ツバメとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ツバメの意味・解説 

つばめ【TSUBAME】


つばめ

動詞「つばむ」の連用形から。「燕」の字当てることが多い》とりまとめること。特に金銭合算すること。また、収支帳尻を合わせること。

毎月胸算用せぬによって、—のあはぬ事ぞかし」〈浮・胸算用・一〉


つばめ


つばめ【×燕】

スズメ目ツバメ科全長17センチくらい。上面黒く下面は白、額・のどが赤い。翼が細長く、尾も長くて先が二また分かれており、敏捷(びんしょう)に飛びながら昆虫捕食日本には夏鳥として渡来し人家などに(わん)形の巣を作るツバメ科はほぼ全世界に約75種が分布日本では、ほかにショウドウツバメ・イワツバメ・コシアカツバメなども繁殖するつばくらつばくろつばくらめ。《 春 子=夏》「大津絵に糞落しゆく—かな/蕪村

年上の女性かわいがられ若い男。「若い—」

東京ヤクルトスワローズ」の愛称スワローズ国鉄特急列車「つばめ」号に由来。「—打線

[補説] 地名列車名コンピューター名前別項。→燕(地名) →つばめ(列車)TSUBAMEコンピューター

燕の画像

つばめ【燕】


TSUBAME

フルスペル:Tokyo-tech Supercomputer and UBiquitously Accessible Mass-storage Environment
読み方:ツバメ

TSUBAMEとは、東京工業大学構築したスーパーコンピュータシステムの名称である。2006年4月3日より稼動開始された。稼動開始時点では国内最高速の処理性能を持つスーパーコンピュータである。

TSUBAMEの処理性能は、約85テラフロップス発表されている。これは一秒間に85兆回の浮動小数点演算実行することができること意味している。これは、2002年登場以来国内最高峰性能誇っていた海洋研究開発機構スーパーコンピュータ地球シミュレータ」の理論演算性能(約40テラフロップス)をはるかにしのぐ性能である。

TSUBAMEのハードウェアは、CPUAMDOpteronマイクロプロセッサ搭載したSun MicrosystemsSun Fire X4600、NECSun Microsystems記憶装置OSにはSuSE Linux搭載している。メモリ総合で21.4テラバイトディスク容量総合1.1ペタバイトと、それぞれの値でも単独国内首位躍り出た占有面積は約350平方メートル。TSUBAMEの主な用途としては、地磁気変動予測生体物質構造機能予測解析カーボンナノチューブシミュレーションといった、膨大な計算理を要する自然科学分野での利用期待されている。


参照リンク
プレスリリース ~東京工業大学学術国際情報センター

ツバメ

作者松本侑子

収載図書引き潮
出版社幻冬舎
刊行年月2004.9


ツバメ

作者碓井昭司

収載図書丹沢物語ビッグセッジ魚止めその他の短篇
出版社フライ雑誌社
刊行年月2004.12


ツバメ

読み方:つばめ

  1. 速いこと。

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

乙鳥

読み方:ツバメ(tsubame

ツバメの別

季節

分類 動物


読み方:ツバメ(tsubame

ツバメ科総称

季節

分類 動物


玄鳥

読み方:ツバメ(tsubame

ツバメ科総称

季節

分類 動物


読み方:ツバメ(tsubame

所在 新潟県(JR弥彦線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:17 UTC 版)

ツバメ(燕、玄鳥、乙鳥、Hirundo rustica)は、スズメ目ツバメ科ツバメ属に分類される鳥類。古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた。


注釈

  1. ^ まれに自営業をしている民家の天井に、大量の繁殖中のつがいがそれぞれ巣を作る光景が見受けられる。
  2. ^ この行動は江戸時代中期の説話集『新著聞集』や大正時代の岩田勝市『因伯珍談』に記録が見られる。
  3. ^ 直下には便器。民家の軒先など人が住むにぎやかな環境に営巣するという習性そのもの。
  4. ^ 燕は渡り鳥として知られるが頻繁に女の巣に通うことから例えられる。後に女性解放運動家平塚らいてうの夫となる、平塚より5歳年下の画家・奥村博史が(運動の邪魔にならないよう、一時的に身を引いた際に)、自分を例えて「水鳥たちが遊ぶ池に迷い込んだ若い燕」と表現したことに由来する(瀬戸内寂聴小説『美は乱調にあり』では、平塚が奥村をラブレター上で若い燕と形容したことになっている)。

出典

  1. ^ a b c BirdLife International. 2012. Hirundo rustica. The IUCN Red List of Threatened Species 2012: e.T22712252A38579667, doi:10.2305/IUCN.UK.2012-1.RLTS.T22712252A38579667.en, Downloaded on 13 December 2015.
  2. ^ Hirundo rustica Linnaeus, 1758” (英語). ITIS. 2012年4月22日閲覧。
  3. ^ ひと目でわかる野鳥 (2010)、158頁
  4. ^ おかげ横丁の野鳥”. 伊勢福. 2020年6月5日閲覧。
  5. ^ “駅前ツバメの巣駆除、ヒナ落下死…利用者の前で”. 読売新聞. (2017年6月3日). オリジナルの2017年6月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170606100529/http://www.yomiuri.co.jp/national/20170602-OYT1T50164.html 
  6. ^ ツバメの巣作りは歓迎されているの?”. 生物多様性センター. 環境省. 2019年4月26日閲覧。
  7. ^ 「ツバメ 過疎と共に去りぬ/人口減→捕食の危険性上昇→営巣回避か/13~20年 日本野鳥の会調査」『日本農業新聞』2021年6月26日13面
  8. ^ 神奈川県立生命の星・地球博物館 / 神奈川県自然環境保全センター: “ツバメ”. 神奈川県レッドデータブック2006 WEB版. 神奈川県. 2015年12月13日閲覧。
  9. ^ 桑原和之・早川雅晴「ツバメ」『千葉県の保護上重要な野生生物-千葉県レッドデータブック- 動物編 2011年改訂版』千葉県、2011年、120頁
  10. ^ 日本のレッドデータ検索システム「ツバメ」”. (NPO法人 Envision環境保全事務所). 2017年5月19日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  11. ^ ツバメが低く飛ぶと本当に天気が悪くなりますか?”. 秋田地方気象台. 2015年8月13日閲覧。
  12. ^ 公式マスコット”. TOPPERSプロジェクト. 2019年7月7日閲覧。


「ツバメ」の続きの解説一覧

ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/10 13:27 UTC 版)

ツインテール白のドレスを着ている。シューリンより背が低い

※この「ツバメ」の解説は、「疾走する思春期のパラベラム」の解説の一部です。» 「疾走する思春期のパラベラム」の概要を見る


ツバメ(声優:関根香桜里)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 02:15 UTC 版)

ステージ1のボスソーマ国王子で、左目聖霊石を持つ。ソーマ王と真精霊機関によりガルーダ研究の材料されていたガルーダには成り得なかった。王の死後、軍の指揮官となり自らが前線立って戦う決意をする。プレイするキャラアゲハ、またはタテハの時とアサギの時では登場時のセリフ変わる。10歳

※この「ツバメ(声優:関根香桜里)」の解説は、「エスプガルーダ」の解説の一部です。» 「エスプガルーダ」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 00:53 UTC 版)

水耕栽培発生する害虫捕食するため。

※この「ツバメ」の解説は、「益鳥」の解説の一部です。» 「益鳥」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/26 18:49 UTC 版)

森田家で正蔵も正も出稼ぎから戻り苗代づくりの最中である。種籾に土をかけ、ビニールシートをかけ、縄でしっかり固定して苗代完成する通学途中でかつみはツバメが飛んでいるのを見かけ家に戻る。かつみの家にもツバメはやってきていた。2羽のツバメが去年の巣を補修している。かつみはツバメを手当てするとき小さな足輪気が付き、そこに記された文字読み静岡手紙を出す静岡から福永訪ねてきて、このツバメが浜名湖越冬ツバメであることが確認される

※この「ツバメ」の解説は、「かつみ」の解説の一部です。» 「かつみ」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 01:48 UTC 版)

鍵人で、「断空」の鍵の唯一の適合者鍵穴右手首にあり、普段は手袋隠している

※この「ツバメ」の解説は、「鍵人 -カギジン-」の解説の一部です。» 「鍵人 -カギジン-」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/10 13:27 UTC 版)

ツインテール白のドレスを着ている。シューリンより背が低い

※この「ツバメ」の解説は、「疾走する思春期のパラベラム」の解説の一部です。» 「疾走する思春期のパラベラム」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 03:49 UTC 版)

韋駄天のスキマー(Speedy-the-Skimmer) ツバメのリーダー河合訳では「波飛びのスピーディー」。『楽しい家』の「あおむねツバメ」でガンビア・グーグー国のイワツバメ乱獲止めさせた際が先生との初対面で、以後ドリトル一家の海外駐在員”として情報収集などに活躍する探索能力長けており、クイップを含む大勢部下と共に度々先生一行救った優秀なスポッターでもあり『郵便局』では、先生指導して大砲の弾奴隷商人の船に命中させた。 飛脚のクイップ(Quip-the-Carrier) 『アフリカゆき』でたちが伝染病苦しめられているとの急報入れたツバメ。河合訳では「運び屋のクイップ」。“大将そんなに度々危険に曝すわけにはいかない”というツバメ達の話し合いにより、リーダースキマー代わって籤で任務引き当て季節外れのイギリスへ決死の旅に出て務めを果たしたその際勲章としてトウモロコシの毛を赤く染めたリボンを足に巻き付けている。

※この「ツバメ」の解説は、「ドリトル先生シリーズの登場キャラクター」の解説の一部です。» 「ドリトル先生シリーズの登場キャラクター」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 17:54 UTC 版)

ウタカ女性秘書ウタカ慕っているパイロットとして実力持っている所有機体飛燕ハヤトアコ敗北したことでハヤト雷電撃墜処分した後、アコ始末しようとするが、応援来た他のカナリア団員シノにより形勢逆転されシノ撃墜され脱出成功してウタカ下へ帰還した

※この「ツバメ」の解説は、「荒野のコトブキ飛行隊」の解説の一部です。» 「荒野のコトブキ飛行隊」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 13:47 UTC 版)

SDGsユニット・ミドリーズのデビュー曲ネット寄せられた、1つ物語からYOASOBI作詞作曲した曲。

※この「ツバメ」の解説は、「山崎莉里那」の解説の一部です。» 「山崎莉里那」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 01:48 UTC 版)

鍵人で、「断空」の鍵の唯一の適合者鍵穴右手首にあり、普段は手袋隠している

※この「ツバメ」の解説は、「鍵人 -カギジン-」の解説の一部です。» 「鍵人 -カギジン-」の概要を見る


ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 14:50 UTC 版)

護衛飛行型レプリグラス。模擬戦ではステルス機相手に1:200圧勝した地磁気読み取り方位現在位置正確に把握する独自の航法システム採用している。クアッドモータースの主力商品

※この「ツバメ」の解説は、「未踏召喚://ブラッドサイン」の解説の一部です。» 「未踏召喚://ブラッドサイン」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ツバメ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/04 04:43 UTC 版)

名詞

ツバメ、��、鷰】

  1. スズメ目ツバメ科ツバメ属の渡り鳥で、人の居住するところ普通見られる春になる南方から日本やってきて秋に去る。学名:Hirundo rustica

翻訳


「ツバメ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ツバメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ツバメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリTSUBAMEの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツバメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの疾走する思春期のパラベラム (改訂履歴)、エスプガルーダ (改訂履歴)、益鳥 (改訂履歴)、かつみ (改訂履歴)、鍵人 -カギジン- (改訂履歴)、疾走する思春期のパラベラム (改訂履歴)、ドリトル先生シリーズの登場キャラクター (改訂履歴)、荒野のコトブキ飛行隊 (改訂履歴)、山崎莉里那 (改訂履歴)、鍵人 -カギジン- (改訂履歴)、未踏召喚://ブラッドサイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのツバメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS