宇宙航空研究開発機構とは? わかりやすく解説

うちゅうこうくうけんきゅうかいはつ‐きこう〔ウチウカウクウケンキウカイハツ‐〕【宇宙航空研究開発機構】

読み方:うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう

ジャクサJAXA


宇宙航空研究開発機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 11:14 UTC 版)

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう、: Japan Aerospace Exploration Agency略称: JAXA)は、日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。本部は東京都調布市にある。


  1. ^ 日本の宇宙開発の歴史 21世紀、JAXA情報センター
  2. ^ 世界をリードする日本の天文学、JAXA
  3. ^ 「ひので」の成果が、科学雑誌「サイエンス」の特集と表紙に!、Astro Arts
  4. ^ 科学誌「サイエンス」が「かぐや」特集号を発行、Astro Arts
  5. ^ “米科学誌「サイエンス」における「はやぶさ」特別編集号の発行について” (プレスリリース), JAXA, (2011年8月26日), https://www.jaxa.jp/press/2011/08/20110826_hayabusa_j.html 
  6. ^ 「はやぶさ」ギネス世界記録に認定、JAXA
  7. ^ 田中誠士「世界初の宇宙ヨット JAXA「イカロス」、ギネス認定」『朝日新聞』、2012年12月12日。2020年1月11日閲覧。「現在はインターネットアーカイブ内に残存」
  8. ^ 打ち上げ成功おめでとう! H-IIAロケット29号機、通信衛星「テルスター12ヴァンテージ」の打ち上げに成功”. sorae.jp (2015年11月24日). 2015年12月9日閲覧。
  9. ^ 「あかつき」軌道投入成功、日本初の惑星探査へ JAXA 2015年12月9日
  10. ^ SS-520 5号機がギネス世界記録(R)に認定されました JAXA 2018年4月27日
  11. ^ 世界最低高度で飛行 JAXAの地球観測衛星がギネス認定 産経新聞 2019年12月24日
  12. ^ JAXAなどにサイバー攻撃か 中国共産党員を書類送検” (日本語). 日本経済新聞 (2021年4月20日). 2021年4月20日閲覧。
  13. ^ 平成23年 世界の宇宙インフラデータブック ロケット編 Archived 2014年8月14日, at the Wayback Machine.、社団法人 日本宇宙航空工業会
  14. ^ “宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機 (HTV3) の打上げについて” (プレスリリース), JAXA, (2012年7月19日), https://www.jaxa.jp/press/2012/07/20120719_kounotori3_j.html 
  15. ^ 塚本直樹 (2017年9月12日). “「H-IIA」ロケット、インマルサット衛星「Inmarsat-6」初号機の打ち上げ契約 2020年予定”. sorae.jp. https://sorae.info/030201/2017_09_12_mhi.html 2017年9月13日閲覧。 
  16. ^ H3ロケットの試験機1号機の打上げについて”. 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 宇宙基本計画工程表(令和2年度改訂) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部 (2020年12月15日). 2021年12月23日閲覧。
  18. ^ EXPLORERES PROGRAM”. NASA. 2019年3月14日閲覧。
  19. ^ 宇宙基本計画工程表(令和元年度改訂案) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部. 内閣府 (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。
  20. ^ “英インマルサット社と三菱重工、新型基幹ロケットH3での打上げで民間企業と初の合意 打上げは2022年以降を予定” (プレスリリース), 三菱重工業, (2018年12月6日), https://www.mhi.com/jp/news/story/181206.html 2018年12月6日閲覧。 
  21. ^ JUICE探査スケジュール”. JAXA. 2019年1月15日閲覧。
  22. ^ NEC、ベトナム地球観測衛星「LOTUSat-1」を受注NECプレスリリース2020年4月23日
  23. ^ ISASニュース編集委員会: “ISASニュース2016年1月号 No.418 (PDF)”. 宇宙科学研究所. p. 3 (2016年1月22日). 2016年1月26日閲覧。
  24. ^ ISAS、公募型小型4号機にSolar-C(EUVST)を選定 ISAS 2020年6月8日
  25. ^ 航空技術部門 実験用航空機レポート2011年10月28日より
  26. ^ a b c 上野剛志(ニッセイ基礎研究所) (2010年10月1日). “第8回:「はやぶさ」で脚光!日本の宇宙予算は「3390億円」”. 数字で読み解く23歳からの経済学. 日本生命保険. 2020年1月11日閲覧。 “現在はインターネットアーカイブ内に残存”
  27. ^ a b 宇宙航空研究開発機構の事業と今後の課題について 平成22年3月16日 (PDF)
  28. ^ a b わが国の宇宙輸送系の現状と今後の方向性 平成23年2月24日 (PDF) 首相官邸公式サイト 宇宙開発戦略本部)
  29. ^ 社会環境報告書2010』(レポート)、(PDF)宇宙航空研究開発機構、2010年、28-29頁。2020年1月11日閲覧。「『JAXAの経営計画、組織と人員』項より」
  30. ^ 役員図”. JAXA (2020年4月1日). 2020年7月23日閲覧。
  31. ^ “JAXA理事長に山川氏起用”. 日本経済新聞. (2018年3月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2861760027032018EAF000/ 2018年9月9日閲覧。 
  32. ^ 組織図 (PDF)”. JAXA (2016年3月1日). 2016年3月6日閲覧。
  33. ^ “JAXAにおけるコンピュータウイルス感染の発生について” (プレスリリース), JAXA, (2012年1月13日), https://www.jaxa.jp/press/2012/01/20120113_security_j.html 
  34. ^ a b “コンピュータウイルス感染に関する調査結果について” (プレスリリース), JAXA, (2012年3月27日), https://www.jaxa.jp/press/2012/03/20120327_security_j.html 
  35. ^ JAXAのパソコンにウイルス、「こうのとり」の情報などが漏洩の恐れ It pro 2012年1月16日
  36. ^ のウイルス感染は標的型メールの疑い、NASA関連の情報も漏えい ITmedia 2012年1月13日
  37. ^ “JAXAにおけるコンピュータウイルス感染の発生及び情報漏洩の可能性について” (プレスリリース), JAXA, (2012年11月30日), https://www.jaxa.jp/press/2012/11/20121130_security_j.html 
  38. ^ 宇宙機構でPCウイルス感染 ロケットの情報漏洩か 日本経済新聞 2012年11月30日
  39. ^ 三菱重工でもウイルス感染 宇宙関連情報、漏洩か 日本経済新聞 2012年11月30日
  40. ^ JAXAウイルス感染原因は震災メール NHKニュース・2013年2月20日付け《2020年1月11日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  41. ^ “JAXAにおけるコンピュータウィルス感染に関する調査結果について” (プレスリリース), JAXA, (2013年2月19日), https://www.jaxa.jp/press/2013/02/20130219_security_j.html 
  42. ^ “JAXAのサーバーに対する外部からの不正アクセスについて” (プレスリリース), JAXA, (2013年4月23日), https://www.jaxa.jp/press/2013/04/20130423_security_j.html 
  43. ^ “JAXAにまた不正アクセス”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月23日). オリジナルの2013年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0424-0948-29/www3.nhk.or.jp/news/html/20130423/t10014130401000.html 2013年4月22日閲覧。 
  44. ^ きぼう情報流出か…JAXAに不正アクセス、国内と中国から接続。運用には支障なし - 産経ニュース・2013年4月23日付け《2020年1月11日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  45. ^ JAXA職員が架空発注で97万円だまし取る 詐欺容疑で逮捕 宮城県警」『MSN産経ニュース』、2013年5月14日。2020年1月11日閲覧。「現在はインターネットアーカイブ内に残存」
  46. ^ JAXA元職員、研究開発業務の偽装発注で賠償命令」『SANSPO.COM(サンスポ)』、2019年1月28日。2020年1月11日閲覧。
  47. ^ “機構職員の逮捕について” (プレスリリース), JAXA, (2013年5月14日), https://www.jaxa.jp/press/2013/05/20130514_incident_j.html 
  48. ^ “新しいJAXA理念とコーポレートスローガンについて” (プレスリリース), JAXA, (2013年10月9日), https://www.jaxa.jp/press/2013/10/20131009_jaxa_j.html 
  49. ^ JAXAのイメージソング - JAXA《2020年1月11日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  50. ^ 内閣府と内閣官房の業務見直し、4つの組織を廃止 行革会議 日本経済新聞 2016年1月26日
  51. ^ 内閣府ホーム > 宇宙政策
  52. ^ 内閣府ホーム > 組織・制度 > 内閣府について > 幹部名簿
  53. ^ 文部科学省:宇宙開発委員会のページ ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  54. ^ 文部科学省:航空科学技術委員会のページ
  55. ^ 第7回宇宙開発戦略本部資料、宇宙開発戦略本部
  56. ^ 宇宙開発利用部会(第8期)の調査審議について”. 文部科学省 (2016年4月19日). 2016年6月15日閲覧。
  57. ^ 航空科学技術に関する研究開発の推進のためのロードマップ(2013)”. 文部科学省 (2013年6月21日). 2016年6月15日閲覧。
  58. ^ 平成26年度業務実績評価の進め方について (PDF)”. 宇宙政策委員会. 2016年6月15日閲覧。



宇宙航空研究開発機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 15:38 UTC 版)

ミッションコントロールセンター」の記事における「宇宙航空研究開発機構」の解説

日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が運営する「きぼう」運用管制室〈MCR〉及びHTV運用管制室〈HTVMCR〉は、茨城県つくば市筑波宇宙センター (TKSC) 内に所在するISS日本実験棟「きぼう」で行われるミッション及びISSへのHTV補給ミッションこうのとり」を管理しているほか、JAXA衛星運用同所行われるこのほか鹿児島県種子島宇宙センター (TNSC) 総合指令棟に同センター打ち上げ作業管理する打ち上げ管制センターRCC〉がある。また、神奈川県にあるJAXA相模原キャンパス内には、小惑星探査機「はやぶさ」運用管制行なった相模原深宇宙管制センター〈SSOC〉がある。

※この「宇宙航空研究開発機構」の解説は、「ミッションコントロールセンター」の解説の一部です。
「宇宙航空研究開発機構」を含む「ミッションコントロールセンター」の記事については、「ミッションコントロールセンター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宇宙航空研究開発機構」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「宇宙航空研究開発機構」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

宇宙航空研究開発機構のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宇宙航空研究開発機構のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙航空研究開発機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミッションコントロールセンター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS