 本田技研」『サッカーマガジンベースボール・マガジン社、1985年4月号、No.306、110-113頁。
  2. ^ a b c チームプロフィール”. 本田技研工業フットボールクラブ. 2015年6月21日閲覧。
  3. ^ ココジェイ!J3リーグ誕生の傍らで〜JFL事務局長インタビュー第1回(Posted on 2014.12.23 by 東京偉蹴Football)』2ページ目より。
  4. ^ クラブ公式サイト『2020 Honda FC オフィシャルガイドブック デザイン公開』より
  5. ^ GKの状況について - 2015年6月15日 Honda FC
  6. ^ <スルガ杯>ホンダFC破り、3年連続天皇杯へ - 2015年8月24日 静岡新聞・SBS
  7. ^ ホンダFCは2位 JFL第2ステージ - 2015年11月16日 静岡新聞・SBS
  8. ^ JFL2ndステージ第12節 - 2015年10月26日 日本フットボールリーグ
  9. ^ Honda FC U-18 再チャレンジのご案内 - Honda FC
  10. ^ Honda FC 得点ランキングトップの伊賀など5選手の退団を発表 - 2015年11月16日 SOCCER NOW
  11. ^ 砂森 和也選手Honda FCより完全移籍加入のお知らせ - 2016年1月12日カマタマーレ讃岐公式HP
  12. ^ 2016年度スタート式と新加入選手のお知らせ - 2016年2月2日 Honda FC公式サイト
  13. ^ 2016年シーズンに向けた選手加入のお知らせ - Honda FC公式サイト
  14. ^ 本来のホームスタジアムである茨城県龍ケ崎市のたつのこフィールドが改修中であった為の措置
  15. ^ ホンダFC 天皇杯切符 6年ぶり、延長で藤枝破る - 2016年8月22日 静岡新聞・SBS
  16. ^ 2016年度退団選手のお知らせ HondaFC公式サイト 2017年1月31日付。
  17. ^ 本田真吾選手が期限付き移籍期間満了に伴い退団 HondaFC公式サイト 2016年12月7日付。
  18. ^ 2017年度新体制・新入団選手のお知らせ HondaFC公式サイト 2017年2月1日付。
  19. ^ 第19回JFL 1stステージ1位獲得! HondaFC公式サイト 2017年6月25日付。
  20. ^ 11/5 JFL第14節 VS ラインメール青森 富田の先制ゴールを守りきり2ndステージ1位、JFL完全優勝へ! HondaFC公式サイト 2017年11月7日付。
  21. ^ J3発足以来初の参入クラブなし…Honda FCが史上初の完全制覇、全日程終了のJFL ゲキサカ 2017年11月13日付。
  22. ^ 天皇杯1回戦 先制を許すも延長戦で振り切り2回戦進出! HondaFC公式サイト 2017年4月27日付。
  23. ^ a b c 6/21 第97回天皇杯2回戦 VSジュビロ磐田 120分の激闘を繰り広げ、PK戦で惜敗 HondaFC公式サイト 2017年11月7日付。
  24. ^ 磐田25年ぶりホンダ戦 GK三浦が移籍後初先発へ 日刊スポーツ 2017年6月21日付。
  25. ^ 3/26(土)練習試合結果 vsHonda FC ジュビロ磐田公式サイト 2011年3月26日付。2018年11月3日閲覧。
  26. ^ 天皇杯で“ジャイキリ”に迫った「アマチュア最強クラブ」。Honda FCが挑んだ磐田戦 FOOTBALL CHANNEL 2017年6月23日付。
  27. ^ a b 磐田がPK戦の末、Honda FCを撃破 第97回天皇杯 JFA.jp 2017年6月22日付。
  28. ^ 2017年度 Honda FC 退団選手のお知らせ HondaFC公式サイト 2017年11月7日付。
  29. ^ 2018年度 Honda FC スローガンならびに新加入選手のお知らせ HondaFC公式サイト 2018年2月1日付。
  30. ^ 大町 将梧 選手  契約満了のお知らせ
  31. ^ 大町将梧選手 選手契約締結のお知らせ HondaFC公式サイト 2018年1月10日付。
  32. ^ 第20回JFL 1st-S第15節「ファーストステージ1位はHonda FC!」 JFLオフィシャルサイト 2018年7月2日付。
  33. ^ 第20回JFL 2nd-S第11節「Honda FCがJFL新記録の17連勝、次節で優勝決定か?」 JFLオフィシャルサイト 2018年10月22日付。
  34. ^ 10月27日(土)第20回JFL 2nd-第12節 Honda FC vs 東京武蔵野シティFC 試合結果 HondaFC公式サイト 2018年10月29日付。
  35. ^ 第20回JFL 2nd-S第12節「Honda FCが2nd-S制覇で2年連続完全優勝、JFL3連覇達成!」 JFLオフィシャルサイト 2018年10月28日付。
  36. ^ 第20回JFL 2nd-S第15節「第20回JFL閉幕、得点王はHonda FCの大町将梧!」”. JFLオフィシャルサイト (2018年11月18日). 2018年11月20日閲覧。
  37. ^ J3藤枝、天皇杯県予選で敗退…JFLのHonda FCに1-3で敗戦 ゲキサカ 2018年4月22日付。
  38. ^ ホンダ 3年連続天皇杯へ 中日新聞 2018年5月14日朝刊。
  39. ^ 5月26日(土)第98回天皇杯1回戦 Honda FC VS アルテリーヴォ和歌山 試合結果 HondaFC公式サイト 2018年5月26日付。
  40. ^ 鹿島vsHonda FC 試合記録 ゲキサカ 2018年6月7日付。
  41. ^ 栗本広輝 Fresno FC に完全移籍のお知らせ
  42. ^ 栗本広輝 退団のお知らせ
  43. ^ FOXES SIGN JAPANESE MIDFIELDER HIROKI KURIMOTO
  44. ^ Honda FC、Jリーグ勢以外の天皇杯8強進出は12年ぶり。“4部相当”からの快挙
  45. ^ 2019年度 Honda FC 退団選手のお知らせ
  46. ^ 遠野大弥 川崎フロンターレ移籍に伴う退団のお知らせ
  47. ^ 中村 桐耶選手 Honda FCへ育成型期限付き移籍延長のお知らせ
  48. ^ 2020年度 Honda FC 新加入選手のお知らせ
  49. ^ ホンダFCホームで惜敗 最終戦飾れず4位で幕 中日新聞 2020年11月30日
  50. ^ 【重要】 2020年度 Honda FC退団スタッフ・選手のお知らせ クラブ公式サイト 2020年10月16日 - 退団自体は昨シーズン中に決まっていた。
  51. ^ クラブ公式Twitterアカウント 2020年2月10日11時43分付のツイートより
  52. ^ ホンダFC、4強の壁厚く サッカー天皇杯 静岡新聞 2020年12月24日 - 記事中に「ホンダの関係者によると、来季はプロ契約を結ぶ監督や選手がチーム内に一人もいなくなるという。」と記されており、前シーズンに即に決定していたことが伺える。
  53. ^ 2002 FIFAワールドカップ日韓大会に伴う変則1回戦総当たり
  54. ^ a b チャンピオンシップ1含む
  55. ^ Honda FC、「創部50周年記念」となる2021新ユニフォームを発表! - Qoly 2020年12月18日
  56. ^ 何処のHonda Cars店であるかの詳細は明らかにされていない。
  57. ^ a b サッカー批評第38号『Jリーグを目指さなかった理由 JFLの"門番"Honda FCのフィロソフィー』(P.86~P.92)より
  58. ^ 中日新聞東海本社あのとき、それから しずおか平成史 Jリーグ(5) ホンダFC』より
  59. ^ 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会:1~3回戦プログラム より
  60. ^ スポーツナビ/サッカー:天皇杯 バックナンバー より
  61. ^ 日刊スポーツ 2008年10月21日付けの記事 より
  62. ^ J's GOAL 第87回天皇杯3回戦 東京V vs Honda FC:プレビュー
  63. ^ 中日スポーツ 2007年12月5日付けの記事 より
  64. ^ 静岡新聞 2009年3月13日付けの記事 より
  65. ^ 長崎新聞 2009年3月29日付けの記事 より
  66. ^ 永井秀樹公式ブログ『Wander of This Life』- 「vs HONDA FC」 より
  67. ^ 2017年 試合速報 天皇杯2回戦 vs.Honda FC ジュビロ磐田公式サイト 2018年11月2日閲覧。
  68. ^ 大槻 毅監督会見(2019/09/20) 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2021年2月5日閲覧
  69. ^ 日本サッカー「歴代最高のチャンピオン」は? 海外メディアが独自算出「3大王者は…」 Football ZONE Web 2021年2月6日閲覧
  1. ^ 単に「門番」、あるいは在籍リーグに準えて「JFLの門番」とも呼ばれる。ちなみにWikipedia英語版では「J's Gatekeeper」と表記されている。
  2. ^ フリーライターの市川伸一による2014年当時のJFL事務局長である加藤桂三へのインタビューにおいて、市川が2014年当時のHondaに在籍したプロ契約選手である古橋達弥宇留野純について「サッカー協会の選手登録区分としては、彼らはプロ選手ではないですが、限りなくプロ選手と同じですよね」という問いかけに対し、加藤が「基本的にはあれは、日本協会の統一契約じゃないんだけども、社員選手というか専門契約っていう感じで、カテゴリー的に言えばプロなんですよ」と述べている。[3]
  3. ^ 日本サッカー協会公式サイト『プロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則』も参照のこと。
  4. ^ 2020年シーズンでは当時のプロ契約選手全4名(古橋達弥大町将梧山藤健太中村桐耶J1北海道コンサドーレ札幌からの期限付き移籍))が総務課に籍を置いていることがオフィシャルガイドブックにて確認できる。[4]
  5. ^ 大学校や専門学校、専修学校や各種学校からの新卒選手加入実績は、プロ契約選手再獲得後も未だ無い。
  6. ^ 主な例として、2004年には前年のJFL得点王だったFWの古橋達弥がシーズン途中でセレッソ大阪に移籍したことが挙げられる。また2006年にはMFの宇留野純ヴァンフォーレ甲府に、2009年にはU-19日本代表に選ばれた村松大輔湘南ベルマーレに、2010年にはFW早坂良太サガン鳥栖に、それぞれ移籍している。
  7. ^ 選手のみならず、指導者やその他スタッフの移籍もあり、主な例が監督だった安間貴義が2005年にヴァンフォーレ甲府へコーチとして移籍している。
  8. ^ このHonda FCのリーグ内における立ち位置を由来として「昇格圏内に入れる実力を持ちながら昇格せず、且つ結果として昇格を目指す他チームの邪魔をする形となったチーム」のことを総じて『門番』と呼ぶようにもなっており、これは他のカテゴリにも波及していく形となった。(例:2018年のJ2リーグにおけるFC町田ゼルビア
  9. ^ Jリーグ経験のある新卒選手の先例として順天堂大学蹴球部から水戸ホーリーホックへ加入した岡本達也が挙げられる。
  10. ^ 両クラブは2011年に震災復興支援TMで対戦している[25]
  11. ^ 第2種区分(U-18)における静岡県リーグの名称は各々、1部リーグが「Aリーグ」、2部リーグが「Bリーグ」、3部リーグが「Cリーグ」となっている。また、4部以下のリーグは県内各地の支部リーグとなっている。
  12. ^ なお、Jリーグ公式サイトJリーグ入会(J3リーグ参加)の手引き』(2020年6月7日閲覧)には「Jリーグ百年構想クラブ規程 第2条〔百年構想クラブの条件〕」の「(2) 申請クラブは、申請にあたり、以下に定める協力を得なければならない。」という項目に「前項第 5 号において予定または決定したホームタウンが、申請クラブのJリーグ入会を応援するとともに、Jリーグ入会に向けた取り組みを支援する姿勢を、文書で具体的に示していること」と記載されている。
  13. ^ なお、サッカー批評(第38号)のインタビューにおいて、当時取材に応じた一人はこの一件を回想しつつ「そんなわけで、最後のチャレンジは終わってしまったと……。あれが、最後の本気、でした。今後は企業チームとして、ずっと、やっていくしかない―――そう思いましたね」と述べている。
  14. ^ この浜松市の態度の裏には、市内に本社を置くホンダの同業ライバル社であるスズキの影響があったとも言われている。


「本田技研工業フットボールクラブ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本田技研工業フットボールクラブ」の関連用語

本田技研工業フットボールクラブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本田技研工業フットボールクラブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本田技研工業フットボールクラブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS